スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

梅雨

suzuki
2010年07月09日 17:53

関東はまだ雨季。こんな時期は、バイクに乗るのも、正直、あまり楽しくありません。
暑さも重なることもあり、バイクマニアを自認する人であっても、今の時期は、バイク以外の趣味を楽しんでおられるのでは?。

そんな訳で、大切な愛車も、動かされず、車庫で休憩。夏の出番を待っていることでしょう。

そんな、バイクの休息期間。
アイドゥのような、屋内の広いスペースに置かれたバイクなら、天候に左右されずに、悠々と休んでいることでしょう。

私は自宅の庭に、「露天駐車」しているのですが、幾らカバーを掛けていても、風に吹かれてカバーがめくれ、車体の一部が触れてしまうことに悩まされています。
又、雨上がりの後の気温の上昇で、カバーの内側が蒸れることなども、厄介なことの一つです。
濡れることと蒸れること、バイクにとっては、汚れるだけではなく、ゴムの部品の痛みなども、少し心配になります。

外にバイクを停めれている場合は、せめてカバーを掛けて、雨から守ることが大切です。
更には、時にはカバーの洗浄、いやせめて、バイクの為には、晴れた合間にカバーを乾す等して、カバーの水気を葬ってしまいたいものです。


また、屋内駐車所であっても、スペースがあまり広く無い場合は熱が篭りがちですし、換気扇の有無も気になるところ。
特にコンテナボックスやコンパクトな物置など、極端に小さな箱の場合は、熱の篭りや湿気の逃げ道の配慮が不完全かもしれません。
その場合は、、時には扉を解放して風を通してやるなど、湿気については色々と面倒で心配になる事がありそうです。

ページの先頭へ

パークANDライド 

suzuki
2010年06月11日 23:48

アイドゥで仕事を始めてから、都内を移動する機会が多くなりました。
巡回やお客様のご案内などで、各地に点在する駐車場を巡る日々です。
スクーターやクルマで、時には電車やバスを使う日も・・・。
そのため、都内の地理や交通事情が、多少は判る様になりました。

だからでしょうか?、電車で動いた方が良い場面と、クルマを使った方が適切な場面とを、見極めておくと便利だと悟りました。
そして「時と場合」によっては、状況次第でスクーターと電車を組み合わせた移動を考えることもあります。


実はアイドゥでは、駅まで徒歩圏内、あるいは自転車で主要地域に出向ける場所にパーキングがある例が、幾つかございます。
例えば高円寺や不動前、豪徳寺のパーキングは、駅への接続が非常に便利です。
代々木:初台なら、新宿は直ぐ先。渋谷の松涛パーキングも、都心部へ直ぐアクセスできますね。
(ここではセキュリティ上、詳しく場所を示すことは出来ませんことをご了承ください。)

例えば通勤。郊外の自宅から、都内へバイクでやって来て、駐車場に。
そこからは電車で職場に。バイクを活用して、ラッシュの電車に乗る時間を最小限に・・・。

或いはバイクでの通勤が出来なくても、駐車場で自転車や原付に乗り換えて目的地に行くとか・・・。

うん、バイクを降りてから徒歩はもちろん、バスに乗り換えるのも考えられるな・・・。

と、一口に「パークANDライド」と言っても、色んなパターンがありそうですね。


ライダーなら、バイクを使って、都心での活動を、より快適でアクティブに!。
そんなアイデアの実践にも、アイドゥのバイク専用パーキングを活用してみてください。

ページの先頭へ

グローブ

suzuki
2010年06月01日 15:39

レース向けに甲にプロテクタがついたもの、シンプルなワークウェアの様な物、或いはオフロ−ド向けのニット素材を使ったもの…。
と、バイク用のグローブと言っても、様々なものがあります。

用途によっては軍手も…?、でも素手は論外(だよね)。

ハンドルグリップを握り、レバーを引き、スイッチを操作する、と、手、そして指先の動きを含め、バイク用のグローブには、実に多彩な動きが要求されます。
そしてタフネスさも必要です。乗っている途中で、簡単に破れたり避けたりするなんてもっての他、その上で、万が一の転倒の際には、手を怪我から守ってくれなければ…。

とは言え、人の手は、その人さまざま。絶対的に自分の手にフィットする製品を探し選ぶのは、意外と難しいものです。
選ぶ際は、許される限り試着して、妥協せずに、自分に合うものを選びたいところです。


因みにですが、私の場合は、冬季以外は、シティユースでは皮のものより、ニット地のオフロード用を使うことがあります。
暑い時期では蒸れ難いですし、不意に雨に降られても、皮よりも後々の手入れが楽です。(と言うか殆ど無頓着(^^♪)
確かに手まで雨が浸透して濡れますが、そこは割り切ってしまっています。
実際、ツーリングの時も持参し、降られたらレインウェアと共に、このグローブを使います。

