スタッフブログ

お役立ち情報?

かつてバイクには

suzuki
2018年08月17日 17:00

排気量750cc以上のオートバイに、一種の規制が掛かっていたことは、
前回のブログでご紹介した通り。
日本メーカーが市場に直に出せるのは750ccまででした。
でも輸入車、即ち外車には、一切の制限が無かったのです。
なので、ハーレーやBMW、ドカティ等は何のお咎めもなく購入が可能。
日本製の1000cc級大型オートバイは、海外からの「逆輸入」という形式で、
外車と同じ条件の中で流通していました。

この規制が無くなったのが1990年のこと。
以後、メーカー保証が掛かった大排気量のバイクを、
適正値段で購入できるようになりました。

また、大きなバイクを運転するための免許にも、一種の足枷がありました。
1996年まで、大型二輪の指定教習所での「試乗しての教習」が無かったのです。
皆大変な苦労をして、試験審場での査を受ける必要がありました。

また、高速道路での二人乗りも、2005年まで不可能でした。
長いツーリングでは、大切な人とバイクを楽しむ事に、かなりの労力を要しました。
ひたすら国道をタンデムで行くか?道中の新幹線の駅で待ち合わせして、途中から乗せるか?
など、今では当たり前になっているバイクの、特に大型オートバイの魅力を味わう環境。
長く続く日本のバイク歴史を振り返っても、環境が整ったのは、意外と最近のことなのです。

もっといえば、高速道路のスピード規制も、バイクと軽自動車は時速80キロとされていた時もありました。
古いバイクのメーターに「速度警告灯」が付いている例がありますが、これは80キロ規制の名残です。

そして、バイクパーキングアイドゥが誕生したのは2001年。

いつの世も、バイクは悪戯や盗難に警戒が必要。
そこに解決策を投じたいのが私たちの役割です。

「大切な愛車は、警備と補償が整った駐車場に置く」。
こんな考え方も、近年のライダーの常識のひとつとなっています。

ページの先頭へ

日本の大型オートバイ

suzuki
2018年08月09日 19:00

平成という括りも、やがて終わりを迎えます。
日本のバイクメーカーは、昭和の時代に誕生し、早々に大飛躍を果たしました。
平成に入って、更に技術が発展し、様々な種類の高性能なバイクが、今日も誕生しています。

こと日本で「大型バイク」が確立されたのは.今から約50年前に登場したある1台から始まります(と断定)。
海外でもあまり例を見ない直列四気筒のエンジンは、総排気量750ccで、当時の標準を大きく超えていました。

以前にはなかった強烈な性能は、すぐに多くの人を魅了。
その後しばらくの間、750ccを超える排気量のバイクが規制される事態となる程でした。
しかし、フォロワーは直ぐに登場。海外に多くの高性能車が輸出され、世界中のライダーに愛用されました。

以後も技術の発展は目覚ましく、80年代にはすでに日本のメーカーは六気筒エンジンを用意。
さらにターボエンジンも実はこの時期に造っていました。

平成に入ってからも、様々な車種が出てきます。
大きくなりがちなエンジンを非常にコンパクトに纏め上げ、
車体を軽量化した1000cc級スーパースポーツバイクも今や日本が中心です。

他方。前記の通り長らく750ccを超えるエンジンが封印されていた日本。
平成の時代になるまで、750越えのオートバイは逆輸入という形でしか購入できませんでした。
そのため、日本の感覚ではなく、海外ユーザーの要望に合わせて作られているカテゴリも存在。
1800ccクラスの超大型クルーザーなどが、その例です。

シンプルな二気筒などを伝統とする外車勢と比較して買う方も多いでしょう。
日本製のマルチシリンダーの大排気量車は、更に「規格外」な寸法のものもあります。

アイドゥでは、これらの超大型車が収まるような区画も用意しています。
馬込地区や目黒不動近隣や代々木(渋谷区)、或いは蒲田あたりで、
長いホイールベースのオートバイのライダーに好評です

さて、次の世代。日本からどんなバイクが出てくるのか?
とても楽しみです。

ページの先頭へ

ハイブリッドパワー

suzuki
2018年07月12日 19:00

ガソリンエンジンと電気モーター。
2つの動力を混合する、いわゆるハイブリッド車。

乗用車ではすっかり普及しているこの仕組みが、いよいよ国産二輪車にも採用されます。

海外では数例あった様ですが、国内メーカーは、私の知る限り初めてだったはず。
しかも今回、明確に「ハイブリッド」と銘打ったオートバイが、125ccクラスのスクーターであること。
これは注目すべき点です。

何しろ、多くの人が日常的に使う小型スクーター、しかも日本車。
必然的に、相当数の台数が販売され、愛用される車種がハイブリッドになる。
新機能を使いながら、まずは購入層が多いクラスに投入する事は、
価格面でも買いやすくなって販売ということ。
これは、いよいよメーカーが、モーター走行にも本腰を入れ始めている、という事でしょう。
もしかしたら、あっという間に、電気仕様のバイクが一気に増える可能性があります。

近い未来、バッテリーとモーターはさらに高性能になるでしょう。
エンジン動力と電動パワーを併用するハイブリッドは、いずれはスポーツバイクにも登場するのは確実です。
より強大なモーターに対応するために、バッテリーも進化し、大容量化するでしょう。

となると、恐らくは駐車中に充電しておく「プラグイン」という形態が一般化するかも?
屋外駐車どころか、個別収納・コンテナボックス型のような車庫では、走るための「充電」もままならない…。
「コンセントひとつない、充電できない駐輪場なんて論外!」
そんなことを言われる日が、予想外に早く来るのか?

アイドゥでは、既にコンセントを常備しています。
また、現在の12ボルトバッテリーの保全などは、出来て当然のことと考えます。
そもそも、入口のシャッターが電動なのだから、電気があるのは当たり前ですが…。

多分、ガソリンエンジンもまだまだ残ります。一方で電動バイクも、もう現実に近いのです。
アイドゥは、この先どんなバイクを停めていただくにも、さっと対応できると自負しております。

ページの先頭へ

起伏

suzuki
2018年06月21日 19:00

品川〜目黒、そして世田谷方面へ…。

バイク駐車場の巡回で、不動前駅付近〜祐天寺方面へ向かうのは、定番のコースです。
この際、裏の抜け道を使って行くこともありますが、これがちょっとした冒険気分。
少しでも信号のある道を避けて行こうとすると、急勾配の細い坂道に遭遇します。

急な坂を上って下って、そして小さく曲がり込んだカーブを抜けて、という状況です。
道幅も狭く、見通しにも気を使い、下り坂では徐行と減速ブレーキ…。
でも、上り坂ではアクセルを開けないと登ってくれない…。
住宅地でもあり、歩行者の行き来にも気を配る…。

このような場面では、ツーリング中に峠道を走る時とは、また違うスキルが問われます。
市街地の、人の行き来の多い所では、特に「安全」を優先すべき場面です。

今は梅雨の時期でもあり、雨天の走行になることもあります。
走るバイクの起こす水撥ねで、周りの人に迷惑をかけない運転が必要な季節です。
特にカスタマイズで、リアフェンダーを短くしたり外したりという改造をしているオートバイ。
スタイリッシュなバイクに仕立てたら、乗り方もスマートにスタイリッシュに! が基本ですね。

フェンダーといえば、フロントフェンダー。
こちらは、外した場合は車検で審査対象になることがあるので注意してください。
また、バイクによっては、エンジンへ走行風を当てるために必要な形状になっている例もあります。
前輪の泥除けを外したために、エンジンやラジエターの冷えが悪くなって
オーバーヒート気味になる事もあり得ます。

道路には、地面の勾配から生まれる起伏があります。
そしてバイクでのフェンダーなどについた起伏は、デザイン的な面の他に、
冷却や安定性など、意味のある形になっているのです。

フェンダーに限らず、車体や部品の形状には、意外な理由が隠されていることがあります。
改造やカスタマイズでは、交換するパーツの形や質などを、今一度しっかり検証してみると良いでしょう。

ページの先頭へ

進化する電子技術

suzuki
2018年06月13日 17:00

先日の夜、とある報道系のテレビ番組を見ていた時の事です。

欧州の自動車パーツメーカーが、昨年の決算報告と共に、新技術のデモンストレーションを見せていました。
主に電気・電子系の分野で強みを発揮するこの会社も、実は日本国内にも開発拠点を持っているとの事。

そして今回、日本の報道陣に、バイク用の緊急自動ブレーキを取り付ける事ができるようになると発表しました。
四輪車では普及しつつある「自動緊急ブレーキ」が、オートバイにも適応できるようなるそうです。

デモンストレーションでは、乗用車の後方をバイクが追走し、実践。
乗用車の減速にあわせて、メーターに警告表示が出るようになっていました。

バイクにABSがある時代ですし、大型クルーザーなどはオートアクセルの自動巡行も実現済み。
技術を統合して発展させれば、二輪車に自動ブレーキが入ることも、近い未来可能になるでしょう。

但し、バイクは基本、ライダーの感性で操り楽しむもの。
安全に対しても、テクノロジーに頼り切るのではなく、乗り手が意識を持って走ることが、一番重要です。

様々な電子設備が取り入れられる最近の二輪車。
日頃停めておく場所も、屋内の良好な環境が必須になりそうです。

ページの先頭へ

視界の確保

suzuki
2018年06月07日 17:00

梅雨が近くなってきました。
ライダーにとっては憂鬱ではありますが、致し方ないところです。

雨天走行となる場合もあり得ますが、やはり視界の確保は大切です。

ヘルメットのシールドを綺麗に洗い、撥水コートや曇り止めなどの処置をしましょう。
最近は良いケミカルも多数ありますから、うまく活用すべきです!
なお、使い込んで傷が増えたシールドは、思い切って新調してもいいでしょう。
夜間、水滴と共に光の反射が重なると、運転しにくくなるもの。
十分に注意するとともに、交換できる部分は可能な限り新品を使うのが、結局は一番安心です。

バックミラーも、汚れは綺麗に除去しておきましょう。

ライトだって、綺麗にした方が良いのは当たり前。
明るいとされるHIDランプ。切れないと言われているLEDのウィンカー。
これも表面が汚れていたら、何の意味もありません。

ちょっとしたことですが、ウエス1枚あれば、駐車場内で簡単にできる事です。

電気照明の下で、バイクの様子がはっきりと確認できるのは、屋内型駐車場の利点の1つ。

暗いコンテナボックスの中では見逃してしまうことに気が付きますし、すぐ対応できるのです。

ページの先頭へ

気候の変動

suzuki
2018年05月23日 17:00

急に襲い来る猛烈な暑さ、そして雨や風。
この五月の前半、首都圏は、非常に不安定な気候となりました。
体調管理も難しい時期ですが、オートバイの状態も、しっかり確認しておきたいものです。

例えば、気温差によるタイヤの空気圧の変動。走り出す前に、測定してみて下さい。

その他、普段停めている場所によって、幾つか気になる点があるので、挙げてみます。

]天(路上など、表に駐車している方)
雨に備えて、車体カバーを使っていることが多いと思います。
カバーは外側から掛かる水滴をある程度防げますが、万全とは言い切れません。
内側の湿気による車体の負担も、考えておく必要があります。
カバーを定期的に拭きあげて干す、なんてことも必要です。
時には裏返して、内側の埃や汚れも払っておくといいでしょう(ちょっと面倒ですが)。
予備のカバーを用意しておいて、ひどく濡れた時は交換して使う手もアリです。
なお、走行直後の、エンジンやマフラーの熱いうちにカバーを掛けるのは、避けたいもの。

▲灰鵐謄淵椒奪スなど、狭い箱での保管
これは意外な盲点で、陽の当たる日中は、ボックス内の気温の上昇が厄介です。
夕方になって仕事を終え外に出て、「今は涼しいから平気だ」と油断なきよう…。
特に夏にかけては、箱の中の温度が、日光により箱全体が焼かれて、とても高くなります。
高温によるガソリンの気化は特に注意! 場合によっては、オーバーフローで床が揺れるほどです。
(特に旧来からのキャブレター車は注意です)
出来れば、1日に1度は、扉を開けて換気しておきたいですね(これもちょっと面倒だけど)。
高熱は塗装にも、ゴムパーツやプラスチック部品にも、いい影響はありません。

2案盒〕僉自走式
キー付きのシャッターや防犯設備もあり、バイクの車庫としては理想です。
しかし、全てのガレージが、バイクの保存に強い、とは限りません。

駐車場では、お隣の区画との隙間スペースが十分にあるか?、が大切です。

よく考えてみて下さい。走行直後の熱いエンジンやマフラーが、自分のバイクのすぐ横に来たら…。

アイドゥでは、大型オートバイの収納や出し入れを配慮した幅を持たせて、駐車区画を作っています。
しかし残念ながら業界には、収容台数を増やすがために区画を極端に狭くしている例もあります。

「取り回しがきついけど、まぁ妥協しよう」という感覚で、車庫を決めない事です。
バイク駐車の際に、押し歩きにすら苦労する駐輪施設は、すなわち、隣との幅がない、ということ。
余裕が少ないというより、「足りない」と言ってもいいでしょう。

あまりに詰め込んでいると感じたり、妙に収容台数が多すぎる印象だったり…。
「ガレージ」と称しながら、こんな風に「停めにくい」という感触を覚えたら、
その駐車場は避けておいた方が無難です。
そのようなところは、利便性でも、熱の面でも、オートバイに相応しくありません。

参考になれば幸いです。

ページの先頭へ

踏切

suzuki
2018年05月16日 15:00

「渋滞」というものは、非常に悩ましい。

スイスイと間隙を縫っていける機動性のあるバイク。
でも、細々とした、渋滞の間を進むのは、快適ではないし、リスクもあります。

都内では、環八の通りの渋滞。
既に外環高速道路の開通が見込まれていますが、これが「迂回ルート」として定着するか?
いずれは、混雑が緩和することに期待しましょう。

私達アイドゥのスタッフにとって、都内の移動ルートが滞るのは厄介な問題です。
横浜地区から六郷・蒲田と抜け、世田谷から杉並方面の移動という機会が、結構あるのです。
空いていれば、バイクで流すには楽しいコースですが、渋滞があると所要時間が掴めない。
荻窪地区や井荻方面の駐車場から、首都高経由で千葉の船橋ガレージへ向かう際も同様です。
特に夕刻は、時間に余裕をもって行動する必要があります。

そんな幹線道路の渋滞を避けるために裏道に入ると…。
そこには、踏切が開くのを待つ車列が…、そんなこともあります。
ああ、結局は移動時間を稼げない、という事。渋滞とて、焦らずに行くのが一番なのです。

さて、踏切では、一時停止が原則です。
日本の、特に町中の踏切は、道路幅が狭い例が多々あります。
手前まであった歩道が、踏切の部分だけ無くなっている、ということが、案外あるのです。
自他共々の車両も含め、歩行者や自転車とも絡む部分です。安全優先で行きましょう!

意外な失敗としては「踏切でのエンスト」です。
油断なく、踏切は十分に注意して進む必要があります。

ページの先頭へ

日頃からスマートに

suzuki
2018年05月09日 15:00

小石川近隣…。

バイク駐車場の巡回と共に、必要な備品の調達などを兼ねて、街歩きを。
ちょっと時間に余裕があると、通りかかった公園で一服することもあります。
ちょうど五月の連休だった、という事で、小さな子供達も見かけることも多い時期。
この辺りは、まだ昔ながらの町工場や、小さな商店などが健在しています。
きっと、久しぶりにお孫さんを出迎えている年配の方も、多いことでしょう…。

オートバイを降りて散歩に興じると、そんな光景に出会う機会もあるものです。

そのような情景に遭遇したら、ライダーの皆さんも、スマートに走ってください。
横断歩道の優先や、要所要所での徐行など、交通常識を守りたいところです。

アクセルにも気を配り、「音」にも配慮しましょう。

特に連休中に限らず、日頃からの意識も大切です。

特に駐車場付近でのマナーアップ!
アイドゥでは常に、お客様と共にスタッフも取り組んでいたいと考えます。

今日も安全運転で、スマートに走りましょう!

ページの先頭へ

オイル

suzuki
2018年04月26日 19:00

5月の連休が近づいてきました。
ツーリングの予定がある方は、バイクの整備をしておきたいところです。
遠出をしない方でも、バイクショップがお休みになると、急な修理などに困るかもしれません。
気になる部分があれば、早めにメンテをしてもらいましょう。

季節の変わり目でもある今、エンジンオイルの交換が気になる方もいらっしゃると思います。

かつては、寒さや暑さ等の季節の変動に合わせ、その時期に相応しい質のオイルを選ぶ、
そんな時代もあったようです。

しかし現在は、一年を通じて使えるオイルが当たり前。
頻繁な交換も不要となりつつあり、素材資源の節約にも繋がっています。

とはいえ、四季があり、南北に長い日本。やはり気温や湿度の変動は気になります。

市販されているエンジンオイルの容器には「10w-30」とか「5w-40」など表記されています。
w側の数値が低いほど寒さに強く、反対側の数値が高いほど高熱に強い、とされています。
この数値の範囲が広いほど、使用できるレンジの幅の多い、マルチ対応のオイルという事。

しかし、何でも値段の高いオイルであればいい、ワイドレンジならいい、とも限りません。
値段も然ることながら、オートバイの特性や走り方などで、適切なオイルは変わります。
バイクメーカー純正指定のオイルを基準に、ショップの方々とよく相談して選びたいところです。

今日主流になっている4サイクルエンジン(4ストロークエンジンともいいます)。
多くのオートバイの場合は、エンジンとトランスミッションを、同じオイルが巡っています。
クラッチとの兼ね合いもあるので、四輪車用のオイルを転用は良くないとされています。
但し、一部外車や2サイクル車では、エンジン・ミッションが別体の車両もあります。
この場合、仕様に合ったエンジンオイルとミッションオイルと、多種類の潤滑油を用います。
オートマチックスクーターでも、エンジンと伝達系に各々専用オイルを要すものもあり。

と、書いているとキリがありませんが、ごく基本的なことだけ、挙げてみました。
自分のバイクの構造に合わせて、適切かつ良質なオイルを使いましょう。

ページの先頭へ

FCV

suzuki
2018年04月19日 19:00

乗用車の話ですが、既に燃料電池を用いた車両が販売されています。

水素から電気を起こし、モーター動力で走り、自然環境への悪影響が無い。
また、水素燃料電池はガソリンエンジンよりエネルギー効率がはるかに高く、
その為、僅かな水素の量で長距離をこなし、しかも高出力で、環境にも配慮できるそうです。
純粋な電気自動車より、充電時間や走行距離との絡みで悩むこともなく、合理的だという話もあります。

今のところの課題は、液化した水素を供給する術が充実していないこと。
ガソリンと同等の「スタンドに蓄えてセルフ給油のように補給する」インフラが、まだまだ少ないのです。
この辺りが解決し、車体側の搭載機器の小型化が進めば、一気に普及する可能性があります。

もしや? 数年のうちには、電動バイクが、ガソリンエンジンと販売台数を競う、
という日が来るのかもしれません。


一方、内燃型エンジンも、まだ進化の余地は残っています。
出力・燃費・排ガスの浄化など、突き詰めれば更なる発展も期待できます。

かつて、2サイクルか4サイクルか? と論じた、バイクの乗り味。
これが未来には「電気かガソリンか?」と置き換わるのか?

いま、オートバイという乗り物は、技術的にも非常に面白い時代を迎えているようです。

ページの先頭へ

インテリジェンス

suzuki
2018年04月12日 15:00

プロ野球がシーズンインする春。ドーム球場のある文京区に訪れる人が多くなる時期です。

文京区は都内23区でちょうど中心に存在する場所です。
ビジネス街として、生活圏として、と二つの性格が上手く合わさっている地域です。

当然、オートバイ駐車場も需要がある土地柄です。

アイドゥでは、小石川地区と江戸川橋地区の2か所に、月極駐輪施設を備えます。
また、駒込方面の車庫も常に満車になるほどの人気。
周辺の神楽坂・台東区の根津も含め、多くのライダーさんに支持をいただいております。

ところで、文京とは「文教」という意味があるそうです。
東大や女子大など、国立大学が位置するのも文京区です。
この辺りは江戸の古くから、学術や医学などの施設が置かれたり、研究用の植物園が造られた土地。
それに合わせ、印刷や出版などの産業の繁栄にもつながった、という話もあります。

アイドゥのバイク駐車場も、様々に研究を施して作った、高度な盗難対策の仕組みを有しています。
ハイスペックなセキュリティ常設の駐車場ながら、近隣地区数か所との合算の収容台数は余裕あり。
そのため、すぐに使っていただける空き区画が発生するチャンスも多めです。
是非ご利用の検討をしてください。

ページの先頭へ

Please do not make a mistake

suzuki
2018年04月01日 00:00

_______ニュース速報_______


オートバイに「補助輪の着装」が義務となる、そんな噂が出ている。

法規を改定し、全ての二輪車に補助輪を取りつけるようにするという。
これにより、相次ぐバイクでの転倒事故を防ぎ、安全性を向上させる狙いがあるそうだ。

補助輪は子供用自転車で前例があるが、エンジンの付いたオートバイで使われる事例はあまりない。
バイク用の補助輪は、車両の重量を確実に支えられるように、相当の強度が求められる。
また、カウルやサイドケースが付いている車両の場合は、その幅を確実に超えた寸法が要求される。
当然、大型バイクになれば、非常に大きく丈夫な物を着装する必要が出てくる。

この件に関して、あるメーカー関係者は、次のように語っている。
「補助輪があればセンタースタンドの装備が要らなくなります。
 コスト的にみても、大きな問題にはならないでしょう。」

また教習所の職員の話では、「車体が倒れない前提なら、技術指導も幾らか楽になるはずだ」
と、生徒側に生じるメリットを強調している。

一方、難色を示しているのは、二輪駐車場の業界だ。
ある業界筋によると、補助輪により、駐車スペースの確保が困難になる恐れがあるという。
特にバイクの横幅が増えることによる弊害が指摘される。
既存の駐車区画では、補助輪を付けた大きなオートバイが停めにくくなることが危惧されるのだ。
特にコンテナ型・ボックス型の保管庫を使う車庫では問題が大きい。
左右の壁の幅を拡張することができないうえ、段差を超えるためのスロープも、広いものが必要になるのだ。


しかし、屋内自走型パーキングを採用するアイドゥ(東京都港区)によれば、
「うちはさほど気にしていません。
 元々大型オートバイに対応した区画サイズと取り回しスペースがあり、入り口のシャッターも広め。
 少しばかり状況が変わっても、対応することが出来るでしょう」
とのことだ。

4月1日発表

________編集後記________
アイドゥの月極バイク駐車場の停めやすさは、嘘ではない。

ページの先頭へ

東京モーターサイクルショー 

suzuki
2018年03月22日 19:00

3/23(金)から25(日)に開催されます。
http://www.motorcycleshow.org/

各メーカーからオートバイの出品はもちろん、部品やウェアに至るまで!
本当に様々な展示がある模様。

発売前の新型車に、いち早く跨る機会もあるのかも?
「駐車場に置いたらどんな感じになるか?」と、会場に行って想像してみるのも楽しいかもしれません。

イベントも盛りだくさんのようです。
レーシングライダーやジャーナリストさんのお話が聞けたり、タレントさんの出演も面白そうです。

またご家族で出かけるという皆様にもお楽しみあり!
有名な特撮ヒーローの企画があるらしいです!

