スタッフブログ

かつてバイクには

suzuki
2018年08月17日 17:00

排気量750cc以上のオートバイに、一種の規制が掛かっていたことは、
前回のブログでご紹介した通り。
日本メーカーが市場に直に出せるのは750ccまででした。
でも輸入車、即ち外車には、一切の制限が無かったのです。
なので、ハーレーやBMW、ドカティ等は何のお咎めもなく購入が可能。
日本製の1000cc級大型オートバイは、海外からの「逆輸入」という形式で、
外車と同じ条件の中で流通していました。

この規制が無くなったのが1990年のこと。
以後、メーカー保証が掛かった大排気量のバイクを、
適正値段で購入できるようになりました。

また、大きなバイクを運転するための免許にも、一種の足枷がありました。
1996年まで、大型二輪の指定教習所での「試乗しての教習」が無かったのです。
皆大変な苦労をして、試験審場での査を受ける必要がありました。

また、高速道路での二人乗りも、2005年まで不可能でした。
長いツーリングでは、大切な人とバイクを楽しむ事に、かなりの労力を要しました。
ひたすら国道をタンデムで行くか?道中の新幹線の駅で待ち合わせして、途中から乗せるか?
など、今では当たり前になっているバイクの、特に大型オートバイの魅力を味わう環境。
長く続く日本のバイク歴史を振り返っても、環境が整ったのは、意外と最近のことなのです。

もっといえば、高速道路のスピード規制も、バイクと軽自動車は時速80キロとされていた時もありました。
古いバイクのメーターに「速度警告灯」が付いている例がありますが、これは80キロ規制の名残です。

そして、バイクパーキングアイドゥが誕生したのは2001年。

いつの世も、バイクは悪戯や盗難に警戒が必要。
そこに解決策を投じたいのが私たちの役割です。

「大切な愛車は、警備と補償が整った駐車場に置く」。
こんな考え方も、近年のライダーの常識のひとつとなっています。

ページの先頭へ

日本の大型オートバイ

suzuki
2018年08月09日 19:00

平成という括りも、やがて終わりを迎えます。
日本のバイクメーカーは、昭和の時代に誕生し、早々に大飛躍を果たしました。
平成に入って、更に技術が発展し、様々な種類の高性能なバイクが、今日も誕生しています。

こと日本で「大型バイク」が確立されたのは.今から約50年前に登場したある1台から始まります(と断定)。
海外でもあまり例を見ない直列四気筒のエンジンは、総排気量750ccで、当時の標準を大きく超えていました。

以前にはなかった強烈な性能は、すぐに多くの人を魅了。
その後しばらくの間、750ccを超える排気量のバイクが規制される事態となる程でした。
しかし、フォロワーは直ぐに登場。海外に多くの高性能車が輸出され、世界中のライダーに愛用されました。

以後も技術の発展は目覚ましく、80年代にはすでに日本のメーカーは六気筒エンジンを用意。
さらにターボエンジンも実はこの時期に造っていました。

平成に入ってからも、様々な車種が出てきます。
大きくなりがちなエンジンを非常にコンパクトに纏め上げ、
車体を軽量化した1000cc級スーパースポーツバイクも今や日本が中心です。

他方。前記の通り長らく750ccを超えるエンジンが封印されていた日本。
平成の時代になるまで、750越えのオートバイは逆輸入という形でしか購入できませんでした。
そのため、日本の感覚ではなく、海外ユーザーの要望に合わせて作られているカテゴリも存在。
1800ccクラスの超大型クルーザーなどが、その例です。

シンプルな二気筒などを伝統とする外車勢と比較して買う方も多いでしょう。
日本製のマルチシリンダーの大排気量車は、更に「規格外」な寸法のものもあります。

アイドゥでは、これらの超大型車が収まるような区画も用意しています。
馬込地区や目黒不動近隣や代々木(渋谷区)、或いは蒲田あたりで、
長いホイールベースのオートバイのライダーに好評です

さて、次の世代。日本からどんなバイクが出てくるのか?
とても楽しみです。

ページの先頭へ

オートバイ月極駐車場 空き状況

suzuki
2018年08月03日 00:11

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木(西参道)
 渋谷

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(大型オートバイに合わせた区画空間・盗難補償準備あり)
 蒲田(駅付近です)

■JR中央線沿い
 三鷹市内(TELにて)
 高円寺〜中野
 荻窪

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(駅から徒歩圏内)

■京王線沿い
 初台駅(京王新線・オペラシティ付近)
 三鷹台(井の頭線)
 調布市内・柴崎地区(布田地区も好評です)

■東急電鉄沿い
 不動前
 祐天寺

■京急線沿い
 京急蒲田沿〜雑色
 戸部(西横浜)
 大鳥居や糀谷の方、弊社の雑色地区(六郷)の駐車場をご検討ください! 
 盗難補償ありの屋内型パーキングです!