欠点は、いや心配と言うべきか?、皮に比べて、アクシデントの時には破け易いかな?。
ので、試される方は、その点は自己責任でお願いしますね。

ページの先頭へ

軽自動車税

suzuki
2010年05月28日 15:04

ライダーの義務:軽自動車税の納付期限が、5月末日までと迫って来ています。
4月1日時点で所有中のバイクに(当日まで所有してたバイクも含む)課税されます。
また短期間の所有であっても、一年分全額を納める必要があります。

うっかり忘れると、延滞金も掛るとか・・・。
万が一滞納、或いは未納になることのないように、忘れずに気をつけましょう。
特に250ccを超えるバイクの場合、納税しないと、車検が受けられなくなります。

又、車検の際には「納税証明書」が必要となります。
納税して証明書を受け取ったら、そのまま車検証と一緒にファイルすると、いざ車検の際に、慌てなくて済みます。

同時に、車検の時期や(250cc以下のバイクなら自賠責保険の期間)や、任意保険の内容も、併せて再チェック。
納税とともに、今月末は愛車の様々な「○○期限」も、再認識すると良いでしょう。
(もし保険が切れてたりしたら、そりゃ大変ですからね…。)

ページの先頭へ

暑い気候

suzuki
2010年05月21日 23:30

夏かよ?」、って思わせるような、高い気温の東京でした。
こんな日に限って、パーキング内のメンテの作業。はい、非常に良い汗を流せました。^_^;

でも何故か、条件によっては、パーキングの場内が、割と涼しいことも、不思議とあったり・・・。
作業を終えてから飲んだコーラが、とても美味しく味わえました。
もしビールだったら!?、そりゃもう、最高に気持ちいいかもね・・・。

と、ビール好きには堪らない気候になって来ました。
しかしバイクにとっては、暑い気候は、「堪らない」の意味が、全く換わってしまいます。

バイクの置き場が、がコンテナボックスや小さめの物置だったり、狭い壁の間の狭小スペースだったっりすると、走り終えた直後のバイクを仕舞うのは、大変ではないでしょうか?。
「あっちっち!」のエンジンやマフラーが冷えるまでは、仕舞う事が出来ないとか・・・。

狭い場所で温度が上がって熱が篭ると、バイクに良い影響がありません。
タイヤやパッキン類などのゴム類が痛んだり、メッキパーツも曇ってしまっり?。
また、温度が篭ることで、万一にガソリンの蒸発、と言うか、オーバーフローの状態になると、それは大変危険です。

同様に、屋外でカバーを掛けて置いている場合などは、熱でカバーが溶けたり、よもや火災騒ぎになることも在り得ます。


これから、更に暑い夏に向かう時期です。
バイクの保管場所や保管状況によっては、エンジンの熱が冷めるまで仕舞うのを待つとか、そんな配慮をすることをお勧めします。

ページの先頭へ

suzuki
2010年05月14日 23:19

ツーリングで履いていた、防水タイプのブーツ。
気に入ってましたが、5年目にして、ついに寿命が尽きてしまいました。

ソールが割れてしまったのですが、防水性を高めたタイプなので、交換不可能と言われてしまいました。
本体とソールの装着が、相当頑丈なので、修理も出来ないのだそうです。

止む無く、そして慌しく、代わりになるフットギアを捜し求めて購入しました。

今回は、スニーカーに似た、シューズ然としたタイプを選びました。
とは言え、防水性や耐久性のある、バイク用のライディングシューズです。

バイク用の靴ならば、履き易さも含め、雨に濡れても足が不快にならないとか、シフト操作に支障が無い事も要素になります。
そして、いざ!と言うときに、きちんと足元を怪我から守ってくれるような、そんな頼もしさも欲しいものです。

そして何より、ツーリング用や普段使いの靴なら、歩き易さや、脱ぎ易さなどの考慮も欲しいもの。

そんな訳で、随分と期待される機能が多いのが、ライダー用の靴です。


洒落たスニーカーなどを履いて乗るのも、時には粋なものです。
でもやはり、最低限でも、ライディングが疎かにならず、怪我が最小限になるような、そんなフットギアを選びたいものです。

皆様のお気に入りの一足は、どんなタイプでしょうか?。

ページの先頭へ

バイクナビ その後

suzuki
2010年05月07日 19:05

機械モノを導入すると、最初のうちは設定や操作の慣れなど、結構と煩わしさを感じるもの。
でも、色々と慣れて判って来ると、数々の恩恵を得ることができるようになるものです。

以前導入したナビにも、ようやく慣れて来て、便利に使えるようになりました。
(学習力が乏しく時間が掛るのだった…)