そうです!あの「バイクに乗る・そして変身する」アレです!

長年続くシリーズ。ショーや、歴代のバイク展示などもあるそうです。
世代を超えてエンジョイできそうな予感がします。

ショーの帰り道では、早めに咲く桜を見ることが出来るかも?
これは気候次第ですが、春先の1日を有意義に過ごせるといいですね!


さて、ショーでバイクを吟味して、購入を決心したら、駐車場の件はアイドゥにお任せ!
大型クルーザーは当然、カウルやケース付きスポーツ車も、大概のバイクは収まる。
そんな風に仕立ててあります。

ページの先頭へ

春 近づく 

suzuki
2018年03月08日 18:00

3月にもなれば、寒さの残る日とて、冷え込みはやや緩んでくる印象です。
そうなると、俄然オートバイへの興味も高揚してくるところ!

そうなれば、バイク駐車場のご要望も、増えるのは当然です。

お問合せには順次対応しております。
どうぞご遠慮なく、お電話ください。03-5312-1799です。

ただし、地域によっては引合いの多いとか、人気があり満車率の高い駐車場とか…。
そんなパーキングが存在するのも事実。
このようなパーキングは、早々に契約が決まってしまう事が多々あります。

でもご心配なく!
首都圏30か所の屋内駐輪施設を持つアイドゥ。
ですから、近隣地域に空き区画がある可能性も!!

例えばアイドゥでは、新宿近隣の初台地区や、文京区の江戸川橋に月極パーキングが在ります。
ほかにも、大田区では馬込、杉並区の高円寺などにも…。

これら屋内駐車場は、収容台数が比較的多いことが特徴です。
それゆえに、1年を通して、少ないながらも空き区画に巡り合える確率があります。
もちろん、本命の屋内駐車場に空き区画が出れば、即座に移動していただけます。

また、もうひとつの共通的な特徴として「最寄り駅が近い」ことが挙げられます。
地域を跨いでの駐車場利用では、移動負担をできるだけ減らしたいところですよね。

駅まで徒歩圏内の場所で、多い台数を収納できるバイク置き場を確保するのは、実は容易ではありません。

しかもすべての駐車場に、高機能なセキュリティを施し、盗難対策や保証の体制も整えています。
防犯は万全ですから、ご自宅からやや遠い場所だとしても、心配はご無用。
むしろ、お近くの露天駐車場を使ったり、無防備なコンテナボックスに置くよりも得策です。

なお、収容台数の余裕等でいえば、時に思いがけない地域に、
停めやすい区画が出ることがあります。
杉並の井草地域、目黒不動の近くなども、常に注目をいただいております。
山手線の内側、東京ドームの裏手や、東急世田谷線の沿線にも車庫がございます。

春はバイクに乗っていて気持ちいい季節。
「停める場所が見つからないのでバイクを買うのを諦める」という事だけは、
絶対に避けていただきたいです。

ページの先頭へ

冬ならでは!

suzuki
2018年02月23日 17:04

冬季オリンピック。楽しまれていますか?
特にフィギュアスケートでの日本人選手の健闘! 感動している人も多いことでしょう!
他にも多くの選手の様々な活躍や成果があり、全ての人が称えられています。
すでに会期後半ですが、更なる感動するシーンはあるか? 期待が持たれます!

ウィンタースポーツ。冬にしか見られない、他の競技とも違う世界観。
雪のある状況でしか実践できない競技。寒いながらも、低い気温だからこそ成立すること。
限られた状況と期間だからこそ、そこにある感動は大きいとも言えそうです。

オートバイで出かける際も然り。
寒いけど、冬場ならではの快楽、とでも言いましょうか…。

走っていると冷えますが、夏だと厄介なエンジンの熱が、恋しい暖かさに感じる瞬間。
澄んだ空気だからこそ見える風景。休息時のコーヒーや蕎麦の美味しさもひとしお。

長時間の遠出は辛いですが、この時期らしいバイクの楽しさ、あるはずです。

少し遠方から東名高速道で帰路につく…。
山岳ルートを離れ、横浜ICまで来ると、駐車場まではもう少し!
その道中で「やはり山沿いより都心部の方が寒さは緩いな」などと実感します。
そんな些細な変化を確認できるのも、バイクの面白さの1つです。

でも、くれぐれも路面凍結などには注意して走ってください。
スケートもバイクも、「転倒」は避けなければなりません。

ページの先頭へ

至高の趣味 グランドツアラー

suzuki
2018年02月15日 17:00

ライダー2人を優雅に乗せ、2人分の荷物を許容するトランクを持つ。
耐候性に優れたカウルの内側で、オーディオから好みの音楽を聞き入る。

そんな乗り方に適したのが、大陸横断にも対応する、グランドツーリングバイクです。
多彩な装備を備えるために造られた車体はやや大きめで、且つ想像以上の強靭さを持つ。
エンジンも当然、余裕に満ちた大排気量の、文字通りの大型バイクと呼ぶにふさわしい存在です。

Vツインエンジンの鼓動を味わえるアメリカ製、直列6気筒の理想的技術で魅了するドイツ製。
と、大型ツアラーは各国の文化的な匂いまで楽しめるものになっています。

この中で、実は日本製にも優秀なツアラーが存在します。
水平対向型のエンジンで多気筒・大排気量というのは、世界的にも少例。
このバイクに、他社製とも違う魅力を感じている、独自の愛好家が多数いらっしゃいます。

この現行型が登場したのは17年前の事。
そしていよいよ、大幅なモデルチェンジが施された新型が、この春に登場するそうです。
新しい概念で造られたサスペンションが付くとの事、更にはトランスミッションも自動化。
独自のエンジンの感覚も相まって、他のどのオートバイにも似ていない乗り味かもしれません。

また17年の間に、世の中の様々な機能の進歩もありました。
ツアラーに欠かせないオーディオやナビの機能なども、革新されている可能性があります。


ところで折しも、私共アイドゥも、開業から17年を迎えております。
当初から大型バイクを停めるに相応しい形態を模索して、スペースや配置に工夫してきました。
一部の地域のガレージでは、グランドツアラーの車格すらも収まる区画も準備しています。

駐輪場選びは、単にバイクの寸法で「入るか否か?」を判断できない点があります。

なにせ重量400キロ、ホイールベースが1.7メートルにもなろうかというサイズのツアラーです。
入出庫時の取り回しの配慮がない車庫では、出し入れで難儀します。

バックギアが備わる日本製ツアラー。
でも切り返しに必要なスペースが駐車場に無いと、役に立ちません。

そのような意味で、都内の新宿や渋谷辺りで、ツアラーが安心して置けるセキュリティ付きの駐車場。
これはなかなか、見つけられないと思います。

ページの先頭へ

地名

suzuki
2018年02月08日 17:00

少し古いお話ですが、演劇をやっている知人が居ました。
出演する公演を観るために、神楽坂付近の小さなシアターへ行きました。
最終日の、最後の時間帯の公演だったこともあり、終演時には会場の空気感も盛り上がっていました。

幕が下がり、客席からロビーに出ると、出番を終えた役者さんたちが来場者を出迎えます!
準主役だった知人は、私を見つけて、興奮気味に話しかけてきます!
こちらもありったけの言葉で称えつつ、大きめの声で会話が続きました。

既に来月も出演が決まっていて、「場所は大島だよ、ぜひまた来てよ!」と誘ってきます。

そう聞いて、「そうか、それならば旅費とか日程とか考えなきゃ…?」
そう言って、その日は別れて帰りました。

そして何も考えずに、「絶対に行くよ!」と言ったことに、帰路で軽く後悔。
大島へ行くのは大変だな…。


後日、郵便で届いた新公演の案内チラシ。
そこには、「ご来場には地下鉄が便利です」の文字が…。

これは大島といっても海にある「島」ではありません。
都内は江東区の地名、都営線の駅「大島」のことだったのです。

心の中でクスッと笑い、冷静に考え直してみました。
ああ、神楽坂から春日駅を経由して江東区への行程…、
それはアイドゥのバイク駐車場の巡回の定番のパターンです。
大島といえば、森下〜菊川の、そして足を少し伸ばせば小松川地区、逆方向には日本橋。
全てオートバイ用月極駐車場がある、自分にとっては、日頃から意識している場所であるはず。
なんという早とちりだったのか?

というわけで、次の公演も盛況の中で、楽しむことにした次第です。

でも、僕の目論見は、ちょっと外れました。
「せっかくだから暇を作って、フェリーにバイクを積んでの島巡りツーリングだ!」
などと思っていたのに…。

ページの先頭へ

冬は体を労わりながら

suzuki
2018年01月31日 17:00

記録的な寒波が訪れ、降雪もあった、関東の冬。
凍えるような日が続くのは辛いですが、皆様はいかがお過ごしですか?

暖かくなるまでは、日陰部分の路面凍結に要注意です。
気温や路面の状態が回復しても、除雪で盛られた雪の塊などには気を付けて!
バイクで出かける際は、油断なく安全に気を配ってください。

さて、駐車場と家と歩いて往復している方もいらっしゃるでしょう。
そのちょっとした「散歩」で体が温まる…。
これが丁度、オートバイに乗るための準部運動になるのかもしれません。

でも、ライディングに使う身体の機能は、更に大切なことも多いもの。
駐車場の中で出発前に、ちょっとしたストレッチなどもしてみて下さい。

背伸びや足腰の曲げ伸ばし、手首足首を回す。肩や首を動かしてみる、など。
とりわけ、足や腰の柔軟体操は、床がフラットな場所で行わないと、やりにくく、効果も望めません。
屋外平置きやコンテナボックスの車庫では、下地が砂利敷きの物件もあります。
このようなところでストレッチをするのは、意外と難儀なこともあるでしょう。

雪が降る中でもバイクをしっかりと守れるのが、アイドゥの屋内型駐輪施設の大切なメリット。
そしてもう1つ、身体への気配りにも、屋内タイプは利点が現れます。

冬という寒い季節は、続きます。
ライダーもオートバイも共々、少しでも万全な形で出発できますように…。

ページの先頭へ

ルート246コネクション

suzuki
2018年01月25日 15:00

皇居の脇を起点に、長く西へ延びる国道246号線。
都心部では「玉川通り」とも呼ばれ、交通量の非常に多い道路です。

私達アイドゥのスタッフとしては、普段詰めている赤坂オフィスの付近を通る道なので、
各駐車場へ向かう際の主要ルートになっています。

渋谷を抜けて、池尻大橋をかすめ、三軒茶屋をめぐる…。
要所要所にオートバイ駐車場があるので、これはもう、避けて通れないコースですね。


そして246は更に、ずーっとに西へ延びています。
神奈川から静岡の方面まで、東名高速と並びながら、付かず離れずの距離感で続きます。

実は学生の時、通行料金を惜しんで高速を避け、この国道を走ってツーリングに出ていたものです。
淡々と国道を流し続けて、富士山の方を目指して、或いは御殿場から箱根へ…。
と、頑張って長距離を走っていました。
今の年代になっては、もう疲れてしまって出来ない走り方ですな…。
でも、あの当時は、そんなツーリングが楽しかったですねえ。

ああ、何となく古く懐かしい話を持ち出してしまいました。
最近はスマホでコース選択をするような時代です。
でもたまには、「大判の地図」を開いて、身近な道がどこへ向かっているのか?と、
確認してみるのも面白いと思いますよ。

ページの先頭へ

若さ 新しさ

suzuki
2018年01月21日 17:00

お正月が過ぎ、七草に鏡開き、と日本の一月は行事も様々。
新年から、色々と忙しく、また楽しい時間が続きます。

成人の日も、日本の一月の中で、また大切な日です。

今年の成人の数はおおよそ123万人だそうです。

少子化、と言われ続ける近年です。
が、若く頼もしい命は、今日も、そしてこれからも、確実に芽生え続けています。
皆さんの活躍に、期待と声援を送ります!

さて、二十歳になれば、大きな買い物の際に、保護者の承諾などが不要になります。
オートバイを購入する際も、親権を無しにローンが使える、という例もあるでしょう。

それは即ち、様々なことを自身の判断で決める、という事。
バイクの車種を決め、予算を考え、保険の内容や、ウェアなどの装備も含めて…。
大人の振る舞いができるライダーとして行動したいです。

バイクに対しての接し方は、乗り方や装備本の選定まで、格好よく颯爽と決め込みたいです。

「乗る」以外にも「どんなところに愛車を置くか?」まで、話は含まれます。


駐車場を選ぶときにも、大人の感性をもってセレクトしてください。

アイドゥは、若いライダーさん達も応援しています!
駐車中のセキュリティや、補償などのバックアップの面など…。
この辺りは、長年バイクに乗って来たスタッフたちの経験がものをいいます。
他にも色々なことを、新しい世代のライダーさんと語り合いたいです!


アイドゥでは、中型バイク向けのスペースも一部駐車場に用意があります。
また、ビキナーさんの負担や不安を減らせるような配慮にも努めています。
区画通路の配置や、補償面など、様々な諸問題も、出来るだけ解消したいと思っています。
どうぞ、駐車場の現地見学をなさってください。

ページの先頭へ

A happy new Existence

suzuki
2018年01月11日 15:00

2018年を迎え、既に2週目に入りました。
ライダーの皆さま、暮れからお正月はいかがお過ごしでしたか?

私は、新年早々、知人の出産の報告を受け、嬉しい気持ちに肖れる形での新春です。
年明けと同時にSNSから、「実は暮れに子供が生まれた」と伝わってきました。
忙しくてなかなか会えない人ながら、嬉しいことの知らせを多くの人と共有できた次第。
縁起の良い正月となりました。
聞けば男の子との事で、将来はバイクに乗る人になってほしいな、と願っています。

さて、東京は中央区にある「水天宮」。
ここは、安産祈願や子授かりの願掛けで、古くから知られている神社です。

私どもアイドゥスタッフとしては、日本橋地区の駐輪場へ出向くとき、この近くを良く通ります。

都市の中の一角ながら、神社という尊く広大な施設があり、多くの人に信仰されています。

そんな風土の地域ですから、この一角には、多くの妊婦さんが訪れていることでしょう。
また、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いているご夫婦もいらっしゃると思います。
そのような場所ですから、日頃から二輪車を歩道に常駐させるような行為は、慎みたいところです。

アイドゥでは、こちらの地区にも月極バイク駐車場を持っております。
この付近で、屋内型のセキュリティ付のガレージは、希少だと考えております。
ぜひとも活用していただき、バイクを安全で快適な室内に停めて欲しいですね。
新車を購入予定なら、新しい家族(愛車)を、大切にしてあげて下さい。
なんとなれば、双子もOK!(少数ながら二台置き区画があります)

また地域柄から、通勤で都内へバイクに乗って来て、仕事中に駐車しておきたい、
そんな需要で、月極契約をしていただく例もございます。

ということで、今年も皆様にとって、幸多い年になりますように。

ページの先頭へ

2017年のオートバイの大きな話題

suzuki
2017年12月29日 19:00

今年も残りわずかです。皆さん、どのようにお過ごしですか?
バイクの世界でも、この1年は実にいろいろなことがあって、忘れられない年になりそうです。
ここで振り返ってみて、「オートバイ10大ニュース!」的にまとめてみました。
やや私個人的な主観も入りますが、そこはご了承下さい。


1 モトGPレースで、近年稀にみる首位争いが起きる。
長らく不調だったイタリアメーカーが大躍進! ライダーも好評価を得ていた。

2 モト2クラスで日本人ライダーが久しぶりに優勝。
来年はモトGPクラスに日本人の出場が決定しています。

3 スーパーバイク世界選手権では、国内メーカー1社の圧倒的な強さが際立つ。
文字通り、連戦連勝。乗り手の技量も素晴らしい。

4 ヨーロッパと日本で、バイクの認定基準がほぼ統一化。
国内でも、諸外国仕様と同じ高出力のオートバイに乗れるようになった。

5 その一方で、規制を満たせず惜しくも生産終了となった名車たちも多数。
来年からのABS標準化もあります。欲しいものは今のうちに購入した方が良いです!

6 日本製小型バイクが、登場以来60周年を迎え、生産総数1億台を記録する。
今年大幅改革がなれれ、さらなる進化があった模様。

7 アメリカの大型バイクメーカーが、長く製造を続ける車種のフレーム構造を大改革。
バリエーションも大幅な変化。新たに購入する方は、ショールームでよく吟味して!

8 ドイツメーカー、フレームとホイールにカーボン素材を使ったバイクを発表。
いよいよ車体の材料が鉄以外に変わるのか? 量産されるのは何時? 軽量化に期待。

9 「自立して倒れないバイク」の試作車が、国内メーカーから発表される。
こうなると、自動運転の技術も、四輪車と同等に進歩する可能性も出てきた。 

10 バイクパーキングアイドゥの首都圏30か所以上の駐輪施設は 今年も大好評!
多くのライダーさんたちにご契約いただきました。

本当にありがとうございます。来年も宜しくお願いします!

ページの先頭へ

多くの人に愛される

suzuki
2017年12月21日 19:06

1957年、ある国内メーカーから、画期的な1台のオートバイが登場しました。

50ccエンジンを基本とし、「だれでも簡単に確実に乗れる」という考え方で作られる1台でした。

当時としては常識を超えるほどの高性能と高品質を持ち、なおかつ扱いも維持も楽。
しかも女性がスカート姿でスマートに乗れ、あらゆる仕事の足としても活用でき、
それでいて価格にも配慮があったというから、一気に市場に出回ることになりました。

当然、諸外国でも受け入れられることになります。
各地のニーズに合わせて、排気量の拡張や仕様の多様化なども図られます。

こうやって日本以外でも世界各地で生産販売され、遂には60年でトータル1億台が出回ったそうです。

いうまでもなく、現在も日本で、そして地球全体で、多くの人に愛されている世界無二のバイクです。

原付〜100ccクラスでは、このバイクを超えるものは、あまり例がないでしょう。
このような名車が、日本から生まれたという事において、私たち日本人は誇るべきと思います。


アイドゥは大型オートバイ向けの月極バイク駐車場を運営しています。
でも、このような小さな可愛いバイクを、玄関先に用意しておくのは有効です。
家と駐車場を行き来するための手段として、日々のお仕事やお買い物に、と用途は様々。

排気ガスや燃費の基準が年々と厳しくなる中、小さなエンジンで様々な条件を満たすのは大変なこと。
メーカー技術者さんの、製品に対しての情熱には、感服する次第です。

私たちアイドゥも「盗難の心配なく安心してバイクを置ける環境」を、絶え間なく追及し、
多くのライダーさんのお役に立ちたいと考えています。

ページの先頭へ

シャッターの存在意

suzuki
2017年11月29日 12:00

寒くなって来ましたね。
家にいる時は窓を閉めて、暖かく過ごして、風邪の対策をしたいです。
そして乗るときは、冬用のライディングウェアを活用する時期です。

さて今回は、千葉県の船橋市内のバイク駐車場を巡った時のお話です。
冬の貴重な温かい晴れた日の事、場内には、あるお客様がいらっしゃいました。
暖かい時間を狙い、走って帰って来たばかり。
そして、車庫の中で愛車のメッキパーツの手入れの真っ最中でした。
「格好いい! 磨き甲斐があるバイクですね!」と声を掛けてみます。
それをきっかけに、ライダー同士のおしゃべりが始まりました。

聞けば、横浜のご自宅から千葉へ単身赴任中との事。
一人の生活を充実させるための相棒として、バイクは必需品だそうです。

実は横浜在住の時は、他社の車庫を借りていたそうです。
でも、そこは区画部分も共用通路も狭く、バイクの出し入れが面倒で、
大型バイクに乗るのが億劫に感じることもあったそうです。
アイドゥのパーキングは広いので楽だし快適。
この辺りは、他所のガレージとの違いを大きく実感できる部分の一つだと、
お褒め頂きました。

何より、この広さの余裕があることで、バイクの接し方も変わったとか。
部品の交換作業など、簡単な愛車のカスタマイズなどはご自身で
手掛けるようになったそうです。
「こんな風に、軽いメンテナンスを自分でやるようになって、
ますますオートバイという趣味が楽しくなった!」
そんな風に言っていただけて、私も嬉しくなりました。

話は続きます。

冬の時期は特に、中に居る時も入り口のシャッターが閉まるのはありがたい。
入口が開いていると、不意に風が来たりして、結構と寒い思いをするからね!
私も答えます。「そのとおりです、ちゃんとシャッターは閉まって当然です…」
言ったところで、続ける言葉に迷った私…。

「お客さん! それ防寒じゃないよ。防犯だよ!」
と、思わず大きな声なってしまいました。

聞けば、そのガレージは、バイクや人の出入りの度に、
セキュリティをカットしてシャッターを開け閉めするとの事。
しかも誰か一人でも人が居る時はシャッターが解放されたままになり、
警備が途切れるのだそうです。

場内での軽い整備は、狭いながらも可能だったが、ここで何かしたいとか思わなかった。
そして、そうでなくても出入りの際に場内に入ったときは
シャッターか開いて警備が途切れるのは当然だと考えていたそうです。

私はちょっと、いや、かなり驚きました。
だってそれは、アイドゥの常識からいえば、考えられないような駐輪場の形式だからです。

アイドゥでは、常時セキュリティが作動しています。
実はお客様の出入りの際も、警備の監視の下で、入場・退場をしていただいております。
シャッターも、その都度に開閉。(これは電動ですので全く労は不要です)
人が居る時間であっても、常にシャッターは下しておくのが基本です!

