スタッフブログ

可動式リアフェンダー

suzuki
2018年12月07日 19:00

後輪サスペンションのスイングアームに、ナンバープレートなどの重要な部品を取り付ける。
以前は規制があって不可能でしたが、最近になって、ウインカーなども含めて、
サスアームの、後輪の真後ろに着装されるようになりました。

私のつたない記憶では、たしか90年代にドイツ製のエンデューロ系ツアラー。
これに、サスアーム部へ小さなフェンダーが付いたのが、最初だったと思います。

オフロードを走ると、後輪の空回りが多く、頻繁に後方へ泥や砂利を跳ね上げ、飛ばします。
サスの動きも長いオフ車ですから、タイヤの上下動も豊富。
この長いタイヤの動きに対し、一緒に動く泥避けを着けたわけです。
小さな泥避けであっても、常にタイヤの位置をカバーすれば、泥はね防止の効果は絶大。
サイズは小さくても大きい効果が出る。
成程ドイツの人は設計が上手いな、と感心したことを覚えています。

しかし年月が経った今、ナンバーやランプ類までに着くとは、予想していませんでした。

オートバイのテール周辺デザインの変化、車体の軽量小型化が進みました。
発想を換えて、大切な部品を付ける場所を変える。
これが成立するのも、技術の進歩があってのことです。

かつて、サスペンションアームは「出来るだけ軽く、
なるべく余計なものを着けない」というのが定説でした。
常に動くサスペンションには、重さによる負担が、乗り心地にも走行性能でも、影響するからです。

近年、サスの部品も、サスが支えるタイヤやホール・ブレーキまで、
軽くて良いものが出来てきました。
だから、ランプなどを載せても、重量分が負担にならなくなったのでしょう。
付け加えれば、電気部品そのものも、軽く丈夫になっている、といえます。

いろいろな進化と工夫で、私達はまた、新しいスタイルのオートバイを楽しめる。
また次の世代も、驚くような形の新車が出てくることでしょう。

さて、ライダーも、バイクの進化に対応しなければなりません。
タイヤ後端の、車体の低い位置に、ナンバーやライトが付いたバイク。
駐車で、後ろに下げる時には、うっかりと何処かにぶつけるかもしれません。
車庫の位置や場所、区画の広さなど、愛車に合わせ、確認してから、月極ガレージをご契約ください。

「車体が短い」と意識していたが、コンテナボックスの扉を閉めたら、
ナンバーに当たって曲げてしまった…。
と、まさかそんなことは、滅多にないとは思いますが…。

でも気を付けて下さい。LED系の部品、買えば意外と値がするものです。

ページの先頭へ

オートバイ月極駐車場 空き状況

suzuki
2018年11月30日 19:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)

電話 03-5312-1799


■JR山手線沿い 渋谷区内
 代々木(満車間近)
 渋谷(満車間近)

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(盗難補償あり)
 蒲田(満車間近)

■JR中央線沿い
 三鷹市内(TELにて)
 高円寺〜中野
 荻窪(四面道)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(山手通り)
 豪徳寺(駅徒歩圏内)
 経堂・成城付近の方もご相談ください。

■京王線沿い
 初台駅(京王新線・都営新宿線)
 三鷹台(井の頭線)
 柴崎・つつじヶ丘・布田
 井の頭線、桜上水付近の方もご相談ください。

■東急電鉄沿い
 不動前〜武蔵小山(西五反田)広いガレージにご案内できます!
 祐天寺〜中目黒〜学芸大学
 世田谷線沿線(山下・松原・三軒茶屋)

■京急線沿い
 雑色
 京急蒲田沿
 戸部(西横浜)
 大鳥居や糀谷の方、弊社の六郷駐車場をご検討ください! 
 全て盗難補償を備えた屋内型パーキングです!

■東京メトロ線沿い
 後楽園・小石川(東京ドーム・伝通院)
 葛西〜浦安(東西線)
 江戸川橋駅付近(有楽町線)駅近くです!
 荻窪(丸の内線・東西線) 
 西船橋(TELにて)
 神楽坂(東西線)この地域で屋内ガレージを探している方はぜひ注目!

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線メトロ乗入・こんにゃく閻魔(源覚寺)
 馬込駅徒歩圏内
 牛込神楽坂(今後は混み合うことが予想されます)
 菊川(新宿線)この近隣では希少な屋内駐車場

■西武近辺
 井荻〜下井草
 (井草・石神井の方も要注目!)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■他に、清澄白河(永代橋)・台東区上野・千歳船橋など、
 首都圏に30ヶ所のバイク専用月極パーキングがあります。

アイドゥは全て屋内保管、セキュリティ強し!

気になる駐車場がございましたら、電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!

