夏のバイク、服装はこれで決まり!暑さ対策に効果的なウェア、ギア類をご紹介

夏のバイク、服装はこれで決まり!暑さ対策に効果的なウェア、ギア類をご紹介

夏のバイクの服装は誰もが頭を悩ませるところ。汗の不快感やジメジメを軽減して、快適に運転するにはどんな服装がいいんだろう・・・と試行錯誤している方も多いと思います。今回は、夏もバイクを楽しむため、暑さ対策に効果的な服装について解説していきます。今年の夏は、ウェアだけでなくヘルメットやグローブなどのギアも見直して、より快適にツーリングを楽しみましょう。

【目次】

夏のバイクの服装は「長袖」が基本!

大前提として、バイクを運転するときの服装に「半袖」という選択肢はありません。万が一、転倒したときのダメージを考えれば、真夏であろうと長袖着用は必須です。安全対策としてだけでなく、暑さ対策としても長袖のほうが適しています。

半袖と長袖。普通に考えれば涼しいのは半袖ですが、バイクに乗っているときは違います。バイクの運転中は、日光が直接肌に当たるか当たらないかで体感温度が大きく変わってきます。半袖で腕に直射日光を浴びるより、長袖で直射日光をガードしたほうが涼しいのは間違いありません。夏のバイクの服装は「いかに肌の露出を減らすか」が大きなポイントになってくるのです。

また、長袖のほうが汗を吸収しやすく、熱を逃がしやすいという特性があります。汗が蒸発するとき、体の表面の熱を奪ってくれますが、この作用は長袖を着ていたほうが促進されやすくなります。この点もあり、夏のバイクでは長袖を着ていたほうが涼しく感じられるのです。

夏のバイク【上半身の服装】

夏のバイクの服装は長袖が必須ですが、どんな長袖でも良いわけではありません。上半身の暑さ対策として理想的なのが、「冷感インナー&メッシュジャケット」の組み合わせです。

冷感インナー&メッシュジャケット

冷感インナーとは、夏でも涼しいインナーのこと。「冷感」「涼感」「吸汗」「速乾」など、商品によって打ち出しているポイントは異なりますが、カテゴリとしてはすべて冷感インナーになります。冷感インナーは汗を吸収しやすく、すぐに乾き、肌触りがヒンヤリ冷たく感じられます。バイク専用の冷感インナーにこだわらず、日常使いの冷感インナーも機能的な商品がたくさんあるので、好みの1着をぜひ見つけましょう。

メッシュジャケットとは、メッシュ地で通気性の良いジャケットのこと。バイクを運転しているときは、ジャケットの内側へ走行風が入ってくるので暑さがかなり軽減されます。ただし、信号待ちなどで停まっているときは、走行風がないので暑くなります。

空調服という選択肢も

空調服とは、脇腹あたりに電動ファンが付いていて内側に風を送り込めるジャケットのことです。ファンから外気を吸い込み、ジャケット内の空気を循環させることで汗を蒸発させる仕組みになっています。もともとは、夏の工事現場における熱中症対策のために作業着として開発されたものですが、最近では、ライダーの暑さ対策としての空調服も登場しています。

空調服が効果を発揮するのは、主に信号待ちや渋滞のときです。このように、走行風が得られにくい場合でも、ファンによって強制的に風を得られるので涼しく感じられます。街乗りや通勤・通学がメインで低速走行が多い場合は、空調服が効果的です。一方で、ある程度のスピードで走行しているときは、空調服を着ていてもあまり意味はありません。ツーリングで高速走行する場合などは、走行風を取り込めるメッシュジャケットのほうが向いています。

夏のバイク【下半身の服装】

下半身の服装も上半身と同じく、「冷感インナー&メッシュパンツ」の組み合わせがおすすめです。下に2枚履くのは嫌だという方は、「夏用ライディングパンツ」の1着でも良いでしょう。

冷感インナー&メッシュパンツ

メッシュパンツはメッシュジャケットと同じように、メッシュ素材で通気性に優れたパンツです。走行風を取り込めるので、夏でも涼しく感じられます。とはいえ、走行風がないときは汗をかくので、メッシュパンツ1枚だとべたつきます。べたつきの不快感を軽減するためには、中に冷感インナーを履くのがおすすめです。