なので、車庫内で過ごす時間の寒さの対策のために入り口を閉める、
そんな概念は、私にはなかったのです。

よく考えてみて下さい。
自宅に作った小さなガレージなら別ですが、多くの方が使っている共用ガレージです。
その入り口が、短時間でも長時間でも、開いているのは、あり得ない話です。
これは防寒の意味ではなく、防犯の基本です。

再三記しましたが、バイクの窃盗団は、前もって視察などをして、犯行を計画します。
貴方の愛車が停まっている所が、
少なからず入口が開いている時間があって当然だとしたら…。
悪しき人たちは必ず、そこを突いてきます。

シャッターが閉まっていない時に、バイクの持ち主のふりをして、
或いはバイクショップのメカニックの装いで…、
そうやって、実にあっさりと侵入して、目星のバイクを持って行く…。
このようなことも、実際に想定できる例です。

そこまでではなくても、見知らぬ誰かが入って来て、
そこにあったヘルメットや、停まっていた自転車を持ち出すのは容易。
このようなことは、プロの窃盗団でなくても出来る事。

居合わせていた人にとって、そこに来た人が正規の利用者か、
それ以外の人か、区別できませんよね。
仮に、ふらりと入って来た人が、悪戯の気分に備品を持ち去ったら…。
その責任は、その時に車庫にいた人に転嫁されてしまうのでしょうか?

いや、それ以前に、ユーザーを留守番役に使っているような感じ、私は共感できません。

そんな風に会話を続けるうちに、そのお客様から、納得のお言葉をいただきました。
「こうやって場内で作業が出来るのは、広さの余裕のためだと思っていた。
でも安心して長い時間を過ごせるのは、
知らない間にセキュリティに守られていたからだったんですね。」と…。

そして横浜へ帰ることになっても、以前のところではなく、アイドゥを使いたいと…。
更には、都内・文京区に引っ越したお友達にも、
アイドくの小石川地区の車庫を勧めて頂けるそうです。

ページの先頭へ

バイク盗難 どう備える?

suzuki
2017年11月23日 15:00

大型オートバイの盗難の話題は、最近は多少減っているようです。
しかし全く無くなったわけではありません。
なぜか不思議と、定期的にニュースなどで報道されるものです。

これは結局、個人や少人数でやっているのではなく、組織だった計画的な犯行が多いからです。
一件でも事例が発覚すると、窃盗団という様相の一派が絡んでいることが判明。
他にも多数の余罪があり、それらが一気に浮かび上がり、大人数が検挙される、という図式です。

「街で見掛けたバイクに興味を持って、ハンドルロックもなく、そのまま乗り去って行く」
そんな偶発的な事例もある事でしょう。

でも実際は、高価な二輪車を所有する人は、日頃の駐車時の防犯対策にも気を使っているのが事実。
そのようなライダーさんたちは、基本的に、屋内型のガレージを活用しているはず。
そして車庫自体にも、バイクの方にも、それ相当のロックの仕組みを入れていることでしょう。

対してプロ化した窃盗団は、それを見越した、様々な手段を用いて来ます。
事前に周到に計画し、下見なども含めて、どんな道具と手段を使えばロックを壊せるか? と考えます。
鍵を簡単に解除する手段、堅いロックを壊す道具の検証、車体を運搬する車は何が良い?
など、まるで、ライダーと盗人との「知恵比べ」といった形です。

となれば、駐車場を運営する弊社でも、対策はさらに一歩先を常に考えなければなりません。
むしろ、窃盗団に「このパーキングには関わらないようにしよう」と思わせたいのです!

弊社でコンテナタイプの車庫を使わないのも、その手段の一つです。

地面の基礎から作って建てられた小さなガレージならともかく、
完成した箱を空き地に置いただけのタイプなら、地面との接点のアンカーを切れば、まるごと運べます。
オートバイが入ったまま、クレーンで釣り上げて持って行く例もあり得ます。

だから、場内に停める方法を取るのが大前提です。
そのうえで、様々な仕組みを取り入れて、セキュリティを構築するのです。
勿論、場内に立ち入ることが出来る人は限定されます。
ご契約いただいたお客様と、私たちスタッフ、そして緊急時に出動する警備員です。

実は、ここが意外と盲点。

稀に、乗用車向けのパーキングと併設された駐輪施設が存在します。
時間貸しなのか? 月極なのかは? それは別にして…、
このスタイルの場合は、誰でも敷地内に立ち入れる様になっていることが多いです。

先に記述ように、窃盗団は犯行前の「下見」を怠りません。
車を停めに来たフリをして、バイクやライダーさんたちの出入りの様子をチェックすることも考えられます。

そして大切な事として、万が一の盗難の保証が付随するバイク駐車場であること。
これは前回のブログでも記した通りです。

駐車場選びで迷った時は、屋内・バイクのみしか入れない・警備が確実=補償体制あり!
この項目で選定してみてください。

(尚、万が一の盗難の際の補償額は、保険による査定金額により左右されます)

ページの先頭へ

セキュリティと盗難補償

suzuki
2017年11月15日 17:00

今回は少々と堅いお話になります。
バイク駐車場での盗難保証のことに触れます。

アイドゥは大型オートバイに対応して、それ相当のサイズで区画を切っています。

例えば外国製の輸入バイク(例:ハーレーやBMWなど)のサイズや重量は?
海外の二輪車は、タンデム時に2人分の荷物を積んでも余裕があるように造られている。
だから、車体サイズも大きめです。

或いはドカティや、国産の大型スーパースポーツの場合は?
こちらもカウルの下に潜んだ低めのハンドル位置のおかげで、軽量ながら取り回しに苦労する。

同時に、日本車とて今や750cc超えは当たり前。
中型クラスも含め、様々な規制により、装備重量も増加気味です。
といった具合に、兎に角バイクは、意外と停める場所を選ぶものです。
そんなわけで、月極の駐輪施設には、それに相応しい対応が必要なのです。


それは大きさや重さに対しての点だけではありません!
車体価格で100万円を超えるような大切な愛車ですから、様々なバックアップが欲しいもの。
屋内に停めるのは当然のこと、出入り口の高度な警備システムは必須。

そして、いざ!という時の「盗難補償」も同様です!!

私共アイドゥでは、全ての車両に、駐車中の盗難の保証が付きます。
ここでは細かい事は明かせませんが、種々保険を活用して、お客様のオートバイを守っております。

ではなぜ、盗難を保証できるのか?
それは、場内及び入口に、様々な高度はセキュリティシステムを組んでいるから。
大手警備会社との連携は言うに及ばず!

なにとなれば、自社で構築した独自の管理システムを備えています。

補償を約束できる大前提は、まずはセキュリティシステムの良さがあってのこと。
逆にいえば、盗難のことで何かしらの言い訳をするパーキングは…?
それは、警備に多少なりとも穴があるのかもしれません。

アイドゥでは、全てのバイク車庫について、このような高度なセキュリティを仕組んでいます。
同時に、全ガレージに、万が一の盗難の際の保証があります。

例えば、業者によっては、各駐車場によって入退場のチェックの方法や手順が違ったりすることがあります。
その場合は恐らく、警備の内容・緊急時のフォローの体制など、
何処かに不足することがある可能性を疑ってください。

アイドゥの場合、どの地域の駐車場でも、対策は全て統一されています。
入出庫時の手順など、差異は無いと考えていただいて結構です。
例えば、引っ越しで利用する車庫を移転しても、戸惑うことなく駐車できることでしょう。

アイドゥは、二輪車の盗難を決して許しません!
250ccだから、原付だから、自転車だから、盗まれても仕方がない…。
そんなことはありません!
考えてみてください。電動自転車とて決して安価でなく、むしろ簡単に抱えて持ち出されてしまうのだから!


(尚、万が一の盗難の際の補償額は、保険による査定金額により左右されます)

ページの先頭へ

東京モーターショー2017

suzuki
2017年10月26日 17:00

今年のモーターショーの開催は、10/28(土)から11/5(日)。
場所はお台場・ビッグサイトです。

国内のバイクメーカーが揃っての出展。外車組もブースが出るようです。
乗用車やトラックなど道路を走る乗り物も揃います。
部品や素材なども含め、注目のポイントも多数です。

各社の考える、未来のオートバイの姿や、近々に発売予定の二輪車も見られそう。
その他、いくつかのイベントも楽しみ。

市販済みの車種の試乗会もあるようです。
多くのメーカーのバイクを一気に確かめるチャンスは、意外と少ないもの。
お時間がある方は、この機会を有効に使ってはいかが?


東モの詳しい情報は、公式サイトへどうぞ。
http://www.tokyo-motorshow.com/

会場のビッグサイトですが、首都高の湾岸線との接続が良いです。
横浜方面からも、千葉船橋の方からもアクセス良好です。

レインボーブリッジを渡るコースの、夜景は素敵です。
ただし、ショー会場の駐車場は混み合うかもしれないので、ご注意ください。

ページの先頭へ

その思い出を一枚の写真に

suzuki
2017年10月18日 15:00

イメージ

「暑い、暑い」。そんな日々が急に過ぎ去りました。
秋らしい涼しさ、いや、冷たい雨が続く日もあり、気候は気まぐれです。

アイドゥの屋内型バイク駐車場なら、愛車を雨に晒す心配は無し。
時にはご自宅で、ゆったり過ごす休日はいかが?

そう、暑かった夏の日の思い出でも紐解きつつ…。
いや、先刻の秋の三連休のツーリングのことでもいいでしょう…。

出かけた先で撮った、愛車とのツーショット。
気の合ったライダー仲間が揃った時の、記念撮影。

等々、オートバイで遠出した時の、写真を眺めてみるひと時。

最近はデジタルカメラやスマートフォンなどで撮影する機会が多くなりました。
撮ったその場で、そのままモニターで見るのは当たり前。
インターネットを使って、すぐにでも誰かに見てもらう事も容易です。
フィルムを使って、現像上がりを待つ、そんな時間は必要ありません。


でも一方、使い捨てカメラの需要など、まだまだフィルムは無くなりません。
また、写真を大きく綺麗に伸ばして飾るという点で、写真印画紙プリントも魅力的。
事実、調布市内にある、某大手写真機器メーカーさんの工場は、意外と忙しいそうです。
何分、関東の各県から、プリントの依頼などが集中してくるとの事。
成程、多忙になるはずです。

その調布繋がりで、市内にあるアイドゥのバイク月極駐車場も…。
実はこちらも、常に多くのライダーさん達から、注目をいただいております。
屋内保存と共に、盗難防止のセキュリティを完備した駐輪施設となると、数少ないのが現実。

要するに、写真撮影もバイク用ガレージも、「シャッターが大事」という事で…♪

ページの先頭へ

都内と横浜の移動で思う

suzuki
2017年09月29日 15:00

スクーターとて排気量があれば高速道路の通行も可能。
速さと楽さでいえば、「第三京浜」を使うのがベターです。
自動車専用道路ならではの便利さは非常に助かります。
(三京は高速道路と呼んでもいいでしょう)

ただしアイドゥのスタッフとしては、下道を選ぶ場合もあります。

雑色駅近隣、すなわち六郷地区のバイク駐車場から横浜へのアクセス。
このときは、一般国道の15号線を利用する方が適切と感じます。

この道を六郷から南下し、多摩川の橋を渡る…。
バイクで川崎を抜けて横浜方面へ向かうこのルートでの、ちょっとしたハイライト。
川のスケールと、それに掛かる大橋のスケールには、少し驚きます。

広い土手・河川敷を一気に渡れる大きな橋の存在感たるや!
橋のたもとに立って、下を流れる川の景色を見たくもなるわけです。
もちろん、橋の途中でオートバイを止めるわけには行きませんが…。

この大きな建造物を作り上げていると思うと、人間の力の無限さを実感します。

同時に、広大な水脈を培っている自然の偉大さにも感服します。

私たちが乗る二輪車も、人の造り出した偉大な発明です。
しかも、他のどんな乗り物より、自然を感じながら走っていけます。

バイクに接するという事は、非常に人間らしい、良い趣味なのだと思います。

ページの先頭へ

港 ヨコハマ

suzuki
2017年09月21日 15:00

鎖国を実施していた日本が、下田と共にいち早く開港したのが横浜港。
そのせいか? モダンで洒落た印象を感じさせる街です。
「YOKOHAMA」というように、横文字で表記したくなります。

オートバイに乗り始めた時、横浜界隈まで一走り、というのに憧れました。
買ったばかりの新車で、港の付近を流すのは、いい気分に浸れたものです。

古い船が常設で停泊している大きな公園…
少し坂を上った、静かな場所にある喫茶店で一服…

と、楽しみ方は色々とあったものです。

そういえば、ツーリングに行った帰りも寄り道していました。
遠出した後に立ち寄り夜景を眺めるのも、なかなか楽しい時間です。


アイドゥのスタッフになった今も、横浜市には縁があります。

海とはちょっとだけ離れたところですが、バイク専用月極駐車場があるのです。

場内巡回などの仕事のほか、お客様ご案内やご契約など、訪れる理由は様々。
なので、残念ながら、港の方へ行く楽しみは減りましたが…。

でも、昔も今も変わらず進みます。
第三京浜を降りて、大きく曲がる、長く急な坂道で向かう、ヨコハマへのルート…。

ページの先頭へ

新規制 変わり続けるオートバイ

suzuki
2017年09月13日 19:00

この度、二輪に新しい技術基準が適応されることになりました。
主題は排気ガスの浄化と騒音の測定などを、ヨーロッパと日本で規定をほぼ共通化すること。 
そして電子制御に関する部分の安全管理も、一緒に盛り込まれています。

これにより、今後日本で流通するバイクは、事実上「世界共通の仕様」となります。
今まで様々な理由で、日本向けのみ押さえられていたエンジンの性能。
それは撤廃され、海外諸国で走っている高出力仕様が、日本国内にも出回る模様。

欧州の排ガスや音量規定、そして安全性の基準を満たすこと。
それが出来れば、外車・日本車を問わず、馬力やトルクの強いバイクに乗れるのです。
既に今年発売された、日本の新しい大型スポーツ車は、190馬力のものが出ています。
外国車も、日本でのナンバー登録のための仕様変更も不要になるはずです。
万国共通の、そのバイク本来のエンジン特性を、日本でも味わえる、という事です。


その一方、この新基準を満たせない車両は?

残念ながら、それらは販売が出来なくなりました。


50年にも渡り愛された原付の可愛いバイクも、惜しまれながら生産が終了。
1980年代に登場し、モデルチェンジを繰り返ししてきた車種も…。
バイク便で活躍し愛好者の多いモデルといえど、新規制には容赦されませんでした。

時代の流れ、というべきでしょうか?
キャブレターやキック式エンジンスターター。
そんな言葉は、現在のオートバイには使われなくなっていくのでした。

尚、生産中止となる二輪車も、販売店に「在庫」として残っているかもしれません。
これらを希望する方は、出来るだけ早くお店を訪ねることをお勧めします。

車種によっては、「最後の新車を買える貴重なチャンス」となります。
最終ロット=希少車、となるかもしれません。
アイドゥの屋内駐車場に停めて、大事に扱ってあげて下さい。

ページの先頭へ

希少な限定車

suzuki
2017年09月07日 15:00

1987年 ちょうど30年前の夏の終わりのことです。
国内のメーカーから、非常に画期的なオートバイが登場しました。

それはトップカテゴリーのレース専用車とほぼ同等の設計がなされた、非常に高性能なバイクでした。

原価の高い材料が贅沢に使われ、各部の造り込みもレースに適した、理に適ったもの。
定員は一名で、二人乗りはおろか、僅かな荷物でさえ積むことも拒むような車体デザイン。
事実、少々の改善をしただけの車両が、国内外の750cc級のレースを席巻したのは当然です。

それゆえに、プライスもすごかった!
その当時の価格で150万円に迫る値付けだけでも、相当に話題なったのでした。

バイクに詳しくない人も、値段を知ると、だれもが驚いていたのです。
実際に乗っていた方は、常に注目されていたのではないでしょうか?
高速道路で、横浜辺りのサービスエリアで休憩していたら、知らない人から話しかけられて…。
と、そんな一幕も多かったことでしょう。


その高い値段も、バイク好きから見れば、「むしろお得!」とも言える内容でした。
限定台数の1000台は、即完売したそうです。


その後、各メーカーも後を追うことになります。
レースに適した高性能車で高価なバイクを、定期的に造って台数限定で売り出す。
そんな形で生まれた名車は、その後も幾つか登場しています。


20年〜30年前の、台数限定の希少車、現存して走れるのは何台くらいでしょう?
大切に扱っていきたいオートバイです。
是非、バイク専用の屋内駐車場に停めてください。

ページの先頭へ

天気の急変 どう過ごす?

suzuki
2017年08月18日 15:00

先日、関東各地を襲った、記録的な猛暑。

あまりにも暑く、体調を崩しかねるような状況でした。
ライダーの皆さん、お変わりありませんか?

そうかと思えば、不意に雨続きの日もあり…。
と、日本の気候は、本当に気まぐれです。

ツーリングに出かけた時も、天気は道中で様々に変わります。

暑さはライダーにとっては非常に大敵。
辛いと思ったら、日陰を見つけて、ちょっと涼んで休息しましょう。


雨もオートバイには厄介です。
特に夕刻になってからの強い雨は、本当に嫌なものです。

濡れたヘルメットシールドは、暗い夜道の走行で、視界の悪さが気になるものです。
そんなときも一旦、安全な場所にバイクを停めて一息!
体を休めつつ、シールドやメガネなどに曇り止めを施す、そんな余裕も欲しいですね。

余談ですが、日本のドライバーさんたちは、ヘッドライト点灯を怠る傾向にあります。
現在のオートバイは走行中、必ずライトが灯るようになっているのに…。
「なんか危ないなぁ」と感じたら、そんな車たちをやり過ごすために、休憩を取るのもアリです。


さてさて、そんな風に無理せずにゆったりと走ってきた一日。
安全優先はいいけれど、その分、帰るのがちょっと遅くなりました。

アイドゥは屋内型バイク駐車場。
照明のある明るい車庫ですから、夜間の出入りも問題なし!

もちろん、出入りも原則、24時間OKです!

意外な話ですが、駐輪場の「門限」に悩むライダーさんが多く居るそうです。
例えば、自宅に駐輪できなくて、お友達の家の敷地に停めさせてもらっている人、
或いは、バイクショップさんに愛車を預けている、等々。
そこには様々な「ご厚意」があってのことです。
しかしその場合はやはり、「約束の時間内に出入りする」必要もあるのでしょう。

コンテナボックス型の車庫を借りれば、そんな時間の制約から解放される?
ところが、箱の中は電器が無くて暗く、敷地内の照明が乏しい所もあります。
そのようなところは、意外と夜は不便です。

元来、天気の影響をただでさえ受けてしまうバイクです。
アイドゥのような屋内型の、門限のない駐輪場なら、慌てて戻る必要はありません。

盗難防止用のセキュリティシステムは、皆さんの無事も見守っています。
どうぞ、マイペースな安全運転でお帰り下さい。

ページの先頭へ

サマーデイズ

suzuki
2017年08月10日 15:00

8月です。学生さんたちは、学校の夏休みを堪能中かな?

街を歩いていても、制服姿を見掛ける機会が、今は減っています。
しかし、部活にいそしむ学生さんは、今日も登校でしょうか?

私共のオフィスは港区にあります。
上野〜浅草方面や、根津や春日地区など、バイク駐車場をめぐるときに
地下鉄に乗ることもあります。
その折に車内で見かける高校生は、夏休みでも学校に用事があるのでしょうか?

私など、思い返せば、10代の時は、いつもオートバイのことを考えていたなぁ。
学校? 可能な限り早く下校して、用が無ければなるべく行かないようにしてたよ(笑)

いつの日か、高校生の皆もバイクに乗る日が来るのだろう…。
彼ら、彼女たちと、駐車場の場内でお会いすることを想像しています。

ページの先頭へ

珈琲を嗜む

suzuki
2017年07月28日 15:00

イメージ

暑い夏の時期、ライダーの皆さん、いかがお過ごしですか?

ツーリング中、涼しさを求めて、通りすがりの一軒のお店へ…。
濃い目仕立ての、冷たい氷で満たしたグラスに注がれた一杯。
そう、暑い夏に飲むアイスコーヒーの味は格別です!