◆空き待ち制度のご案内◆
ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
追加手数料等は一切かかりません。

電話 03-5312-1799 バイクパーキングのアイドゥ

ページの先頭へ

サスペンション

suzuki
2018年11月23日 19:00

オートバイの前後には、サスペンションが備わっています。
乗り心地を整え、走行中の安定性を保ち、エンジンのパワーをタイヤに伝え、ブレーキの反動を受け止める。
その他にも、色々な役割を、サスペンションが果しているようです。

「実用自転車に小さめのエンジンを載せて走らせた」様な形式から始まったのがオートバイだと云われます。
だとすると、機械的にクッションの役割をするものは無かったのでしょうか?
荒い乗り味を緩和させるサスペンション装置が無かったら、
どれだけエンジンの出力を上げても、速く走ることはできなかったでしょう。
バイクの進化の歴史には、エンジンのみならず、基本のフレームの設計と、
良質なサスペンションの開発も重要だったと感じます。

クルーザータイプのバイクを見ると、小さめのホイールに、肉厚の豊富なタイヤが付いている例があります。
低いシート位置を保つために、短めのショックユニットを着けていることが、クルーザーではよくあります。
そこでタイヤの持ち味を生かして、乗り心地を確保する試みをしていると思われます。

最近、クルーザータイプにも、扁平の太い大径タイヤを使う物が出てきました。
それでも乗り味も走行性能も両立できるのが、今の技術なのでしょう。
サスやタイヤの性能向上の結果…、つまり技術の進歩が、新しいスタイルのバイクを創生させているといえます。
オートバイって、奥が深いな!

ページの先頭へ

暗い時間を走る

suzuki
2018年11月16日 19:00

「秋の夜長」といえば風情もありますが、暦の上では既に立冬を過ぎています。

事実、陽は短くなっています。
日中の気持ち良さの中を走っていたら、帰り道は暗くなっちゃった。
街灯や建物の明かりが豊富な都心部と違い、少し遠出のツーリングでは、郊外の道路で寂しさを感じる…。
そんなこともあるかもしれません。
(そこで空を見上げたら、星がきれいで感動した…。またそれも、バイクでこそ味わえる情緒の一つかな?)

さて、そんな風に僅かに遠回りして、バイクは無事にあなたを乗せて帰ってきました。
車庫にオートバイを収めましょう。

置くところ、暗くないですか?

アイドゥのバイク駐車場は屋内タイプなので、電気が備わり、照明が付いています。
エンジンを止めてヘッドライトを消して、悠々とした区画内に収めるのに、何の心配もありません。
室内照明はいうまでもなく、全ての駐輪施設に在って当然。
場収容台数が多い不動前地区の駐車場も、隅の隅まで照らされています。

屋外に停める場合は、周囲の明るさが頼り。
また、コンテナボックス収納のバイク保管庫は、狭く暗い中に車輛を入れるのに、夜は難儀しそうです。
恐らく、早朝、日の出前も、オートバイの扱いに厄介を感じるのではないでしょうか。

バイクの出入れの難を避けるために、周囲が明るい時間帯を狙っての出発・帰宅というツーリングの計画。
これは、時間的に勿体ない話です。
日照時間が短い季節だから、走れるタイミングをなるべく多く取れるツーリングプランを実施したい!
そのためにも、明るい屋内タイプのガレージが有意義なのです。

安全を考えたら、一定の常識的な時間に帰ってくるのは、大人のライダーとして大切です。
ただ、車庫の都合で急かされるツーリングになるのは如何なものでしょう?
疲労回復の為に途中で一服するのは重要ですし、お土産を選ぶ余裕だってほしいですからね。

ページの先頭へ

秋、行楽もバイクで!

suzuki
2018年11月08日 19:00

暑さも過ぎ、寒さも暫くはお預け、そんな良好なシーズンです。
ツーリングに出かけるのに、気持ちの良い時期が訪れたといえます!

紅葉を楽しむツーリング、温かい料理を求めるツーリングなど、
秋ならではの走り方があるわけです。

そんな最高の季節、バイクに初めて乗るという方も、新車に乗り換えて慣らし運転に勤しむにも、
秋の気候は、オートバイに相応しいシーズンです。

「走りの気持ちいい時期のようだから、バイクを買って、景色の良い場所まで乗って行ってみるか?!」
「涼しい季節のうちに教習所に通えば、免許の取得も効率よくやれるかな?」

そんな風に思うのは、当然のこと。ぜひ、オートバイに興じてみてください。
私共アイドゥは「大切な愛車を安心して停めて置ける」という点で、ライダーの皆様にご協力致します。

広めの駐車区画、取り回しの楽な通路の組み方など、他の車庫との違いは歴然!
忙しく出かけるツーリングの朝の労力が、全く違います。

開閉の楽な電動シャッターは当然、全ての駐車場に高度な監視システムもセット、補償制度もあり。
バイクへの悪戯など、心配不要です。

近年は二輪車もABSをはじめとする電子的な機構が多く取り入れられています。
それらは走行性能の向上と共に、ライダーの安全や環境の負荷も考えたものです。
精密さを年々増すオートバイ。屋外に置いたり、密室のような、
空気の流れが悪いボックス内に入れたりするのは、いかがなものか…?

快適なツーリングを楽しむためにも、バイクにとって相応しい駐輪施設を選んでください。

ページの先頭へ

もっと見る

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!