とっさに迷った時に、バイクにまたがったまま、地図を探して広げる必要もないと言うだけでも、かなり便利です。
また、ツーリングの帰宅中、少し時間が早いな!、と思ったら、道中からそのまま、行きつけのカフェに行き先を即時に切り替える、とか。
(それもその時点からの最短ルートでね)

そんな訳で、行動力と言うか、行動範囲と言うか、時間を有意義に使いながら、よりアクティブになれたような気がします。


一方、バイク用ナビと言いながら、時たま「バイク通行禁止」の道を案内してくれたりと言う、お茶目な面も…。(ーー゛)

まぁこれは、備わっている地図データが、乗用車と共通な思考な為だと思いますが・・・。
いやはや、都内の道路に、未だに、少し不条理な「バイク規制」が残っていることを、こんなところで実感することになりました。


いずれにしても、使い慣れると、非常に便利なアイテムです。
次は、音声案内を無線で聞けるような装置を、ヘルメットに組んでみたいなぁ。と欲が出る…。

ページの先頭へ

モトGPが延期に・・・

suzuki
2010年04月29日 12:09

アイスランドの火山噴火の影響は、思わぬところに現れ、未だに尾を引いているようです。
特に空路の麻痺では、「被害」とも言うべき事態も・・・。
ご苦労を伴った方々には、お見舞いを申し上げます。

影響は少なからず、二輪の世界にも出てきました。
パーツショップで聞いた話では、一部欧州製のバイクの細かい部品が輸入できなくて、納期が遅れたとか…。


さらには、4月に予定されていた、モトGPの日本戦も、秋まで延期となってしまいました。
空路も航路も閉ざされては、マシンや機材類の搬入ができず、肝心のライダーも来日できないのだから、仕方ありません。

代替えとなったのは10月。半年も先。レースファンにとっては、あまりに待ち遠しい時間です。

しかし10月となれば、シーズンも後半に突入します。
このころになると、各ライダーともポイント争いがヒートし、チャンピオン争奪に向けて、レースもより白熱する頃です。
バイクの性能もより向上;安定する時期ですから、より一層気迫を増したレースが見られるかもしれません!。

そんな訳で、今年の日本グランプリは、例年以上に見応えのあるレースに昇華される可能性があります。
「待たされた甲斐があった!」。そんな言葉が出るような、充実したグランプリレースになることを期待して、秋まで待ちましょう!。

ページの先頭へ

桜を追いかけて・・・

suzuki
2010年04月23日 14:03

不思議な気候が続きます。
晴れて暖かいなァ、むしろ暑いなァと思った翌日には、いきなり冷え込んで雨、挙句に雪まで…。

そんな中、貴重な「晴れの日曜日」、久し振りに奥多摩方面にハンドルを向けました!。
周遊道を登って行くと、それなりに標高の高い所に差しかかると、まだ若干の寒さが残っていました。

しかし、湖の周囲では、桜が綺麗な花を咲かせており、春らしい装いを楽しむことができました。

東京も広いものです。都心部では散ってしまった桜も、西部の、とりわけ山間部では、これからが本番と言ったところかしら?。
関東近郊でも、北上して行けば、まだまだ桜が楽しめます。

パーキングのシャッター前で、バイクから桜の花びらが、ひらっと落ちる…。
ツーリングの帰り、そんな風情のある光景にも出会えたら、ちょっと素敵です。


春はツーリングにうってつけの季節。
連休も近いことだし、そろそろ、気まぐれな天気にも、落ち着きを取り戻して欲しいものです。

ページの先頭へ

首都高の新路線

suzuki
2010年04月14日 16:20

先月開通した、首都高の新路線:渋谷線と新宿を結ぶ核となる、池尻ジャンクション。
先刻、日頃のパーキングの巡回の際、ここをクルマで通ってみました。

いやあ、狭い土地を有効に利用するために造られた、クルクル回る迷路じみた地下トンネル・・・。
凄いものを造ったなぁ・・・、と感心しました。


さて、実際に走ってみて???。
なるほど、道が繋がったことで、なかなか便利になりました!。
これで混み合わなければ、都心部の移動・連絡は、かなり時間短縮が可能です。

例えば、池尻や三茶のパーキングを使っている方。
東北道や常磐道にアクセスするのが、非常に楽になったのでは?。

また、環八や環七の渋滞の回避にも?。
東名方面からの帰り、井荻や高円寺パーキングに戻るのも、楽になるかもしれません。

既に代々木パーキングを使ってる方々は、各方面に出掛ける際の、各高速道へのアクセスに活用されておられるかしら?。

そして更なる延長工事が進めば、馬込や不動前パーキングのユーザーにも恩恵が現れるかも?。

(C2と呼ばれるこの路線は、タンデム規制も無い様です。)


予定されている道路料金の改訂では、首都高は実質的に値上がる方向のようなのが残念。
ならば、ここはひとつ、更に利便性が向上するように、工事や改善を進めて欲しいものです。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!