「いやいや、暑い時こそ、涼しいところで嗜むホットコーヒーが良いんだよ」
と、温かい一杯を好む方もいらっしゃるでしょう。

近年は「シアトル型カフェで、エスプレッソをアレンジしたドリンクを頂く」
そんなスタイルが定着しました。

でも「ツーリングに行った先の洒落た喫茶店で一息入れる」というのも楽しいものです。

また、今ではコンビニでもおいしいコーヒーが飲める時代。
そんな中で、街の中では、古くからの喫茶店は残っています。
また、若い人が営む新しいカフェも、結構見掛けます。


あの日は、予定に少しだけ余裕があったので、移動時間もたっぷりありました。

江戸川橋地区の駐車場を巡回し、上野方面のパーキングへ向かう…。
そんな予定の最中で、ちょっとだけ、時間が余りそう…。

そこで、小石川の駐輪場へ立ち寄り、場内の状態を確認。
そして、たまたま解約中の空き区画にスクーターを停めて、周辺を散歩してみました。

散歩といっても、業務の合間のことですから、あまり時間は取れません。
途中で見つけた、オープンしたばかりの真新しい喫茶店で、ホットコーヒーを一杯。
それが唯一の休息です。

お店オリジナルブレンドの風味は、夏の気候でも、美味しく味わえました。

居心地も良く、もう一杯おかわりを飲みたかったけど、仕事をおろそかにもできません。
(^^♪ 早々に戻り、再びスクーターでの移動が始まりました。


皆さんにも、お気に入りの一杯、こだわりの一軒、ありませんか?

オートバイに乗って出かけた時に必ず立ち寄るカフェ。
或いは、駐輪場にバイクを戻してから、自宅へ帰る途中の喫茶店。

コーヒーでも紅茶でも、自分のお気に入りにこだわるのも、優雅な趣味といえます。


適量なカフェインは、運転中の眠気対策にも効きます。
道中で疲労を感じたら、ちょっと休んで、お茶でも飲んで、一息入れましょう。
安全運転で!!

ページの先頭へ

ponding

suzuki
2017年07月20日 17:00

イメージ

狭いといいながら、東西・南北へ、意外と広い日本。
関東で梅雨明けを迎えていても、未だ雨季、という地域もあります。
ツーリングで遠出する際には、天気予報を確認しておきたいですね。

さて、ある日の雨上がり、涼しくなってからの時間帯に、ちょっと散歩に出ました。
水たまりに映り込む夕日が幻想的で、印象に残りました。


まだ子供の頃のこと…。
雨上がりの水たまりに気持ちが惹かれて、バシャ!っと足を踏み入れてりしたものです。

ゴムの雨靴を履いているのを良いことに、びしゃびしゃと水を跳ね飛ばすのが楽しかった!
でもズボンの裾は濡れてしまい、帰ってから家族に叱られたけどね…。


オートバイに乗っていて雨に降られ、後に訪れる明るい晴れ間は、気持ちいいものです。

でも運転中、水たまりは、なるべく避けて通りたいです。

周囲への水はねは、時に近くの歩行者の迷惑になります。


また後方を走るバイクにも、悪い影響を及ぼすかもしれません。
特にリアフェンダーが小ぶりなスポーツバイクの方は要注意!
後ろを走る仲間のライダーを濡らしてしまうかもしれないので…。

また、見えない水面下には、思わぬ危険も含まれます。
入ってみたら、予想しない程の深い凹みが在ったら、怖いです。

水を避けるために不用意な蛇行運転になるのも良くないですが、そこは臨機応変で!
降っていなくても、路面の濡れが残っていたら、スピードと車間距離は、雨天同様にした方が良いですね。

ページの先頭へ

試される「タイヤ」

suzuki
2017年07月13日 17:00

鈴鹿サーキットでは、月末開催の八時間耐久レースの準備が進んでいるようです。

先週〜今週と実施されるテスト走行会。
その中で、「タイヤメーカーテスト」という日程があるのは、前回のブログでご紹介した通り。

バイク本体の調子も然ることながら、タイヤがしっかりと完成されていること。
これは、レースを走るうえで、大変重要なことです。

鈴鹿の耐久レース、実践では一時間の走行ごとに新品に交換するのが当たり前になっています。

レースでは性能の限界まで極めてオートバイを走らせるのですから、タイヤの消耗は必須。
たかが一時間とはいえ、万が一のトラブルはライダーの安全にも影響します。

特に日本の夏、高温多湿の環境でのレースです。
日中の高い気温と共に、夕方から夜間の走行まである耐久戦では、様々な状況で安定した性能が求められます。

そこへ雨が降ったら、また状況は一変。
レイン走行用の専用タイヤも、しっかりと作り上げておく必要があります。


さて、私たちが普段から乗る二輪車の場合は?

公道を走るバイクでは、タイヤにはレースとは違う要件が求められます。
一旦入れたタイヤは、二年とか三年とかの周期で交換せず使うことが前提です。
また、暑い夏も寒い冬も、雨でも晴れていても、同じタイヤで走ります。

どのような場面でも選ばずに安全に走れる性能と、なるべく長持ちすること。
これらすべてを満たしたタイヤの開発は、メーカーさんも苦労していると思います。
恐らくは、レースでの「極限の使われ方」を把握した結果が、公道用タイヤにも生かされて売るのでしょう。


ライダーの皆さま、ご自分の愛車のタイヤを、しっかりと観察したことはありますか?

出発前の推奨点検項目には、タイヤの確認も入っています。
接地面の荒れや傷等を良くチェックしてみてください。
溝が少なくなっていたり、ごく一部だけが摩耗しているのも、好ましくありません。
また、サイド部のひび割れなども要注意です。

そして空気圧の調整! これは基本です!!

エアチェックは、走り出す前の、タイヤが冷えている時に測るのが前提です。

アイドゥは、全ての駐車場が屋内タイプ。
パーキングの場内で、日光の影響を受けていないタイヤの様子を把握できます。
砂利などなく平らな床面は、接地面の観察の正確におこなえます。

屋外やコンテナと違い、照明もありますから、夜間や早朝も、作業も楽にできますよ!

なお、交換周期は製品の志向や乗り方によってかわります。
グリップ力の高い、スポーツ志向のタイヤは消耗が早い傾向があります。
また気温が低い場合で滑る傾向が出て、暑い時ほど減りやすい、ともいわれます。

所謂「ハイグリップタイヤ」を使っているライダーさんは、日頃停めておく場所にも注意してくださいね。

ページの先頭へ

あじさい情緒 

suzuki
2017年06月21日 17:00

イメージ

上野動物園でのパンダの赤ちゃんの誕生が、話題になっていますね。

その動物園並びの大きな公園は、春先の桜と共に、紫陽花でも「名所」との事。

雨の鬱陶しい時期、何かと心も湿りがち。
でも綺麗な花を見掛けると、沈んだ気持ちも癒えて、嬉しい気持ちになります。


アイドゥは台東区内に、いくつかバイク専用月極駐車場を運営しております。
上野駅付近や浅草方面や、根津近隣に、屋内型の駐輪施設がございます。

台東区から文京区のバイク駐車場の巡回ルートは、普段からの定番コース。
このときに、上野公園の脇手を通って行きます。

しかし残念ながら、日頃は花をゆっくり観賞する時間は、なかなか取れません。

でも、その時期ごとにしか見る事の出来ないお花の情緒です。
じっくりと楽しむ時間を取るのも、いいかもしれません。

ページの先頭へ

自前で用意するとなると

suzuki
2017年06月14日 17:00

今日もハンバーガーを食べてしまった…。
なんか、週に一度くらいは食べているかな?

例えば、調布市内のバイク駐車場を巡回してからの帰り道…。
国道を少し進んだ所にショップがあって、ついつい寄ってしまうのです。

そんなハンバーガーですが、食べながら、ちょっと妄想しました。
これを自分で作るとしたら、どうなるのだろうと…。

ひき肉とつなぎを混ぜ合わせて焼き、合わせるチーズや野菜のピクルスを用意。
ソースはケチャップで済ますとして、丸い形のパンの準備が必要だな。
付け合わせのフレンチフライも、芋から仕立てて揚げるまでやったら…。

そう考えると、結構な手間暇がかかりそうです。

これは料理が趣味・得意という方には、挑戦する価値がある事でしょう。
でも「食べること」が専門の私としては、「やはりお店に行こう!」となりますね。(^^♪

例えを変えて、自宅にオートバイを停める場合は如何でしょう?
こだわりの愛車を、ご自身の傍に置きたいと思うのは、ライダーなら誰しも同じ。

 雨に濡れにくいような軒の設置。
 出し入れが楽にできるような広さと、突起のない平らな地面の選定。

など、いくつかの課題が出てくると思います。 
そのためには、多少の工夫や予算も掛かるかもしれません。
場所をお持ちで、DIYも好き、という方は、この辺りをやるのは楽しいことでしょう。

盗難の対策と、それを確実化するための「監視」の仕組みを付けるとなると…。
さすがに、この点は容易とはいえそうにありません。
アイドゥの月極バイク駐車場には、それらの要素が、全てあります。

基本、オートバイは「乗ること・走る事が一番」です。
ゆくゆくは家に愛車を置けるようにしたい、という方も、まずはアイドゥに置いてみませんか?

ページの先頭へ

ファストフードの店先で

suzuki
2017年06月07日 17:00

皆さん、ハンバーガーはお好きですか?

街を歩けば頻繁に見かけるファストフードのお店、私はよく利用しています。

特にハンバーガーは定番!
手頃な値段でボリュームのある食事を、ササッと早い時間で提供してくれる。
これは非常に嬉しいことです。

付け合わせのポテトの味も楽しさの一つ。
炭酸ドリンクの相性も、これまた最高!

バーガー類そのものも、てりやき風味にするか? ベーコンや卵もいいかな? 
と、様々に迷うこともしばしば。
時には、おまけに釣られて、キッズ向けのセットを頼むことすらあります(笑)


そうそう、ツーリングの朝などでは、高速道路のインター付近のバーガー屋さんを、待ち合わせに使いますよね!


これからの季節、梅雨から夏にかけても、街道沿いのファストフード店は、強い味方になります。

不意な夕立の際の雨宿りで、コーヒーを飲みながら晴れるのを待つ。
暑い日差しに疲れたら、涼しい店内で冷たいシェイクをお供に休憩する。
と、便利に有意義に、お店を活用することがあると思います。

そんな折、ライダーたるもの、マナー良く過ごしたいと思います。
そこには、お子様連れの方や、学生さんたちも多く居るはず。

そんな中では、やはり紳士的な態度で行きたいところです。

バイクの停め方や、入退時の音の配慮、人を優先にする徐行の行為…。
これは、普段オートバイを停めて置くパーキングでも、全く同じです。

お店で、小さな子供たちから、羨望の眼差しで、尊敬されるようなライダーで居て下さい。

そんなわけで、なんかお腹がすいてきた…。白身魚のサンドが食べたいな…。

ページの先頭へ

ナンバープレート

suzuki
2017年05月25日 17:00

「杉並」「世田谷」のナンバープレートが登場して、早や二年が過ぎました。
ナンバーは住んでいる地域ごとに決められた陸運局へ申請し、発行を受けます。
従来は都内23区は割と広い地域を一括して、「練馬」「品川「足立」と分けられていました。
そこから、杉並区は「練馬」より、「世田谷区」は品川より、それぞれ分離した事になります。

これはオートバイのナンバー登録についての区分け。
登録は各々該当する地域の陸運局に赴き、地域ごとのナンバーを入手します。
しかし、オートバイを停める場所は、管轄地域の中に限定されません。
※現法規でのお話です。

杉並でも南寄りの方は、世田谷区内の千歳・船橋-経堂寄りの車庫を使いたい…。
そういう例もあるでしょう。

逆に、世田谷区もかなり広いですから…。
駐輪場は代々木付近だったり、調布市寄りの方が都合が良い…。
という例も伺っています。

さらにいえば、神奈川県の川崎市とて、都内大田区の六郷付近の車庫に愛車を置くのもOK。


アイドゥのスタッフでも例外でもなく、
「新宿区内に住みながら、バイクを文京区内のパーキングに置く。」
という者が居りますが、特に違法ではありません。

むしろ問題になるのは、定められた保管場所がないことです。
歩道を含めて、路上に停めることは違法。

駐車場がなかなか見つからない、と悩むより、少しだけ広い視線で、探してみてください。
ナンバーと駐車場の関係は、ガレージには当てはまりません。
区や県などの堺にとらわれずに、良い環境のバイク専用駐車場を選んでください。

ページの先頭へ

防御は厚く!

suzuki
2017年04月27日 17:00

機械技術というものは、目まぐるしい速さで、日々進化しています。


例えば、前回取り上げた、パッキン類も然り。
以前なら、ゴムや紙、或いは金属ワッシャなどを挟んでいたところも…、
近年、場合によっては、それが省略されている例も出てきました。

金属部品の切削や磨きの精度が、非常に向上しています。
それにより、部品と部品の合わせ目に何も置かずとも、密閉が保たれるようになっているのです。
(勿論、用途によっては、いまだにパッキン類を使うべき部分も残っています。)


進化していると言えば、バイクのキーも同様。

かつては薄っぺらだった鍵も、より厚みを持つようになりました。
溝の掘り方も変化が見られます。
外周に形を付けるだけではなく、キーの平面に溝や窪みが付く例が増えました。

難しい加工技術が使われることで、逆に簡単に合鍵が造れなくなりました。
簡単に盗用される可能性は減らせた、ということです。

併せて、車体側のキーシリンダーも強固に。
「ドライバー1本でこじ開けられる」ということも、あまり聞かない最近です。
これも、「削り」の技法が発達したことで、実用になったことです。


更に、キーの中に電子的な仕組みが導入されて来ています。
イモビライザーなどの盗難防止の装置も、多くのバイクに着装されつつあります。

車体とキーが電子的に通信。
簡素に造られた合鍵では、エンジンが始動しない、という機構は、盗難には有効ですね。

こんな風に、オートバイの盗難対策は、バイクメーカーさんが相当に頑張っているのです。
とはいえ、日ごろ停めて置く場所のセキュリティにも気を付けるのは大事です。


バイク自体の防衛機構があるから、駐輪場の防犯対策は簡単でもいい…?

いえいえ、そんなことはありません!

例えば、粗末な南京錠が一個だけ、そんな駐輪施設に、愛車を置きたいですか?


常に高度な技術で進化するオートバイです。
停めて置くための月極パーキングも、相応に高度なセキュリティが求められる時代です。

ページの先頭へ

薄いもの 〆の一枚

suzuki
2017年04月19日 15:00

このタイトルで、まだ引っ張ります…。


オートバイ自体にも、大切な「薄い一枚」が多数あります。
ボルト類・ネジ類に挟まれて付いている、ワッシャです。

全てのネジに必ず付くわけではないです。
が、必要な場合、ネジにはワッシャが使われます。

判り易い例では、エンジンオイルのドレンボルト。
オイルを排出する為の穴を閉じているネジには、ワッシャが入っているのが通例です。
ワッシャには、ネジが自然に緩んでしまうことを防ぐ効果があると言われています。

そして更に大切な、別の作用があります。
ボルトと部品を直に当てて、強く締めすぎて、部品側が変形しては困ります。
ワッシャが潰れることで、不意な力で部品が壊れることを回避できるのです。

そのうえで、特にオイルの入っている所では、更に重要な働きがあります。
ワッシャが適度に変形することで、周囲の密着度を上げるのです。
つまり、ワッシャは漏れ防止のパッキンの代わりになっているのです。

オイル交換をバイク屋さんに依頼した時…。
大概の場合、ドレンボルトを新品に替えるのが習わしです。

ネジも含めて、当然のことながら、ワッシャも新調。
即ち、新しいパッキンが付く形になります。
これで、わずかながらのオイル漏れさえも、予防できるというわけです。


 免許を取ったばかりで、オートバイに初めて乗るというライダーさんには
 「なぜ、オイルを替える度に、ネジまで新品にするのか?」
 という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、少量でもオイルが垂れると、エンジン回りや車体の汚れてしまいます。
更に、タイヤにオイルが付着すると、滑って危険なことになります。

ネジ1本、そう高価なものではありません。
安全の意味でも、惜しまず、新品ワッシャを活用しましょう。

ページの先頭へ

薄いもの一枚が醸し出す情緒

suzuki
2017年04月12日 17:00

イメージ

前回は、薄手の一枚がライダーの体調を整えてくれる、という話題でした。
今回は、気持ちの面のお話です。


桜の花びら、一枚、また一枚…。
ちらちらと舞う花びら。そして、路面をまばらに、白やピンクに…。


桜の咲く時間は短いものです。

枝を鮮やかに飾る様子を見るのは楽しいもの。
しかし、花びらが舞う様相もまた素敵。
そして散った後は、道路の端を鮮やかに整えてくれます。

こんな風に、桜は意外と長い時間、様々な形で、私たちを楽しませてくれます。


首都圏でバイク駐車場を運営する私たちも、そんな桜を堪能しています。

例えば都内では、山手通りを走っての、駐車場巡回ルート。
初台方面から、祐天寺〜目黒不動地区のパーキングをめぐる…。
その途中、西五反田付近で、少しだけ寄り道。
「かむろ坂」の桜並木を眺めて行くのが、毎年春の、ちょっとした習慣になっています。

束の間ではありますが、「咲く・散る・舞う」を堪能。
そして、馬込〜六郷地区のバイク駐車場へと、業務ルートは続きます。

桜の薄い花びら一枚が、ライダーの心を豊かにしてくれる春です。

ページの先頭へ

薄いもの一枚 その大切さ

suzuki
2017年04月05日 14:00

厚手のウィンタージャケットや、冬用のグローブ。
そんな、冬を乗り切るためのスタイルから、春を意識したウェアに!
軽やかな装いと共に、バイクで出かけることが出来る季節の到来です!

しかし、朝方や夕刻にかけては、まだ寒さを感じることも。
都内では桜が咲く時期ですが、ツーリング先では要注意。
とっさの防寒対策は大切です。

日が暮れてからの高速走行で、思ったより冷えたことはありませんか?

薄手のオーバーパンツなどは、常に持って行くと心強いものです。
時にはレインウェアの下を履く、というのも有効です。


使い捨てのホットカイロも、もう春には不要か?

いや、あれも咄嗟の時は有効です!
季節商品ですし、徐々に手に入りにくくなります。
冬に買って余った物は、もう少しの間、捨てないでおきましょう。
薄手のカイロをハンドルのグリップには張り付けると、
これが素晴らしい位な、「グリップヒーター」になります(^^♪

近年はオートバイク用のウェアも進化してきました。
ジャケット自体が防水性に長けたものもある時代。
「もう雨具を持たない」
そんなライダーさんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな装備を、常にしているとは限りません。


ちょっとバイクの調子を確認するか?
そんなつもりで、軽装で走っているうちに、意外に遠くに来ていた。

こういう経験、私自身もしております。
そして帰り道で風を食らう、というのも、経験済みです。


つまり春先こそ、そして日頃の街乗りの時にこそ、
春なりに防寒を考えなければならないのです。

駐車中の愛車の傍らに、薄手のものを常備して、春をお過ごしください。

ページの先頭へ

春の芽生え

suzuki
2017年03月22日 14:00

暖かい季節の訪れもまもなく!

「オートバイに乗ろう」という気持ちになる方が多いと思います。

免許を取ったばかりの人には、特に春は嬉しく、待ち遠しいことでしょう。
それはきっと、バイクに乗りなれたライダーさんも、同じ心境だと思います!

この時期はまた、子供たちにとって、心がウキウキするタイミング。
春休みを過ぎたら、小学校に入学するのなら、ときめきは尚更でしょう!

これまで保護者と共に出歩いていた子供たち。
通学が始まったら、一人で行動する機会が増えてきます。
一人歩きに不慣れで、不意に道路に飛び出してしまうこともあるかもしれません。

どうぞ、お子様の近くを通る際は、「優しいライダー」で居て下さい。

私たちアイドゥのスタッフが、まずは模範運転をしたいと思っています。

例えば、祐天寺の駐車場から目黒不動の方面へ向かう巡回ルート。
坂道も多く、入り組んだ一方通行等では、注意は一層大切。

また、調布市内のバイク駐輪場へのコース。
国道20号線から一本裏の路地に入ったときなども要注意。
速度を感覚で測らず、メーターを見て確実に認識して走ります。

もちろん、安全意識は四季を通じて、どんな場所でも持つべきものです。

学校有り・幼児施設有り、等の標識は黄色なので目立ちます。
これは「注意を促す」という意味から採用されるカラーだそうです。

ちなみに余談。
赤い標識は禁則や制限的の事項、
青いものは「状況が良ければ許される内容」と区分けできるそうです。
そんな話を子供たちに語ると、ちょっと尊敬されるかも?

話題を戻すと、「学校は学びの場」ということ。
通学の途中の子供たちに、良い運転とは何か?
を常に示せるライダーで居たいものですね。

ページの先頭へ

春近し! バイクの季節へ!

suzuki
2017年03月17日 15:00

三月も半ばを過ぎました。
朝晩の冷えも徐々に和らぎ、陽も長くなって来たこの頃です。

   オートバイに乗りたい!

そんな衝動が、心に芽生えて来ませんか?


寒い時期に、愛車と戯れるのにも戸惑うほどの寒さも一段落。
これからは、乗り回す時間が必ず増える事でしょう。


アイドゥの月極二輪駐車場に停めていたバイクは、恐らく快調に走ることができます。
屋内型パーキングの利点は、語り尽くせないくらいに沢山あるものです。

コンセントから電源を取って、常にフル充電されているバッテリー。

外気に触れないことで、極端に冷やさずに済んだエンジンと、内部のオイル。

暖かさに誘われてツーリングに出る朝。
このとき、きっとエンジンの目覚めが、予想以上に軽やかなことでしょう!
冷えによる摺動部品の動きの悪さも、最小限で済んでいるはず。

露天に停めていたり、周囲が吹きさらしの状態は?
電源が取れずに充電ができないコンテナボックスでは?
室内パーキングの利点は盗難防止のみならず!
オートバイを停める上で、車両に生じるメリットが多いことが明白です。


この点は、初めて二輪車に乗る、という方には、特にお伝えしておきたいことです。
やがて一年もたたずに、また冬は来てしまいます。

「この冷たい季節をどう過ごすのか?」

やや大げさですが、それで、オートバイの味わいが、変わってしまうのです。

人間だって、寒い時は、気持ちも体も冴えないものです。
それは、バイクも同じこと。

冬場、丁寧に調子を保っておけたバイクは、どんな季節に乗っても、快適なのです。

もちろん、バイクには必要な整備を施しておくのが大前提。
ならば、良好な環境に置いているバイクは?
そう、更に素晴らしいコンディションを維持できますよね!