■東京メトロ線沿い
 後楽園・小石川(東京ドーム・都営線乗入)
 葛西〜浦安(東西線)
 江戸川橋駅付近(有楽町線)
 荻窪(丸の内線・東西線)
 西船橋(TELにて)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線メトロ乗入)
 馬込

■西武近辺
 井荻〜下井草
 荻窪地区の方や、石神井近隣の方にも、オススメの駐車場です!

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)


アイドゥは全て屋内保管、セキュリティ強し!

気になる駐車場がございましたら、お電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!

◆空き待ち制度のご案内◆
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
 追加手数料等は一切かかりません。

ページの先頭へ

鈴鹿8耐

suzuki
2018年07月27日 15:00

非常に暑い2018年の夏です。そして熱い戦い「鈴鹿8時間耐久ロードレース」の開催です!
今年の決勝日は7/29(日) 詳細はこちら↓
http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

個人的ですが、今回の8耐で注目しているポイントを表記します。ご参考まで。

・これまで3年連続で総合優勝しているメーカーチームの4連覇なるか?
・それを阻止すべく、ライバル陣営もワークス(会社直径)チームにて参戦。
・現役の日本人モトGPライダーと、ワールドスパーバイク選手権のチャンピオンライダーが出場! 
・近年参加台数が増えているドイツメーカー陣営が、いよいよトップ争いに絡んでくるか?
・唯一のイタリア製バイク1台にも要注目。
・忘れてはいけない!第1回大会の覇者チームももちろん出走!活躍にも期待。
・有名なアニメとタイアップでお馴染みのチームが「負けてらんないのよぉ!!」と今年も参戦。

と、ざっと挙げても、見どころは豊富です。
それ以外でも、8耐は毎年、様々な展開があるもの。
チームの規模やライダーの経験、車両の性能差や条件を問わず、誰もが長丁場を争う競技です。

乗り手だけでなく、ピットインのタイミングで給油やタイヤ交換で活躍するメカニックさん達。
彼らも、1秒単位の争いに興じます。
不慮の転倒からの緊急修理では、整備の実力が問われてきます。
何としても復旧させて、ゴールまで走りきりたいと願う気持ちは、
乗っているライダーも、支えている側のメカマンも同じです。
その陰で様々なフォローに回る大勢のスタッフさんたちの努力など、
表面に現れない部分も、すべて合わせて「チームの力」となります。

午前中のスタートから、夜のゴールまで、常に色々とドラマが生まれまれる耐久レースです。
バイクが好きな人なら、絶対に目が離せない大会です。

テレビでもBS局での完全中継があるようですが、1番は現地に行って直に観戦すること。
でも猛暑のサーキットですので、暑さに備えての準備を万全にしてお出掛けください。

ページの先頭へ

知恵と工夫と

suzuki
2018年07月19日 19:00

ハイブリッド車の登場、そして次は完全な電気モーター仕様のバイクの出現?!
と、様々なスタイルのオートバイの発売が予想される未来。
それに併せて、停めておく場所も、様々に対応する必要が出てくるでしょう。

屋内型駐輪施設という事で、
シャッター完備(自動は当然)、電源コンセントもある、何よりも充実した警備体制。

これらは、あって当然のことです。
屋内型バイク用パーキングといっても、セキュリティと、いざというときの補償の準備。
実は案外、この2点は、駐車場の各運営会社によって違いがあり、
不完全な会社様も存在します。

同時に、それ以前の最低条件も満たしているか?
その1つが、停め易さや、出入りのし易さです。

大型バイクと一言で表すも、車種により特徴は様々。
ワイドなカウル・サイドケース・幅の広いハンドル・長いホイールベース。
何となれば、重量300kg以上の車格、等々…。
軽量設計のスポーツ仕様であっても、ハンドルの切れ角の少なさによって、
取り回しが容易でない場合があります。

アイドゥでは、まずは取り回しの利便性を考えた場内レイアウトを取ります。
単に「区画内にバイクが収まればいい」という訳ではありません。
その駐車枠に、いかに楽に入れられるか?出すときも苦労は少ないか?
この点は、区画の面積が一定分あれば済むという話ではありません。
通路の組み方や、向きを変えるための空きスペースなども
配慮しておかなければなりません。

例えば、アイドゥでも比較的収容台数が多い、不動前地区のガレージ。
停まっている台数が多い割に、場内に窮屈な印象をあまり感じない作りを心掛けています。
大型オートバイを停めるには、どのような配置をするべきか? 
この辺りは、実際にバイクに乗るスタッフの考え方が活かした結果です。

また大田区の六郷地区のバイク駐車場。
ここでは、ちょっとしたアイデアから造られた、小物類の整理用の場所があります。

細かい設備などは物件による差異はありますが、各々で、様々な工夫を盛り込んでいます。

スペースを有効に、そこにある条件をうまく活用して…、
「バイクに乗る人たちに、バイクのある生活を楽しんで欲しい」と思いながら、
知恵を出してと工夫する。
これが私たちの役割。凄く楽しい仕事ですね。

ページの先頭へ

もっと見る

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!