スタッフブログ

モトGP 日本戦

suzuki
2018年10月18日 19:00

いよいよ今年も、ロードレース世界選手権の、日本開催の時期が来ました!

決勝は10/21(日)。予選が20(土)。
前日の金曜午前中から、練習走行が実施されます。

さて、今回のポイントと挙げてみると、注目点が多数あります。
さすが世界選手権!例えば最高峰クラス(モトGP)は…。

(1)既に2年連続でチャンピオンを取っているライダーの圧倒的な活躍!
ここで3期連続取得を決める可能性が高い。
(2)3期連続チャンピオン阻止するべく挑む、ランキング上位のイタリアライダー2名。
ベテランゆえの経験値の多さ。2人の戦法は?
(3)今年から出走している日本人ライダーが、母国でどんな活躍をしてくれるか?
(4)今シーズンを最後に引退表明している選手は、日本最後のレースになります。
ぜひとも好成績を!悔いなく走り切ってください!
(5)山間部のコース故に、天気という番狂わせの可能性が。
雨になると、このチャンスに掛けるライダーで混戦模様となるかも? 

雨は、ライダーにも観戦にも、ツライところなので晴れて欲しい気持ちがありますが、
ウェットコンディションならではの楽しさもあります。
晴天の場合でも、気温によって状況が左右される例もあります。(路温によりタイヤ選定で迷うとか)

ちょっと付け加えると、山間部のコースなので、夕方以降は意外と冷えることがあります。
初めて観に行く方へのアドバイですが、冷え対策や、念のため雨具の用意など、考えておくと良いですよ。

中量級(モト2)は、来年から規定が変わり、エンジンが一新することが決まっています。
日本製の直列4気筒600ccの甲高いレーシングエンジンのサウンドが国内コースに響く最後のレース。
直四が好きな方は、これを見逃さず、聞き逃さず!

軽量級(モト3)は、世界中から集まる若いライダーが凌ぎ合い、どのレースでも常に混戦になる傾向。
更に今回、日本から女性ライダーが出場する予定。その活躍に注目!
他にも、様々な見どころがあり、本当に目が離せない日本GPです。     

詳細は開催サーキット(ツインリンクもてぎ)のサイトをどうぞ!
http://www.twinring.jp/motogp/

ページの先頭へ

時代を創る 超える

suzuki
2018年10月11日 19:00

秋の訪れ。
ツーリングに快適なシーズンに入っています。

この時期は、アメリカのメーカーが、来年発売の新作モデルを発表するのが恒例です。
日本への輸入〜販売は、冬を超えてから、翌年の春先以降となりますが、
今から期待しているライダーさんも多いことでしょう。

さて、今回ちょっと注目されているのは、来年の市販車だけではなく、
少々趣きの違う車種の写真が公開されたことです。
なんと! 数年以内に販売するかもしれないという新機種も、前倒しされた形で披露されています。

従来は、長く低いスタイリッシュなクルーザーや、
二人乗りを快適に走破するグランドツアラーを得意としていたアメリカメーカー。
しかし今回は、スポーツ度の高いストリートファイターや、
オフロード系のビッグアドベンチャーモデルが登場。
更には、ガソリンエンジンのない、完全な電動スポーツ車も披露されています。

これらはまだ試作の段階でありながら「数年以内に市販可能」という表現で
紹介されていることに驚きです。
このように、一気に多くの新種を出してくる辺り、
大型オートバイのメッカたるアメリカメーカーの底力を実感せざるを得ません。
来年が楽しみ! 同時に、数年先のバイク界がどうなるのか? 本当にワクワクします!

一方で、ニューモデルも良いけど今売っているバイクのスタイルが好き、という方も多いでしょう。
現行モデルは今しか買えませんから、出来るだけ急いで購入しないと!

アイドゥでは、オートバイの納車前でも駐車場の契約が出来ます。
大型クルーザーは重量が300キロを超える例も珍しくありません。
そんな大型バイクに相応しい駐車場を、アイドゥはご案内致します。

ページの先頭へ

Threewheeler

suzuki
2018年10月06日 20:00

「フロント二輪・リア一輪」という、新しい形態のオートバイが、日本メーカーから発売されます。

これまでも、スクーターの括りの中では例がありましたが、スポーツバイクでは、どうやら初のもの。
しかも排気量も1000ccに近いので、大型二輪と呼んでもいいでしょう。
いや、二輪ではなく三輪ですが、日本の法規では二輪車として扱われます。
そしておそらく世界的にも、バイク即ち二輪車とみなされるはずです。

トレッド幅(左右のタイヤの取付け位置)が一定の範囲内で狭く、旋回の際は車体を傾けて曲がるもの…。
このような車体は、道交法・車両法共に、二輪車になります(50cc以下の原付は別)。
乗車には二輪の運転免許を所持し、ヘルメットを被る。
高速道の料金も、税金や保険の額も、バイクの扱いです。
ライダーが体を晒しバンク角を与えてカーブを曲がる仕組みだから、それはオートバイそのものです。

フロントタイヤが2つある事で作り上げられる乗り心地は、どんな感じなのでしょう?
高速走行時の安定感やブレーキを掛けた時の効き味は、これまでのもの以上の良さが期待できそう。
ただし、タイヤのグリップ力の限度を超えれば、転倒やスリップアウトも起こり得ます。
その点は理解しておく必要がありますね。

バイクと同列に扱われるので、駐車に乗用車ほどのスペースは不要で、保管場所の届け(車庫証明)も要りません。
ですが、前輪が2つある事による実質的な寸法は、「二輪車」としては、大きめの場所が必要な筈です。

コンテナ型ボックスを使ったバイク保管庫などでは、使い勝手が問題になるかもしれません。
例えば、高床式ボックスで、細い道板を使って出し入れする形式だと、三輪車は入れません。
また、フロント回りのタイヤの軌道を考えると、狭苦しい通路を通す場合、曲がる時は苦労があるかも?