しかしながら…。
幾ら調子の良いバイクでも、走り出しの最初の時間帯は、用心してください。
タイヤの暖まりや、ブレーキの具合の確認は、やはり重要。

最初はゆっくり走り、エンジンと共に、タイヤやチェーンなどを馴染ませる。
安全には十分気を付けて、素敵なバイクライフを、アイドゥと共に!


おっと! 大切なお知らせを忘れそうだった!

季節の良さと共に、バイクに乗る人が増える時期です。
パーキングのお問合せも、毎年春は多くなります。
良い区画をご希望の方は、どうぞお早めに!

ページの先頭へ

飾っておきたい 見ていたい

suzuki
2017年03月08日 17:00

三月も早くも一週間が過ぎました。

女の子のお子様がいるご家庭では、ひな人形を出して飾って…、
そして既に片付けた、という時期でしょうか?

かわいらしいお人形さん、いつまでも眺めていたいもの。
また来年、愛らしい姿を楽しめますように…。


さて、出して片付けて、といえば、ツーリングに出かける時も同じ。

オートバイを、駐車場から出してスタート。
帰ってきたら、また駐車場へ戻す、の繰り返しです。
もしバイクをお仕事の手段にも使っているのなら、出庫・入庫は毎日のことです。

パーキング施設の選定の際、取り回しのしやすさにも気を付けてください。
出入り口が広く、通路幅に余裕があると、この毎日の入出庫が苦になりません。
アイドゥでは、全てのバイク用パーキングが屋内自走式です。
当然、入出庫は楽にできます。


更に、停めたオートバイを眺めて楽しむことも可能です。

箱型の個別収納の場合、どうしても「乗らないバイクを収納する」、そんな感じに囚われます。
屋内タイプの車庫なら、停める機能の他に

  「飾っておく」という印象を持てるのです。

今日は乗らないけど、駐輪場に行って、愛車を眺めてくる、というのもアリです。

そして、きらびやかなメッキパーツを磨いたり、
次の走行に備えて、カウルのスクリーンなどを綺麗にしたり、
そんな嗜み方も可能です。

ただし、「格好いい愛車を長く眺めて、家に帰るのが遅くなった…」
なんてことは、自己責任でお願いします。

また、施設に統括的に高度なセキュリティを施していることも重要。
盗難対策の為のセンサーシステムや防犯カメラなどが有効に機能しています。

この点、女性の方の駐車場利用にも、安心していただけるはずです。

ページの先頭へ

インフルエンザにご注意!

suzuki
2017年02月23日 20:00

まだ少しの間、冬が続きます。
寒暖差があり、空気の乾燥も強い時期です。
体調管理が難しい、厄介な日々が長引きます。


こんな時期、インフルエンザには要注意です!

症状が、寒気や軽い発熱、咳というような、風邪と似ています。
なので、最初は掛かっていることに気づかず、という例も多いのです。
どうか油断なく、少しでも体に異変を感じたら、早めに対処してください。

日中の暖かさに誘われて、オートバイで出かけた。
でも、夕刻の帰路で意外と冷えて、体調を崩した…。
そんなことのないように、防寒などは万全にして出かけましょう!


一旦発症すると、数日間は、外出を控えることになってしまいます。
当然、その間の症状は非常に辛いもの。
そう、言うまでもなく、掛からない方が良いに決まっています。

ライダーも人間です。
インフルエンザ以外でも、体調を悪くしてしまうことがあるものです

そのあいだ、
「外に止めている愛車が、ちょっと心配。
イタズラや盗難などが気になって、オチオチ休んでいられない!」
屋内駐車で、しっかりとしたセキュリティがあれば…。

アイドゥの駐車場なら、余計な心配なく体調回復に専念できるはずです。

皆様、体調には十分お気をつけください。
走りやすい暖かい春も、もうすぐやってきます!

ページの先頭へ

乗り換えと駐車場

suzuki
2017年02月15日 14:00

モトGP・ロードレース世界選手権2017シーズン。
本線の開幕はちょっと先ですが、既にテスト走行会が始まっています。
(ご参考 http://www.motogp.com/ja/ )

今季、最高峰クラスにおいては、多数のライダーのチーム移籍が話題になっていますね!
長年親しんだチームを離れて、新天地へ移った選手…、
デビューイヤーからの契約を更新せず、早々に他のチームに行った若手…、
或いは、今年度から初参戦するメーカー即ち、レース実践の経験の無いオートバイを選んだ者…、
みんなそれぞれ、思惑や目的は様々でしょうが、新しい挑戦への勇気は、称賛すべきことです。

一方、チーム・メーカーを変えず、これまでの体制で参戦するライダーもいます。
彼らとて、経験や実績に甘んじていては勝てません。
常に新しい一手を仕組んで、競争力を磨き上げていくことでしょう!

さて、プロのレーシングライダーは、バイクのメーカーや、
メーカーと関連するチームとの、「契約」があります。
自分が乗るオートバイは、契約期間においては、勝手に乗り換えることはできません。

仮に、今乗っているバイクが、
「何となく自分のフィーリングと合わないな?」と思っても、
契約期間を満了するまでは、他車は選べず、そのバイクに乗り続けなければなりません。
まぁ、そこはプロ。
ウマの合わない相手でも、乗り方や調整・改造などを施して、上手に走らせいくのですが…。


対して、私達一般ライダーは、予算などはありますが、乗り換えは自由です。
愛着ある大切な一台に拘りつつも、気になる他メーカーの新車にも、目移りがあって然り。
「乗り換えちゃおうかな?」となることも、多々ありますよね?

そして「やっぱり前の方が良かったなあ?」と思えば。もう一度同じバイクを買うことも自由。
場合によっては、今乗っているのに加えて、もう一台買う! なんて人もいらっしゃいます。


むしろ、一般ライダーが乗り換えで気にすべきは、駐車場の問題です。

乗り換えたのはいいけれど、サイズが意外と違っていて、これまでの場所に収まらなくなった…、
ということの方が心配です。
置けるには置けるけど、重量や装備が増えたので、出し入れに苦労が生じる、という例も考えられます。


アイドゥのバイク用パーキングは、基本的に大型ツアラータイプを想定して作ってあります。
大概のオートバイは収まりますし、慣れてしまえば、取り回しも最小限の負担でできるはず。

バイクを替えたらそれに合わせて、別の駐輪場を借りなおさなければならない?
そんなことが無いように、最初の駐車場の「契約」は大事ですよ!

ページの先頭へ

feel the wind!

suzuki
2017年02月08日 14:00

イメージ

  風を感じて…
  オートバイは常に、風を受けて、颯爽と走る。

バイクと共に、自然の風合いに身を染めながら移動する。
そこに魅力を感じるという方が多いと思います。

しかし、時に起こる強風は、あまり気持ちのよいものではありません。
それは走行中も、停めている時も同様です。

過日、やや強い風が首都圏を吹き荒れた朝の事…。
通り掛かった街角で、バイク用の車体カバーが落ちていたのを見掛けました。
主(バイク)と逸れて、しょんぼりとたたずむカバーの姿は、ちょっと涙を誘います。

その近くには、車体を外に晒した状態のオートバイがあるのか?

日頃、おもてに愛車を停めている方も多いと思います。
「露天」という環境を配慮すれば、厚手で丈夫なカバーを使いたいもの。
そうなると、高価なカバーを選ぶことでしょう。

カバーひとつでも、紛失すると出費も馬鹿になりません。
備え付けの紐やロック以外にも、ゴムロープ等で巻き付けておくとよいでしょう。
これは、悪天候対策だけでなく、 盗難対策にも繋がります。

簡単にペラペラとカバーが捲れると、容易に車種の特定などされてしまいます。
「どんなバイクがどこに停まっている」という事が、プロの窃盗団に覚られない。
これは、露天駐車の盗難対策の基本です。

ともあれ、風を受けていて気持ち良いのは、走行中だけのこと。
駐車中に、大切なオートバイを風に晒すのは、出来れば避けたいものです。
次に出掛ける時に、良いコンディションで走る為にも、屋根付き・屋内にバイクを入れましょう。

ページの先頭へ

天神様

suzuki
2017年01月20日 14:00

学生さんの中には、受験の時期を迎えている方も多いと思います。
寒い中大変ではありますが、良い結果になりますよう、僭越ながら応援しております。

学問の神とされる菅原道真。
首都圏で試験に挑むにあたり、湯島天神へ参拝する方もいらっしゃることでしょう。

文京区は湯島の辺りは、アイドゥのスタッフにもゆかりある地域。
江戸川橋や小石川のバイク駐車場から、根津や上野方面のパーキングへ向かう…。
そんな時に、付近を通過することもあります。

神社というのは、非常に尊い場所。
整地され、木々に満たされた空間は、訪れるだけでも、心の癒しになることがあります。

例えばツーリングに出かける朝、近くの神社の前を通って行く…。
それだけで気持ちが落ち着いて、「安全運転で行こう!」という気持ちになるかもしれません。

新車を買ったときに、安全の祈願をしたり、お守りを授かったりする。
そんなライダーさんもいらっしゃるでしょう。

これから免許を取る方も、検定や学科テストの合格祈願をしてみてはいかがですか?

ページの先頭へ

お蕎麦

suzuki
2016年12月21日 14:00

吉祥寺・三鷹方面から、調布市内への駐車場への巡回。
その際、ちょっとルートを逸れると、深大寺の付近を通ることに。

格式伝統のあるお寺であり、気高いオーラを感じるルート。
ついでに、地域名産の蕎麦にありつく…。
あ! いや、仕事をサボって食べに行っている訳ではありませんよ…?


ツーリング先で、寺院などを見学して、昼食にはお蕎麦を食べる…。
そんなパターン、結構多くないですか?


茹でたてをキリッと冷水で絞めて、せいろ盛りを嗜むのもよし。
寒い今の時期なら、出汁汁に浸かった温かいものをいただくのもよし。
蕎麦は日本の四季や風土に、とてもマッチしている食べ物です。

オートバイで走って、やや疲れた時に食べるのが、また堪らない!
実はビタミンやアミノ酸などが豊富という蕎麦。
長い時間バイクを走らせた時の、疲労を癒し栄養を補う意味でも、ライダーに向いた食べ物なのかも?

そしてお蕎麦の名店は、遠出した先ならず、都心部にも多々あるのが嬉しいもの。
先程の深大寺もそうですが、住んでいる地域にも、美味しいお店はあるものです。

ツーリング先で温かい一杯を。
そして駐車場にバイクを置いて帰宅する道すがらでも…。
アイドゥの駐車場は屋内タイプです。
場内にヘルメットを置いて、手ぶらでお店に寄り道できます!

ページの先頭へ

冬の趣き

suzuki
2016年12月15日 14:00

都心から僅かに離れた私の自宅地域は、冬場の朝晩の冷えが、少し身にしみます。

ただでさえ冷たい気候の時期。
バイクで出かける際は、できれば早朝や夜間を避けたいところです。
日常の用途では、そうはいっていられない場面もありますが、寒さは辛い!

冬のツーリングを楽しむなら、日光が出ている明るい時間帯に出発。
そしてドップリ陽が暮れる前には、近隣まで戻って来られる。
そんなルートを考えて出かけるのも一考です。

特に朝方は、少しでも陰になっている所は、路面凍結の恐れがあります。
転倒のリスクを回避するにも、オートバイに乗る時間帯を配慮するのが、大人の嗜みです。


寒さは、ライダーの身体を緊張させる面もあります。

家から駐車場までの移動は、やや面倒なのも事実。
しかし、この時間はバイクに乗る上で、ちょっとした準備運動にも繋がります。

パーキングまで、歩いていくのか?或いは、小さなセカンドバイクで行くか?
自転車を使う方もいるのかな?

いずれの手段でも、バイクに乗る前に、少しの時間、寒い気候に身を預ける一時。
この時間が、気温に体を馴染ませる良い機会になります。

冷たい空気に呼吸が馴染み、足腰が適度に暖まる…。
駐輪場までの移動は、ライダーの暖気に、大変有意義です!


もちろん、バイクの調子を整える事も大切です。

停めたままのアイドリング〜停止暖気を長くしても、熱くなるのはエンジン周囲だけ。
ゆっくりとした速度で走行し、徐々にエンジンを暖める。
同時に、タイヤやブレーキにも、一定の熱を入れていきます。
チェーンやサスペンションの動きをスムーズになるにも、暖気が必要。

停めたままでは暖まらない部品が、バイクには多数あるのです。
ベテランライダーの中には、「走り始めのシートの堅さ」にも、気を配る人がいるようです。

「最初はゆっくり」は、バイクのみならず、乗り手の感触にも有効なことです。
その日の気温や風の具合を感じ、今日一日のライディングをイメージするのは重要です。
また、特に朝方の冷えた路面に対しての用心にもなるのです。


ということで、暑さから解放された中で、オーバーヒートのリスクも減っている冬。
むしろ今の季節こそ、気も良く乗れるともいう方もいらっしゃるでしょう!

ライダーも愛車も、万全な状況の中で、ウインターライディングを!

ページの先頭へ

12月に入りました

suzuki
2016年12月07日 14:00

師走は何かと忙しく、慌ただしく流れていきます。
公私の両面で、多忙になる方も多いかと存じます。

オートバイに乗る時間も、なかなか確保できない…。
それが実情になるライダーにとっては、ちょっとつらい時期です。

でも、仕事がらみの夜のお付き合いと共に、ご家族と過ごす時間も大切。
ちょっとだけバイクの事を忘れて、暮れならではの充実に集中する場面です。

そこで、「愛車を良い環境に駐車しておく」ことの重要性が出て来るのです。


屋内型の最良な車庫にバイクを入れて、更には盗難対策万全のセキュリティがある…。

それが無ければ、バイクから目を離している時間が長くなると不安です。

その点では、駐輪場が外置きだったり、最低限の施錠だけのボックス型では、心もとない感じです。


例えば、年末年始に掛けて、帰省や旅行に出るという方、
或いは、スキースノボと、バイクを置いてレバーに出る方、
そして、その予定を立てるため、お仕事などに励んで頑張っている方…。
アイドゥのバイク駐車場なら、安心して、忙しい日常に集中できますよ!

もし月極駐輪場をお探し中なら、躊躇なさらずに、今のうちに検討してください!
年末直前に今は、思わぬ良い区画に空きが出る事もあるのです。
(急な転勤などで移転する方も居られるため)

年を通じて満車率の高い地域にも、12月ならご契約頂ける枠がある場合があります。
どうぞ! 思い立ったらお問合せを!

(ただし、お申込み順番で、先に決まってしまうこともあります。まずはお電話やメールでお問合せ下さい)

ページの先頭へ

光の導き

suzuki
2016年11月23日 18:00

イメージ

「涼しさ」から「寒さ」へと、気候が移り行く最近です。
この時期になると、街並みに華やかなイルミネーションが施される例が増えてきますね。
気温が下がり、冷たくなる空気の中…、
光の存在が、より鮮明に感じ取れるようになる気がします。

夜間に街を流していると、ついつい鮮やかな光に目が行ってしまいます。
華やかさは心にも嬉しいですが、運転中の余所見は注意です!
光の光景を堪能するのは、バイクを安全な場所に停めてから眺めるようにしましょう。


もしかしたら、

 「駐車場から自宅までの帰り道に、お気に入りのイルミのスポットがある」

   というライダーさんもいらっしゃるのかな?

走った高揚感を心に秘めたまま、「綺麗な光景を見ながらの帰りの街歩き」。
これは、自宅外の駐輪場にオートバイを停めているからこそ、味わえることといえそう。

アイドゥでは、屋内自走型の月極バイク駐車場を運営しております。
夜に乗って来ても、場内は照明が付き明るいし盗難対策のセキュリティも万全

帰路に街並みを楽しみながら自宅へ戻る…。
そんな気持ちの余裕も生まれるのも、他の駐輪施設にはない、アイドゥの特色だと思います。

ページの先頭へ

四季のある日本

suzuki
2016年11月17日 17:00

狭いという領土も、東西南北に意外と広いものです。
よって地域ごとにも、その季節折々の自然を楽しむことが出来ます。

さしずめ、関東の今の時期なら、そろそろ紅葉の話題が気になってくるところです。

寒暖差は辛いですが、葉っぱの色づきにも、温度の変化は重要なポイントになるそうです。
ツーリング先で、綺麗な赤や黄色に染まる光景を眺めることが出来るのも、四季がある故です。
そんな季節の変化をより感じられるのも、身を自然に晒して走るバイクならではの醍醐味です。


さて、気温の低下により、空気は乾燥する傾向です。
暑さで膨張する空気も、低温では逆の作用になります。

出発前のタイヤの空気圧のチェック、どうぞ怠らずに!

オートバイに乗るのは「夜」という方もいらっしゃると思います。

アイドゥのパーキングは屋内なので、照明のある明るい所で、確実にタイヤの状態を確認できます。
外に停めている方や、コンテナボックスなどに入れているライダーさんは、どうされていますか?

暗い場所や狭い空間でのゲージ確認は、意外と億劫です。
でも安全に関わることですので、スタート前のバイクのチェックは大切。
億劫がらずに、工夫して、確実に実施してください。

ページの先頭へ

秋と大空とオートバイ

suzuki
2016年11月09日 14:00

イメージ

天高く、バイクも冴える秋です。
多少の肌寒さもありますが、綺麗な青空に巡り合える日もあります。
ツーリングには最高の時期です!

また、新たにオートバイに乗り始めようという方々も!
この季節をぜひとも味わいながら、走ってみてください。
そして初めて買うバイクは、ぜひともアイドゥに停めてください!


画像は、先日の物です。
オフィスへ向かう途中の道すがら、あまりに空が良いので、一枚撮りました。


こんな晴れた日はバイクに乗っての、駐車場の現場周りが気持ちいいのですが…。

澄み渡った空の下、東浅草のパーキングを中心にした巡回コースを妄想…。
「きっと電波塔(スカイツリー)を眺めながらのルートになるんだろうな…」
或いは横浜地区の月極駐輪施設へ、第三京浜を流して行くのも気持ちよさそう…。
そうそう、祐天寺から馬込の方へ向かう途中の天ぷら屋さん。ランチ天丼が美味かったな!(^^)/

ああ、いろんなことを考えてしまい、仕事が捗らないのは困るな…。
しかしバイク駐車場の業務と言えども、事務所の業務だって大切です(^^♪ 

さて、頑張ろう。小石川駐車場の付近の喫茶店の、うまいコーヒーの味を思い出しながら…。

ライダーの皆さん、この季節はどこへ走りに行く予定ですか?

ページの先頭へ

50cc

suzuki
2016年10月27日 14:00

今回も原付のお話です。
50ccの、いちばんミニマムなクラスの話題です。

速度は30m/hまでの制限で、右折時には自転車同様に二段階。
と、大きなバイクに乗る立場からすると、それは一種の「制約」にも見えてしまいます。
しかし、免許も取得しやすく、最小限のスキルがあれば扱える。
オートバイに初めて接する人の為にも、絶対に必要だと思います。

私が初めて乗ったのも、家にあった50ccのスクーターでした。
原付クラスでも「バイクに乗って街を走った」という実感に、興奮したのを覚えています。
それに飽き足らず、その原付バイクが教習所へ向かう手段になったのです。
やがて大型バイクに乗れるようになっても、扱いが楽な原付は日頃から重宝しました。

50ccから始めて、250ccや400ccクラスを経て、さらに大きなバイクへ…。
そんな流れを経験した人も多いと思います。
小さなバイクに乗っていた頃が懐かしい最近です。


一方で、今もまた、原付が欲しいと思うことがあります。
というのは、私の地元では、最寄駅の駐輪場に、50ccまでしか置けないのです。
実際、そんな事情で原付を手放せないビッグバイクライダーさんも多いのでは?

日頃の用足しや出勤の為に、自宅に原付を持っているという話は、よく伺います。
そんな小さなバイクで、パーキングに来て、ビッグバイクに乗り換えてツーリングへ…。
前回も記したとおり、アイドゥのお客様にも、同様の使い方をしていらっしゃる方が大勢います。

中には、駐車場まで歩ける距離だけど、あえてミニバイクで来る方も!
曰く、「どうせヘルメットを被るんだし、自宅の付近が坂道だから、エンジンがある方が楽。」
とのことで…。

普段使いに適した小さなバイクと、休日に嗜む大型オートバイを使い分ける。
そんなモータサイクルライフは、いかがですか?

ページの先頭へ

原付バイクを使いこなそう!

suzuki
2016年10月20日 14:00

今月初め、国内大手二社が、50ccバイクを共同で手掛けることを発表!

既にご存知の方も多いと思いますが、これは私たちアイドゥのスタッフも、ちょっと驚き!

競合しあうメーカーが開発〜製造までを一本化するというのです!
OEM自体は今までも例はありましたが、設計まで含んで共同とは!
趣味性の高いバイクの世界では、滅多に無い事例になりそう。

しかし一方で、広く一般の人が接する50ccクラスです。
丈夫で扱いやすく、安全且つ安価な製品を多く供するという面では、多くのメリットもあるのかもしれません。

そんな原付バイクですが、大型二輪向け駐車場のアイドゥでも、停まっている姿をよく見掛けます。

その主は、皆さんそれぞれ、中型〜大型のオートバイを楽しんでいるライダーさん達です。
と同時に、50〜125cc級の小さめのバイクも所有しているのです。

趣味で乗るオートバイはアイドゥに置き、手元にはミニバイクを停めて置く。
ツーリングの時は、家から原付で駐車場へ来て、乗り換えての出発!

このような使い方をする方が、たいへん多くいらっしゃいます!