夏用ライディングパンツ

夏用ライディングパンツは、通気性や吸汗性、速乾性に優れたライディングパンツです。冷感インナーとメッシュパンツの機能を融合したようなパンツなので、この1枚で、汗をかいてもすぐに乾き、べたつきにくく、涼しさをキープできます。

各種ギアによる暑さ対策

ヘルメット

夏にバイクに乗っていると、ヘルメット内も汗で大変なことになります。このような不快感を軽減してくれるのが、ヘルメットの下に被る「インナーキャップ」です。インナーキャップが頭部の汗をしっかり吸ってくれるため、ヘルメット内のジメジメした不快感を抑えられます。インナーキャップを被ると、汗がヘルメットの内装に沁み込むのも防げるので、嫌なニオイや雑菌の繁殖も抑えられます。

また、ヘルメットの内側に「ベンチレーションライナー」を装着するのもおすすめです。ベンチレーションを入れることで、ヘルメット内で風が循環するようになるため、汗が乾きやすく、頭部が蒸れにくくなります。空間ができて、髪型が崩れにくくなるのもメリットです。

グローブ

グローブは年間を通して同じものを使っている方も多いと思いますが、夏は「夏用グローブ」を使うのがおすすめです。夏用グローブは、基本的なプロテクション性能を有しつつ、メッシュ素材やベンチレーションを取り入れることで、蒸れにくく涼しさが感じられるようになっています。

エアーインテイク

「エアーインテイク」とは、ジャケットの袖口に差し込んで「風の入り口」を設けるアイテムです。袖口の隙間からジャケット内に走行風を取り入れることで、上半身を冷やします。通気性のないレザージャケットなどとの相性が良く、効果的にジメジメを解消できます。

熱中症対策を徹底しよう!

夏場にバイクを運転しているときは、ジメジメやべたつきによる不快感で集中力が低下しがちなうえ、暑さによって体力も奪われます。このような状態での運転は事故のリスクも高くなるため、十分な注意が必要です。

特に、熱中症対策には万全を期す必要があります。熱中症になると目まいやだるさ、吐き気やけいれんなどの症状が現れるだけでなく、最悪の場合、死に至ることもあります。近年は、夏場の気温上昇によって熱中症による死亡者数が増加しているので要注意です。

夏のバイクにおける熱中症対策については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご一読ください。
>>夏のバイクツーリングをもっと快適に!熱中症・暑さ対策はこれで完璧

まとめ

服装ひとつで夏のバイクの快適性は大きく変わってきます。服装やギアを揃えると出費がかさみますが、熱中症になったり事故に遭ったりするリスクを考えたら安い買い物です。ぜひ、服装やギアを見直して、夏のバイクをより快適&安全なものにしていきましょう。

バイクという乗り物は、いかにして自然環境に適応するかという点も醍醐味の一つです。梅雨対策や防寒対策、雪道対策などは、以下の記事を参考にしてください。

>> バイクの梅雨対策はこれでバッチリ!運転後のサビ防止メンテナンスも
>> バイクの防寒対策をライダーが徹底解説【寒さに負けず冬も乗りたい!】
>> バイクで雪道を安全に走るためのタイヤ&運転テクニック

アイドゥの月極バイク駐車場をご利用いただいているお客さまよりお声をいただきました

バイク盗難について考える

こちらの記事もオススメです

月極バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 | 川崎市 etc...

  • 駐車場の下見 無料お申込みはこちら
  • 駐車場の空き待ち 無料お申込みはこちら
  • 駐車場 開設リクエスト ご要望をお聞かせ下さい
  • お電話での問い合わせ 03-5312-1799
  • 特集 プロが教えるバイク盗難対策
  • 特集 プロが教えるバイク地震対策
  • 特集 大型バイクオーナーのよくある悩みとは
  • コラム:バイクに関するお役立ち情報
  • 月極バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • メルマガお申し込みはこちら
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
オススメの駐車場はこちら!