アイドゥの駐輪施設は屋内自走式です。
例えば収容台数が多い杉並区井草地区の駐車場や、目黒・五反田(不動前)の、共用通路の広さ。
これは大型クルーザーには当然、新種のスリーホイールのモーターサイクルにも適すると言えましょう。
勿論、他地区のアイドゥ駐車場も同様。
各々すべてのガレージに、悠々とした区画寸法と、扱いやすい電動シャッター付の導入路を備えています。
(アイドゥはオートバイ用の駐車場なので、一般的な乗用車は停められません。ご了承ください。)

ページの先頭へ

オートバイ月極駐車場 空き状況

suzuki
2018年09月28日 22:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い 渋谷区内
 代々木(西参道)
 渋谷(残り僅か)

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(大型オートバイに合わせた区画空間・盗難補償あり)
 蒲田(駅付近に屋内型バイク専用の駐車場があります)

■JR中央線沿い
 三鷹市内(TELにて)
 高円寺(中野)
 荻窪(環八)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(山手通り)
 豪徳寺駅(駅付近・残り僅か)

■京王線沿い
 初台駅(京王新線・都営新宿線)
 三鷹台(井の頭線)
 神泉(井の頭線)
 柴崎・つつじヶ丘(区画数が多い駐車場です)
 布田地区のパーキングもオススメ! 

■東急電鉄沿い
 不動〜武蔵小山(西五反田)
 祐天寺〜学芸大学(中目黒)

■京急線沿い
 京急蒲田沿〜雑色
 戸部(西横浜)
 大鳥居や糀谷の方、弊社の雑色地区(六郷)の駐車場をご検討ください! 
 盗難補償ありの屋内型パーキングです!

■東京メトロ線沿い
 後楽園・小石川(東京ドーム・伝通院)
 葛西〜浦安(東西線)
 江戸川橋駅付近(有楽町線)もちろん屋内・セキュリティ付
 荻窪(丸の内線・東西線) 
 西船橋(TELにて)
 神楽坂(東西線)新宿区内にも屋内型バイク駐車場があります!

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線メトロ乗入・こんにゃく閻魔(源覚寺))
 馬込・荏原地区
 牛込神楽坂(希少)

■西武近辺
 井荻(高野台)
 下井草(旧早稲田通り)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■他に、小松川(平井)・世田谷区千歳船橋・桜上水・上野浅草近辺、など、
    首都圏に30ヶ所のバイク専用月極パーキングがあります。

アイドゥは全て屋内保管、セキュリティ強し!

気になる駐車場がございましたら、お電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!

◆空き待ち制度のご案内◆
ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
追加手数料等は一切かかりません。

ページの先頭へ

イメージ

大きな地震が起きた後は、余震が心配されますね。
オートバイを少しでも安定して停めておくために、
日頃からちょっとした配慮をしたいところです。

バイクが地震で転倒しないよう防ぐ上で、安心度合いが高くなる方法として、
「サイドスタンドで停めて、トランスミッションをローに入れておく」
が、ベターと言われています。

前後2本のタイヤとサイドスタンドで三点が接地し、軽い傾斜を掛けた状態。
なおかつ、後輪は強力なエンジンブレーキが掛かっている形です。
オートマチックのスクーター等は、駐車専用のロックブレーキを使ってください。

センタースタンドを使う際は、まず足元の路面状況を確認してください。
緩やかでも傾斜があると、僅かといえど、車両の安定が得にくくなります。
そして、ギヤをローに入れておく事は、サイドスタンドと同じくらい有意義なのです。
これで輪留めを後輪の前に置けば、前進してセンスがズレる事態を、
かなり食い止めることが出来るでしょう。

なお、車輪止めをリヤタイヤの前に置くのは、
日頃から、コソ泥的な輩からバイクを守る面でも活きてきます。
犯行の際は、とにかく慌てて行動する連中です。
周囲をよく見ず、後方足元の留め具に気付かず前輪だけを見て
「バイクを押しても動かない!」と焦るという図式です。

ともすれば、オーナーさん自身も留め具を置いていることを忘れてしまうこともありますので、ご注意を!

また、駐車用のロックブレーキが付いているスクーターは、走行前に必ず解除してください。
掛け方が甘いと、意外とそのまま走れてしまう程、最近のスクーターはエンジンがパワフル。
気を付けないと、ブレーキを焼き壊してしまう事もあります。
レバーの位置や、メーター内の警告をチェックして!!

そして繰り返しますが、愛車を常駐させる場所は、床面が綺麗に整地してあり、
平面になっていることが最低条件で、ゆったりスペースの屋内タイプが理想です。
だって、狭いコンテナボックスの中で、体を屈めながら、タイヤに停め具を掛けるの、辛いですよ。

ページの先頭へ

もっと見る

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!