例えば、住んでいるマンションには規約で125ccまでしか置けないが、やはりビックバイクに乗りたい!
或いは通勤で、職場の駐輪場には50ccしか停められない。

そんな事情のある方々もいらっしゃると思います。

色々な理由で、普段は小さなオートバイしか乗れない、というのなら…。
その小さなバイクを日常で活用して、休日にはアイドゥに停めているオートバイを味わってください。

お住いの徒歩圏に、良い環境の月極バイクパーキングが無い、と嘆く必要はありません。
小さなバイクがお手元にあれば、歩くよりもはるかに楽に、良好な駐輪施設へ行けるのです。

事実、アイドゥのスタッフの中にも、原付をパーキングと家の移動手段にしている者がおります。

小さいバイクは、ちょっとしたお買い物などの用足しにも便利です。
原付級は税金や保険料の負担も軽めだし、うまく活用したいところです。

そんなわけで、

    「近くにパーキングが見つからない」を、
    「意外と近い所にアイドゥのパーキングがあった!」

に変えてくれる原付バイクの存在。

メーカーさんには、これからも質の良い便利なバイクの提供をお願いします!

ページの先頭へ

ブレーキレバーの握り具合

suzuki
2016年10月06日 14:00

ABSの義務化の話題から、今日もブレーキについて触れます。

バイクに乗り出す時、まずはブレーキの利き具合の確認をすると思います。
で、恐らくは、停めている場所から通りへオートバイを出すために、押して歩いているときです。
誰もが、無意識のうちに、バイクを取り回しながら、です。

愛車を押しながら、チョイチョイとバーを引きながら、調子を調べているはずです。
(アイドゥでは騒音等の配慮の為、原則として場内ではエンジンを止めていただいています)

屋内型のパーキングのいいところで、場内の床はコンクリート。
下が滑らないので、制動状況をしっかり確認できるわけです。
なので、効きが良くない場合も、無意識のうちに、実感できます。

そう、特に意識せずバイクを押していれば、ブレーキのチェックが済みます。

ところが、停めている場所が、砂利道だったり、土の上などだと…。

レバーを引くと、割と簡単にタイヤがロックして止まってしまうこともあります。
これでは、ブレーキの具合を、意識しないと感覚的に掴み取れません。

その日の天候などでも、足元の状況は何時も変わります。
綺麗に整った舗装なら良いですが、そうではない駐車場も、意外と存在します。

それ以前に、下地の整っていないところは、取り回しも面倒ですが…。

特に意識なく、フロントブレーキの具合が判る。
アイドゥのように屋内型のバイク駐車場での、ちょっとしたメリットです。

ページの先頭へ

アンチロックブレーキ

suzuki
2016年09月29日 14:00

不意な急ブレーキの時に、タイヤの無用なスリップ・ロックを回避する。
それがABS アンチロックブレーキシステム。

オートバイでも徐々に普及しつつあります。
そしてついに、標準装備として着装になることが決まっています。

2018年中に発売の新型バイクには全て義務着装に。
メーカーは、ABSまたは前後連動型のブレーキが無いバイクを、売ることが出来なくなります。

ことブレーキは重要な安全装置。
よりセーフティになることが喜ばしいのは事実です。

一方、複雑な仕組みは製造コストと整備の際の手間賃などにも影響します。
ユーザー側の負担も、安全との引き換えで、ちょっとだけ掛かることになるかもしれません。


ABSの件では、もうすこしだけ、気に留めておくことがあります。


まずは、既に私たちが乗っている、販売済みのバイクは??
こちらには、後付けする必要はなく、走れなくなることはありません。

では、現在販売さている、新車のオートバイは??
これも、2021年中には付けないと、継続販売が出来ません。
ブレーキの設計変更がままならず、ABSなどの装備が出来ないバイクは…、
残念ながら、製造中止になってしまう可能性があります。
あるいは、これを機に大きなモデルチェンジを受け、ABS付のブランニューモデルに切り替わる可能性も?

いずれにせよ、現行新車の中で「欲しいな!」と思っているバイクがあったら??
購入の検討を急いだ方が良いかも知れません。

繰り返しますが、ブレーキは重要保安部品です。
私個人は、私物のスクーターをABS付の物に買い替えたい願望を持っています。
だって、その方が安心して運転できますから!
一方で、古き良き時代の、シンプルなブレーキのオートバイも楽しんでみたいです。

そして、どんなブレーキでも、整備を欠かさ無いことが重要!
更に、出発前に効き具合の確認も怠らないでください。

(駐車場内でのバイクの押し歩きで、ブレーキの作動具合の確認が出来ますよ)

ページの先頭へ

スマホサイト

suzuki
2016年09月22日 21:00

イメージ

(前回のブログの話題を続けます)

さて、新しいスマホを手に入れた方々、使い勝手はいかがですか?

ブランドやメーカー・OSの種類も含め、今日は様々な機種が揃うスマートフォン。
現状は、その多くの機種に、耐水性能が施されてきたようです。

もちろん「精密機械」たる電話端末ですから、防水についての過信は禁物。
しかしバイク乗りにとっては、水への対策は心強いものです。

外でアクティブに行動するライダー…
多少の雨なら出かけてしまう!、という方も多いでしょう。
そんな折、地図情報を見たり、天気予報や渋滞情報を得る、そんな要望もあるでしょう。

天候の良くない場面でも、様々な情報を確認する。
オートバイに乗る人にとって、防水性のあるスマホは、非常に有益な道具となりそうです。


実は私共アイドゥは、スマホ閲覧用のサイトもございます。

こちらのサイトでは、バイク専用月極駐車場の情報を、素早く探れるように工夫してございます。

二輪車の購入の検討中の方は、各メーカーサイトと共に、ぜひアイドゥのサイトにも注目してください。
スマホサイトは http://www.yes-i-do.co.jp/sp/ です。

「アイドゥならでは!」の特徴をご紹介するPCサイトとの切り替えも、容易にできます。


言う迄もなく、スマホの使用は運転中は控えて。
歩行中の「ながらスマホ」も、同様です。

ページの先頭へ

ニューモデル!

suzuki
2016年09月14日 14:00

巷で、海外ブランドの携帯型多機能端末の新型の発売が、話題になっています。

ニューモデルの発売を待ちわびて、徹夜も辞さずにショップの前に並んで待つ人々…。
そんな光景がニュースにも取り上げられるのは、この時期の、毎年の風物詩になりつつあります。

  「最新型の物をいち早く手に入れたい!」

そのような衝動を感じるのは、スマートフォンもバイクも同じ。
機会モノには、入手したという満足感や、新しさに触れる新鮮味を味わえる。
そして、使っているうちに、愛着も沸いてくる、というものです。


折しも、9月という時期は、オートバイも、新型が発表されるタイミングです。
特に、海外のメーカーが、来年販売される各モデルをお披露目する例が多いです。

アイドゥのお客様でも多数の愛用者がいらっしゃる、アメリカの大型バイクも、その一例。

ブランニューの新機種の発表と共に、好評な従来モデルも改良を受けて魅力を増す!
そのあたりを、webや雑誌などで確認するのは、今の時期の、ちょっとした楽しみです!


ところで、携帯電話は機種変すると、併せてカバーなども替えなければならないかもしれません。
新型のモデルにしたら、それに対応するアクセサリーが発売されるまで待つ場合もあるでしょう。

では二輪を停める場所は…?

アイドゥのオートバイ駐車場は、基本的に大型バイク用に仕立ててあります。
「新しい車種に買い替えたら、収まらずに置けなくなっちゃった。」ということは、まずありません。
よほどの特殊な車種でない限り、大概のバイクは停められます。

地域によっては、さらに「広め」の区画や、二台置きスペースがある車庫も、少数ながらございます。

自分のバイクの寸法って、スマホでいうところの「プラス」かな?
そんな方も、ご遠慮なく相談してください。

ページの先頭へ

セプテンバー

suzuki
2016年09月07日 14:10

既に9月。2016年も終盤に入りつつあります。
暑い夏から、爽やかな秋の様相へ…。
オートバイに乗るのに、心地よさを感じる季節が近づきつつあります。

先月は猛暑に耐え兼ねてバイクにあまり乗らなかった、という方もいらっしゃるでしょうか?
9月は祭日もありますから、ぜひリベンジツーリングを計画してはいかが?


そして、免許を取ったばかりの皆さんは、今頃は買うべき車種を選定中でしょうか?
どうせ買うなら、少しでも早く納車されたら理想的。
初秋の爽快な世界の中を走ってみたいですよね!

そう考える人が多いのか? 駐車場の問合せが急に増えてきた最近です。

折角の新車・初めての大切なモーターサイクルです。
停めておく場所・駐輪場をどこにするか? も大切だし、悩みます。

 「パーキングはどんな点に注意して選ぶべきか」

この点、特にビキナーの方々には、意外と盲点です。
事実、ベテランライダーとて、案外とアドバイスが出来ない例が多々あるのです。


二輪置き場で重要な項目の例をいくつか取り上げておきます。

・出し入れのしやすい、広い開口部があること。

・駐車という行為が楽にできるように、通路などの配置も吟味されていること。

・悪天候に対処した「屋内スペース」。

・盗難対策が万全であれば、無用ないたずらからバイクを守ることもできる。

などなど…。
特にバイクに慣れていない初心者の方は、「取り回し」と「出し入れ」は重要。
取り回しが困難な駐輪施設では、9月の良い気候の中でも、大汗をかくこともあるのです。

楽しく快適なツーリングをするためにも、出発〜帰還の際の労力が少ない所を選びましょう。
バイクがスレスレ収まるボックス型の保管庫は、出し入れが予想外に不便ですよ。

ページの先頭へ

リアフェンダー

suzuki
2016年08月24日 20:00

軽快な外観を装うために、後輪側の後方部のインナーフェンダーを外す。

そんな改造が始まったのは、80年代の前半くらいからでしょうか?
オートバイのデザインに、ちょっとした革新が入った時期でした。

タイヤの前から後ろまでを覆う、自転車の泥除けのような形状のフェンダーがなくなった。
代わって、樹脂素材のインナーフェンダーというような形状が主流になってきた。
バイクのスタイルが、非常にモダンに変わった時期です。
シートの後方には「テールカウル」などが装備され、そこにテールランプが入りました。
それまではランプやウィンカーはフェンダーに装着されていたのが定番。
しかし、シート側にランプ類が装着されていれば、フェンダーの後方部はなくても構わない。

そんな理由からでしょうか? フェンダーに手を加えるカスタムが始まったのは…。

最近のスポーツバイクはフロントが低く、後ろの部分がスラッと伸び上がり、精悍な印象です。
リアフェンダーを外すと、その印象が更に強調されて格好いい!
まるでレーシングバイクのようなスタイルに変貌します。

なんとならば、体裁のいい「フェンダーレスキット」なるものも用意されてます。
気軽なカスタムアップも可能です。
古くは、そんなオプションなど存在していなかった。
だから、自分で工夫して作った、という方も、いらっしゃることでしょう?
ちょうど分割して外せる構造になっている部分を探し、部品の固定用にステーなどを作ってみた、とか、
「思い切って、適当なところでノコギリでぶった切った」、とか…。

そして気持ちよく走っていて、不意に水たまりを通過したら水を巻き上げて…
後ろに乗せていた彼女の背中を濡らしてしまい、二度と会ってくれなくなった…とか(?)

と、暗い思い出話になってしまいそうなので、この辺でお仕舞にしたいと思います。^^;


さて、リアフェンダーやナンバープレートなどの、車体後半のはみ出しは、わずか数センチ程度。
「この些細な寸法のせいで車庫に入らない」という例は、ほぼ皆無だとは思いますが…。
しかし、取り回しの空間が狭い駐車場では、この僅かな寸法が厄介に感じる場面があるものです。
(特に切り返して向きを変える時、後ろへ下がる際に)
パーキングを選ぶとき、その点にも気を付けてください。
特にクルーザータイプの、鉄製のフェンダーは、破損時の修理費用が、案外と高いですよ。

ページの先頭へ

寝不足に注意!

suzuki
2016年08月18日 14:00

オリンピックやら高校野球やらと、スポーツの催しラッシュ!
テレビ中継や録画の鑑賞などで、夜更かしをしてる方も多いのかしら?
寝不足にならないように、節度をもって楽しみましょう。


暑い夏の気候。睡眠不足は、ときに予想以上に体へ負担がかかります。
さらに、発汗も体力の消耗の要因です。

ライダーは走行中、日中は炎天下に身を置いています。

サマーシーズン、とりわけ長いお休みの機会にも恵まれます。
他の過ごしやすい時期よりも、ツーリングのチャンスも多いでしょう。
一気に長距離を走破したい衝動も判りますが、休憩にも気を使いましょう。

現代のライダーは、コンビニや道の駅など、有用な施設に恵まれています。
お手洗いを借りて、飲み物を買う、わずかな時間。
これが体調面では、非常に有効です。

飲料はスポーツドリンクを適量に!
体の汗を拭くシートなども、体を冷やす効果のあるものを利用したり…。

また個人的なオススメですが、ペットボトルの日本茶やウーロン茶を一本。
お茶にはコーヒーに負けないくらいのカフェインがあります。
疲労時は糖分が体に負荷をかける場合もあるらしいです。
缶コーヒーも良いですが、臨機応変で選んでみましょう。
また、一寸恥ずかしい行為ですがが、お茶でうがいすると、不思議と口の中がさっぱり
します!

休憩中にバイクを停めておく場所も重要。
できれば日陰を探して、オートバイもできるだけ涼しいところに置いておきたい。
店内で体が冷えたのに、熱くなってるバイクに戻るのは、何となく気が萎えます。

もう一つ、大事で有意義なことを…
それは、日頃バイクを置くための駐車場を吟味すること!

安全のために何度かこまめな休憩を繰り返すと、帰宅時間が遅くなります。
そんな場面でも、24時間出入り可能で、門限のない駐輪場なら問題なし!
場内は照明で明るいですし、昼夜問わず、出し入れが楽にできます。

「停める場所が暗くて狭いので少しでも明るい時間帯に帰りたい!」
どうか、そんな無理は、なさらないで下さい。

繰り返しますが、ツーリングの前日は、できればしっかり睡眠をとってくださいね。

ページの先頭へ

ETC2.0

suzuki
2016年08月11日 14:20

高速道路料金の自動決済システムETCの進化版が登場しています。

支払いの自動化の他に、様々な活用の仕組みが盛り込まれているようです。
通行する車両の情報を統括して、渋滞の実態を把握し、管理。
そしてナビゲーションを通じて、混まずに進めるコースを案内する。

などなど、切り替え利用者への恩恵も充実させる、という方向のようです。


すると、我々アイドゥのスタッフが良く利用する巡回ルート、
例えば、文京区内の駐車場から調布市のパーキングへの移動でも、
「首都高や中央道を通るべきか?下道を進むべきか?」など、
道順の選択も、あまり迷わずに決められそうです。

今日は江戸川橋や小石川地区から、三鷹台や布田方面の車庫へ…。
途中で時間が余りそうなら、高速を初台で一旦降りて、代々木の駐輪場へ寄るか?
と、様々な行動ルートを、合理的にセレクトしちゃおう!

となると、お一方でも多くのお客様に、パーキングのご見学をしていただけるようになるのか?
(※)そういう意味では、非常に期待が持てるシステムです。

その他にも、事故の多い所での警告や、自然災害の発生時のアラートなど、
色々と活用できることになっているそうです。
現状ではまだ動いていないサービスもあるようですが、フル活用される時が楽しみです。


残念なのは、新たな専用車載器を購入しなければならないこと。
せっかくの「有意義な情報」を有効に示すためのデバイスも必要。

オートバイの場合、ナビシステムの準備と連携は、ややハードルが高そう。
スマホとのコラボが想定できますが、トラブルなく実現される日が来るか?
とはいえ、技術の進歩は意外と早いもの。
より進化したETCシステムがバイクでも当たり前のように皆で活用する。
そんな日が、やがて来ることでしょう。


(※)アイドゥの駐輪場は厳重なセキュリティで施錠しています。
ご用明の際はスタッフが立ち合いの上、詳しくご案内しております、

ページの先頭へ

ロードスター

suzuki
2016年08月02日 14:00

「ROAD STER」 ← スペルミスではありません。
某バイクメーカーのサイトを見たら、このように書いてありました。

「○○ STAR」と表記する例もあるのですが…。
STERは「〜する人」というような意味らしいです。
(実は英語は苦手…(^^♪ )

四輪車では、二人乗りのトランクボックス装備のオープンカーで、
スポーツカーよろしく高性能で、快適でもある。
そんなイメージがありますね。

オートバイでは、カウルを持たないスポーツ性の高いバイク、
という分類になるようです。

つまり総じて、「走行中の風を味わい、風景を楽しみながら走る。」
そのような思考でまとめられた乗り物が、ロードスターなのでしょう。

カウルに身を伏せて快適に長距離を行けるツアラーも素敵。
飛びきりの運動能力を備えるスーパースポーツも魅力。
ゆったりとマイペースを保てるクルーザータイプも粋なものです。

でも、機械的な機能がむき出しで、開放度が大きいスタイルと、
いざとなれば高度な走りをを両立していいバイク。
市街地から、山岳路や高速を通るツーリングも卒なくこなす性能がある…。

成程、「ロードスター 道を行く人」とは、いい表現だと思います!


さて、「ROAD STAR」、路上の星…。
この表現も、格好いいなぁ、私個人はそんな風に思います。
星のごとく光り輝くような素敵なバイク、GOODな言葉です。

愛車の輝きをいつまでも保てる様に、オートバイの駐車場はしっかり選んでください。
アイドゥの二輪パーキングは、全て「屋根」のある屋内型です。

ページの先頭へ

夏の暑さと停める環境

suzuki
2016年07月27日 14:00

この数日、街を歩くと、浴衣を着たお嬢さんたちに頻繁に出会います。
お祭りや花火見学とかに行くのか?特に目的も無しでも、涼みながらの散歩なのか?
涼しげで艶やかで、帯とのマッチングも備わったオシャレないでたちは、夏ならではで素敵です。

しかし、和装でバイクに乗るのは、ちょっと難しそう…。
そこはTPOを考えて、安全なスタイルで走りましょう!

さて、浴衣は見た目だけではなく、着心地も涼しくて、暑い時期に向いた服装なのかもしれません。
呉服などの本格的な和の正装も素敵ですが、夏は薄手一枚ものの浴衣を、大いに楽しみたい。
暑い中でも和の情緒を忘れずに過ごせる浴衣、素敵だと思います!

さてさて、夏はオートバイで走るにも、停めておくのも、厄介な季節です。
走り出してしまえば爽快さもありますが、エンジンの発熱は相当なものです。
走り終えて帰って来て、車庫に入れる時も、取り回しに汗だくになる経験もあるかと思います。

この熱いままのバイクを、ボックス型の保管庫に仕舞う際には、注意が必要です。
周囲を狭く囲まれた型式の保管庫では、愛車を収めて扉を閉めたら、熱気の逃げ場がありません。
タイヤやゴム類の熱による劣化もさることながら、ガソリンのオーバーフローなど、様々な問題が出てきます。

ボックス型の駐輪施設を使う場合は、マフラーなどが熱を持っているままで収めない方が無難。
ある程度、温度が冷めてから入れるなど、工夫を要すところです。
いやむしろ、サマーシーズンだけでいえば、潔く露天に停めている方が、バイクの為には良いかもしれません。

アイドゥでは、屋内の共同型の駐車スペースをご提供しています。
オープンスタイルなので、愛車の周囲が熱が充満するような状況にはなり難くなっています。

高温多湿な日本の夏に浴衣があるのと同様、
首都圏の環境にふさわしい駐車場のスタイルというのがあるのです。

ページの先頭へ

vacation

suzuki
2016年07月20日 14:00

7月の中旬の三連休の後、学校は夏休みに入ります。
子供たちにとって、待望の時間がやってきます。

日頃、平日の日中は校内で勉学に勤しんでいる子達も、街に繰り出してくることでしょう。
もしかしたら、格好良く颯爽と走るバイクに、熱い目線を送ってくる例もあるでしょう。

ライダーの皆さん、彼ら・彼女らに尊敬されるような振る舞いを意識して、走ってみませんか?

例えば…信号機のない横断歩道とか…
渡ろうとしている子がいたら、率先して一時停止して、通してあげましょう。
停止したところで、アクセルを握る手を上げて、渡るように導いてあげれば完璧!

車内に運転者が収まっている四輪車と違い、オートバイは乗る人が周囲からよく見えます。
子供は純真ですから、粋な計らいをすれば、「バイクに乗る人って優しく素敵だな!」と思ってくれるでしょう。
どうせ乗るなら、周りから良く思われるような計らいをした方が気持ちいいですからね!

実は大前提として、横断歩道では、渡ろうとする歩行者を優先するのが、道交法で決まっています。
でも、「決まり事だから」という以前に、ライダーは人に対して、優しい存在であって欲しいと思います。

二学期が始まって、休みの思い出に、
「素敵なバイク乗りに出会った。自分も将来バイクに乗る!」
なんて、作文に書いてくれたら嬉しい!

アイドゥの駐車場をご利用の方々は、将来子供達が良いライダーに育つように、いい見本になっていただきたいです。

ページの先頭へ

都内の道 都道436

suzuki
2016年07月16日 14:30

アイドゥ二輪駐車場、江戸川橋と小石川(春日地区)の巡回を終えた帰り道。
この際に、良く使うのが436号線。

僅かな距離しか走りませんが、通行量の多い国道254を避けて走れるのはメリット。
とりわけ日曜は車が少なく、とても快適。
短い時間ですが、バイクを走らせていて、愉快な気持ちになれます。
不忍通りと交差するところで、右へ曲がれば、駒込パーキングへの巡回ルート。
左折して護国寺を掠めて目白駅を抜けて、練馬〜杉並区へ向かえば、高円寺の二輪置き場へ向えます。

254と白山通りという、比較的大きな通りに挟まれた形で通っている436。
なので、436は意外と使う方が少ないかもしれません。
私自身も、都内に長く住みながら、アイドゥで仕事を始めるまで知らなかった道路です。

夏の様相が増してきた最近です。
暑さから少しでも解放されて快適にオートバイに乗る為にも、混み合う大通りを避ける…。
ご自身だけが知っている、走りやすいルートを探し選ぶことも、ライダーならではの楽しみ方かもしれません。

(でも、走りやすい慣れた道とはいえ、くれぐれも安全運転で!)

ページの先頭へ

意味のあるレイアウト

suzuki
2016年07月13日 14:00

先月に世界的な衝動となったイギリスの一件。

実はこの国はかつては数多くの名車たるオートバイを生み出してきた実績があります。
今日でも、名ブランドが脈々と受け継がれて、造り続けられています。
はたして、欧州圏内のバイクの販売展開にも影響があるのか?
日本の流通は如何になるのか? 進展が気になる所です。

ヨーロッパの諸国の中で、イギリスは左側通行を採用する国。
日本と同様、クルマは右ハンドルが基本です。
しかし、イギリスの乗用車のウインカースイッチは、ステアリングの左側にあります。
これは他国の左ハンドル車と同様。なぜなら、国際規格で、スイッチの位置は決まっているのです。
その意味では、日本がイレギュラーなのですが…。

おっと! 二輪車の話題を書くブログだった…。

オートバイでは、原則的にライダーは左から乗り込むのが基本。
通行帯が左右どちらでも、跨るときは左から、降りるのも左側…。
何となく、無意識に、そうしていると思います。

そもそも、サイドスタンドは左側も装着されています。
センタースタンドも、車体左側に立ち、右手と右足を使って操作しています。
右側通行の国だから、センスタを右側で掛ける人は、居ないと思います。

細かい理由は判りませんが、多分に、人の動き易さ、扱いやすさなどから、自然と成り立つレイアウト。
工業製品のデザイン、こと人間が体を使って扱うバイクには、それに適した形状が在るのでしょうか?

駐車場のレイアウトも然り。

雨天に愛車が濡れれない屋内型なら万全、なのではありません。
大型バイクに適した区画サイズや、通路動線など…、相応しい形状を備えたパーキングはどれくらいあるのだろう?
ましてや、盗難対策のためのセキュリティをも備わっているパーキングとなると、尚更少数となってしまいます。
当然、床が高いスチール製の保管ボックスなどは、本来はバイクの出し入れには適したスタイルとは言えません。

ページの先頭へ

バイクを安定して停めておくために

suzuki
2016年06月29日 14:00

イメージ

以前、少し話題に取り上げた、深夜帯のバイクアニメが、最終回を迎えました。
結局、全話通して観てしまいました。録画もしています。^^;
これで終わりかと思うと、なんかさみしいな…。

さて、最後のお話は…
「まだ一度もオートバイを倒したことが無い」と言っていた、主役の女の子。
そんな彼女も、とうとう、初めて愛車をコカしてしまう事態が訪れます。

ああ無情、車体カバーを外した瞬間に、わずかにバイクが動いて、サイドスタンドが戻ってしまったのです。

「車体カバーが風に煽られないように、大きな洗濯ばさみでホイール部分を挟み込んでいる」彼女。
それはなかなかの知恵。露天の駐輪場に停めている方は、見習いたい事です。
でも、バイクを安定して停めるには、詰めが甘かった!

そう、せめて、トランスミッションをローに入れておけば…。
ほんのちょっとのことですが、それでバイクが不用意に動く可能性は、大幅に減ります。

エンジンが止まっているときに、ギアがローに入っていれば、エンジンブレーキが究極に強く掛かる。
これにより、止まってるバイクの後輪は、相当に強い力で固定されます。

それでもギアの組み合わせには多少の遊びがあります。
その分の動きについても、タイヤに輪留めを入れれば完璧!


前輪に輪留めを入れると、カバーがしっかりと密着できないって?
それなら、後輪の前に輪留めを入れればいいのです!

ギアが入って止まってる後輪に輪留めがあれば、より強く止まる、という理屈です!
また、駐輪の際に前向きにバイクを入れている場合も、輪留めは後輪側の方が設置しやすいですね。
更に、オートマチックのスクーターで、駐車ブレーキが無い車種でも、輪留めを使うのは有効です。

私も普段から、センタースタンドと共にギア入れに足して、更に後輪の輪留めで駐車しています。
ご参考になれば幸いです。


ちなみに、このブログは最終回ではありません。(^^)
今後も、お役に立てそうなことを、つづっていきたいと思います。

ページの先頭へ

視界良好!

suzuki
2016年06月19日 14:56

梅雨が明けるまで今少し!
気温も上がって来たし、体調の管理にも気を使う最近です。
ライダーの皆さん、お元気ですか?

この時期、不意に降る雨は恨めしいもの。
それでも、お仕事や通学でバイクを使う方もいらっしゃるでしょう。
或いは、宿泊先を予約してツーリングは、「雨天決行」となるのでしょうか?
どうぞ、気をつけてお出かけください。

雨の多い時期、濡れるのは、どうしても回避できない場面もあります。

前日までに濡れて汚れたミラーやカウルのスクリーンは、せめて綺麗に拭き上げたい…。
灯火類の汚れも落として、なるべくライトの明るさを確保したい。
そうやって、少しでも安全面に配慮するのが、大人のライダーの慣わしです。

え?どうせ雨が降れば、どんなに磨いたミラーやカウルも、結局は直ぐに汚れるって…?

確かに、残念ながら、その通りです(^^;)
しかしながら、出発の時点で、視界不良だったら、走り出しのテンションも下がりませんか?

ウエス1枚で、ミラーとスクリーン、そしてライトや反射鏡など、様々なところをクリーンに出来るのです。
ちょっとした手間と時間で出来るので、駐車場の中で、バイクを外に出す前に、実施してみて下さい。

そう、アイドゥのように室内のバイクパーキングなら、出庫前に、的確にできることがあるのです。

外は雨でも、バイクもライダーのお体も濡れる前に、屋内で簡単に出来る、安全対策。
これ重要!! 

場内に居るうちに、ヘルメットのシールドに曇り止めを施すのも、有意義です。
屋外に出て、一旦水気が着いてしまったシールドには、
アンチフォグの薬剤を塗っても、効果が出難いこともあるのです。

では、コンテナ型のボックスにオートバイを停めていれば…
この場合も、バイクを濡らす前に、乗り手も濡れずに、ミラーの拭き上げが出来そうですね。

でも、冷静に考えてみて下さい。
照明の無い暗い箱の中で、拭き上げた仕上がり具合など、しっかりと確認出来ますか?

という事で、屋内型のバイク駐車場ならでは、なお話でした。

ページの先頭へ

古いバイクの部品

suzuki
2016年06月15日 11:32

往年の名車を所有してる方にとって、整備や修理で用いるパーツの確保は、大変だと思います。

かつては、日本のメーカーは自社製品の保全にも手厚かったもの。
かなり古いオートバイであっても、意外なほどにスペアパーツが提供れていました。
なので、かなり前に生産中止になったバイクも、しっかりと整備を施せ、快適に走れたたものです。

しかし何時の頃からか?状況が変わってきました。
部品の在庫が減り、再生産される機会も減ったようで、入手困難な部品も出てきています。

ここは経済のことを書くブログではないですが…
日本の企業は、売りさばかれる前の商品の在庫も、利幅に関わる物として、税金のかかる対象になります。
名車といわゆるバイクのパーツも、商材で在る以上、それは一緒。
メーカーも在庫を押さえる為、いま売れ筋の新車の備品の確保が優先したいのが本音。
現存数の減ってしまっているかつてのオートバイの部品の在庫は、残念ながら、あまり持っていられないのです。

そして名車・希少車というのは、古い物ばかりではありません。
注意していないと、つい10年〜20年前の物でも、バイクどころか、パーツさえも「希少」になってきています。

二輪文化という以上に、経済に大きく寄与する日本のバイク産業です。
オートバイに関する様々な税制、何とか見直して貰えないのか?

と、愚痴を言ってても仕方ありません。
名車を大切にしている方は、良い環境の駐車場にバイクを停めて置くのが大事。

外に停めるより、屋内のガレージです!
ゴム類の消耗部品の劣化や、プラスチックパーツの色褪せなど、つまらない理由での部品の痛みが抑えられます。

ライダーなら誰しも、屋根つきのガレージに愛車を停めたいと思います。
でも都心部では、それはなかなか難しいものです。

アイドゥは、新宿・代々木近隣や、文京区内の数か所、など、都内の様々な場所に、二輪用ガレージを持っています。
貴方の名車が末永く快適に走れるためにも、アイドゥの屋内型駐車場を活用してください。

尚、鉄製のコンテナボックスの場合、内部の気温の上昇にはご注意下さい。
夏に向けて、意外なほどに温度が上がったり、梅雨場の湿気の籠りなども、バイクには敵になる要素があります。

ページの先頭へ

関東梅雨入り

suzuki
2016年06月05日 15:16

イメージ

バイクを楽しむ上で、ちょっと厄介な時期が来てしまいました。

走る上でも雨は嫌なもの。同時に、外に停めている場合も、それは同様です。趣味のバイクは、ウィークデーは乗らずに停めて置いているパターンが多いもの。実際、走行する時間よりも停めている時間の方が長いのです。

良好な環境のガレージがあればともかく、露天駐車の方は工夫が必要な時期です。

雨に濡れ、風に曝される車体カバーは、本当にかわいそう…。濡れて乾いて…を繰り返すうちに、表面の劣化などもおきてきます。丈夫に作ってあるものでも、縫い目の痛みが出たり、裏地の様子も変化したり…。

痛んだカバーは愛車の保護にならないこともあるので、可能なら定期的に交換も検討しましょう。また、風の強い日に羽ばたいたり、吹き飛ばされてしまわぬよう、しっかりと紐を掛けておきましょう。

それと、U字ロックなど、外付けのキーセットにも気を使いたいところです。オートバイで出掛ける際は、面倒でもご自宅に入れておくか、積んでいくか、を心に停めて下さい。庭先にロックを置き去りにすると、不意の雨で鍵穴が濡れて、ロックに支障が出ることがあります。キーを刺しにくくなったり、開かなくなったり、という事態があっては厄介です。面倒でも、濡れたり汚れたりしないところに保管しましょう。

ついでに言うと…一目の無い日中、ツーリング中に、こっそりロックだけ取り出され、知らぬ間に合鍵を作られてしまう…。そんな可能性も考えられます。

「まさかそんなこと?」というレベルのお話ですが、どうぞお気を付けください。

ロック選びも、複製されにくいキー厳選し、カバー同様、定期的に変える。
そんなことも大事かもしれません。

ページの先頭へ

メモリー 「布田」編

suzuki
2016年05月29日 21:06

調布市内の、アイドゥ布田バイク駐車場。

京王線の駅からも比較的近いこともあり、人気です。
日頃からお問い合わをも、多く頂戴しています。

そして私事ですが、布田の話題が出る度、あることを思い出します。

今の若いライダーさんにはピンと来ない話かもしれません。
高速道路で、二人乗りができなかった、という…。

ツーリングの時、パートナーを後ろに乗せて来る友人がいました。
その時は、中央道を使えず、国道20号線をひたすら進むのです。

山梨、富士山、長野の方へも…とにかく、下道をタンデムで走るのが当然でした。

当時は若かったから、付き合いで下道を走って行くのも、結構楽しめました。
でもさすがに、帰り道では、みんな疲労で辛くなります。

特に、後ろに大切な人を乗せているメンバーは、心身ともにキツさが増してます。
ちょうど、調布市内まで戻る頃には、限界になってしまいます。

二名の安全を考えると、タンデマーを途中の駅で降りてもらい、電車で帰す。
ライダーは調布ICへ戻って、首都高も経由して、少しでも楽に帰宅。
そんな提案をしたこともありました。

調布で現在位置を確認しつつ、地図で調べて、送り届けた駅。
それは、布田や柴崎の駅だったような記憶があります。

アイドゥの仕事に携わるようになって、またまた京王線に縁が出来たとは…懐かしいメモリーです。

今では、高速タンデムも解禁。
誰も当たり前に、二人で楽しくツーリングに行ける…。
より遠くへ、パートナーと走れる、いい時代になったものです。
中央道が圏央道とつながり、さらに多方面へ延長してるいます。
タンデム志向のバイク乗りの皆さんは、アイドゥ布田パーキングに注目を!

ページの先頭へ

気温が上がる

suzuki
2016年05月25日 17:18

人間も気候で体調が変動しますが、バイクにも同じような症状が起きることが?

旧来の名車たちに、特に空冷エンジンの場合、高温多湿日本の環境は苦手かも知れません。

温度の上昇に合わせてエンジンオイルの銘柄を選んで交換するとか…
そんな風にして、オートバイをいたわるライダーさんもいらっしゃることでしょう。

表にバイクを停めていると、カバーを掛けていても、どうしても車体には埃などが付着するもの。
梅雨も来ますし、汚れと雨水の組み合わせになると、チョット厄介です。
エンジンの冷却フィンの中に何かが付着すると、少なからず、冷えに影響してしまうかも?

なので、気になる方は、出来れば屋内の駐輪施設を選んでください。

また、キャブレター車の場合、気温の上昇は、ガソリンのオーバーフローの可能性もでます。

温度と共にガソリンが蒸発して来ます。
もちろん、それに備えて、ガソリンタンクやキャッブからは、予測のガソリンが外に排出される、
バイクというものは、そこを想定してあって、あえて帰化したガソリンを外に出す。
そのような、安全設計にはなっています。

しかしながら、思った以上の量のガソリンが、下に漏れていると、当然、気分はよくありません。
貴重な石油資源でもありますし、大幅なオーバーフローは避けたいものです。

ガソリンタンクの、めいっぱいまでの給油を避け、キャップの下に僅かに空間があるくらいまで…。
満タンに入れる際に、そんな気配りをすることは、非常に大切です。

夏場へ向けての熱い時期、コンテナボックスを開けたら、下の一面がガソリンで濡れている…!

そんな事態を避けるため、鉄製の保管庫に停めてるからには、こまめな換気と確認することを推奨します。

ページの先頭へ

地下鉄三田線 京王線

suzuki
2016年05月19日 22:04

前回、豪徳寺の駐車場の活用例をご紹介ししました。

下北沢に住みながらも、アイドゥのパーキングを使って、バイクを楽しむ…。
意外なお話しのようですが、このような事例は、探してみると、未だあるようです。

杉並・世田谷あたりでは、烏山や千川の方々が、布田の駐車場をご契約いただく例も。
布田は調布市ですが、京王線で一本で行ける範囲。
バイクで乗り出せば中央道のインターにも近いのは、布田パーキングの利点です。
現在は圏央道が八王子から南下しているので、箱根方面へのアクセスも便利になりました。
ツーリングを考えると、都心寄りにオートバイを停めるより、効率がいいかもしれません。

また都心寄りの方には、大江戸線の春日駅から徒歩圏内の駐輪施設がお勧め。
この駅は三田線も利用できる、便利な駅。
板橋方面から来られるライダーさんも居るようですし、巣鴨も案外と近いですね。
神田の神保町への接続も良好ですし。白金あたりにお住まいの方にも、守備範囲といえるかもしれません。

また大江戸戦の場合は、牛込の地域にもバイク駐車場があります。

アイドゥはすべて屋内型の月極パーキングです。
露天置きやコンテナボックスとは違い、場内にヘルメットなどを置いて帰れます。

ページの先頭へ

豪徳寺パーキングのご利用例

suzuki
2016年05月15日 17:21

アイドゥが世田谷区豪徳寺地区にバイク用月極駐車場を開設して8年・

ここは小田急線の経堂駅や梅ヶ丘駅からの接続も悪くなく,東急世田谷線も通る地域。
(世田谷線だと山下:松原の二つの停車場が使えます】

そのため,多くのライダーさんに愛用して頂いております。
更に,この地域にお住いの方以外でも利用例が多数あります。

例えば,三茶や代々木【参宮橋付近】のオートバイ車庫が万差の際の,空き待ちで利用される方・・・。
或いは,永福町や代田辺りの方は,ご自宅に停めて置ける小さいバイクで来て,乗り換えて出掛けるなど…・。
と,ご契約頂いているお客様は,様々に広い範囲にお住まいです。

中でも意外なのは,下北沢に住居中の,若いライダーさん。
いくらなんでも,下北と豪徳寺は,ちょっと距離があるので,不便かもしれません。

しかし,その方は,
 「下北沢はシャレオツで素敵な街だけど,安心してバイクを置けるところは皆無なんで…。」
と言う事で,アイドゥを選択して頂いたのです。

駐輪場まで,電車を使うかってくるのは,やはり億劫では?,と思いますが…・
曰く,
 「確かに面倒だけどね,むしろ都合のいいことがあって・・・
 実は下北の周辺って道が入り組んでて狭い。
 重さが300キロを越える大きなツアラーバイクで通りたくないんですよ。
 今住んでる所も路地の裏手で,正直言ってオートバイを出し入れするだけでも,ちょっとね・・・」

 「アイドクの駐輪場はシャッターが大きく開くし,一台ごとの区画も悠々だから,出入りが楽。
  移動してくる手間より,自宅前で取り回しに苦労するより,遥かに楽ですよ!。」

なるほど!,そんな考え方もあるんですね!。
お話を聞くほど,納得できるご意見です!。


 「それとね,ツーリングで遠出して帰ってくると,クラッチを握る左手が辛くなるの・。
 それで都心寄りの渋滞した幹線道路を走るのは嫌なんだよ。
 だから帰宅の途中にある駐車場にバイクを置いて,混んだ大通りは避けて電車で帰る。 
 これが楽で助かるんです!。

をを! これも一理ある話です。


 「これから暑い季節だし,家までの電車の車内はエアコンで冷えてて,涼みながら帰れるよ!。」
なふぉと言うお声も頂きました^^。
賢いアイデアはどんどん借用しちゃいましょう,ってことで,バイクを置く場所の参考になさってください!。


駅に比較的近くて,主要幹線道路や国道〜高速のインターのアクセスでは・・・
馬込地区,初台周辺,調布市布田界隈,などもお勧めです。

ページの先頭へ

楽な方が良い

suzuki
2016年05月08日 14:11

この連休中にも,何件ものバイク置き場のご希望をお寄せいただきました。
スタッフ一同,非常に感謝しております。

先月末には,横浜地区の駐車場,祐天寺〜中目黒近隣のパーキングでご成約を頂きました。
また今月に入ってから,調布市内の駐車場へのお問合せが増えてきました。
これら人気の地域では,時を逃すと,意外と早く満車になってしまう傾向があります。
月極バイク専用駐輪施設をお探しの方は,出来れば梅雨に入る前に,良い区画を押さえて下さい!。


さて,横浜の話が出たついでに,ちょっとエピソードをご紹介です。
私がご契約を担当させて頂いた,横浜地区の女性のお客様のお話です。

その方は女性で,就活に区切りがついた学生さん
免許を取って日が浅く,250ccのシングルエンジンのバイクを買ったばかりでした。
「とにかく置くところを!」と,露店の置き場や,コンテナボックスの収納スペースなどを探していたそうです。
が,良いと思う場所は何処も空きが無く,新車だし,しっかりした所に起きたい。
それにバイクに慣れてないし,ちょっとでも不安を感じないで済む置き場は無いか?・・
と,アイドク駐車場へ見学に来られました。

そして,入り口のシャッターが電動で悪様子を」見ただけで,「あ!,ここだ!」と即決して頂きました。

「まだバイクに乗るにも慣れてなくて,走り始めから緊張することが多い。
 ’入口の開け閉めに労力が要らない’と言うだけでも,プレッシャーが一つ減るような気がしました。」

「これんら駐車も出庫も億劫になりません。きっとウキウキ気分でツーリングに出かけられそう!」」


そうなのです!。
実は車庫の条件が良くないと,『オートバイい乗り出すこと自体が,かなり億劫になってしまうのです。
バックや切り返しをエンジンの力で出来る四輪車と違い,二輪は自力で行い必要があります。
アイドゥでは,その点の負担をなるべく少なく済むようなスタイルのバイク駐車場になっています。

バイクを堪能するには,駐車場で楽が出来る方が,より充実艦を得られるのです。


「警備もしっかりしているから安心だし,何よ屋内だからり新車を汚さずに済むのが嬉しいです!。」

そうですね,盗難に対するセキュリティも,バイクノの保存状況も,アイドクが重要視するところです。


風の噂では,彼女はお引越しして関東を離れたようです。
新天地でも,楽に停められて,いたずらなどの心配のない,清潔な駐輪場が見つかったかな?。
末永くバイクを楽しんで,素敵な人生を歩んでください。

ページの先頭へ

(無題)

suzuki
2016年04月24日 16:29

九州地方の地震で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く,穏やかな日常が戻りますよう,お祈り申し上げます。

当地でバイクを日常的に使われている方々には,どうぞ安全を最優先になさってください。

地震の際に倒れにくいバイクの置き方。

基本は「サイドスタンド」で「ギアをロー」です。
  (AT者の場合は駐車ブレーキを活用)

センタースタンドは意外に転倒しやすいです。さらに対策として、以下のことを考慮に入れてください。

1.どうしてもセンタースタンドで保管したい場合は、車どめをしてバイクが前に飛び出して転倒することを防ぐ
  ブレーキレバーをゴムんバンドなどで固定するのも一案です。
2.車高を低くしてサイドスタンドの角度をノーマルのままにしているとバイクは立ってしまいサイドスタンドの反対方向に倒れる危険が  あります。車高を低くした場合は、サイドスタンドの角度調整を必ずすること 反対側の車体下部分にジャッキなどあてがうと確実。
3.タイヤの空気圧が少なすぎると車高が下がりバイクが立ってしまうので、しばらく乗っていないバイクも空気圧はチェックすること

なお,種々対策を試みても,転倒は避けられない場合はありますので,ご注意下さい。

ページの先頭へ

(無題)

suzuki
2016年04月24日 16:29

九州地方の地震で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く,穏やかな日常が戻りますよう,お祈り申し上げます。

当地でバイクを日常的に使われている方々には,どうぞ安全を最優先になさってください。

地震の際に倒れにくいバイクの置き方。

基本は「サイドスタンド」で「ギアをロー」です。
  (AT者の場合は駐車ブレーキを活用)

センタースタンドは意外に転倒しやすいです。さらに対策として、以下のことを考慮に入れてください。

1.どうしてもセンタースタンドで保管したい場合は、車どめをしてバイクが前に飛び出して転倒することを防ぐ
  ブレーキレバーをゴムんバンドなどで固定するのも一案です。
2.車高を低くしてサイドスタンドの角度をノーマルのままにしているとバイクは立ってしまいサイドスタンドの反対方向に倒れる危険が  あります。車高を低くした場合は、サイドスタンドの角度調整を必ずすること 反対側の車体下部分にジャッキなどあてがうと確実。
3.タイヤの空気圧が少なすぎると車高が下がりバイクが立ってしまうので、しばらく乗っていないバイクも空気圧はチェックすること

なお,種々対策を試みても,転倒は避けられない場合はありますので,ご注意下さい。

ページの先頭へ

深夜帯アニメ

suzuki
2016年04月10日 14:32

温かい良い季節に入りました。
バイクに乗るのにも,もう寒さを意識する必要もほぼ皆無。快適に走れそうです。

同時に,夜に家に籠って夜更かしをしていても,体が冷えることもなくなります。
すると悪い癖も発症。ついつい遅い時間までテレビを観続けてしまうのです。

先日も,日付が変わる時間まで,居間で過ごしてしまいました。
春の夜長(?)は,深夜のテレビ番組と晩酌が似合います(^○^)

先日も,そんな風にしていたら,ちょっと面白いアニメが!。

女子高校生が友人に感化されて免許を取ってバイクに乗ると…と言うお話です。

その内容たるや,表現も描写も,バイク好きには「をを!,」と刺さる物があり,ちょっと笑ってしまいました。
絵も綺麗に仕上がっていて,オートバイも実車さながらの見栄えだし,走行シーンも見ごたえがあります。

各メーカーや用品ブランドさんも協力・協賛しておられるようで,なるほど納得できる作品だと思います。

物語に出てくる女の子たちが,どんなふうにバイクと過ごしていくのか?,見守って行こう…。
でも,バイクの盗難だけには,遭って欲しくないなぁ…。
それが二次元の世界であっても,大切な愛車を盗まれたり,悪戯されたら,とてもら辛いです。

でも現実世界では,アイドゥが在ります!。
実物のオートバイは,万全なセキュリティで,安心して置いておける駐車場に停めて下さい。

ページの先頭へ

小石川後楽園の桜

suzuki
2016年03月27日 14:09

都内は桜の開花が始まったようですね。
ようやく,ライダー待望の春!。ツーリングのシーズンです!。

桜は咲いている期間が非常に短く,やや切な差を覚えます。
しかし,東西南を巡れば,その地域ごとに,気功や品種によって,見ごろが異なります。
バイクに乗って出掛ければ,意外と長い期間,桜を楽しむ機会があります。
ライダーの特権と言うべきか?,ツーリングの目的地を幅広く選ぶ。
すやって,地域ごとの花の見ごろを探って出掛けるのも楽しいですね。

他方,オートバイを駐輪施設に置いて,近隣の公園などで花見をするのも,今の時期の恒例。

実は最近知ったのですが,小石川後楽園の入り口近辺に,非常に立派な枝垂桜があるそうです。
パーキングの巡回などで,小石川近辺は通ることが多くあります。
しかし,スクーターを停める場所が無いので,業務途中〜終了後に立ち寄ることが出来ません。

そんな訳で,しだれの綺麗な様相を,見たことが無いのです。
機会を作って,プライベートで,何時か訪れてみたいと思います。
(公立の園地に付き,閉演に時間が夕方早い様なので,出掛ける方は時間の考慮を!)

なお,大変恐縮ですが,アイドゥのバイク用パーキングは月極形式。
後楽園の近隣にも,オートバイ用の駐車場があります
大型バイも楽々入る為,非常に好評ですが,時間貸しではございません。
公園探索中の一時置きなどは出来かねますので,悪しからず・ご了承ください。

ページの先頭へ

花粉の辛い時期

suzuki
2016年03月13日 14:27

寒暖差が酷く,体調の管理が難しい最近です。
更に,花粉の影響も辛い,と言う方も多いと存じます。

こんな中,愛車の調子はいかがですか?。

人間にも悪い影響が出る花粉。
それはエンジンが吸い込む空気にも混ざっているかも?。

実際には,エアフィルターでふるいに掛けられて,ガソリンと共に高圧力で燃やされる・・・
ってことで,済まされてしまっているのかな?。
もしかしたら,春のツーリングの前に,クリーナ周辺のメンテをする方がいいかもしれません。

フィルターの洗浄:清掃(状況や車種によっては交換ぁ?),。
また,吸い込み口やダクト,導入校なども,綺麗にする。

一寸したことですが,やっておくと事が望ましいです。
とりわけ花粉以外の影響でも,フィルターは年中,様々な汚れを取り除いてくれるもの。
定期的な整備や交換は大切です。

空気の吸い込みの量如何で,時に燃費にも栄養が出ます。
微々たるさ差,かもしれませんが,『塵も積もれば云々・・」です!。


また,露店にバイクを停めてる方には,面倒な季節が来ていますね。
車体に掛けたカバーが,花粉と雨の混ざった汚れたりするのは,やっかいなものです。
乗って帰って来たら,またそのカバーを愛車に被せるのは,正直切ないです。
カバーも万全とは言えず,どうしても車体にも汚れが回ってしまうこともあります。
そんな意味でも,オートバイは屋内型の駐車場に停めて保管すっるのがベターです。

しかしながら,バイクは外をはしるもの。
どちらにしても,走行中は表の空気に晒され。埃などを受けてしまいます。
でも,停めて置くと時の環境はえらべます!。
良い選択は屋内パーキングでて,バイクを必要以上に外に晒さないことです。

ページの先頭へ

新ミドルクラス

suzuki
2016年03月08日 22:05


750ccを超える排気量のエンジンを積むバイク。
これが以前は国内には、通常に販売されていなった・・・。

こんな話をすると、若いライダーの皆さんは、意外に思われるかもしれません。
しかし、かつては、海外を通しての「逆輸入」という形でしか買えなかったのです。

いまや1000ccを超えるしオートバイも当たり前。
でもその昔、国内仕様者の上限だったのが750ccなのでした。


現在、600〜900CCのクラスは、ミドル級とも捉えられます。


とあるメーカーでは、このあたりを「新しいミドル級」と称しているようです。

風格のある1300cc級のバイクも、何とも言えない魅力があります。

一方、大きくも小さくも、その両面を兼ね備えているサイズのバイク。
カタログを広げると、この排気量の括りの中に、さまざな種が存在します。
このあたりから愛車を選ぶのも、面白そうです。


ただし、ミドルとは言え、装備重量は200キロを越えてきます。
駐車場での撮り回や収納寸法などは、しっかり確認してください。
ホイールベース長が1400〜1500mmとなると、存在は「大型バイク」
「さほど大きくないはず」と、迂闊に狭いパーキングを選ぶことなかれ。
何せ、かつては、「国内最大級」と評されていたクラスです!。

ページの先頭へ

転勤 就職

suzuki
2016年03月02日 11:59

近づいてきた春を前に,引越し:移転をするという方も多い時期。

「異動になったので都内を出る為に駐車場も解約したい」
そんなお話を頂く機会が増えている最近です。
折角のご縁でアイドゥのバイクパーキングをご利用頂いたライダーさん達とのお別れ・・・
ちょっとさみしいですが,こればかりは仕方ありません。

代わって,空いた区画には,新たなご縁がありますように・・・。
そう,就職や転勤で,首都圏へ来られるライダーさん!,お待ちしております!〉

ところで,初めての上京で,都内のどの辺りに居を構えるべきか?,迷うこともあるかもしれません。

 「オートバイを盗難などから確実に守る為,まずはアイドゥの二輪駐車場をご契約いただく。
 そして,その付近で住居を探す。
 そんなことを考えているが,何かアドバイスは?。」

実はこのようなご相談を承ることが,実際にあるのです。

私共はお住まいの仲介や販売などはし出来ないが残念ですが,ご提案程度のお話はOK。
そんな訳で,以下はご参考まで…

跡えば,
通勤の利便性を重視して,山手線へのアクセスを一番にしたいのなら,
 そのうち,新宿:渋谷:恵比寿:品川辺りが基準なら,
  都営線馬込駅付近 小田急線の参宮橋 京王線の初台 東急は祐天寺近隣
 新橋や浜松町〜東京駅〜池袋中心に考えらら
  上野地区のバイク置き場,或いは駒込,地下鉄の春日駅付近など
中央線への接続がいいのは,
 地下鉄の江戸川橋 後楽園(丸ノ内線) 或いは東西線の神楽坂など
といった具合です。

休日のツーリングを重視,例えば伊豆の方への向かうことが多いなら,
 京王線沿い調布市内のパーキングですね。
 中央道のインターが便利に使え,富士山や長野へ向かうルートが楽に取れます。
 最近は圏央道が繋がり,小田原経由で伊豆方面に出向くのも良好になりました。

また,「バイクも良いけど,折角の上京だから,海沿いの夢のある遊園地に,年通券を買って頻繁に通いたい!」
と言う,ロマンティストな方は,,,迷わず葛西地区です!。


いかがでしょうか?
思いつくままに書いてしまい,やや長くなっちゃいました。

バイクは大切ですが,先ずは暮らす場所を選定するのは大切です。
寮や社宅などで住居地区が決まっていれば別ですが,ご自身で済む場所を選べるなら,ある種の楽しい悩みかも?。
バイクと日々の生活とをどう融合するか?,私達アイドクならではのご提案ができるかもしれません。

ページの先頭へ

ハンドル周辺

suzuki
2016年02月26日 23:11

ライダーの感覚というのは、予想以上に敏感なのかも?。

例えば・・・
バイクを買い換えた際に、ハンドルまわりに違和感を感じたことはないですか?。


バイクのメーカーによって、ゴムのグリップの材質や形が違うのは当然。
レバー類もそれぞれ感触の差があって然り、です。
その辺り、グローブ越しでも、しっかりと微妙な印象を感じ取れる・・・。
ライダーというのは、それくらいに、感触が優れている、ということです。

本当に些細なことでも、バイク乗る人は、常に感じ取っているようです。


私的な経験ですが、バイクを乗り換えた時・・・。
非常に気に入っていた愛車ですが、他に気になる新車があり、買い替えました。
新車の性能には大満足絵したが、どうしてもハンドルの握り具合がシックリ来ません。
試しにグリップだけ、別のメーカーの物を取り寄せて、差し替えました。

それが大成果!。

適度にソフトで、滑り難い。
この味。これは自分の感覚に合っているようでした。
手の疲労感も減って、ツーリングでもいつも好印象で走れるようになりました。

わずかな小さい部品の違いですが、手に感じる印象は、本当に絶大でした。

最近の車両は設計が高度になり、他の車種の部品の転用も容易ではないかもしれません。
しかし、少々の発見で、愛車のフィーリングを向上できる。
工夫のしがいがアリ、と思いませんか?。

ページの先頭へ

全力de坂  

suzuki
2016年02月19日 23:38

何処か聞いたことのあるようなタイトルですが、違う話です。

江戸川橋のバイク駐車場を出て、春日;小石川地区のパーキングへの巡回。

その際に使う近道ルートが、かなり傾斜のきつい坂道。
ちょう、国道254が通っている地点が、山頂(?)のようなのですが・・・。

そこはスクーター。上りはアクセルを大きく開ければ問題なし。
力強く、グングン登ってくれて、頼もしい限り。


しかし、その先、細い路地に入ったたところから、一気に下り坂。
気をつけていかないと、速度が出てしまいます。

道幅が狭い場面、周辺に暮らす人々にとっては、そこは生活圏内。
歩行者も多いところでの、長く急な下りコースは、走行要注意です。

トランスミッションがATのスクーター。。
有効なエンジンブレーキが期待できず、ブレーキの操作が重要です。

スクーターも250cc級では、意外と車重があります。
また私の場合、駐輪場のメンテなどで使う物を常に満載。
纏まった重量の二輪車で、急な坂を下る・・・。
坂では油断せず、気を引き締めて走りたい場面です。

ここで、タイトルに反しを戻せば・・・
人もバイクも、坂を走って登るより、勢いよく下って行く方が
   「ハァハァドキドキ」
     の度合いが、気分の上でも強くなると思います。      

(危ないから全力で走り降りないでね)(笑)

スクーターに限らず、ですが、ブレーキの整備は大事です。

効かないブレーキは、何より危険です。
また、部品が固着して動きが悪いとか、引き摺っている状況も好ましくないですね。

パーキングから出して出かける際、バイクを押して外へ出す。
それは、ブレーキの調子を確認するのに、丁度いい機会と言えます。

ページの先頭へ

Valentine

suzuki
2016年02月14日 14:58

イメージ

こんな日に事務の椅子を法オンしているブログ担当者です。(^○^)

都心は雨が上がり,青い空も見えている様子…。
久し振りに駐車場からバイクを出して,ちょっと走ってみたくなる心境です。

大切な人とタンデムライディングしながら,オシャレな場所へ颯爽と向かう。
そんなことが似合いそうな,貴重な冬の日曜日になりました。

貰ったチョコレートは,パーキングに置きっぱなしにしないで,ご自宅まで大切にお持ち帰りください。

アイドクのオートバイ月極パーキングは屋内式で,厳重なセキュリティを掛けています。
オートバイを確実に盗難から守るための,唯一の保管形式です。
従って,愛車のみならず,ヘルメットなどを車庫内に置いて帰っても大丈夫!。

露天に停める駐輪場の場合,ライディングウェアなどは,その場に置いて帰宅する訳にはいきません。
そもそも,車体カバーを掛けたりする際,御手荷物は如何様にしましょう?。

箱型の保管庫も又然り。
衛生面を考えると,土御季節であっても,着る物などを置きっぱなしにするのは,やはり抵抗があります。

今日のように,大切な贈りものを持ち運ぶのは勿論ですが,ツーリングや普段の買い物でも同じこと。
バイクで詰んで運んで来たものを下して,ご自身の手で持って歩いて帰るのは,実は日常で頻繁にあること
屋内自走式のバイク置き場は,日々のライダーの生活の面でも,利点があるのです。


さて,大切な人から貰った,大切なプレゼントを,その手で大切に持って帰って下さいね。

ページの先頭へ

先ずはゆっくり走り出す

suzuki
2016年02月07日 16:58

寒い日が続きますが,ご機嫌いかがでしょうか?。
朝方に起きてから,早々に行動するに億劫に感じる季節です。
気温が低いと,やはり体も硬くなるのでしょうか?
 (年齢的なこと?,そんな突込みは受け付けません (ーー;)

冬にどうにも動きが鈍く硬いのは,オートバイでも同じこと。

駐車場から路上に愛車出すために押してみても,
  
  夏場や春先より,ちょっと重いな・・・?
 
   と感じた経験ないですか?。

バイクは機械モノ。金属の部品同士とか,ゴム類と接触しているパーツ類など,様々な素材が使われています。
エンジンは勿論,快適に走るには,他のすべての部品に,スムーズさが求められまし。

どうにもエンジン:オイルなどの温度を上げる為の,停車中に回転数を上げての暖気なる行為に気が行きがち・

しかし,「暖気」が必要なのは,エンジンだけではありません

例えばブレーキ。スタート直後は,聴き具合や作動の感触,ちょっと違和感を感じませんか?
きちんとした制動力やフィーリングが出るまでは,多少の時間や距離を走ってからでないと,得にくいものです。
サスペンションも然り。最初のうちは乗り心地や安定感なども芳しくなく,乗っているうちに徐々に印象が好転してきます。
駆動チェーンに至っても,金属のコマの硬さと,挿している油脂の粘度の関係が良くなるまで,適切な時間が居るのです。

そんな,走り始めの印象は,メーカーや車種によっても違うのが事実。
早々に良い印象を得有る例ももあれば,「久し振りに乗ったら,なかなか調子が来ないなぁ?」と思わせるバイクも有ります。

いずれにせよ,慣らしや暖気と言う類は,エンジンだけのことではないと言うこと
全ての機能部品が,その部品に適切な温度になることが大切です。

そして,エンジン以外のパーツを暖気するには,走行して動かするしか,方法がないのです

冬場に特に気を付けたいのは,タイヤの状態です。
気温が下がり,路面も冷えていると,不意にタイヤがすべるような場面もあり得ます。
エンジンの調子がいいから!と,パッと勢いよくスタートしたら,次の交差点でズルッと来て転倒・・・
これは大変怖いです。  (と言う例を,実際にやってしまった友人が居ます。)

アイドリングを長く掛けてエンジンだけを温めても,他の部品は,準備ができていません。
なので,直ぐに速度を上がることは禁物。
最短のアイドリングでエンジンの調子をチェックしたら,スマートに静かに走り出す
まずは数分,何キロか,ゆっくり走る。バイク全体のコンディションを徐々に馴染ませるように・・・。

いわばスター直後の準備運動。
これは,寒い時期に,久しぶり振りにバイクに乗ると言うライダーの体にも必要なこと。
パーキングを借りている方も,自宅に停めている方も,です。

では,気を付けて,焦らずスマートにお出かけ下さい。

ページの先頭へ

直列四気筒エンジン

suzuki
2016年01月29日 21:08

1960年代半ばのこと。
日本のメーカーから、四気筒エンジンのバイクが発売されました。

当時はマルチシリンダーはングバイクのような極小例しかなかった頃です。
イギリスの650ccのツインエンジンが世界最速と言われていた時代。
それを上回る排気量とともに、技術面でも圧倒した魅力を備えた四気筒エンジン。
それは直ぐに世界中のライダーを魅了しました。
世間のバイクの勢力図が、欧州から日本に移ったと言ってもいいかもしれません。


直ぐに各メーカーも対抗機種を出してきます。
さらに排気量は拡大され、技術競争にもなりました。
一方で、より排気量の小さい中型クラスにもマルチエンジンが登場。
70〜80年代以降は、日本製の四気筒バイクは、世界に誇れる文化になったのです。

今日にかけても、水冷化や4バルブ化、軸配置を確信した新しい搭載形式・・・
発展はとどまらず、四気筒は多くのライダーを魅了続けています。


登場当時、あまりの高性能ぶりから化された、排気量750ccまでの規制。
これもいつの間にやら、撤廃されています。
一口に四発おいっても、中型クラスも含め、さまさまな車種があるものです。


淀みない清々しいパワーフィルと、安定感を感じるハンドリンが、四発の持ち味。。

でも時に、エンジンの重さが、取り回しの際に煩わしさを感じさせる面もあります。
場合によっては、車体サイズから、停める場所を選ぶこともありえます。
アイドゥでは、基本的に大型バイク向けの駐車場ですから、停めやすささは万全、
国産;輸入車と追わず、ビックバイクのライダーさんに好評を頂いております

ページの先頭へ

snow and snow

suzuki
2016年01月24日 15:23

イメージ

先週の首都圏は,突然の降雪に振り回された印象でしたね。
今日も降雪の予報や噂があるようですが,どうしたものか?,現在は都心部は好天です。
穏やかに晴れてはいますが,気温は決して温かくはないようです。

この晴れの合間に少しでもバイクに乗ろうか?,とも思う方も居られるかと存じます。
どうぞ,防寒対策をしっかりとして出掛けて下さい。
また,優香が也夜は一層冷えて,路面凍結の恐れもあります。
遠回りも良いですが,夜間の走行は特に気を付けて走りましょう。


白く 冷たく 積もる雪・・・

私の住む,都心から少し離れた郊外の地は,いまだに白い光景が残っています。
空き地や公園の周辺などでは,雪が地麺を大田ママと言う場所も見受けられます。

雪の光景を眺めるこてで,時に気持ちも「真っ白にリセット」できることもあります。
しかし,露天 路上にに停めているバイクにとっては,決していいことではありませんん。
やはり,屋内型のオートバイ専用のパーキングに置いて,外観も機能も良好に保っておきたいものです。

人がの光景を楽しむことができるのは,暖かい住まいがあってもこと。
快適に暮らせる環境があるからこそ,少し寒い冬でも,外出する気持ちになれるわけです。

それはきっと,バイクを乗り回す時もも同じこと。
走りい終えて戻って来た場所が良好だからこそ,ライダーの心境も,寒い中の走行でも,一寸した趣になる。

もし,バイクを置く場所が,屋外だったら…
或いは,四方を鉄板に囲まれた狭い空間だったら・・・
ツーリング後の高揚感も,冷たい外気と共に冷めてしまいませんか?。

未だ冬は続きます。
アイドゥの良好な二輪戦月極駐車場,是非ともご利用ください。

ページの先頭へ

屋内型

suzuki
2016年01月17日 12:18


今回も文京区の駐車場に絡めて,,東京ドームにまつわるお話を・・・

子どもの頃に,親にせがんで観に連れて行ってもらったプロ野球の試合。
当時は球場がドームでは無かった。(あおー,こんなことを書くとと歳バレする…(>_<)

高く上がったホームランボールを追いかけて見上げると,夜空に白球が映えて見えた。
そんなことを覚えています。

今や名の知れた野球場は大半が屋内旗になりました。
施設なども充実して,試合以外にも,様々なイベントに使えるように進化もしています。
なにより,雨天でも行事を開催できること,これが最大のメリットでしょうか?。

時には,外の雰囲気を感じながらの観戦に,懐かしさを覚える方も居られるでしょう。
でも,「天候を気にせず」と言う事は,やはり重要。
競技をする選手にとっては,自身の発揮するパフォーマンスが,その日の天気で左右されては困ります。
観戦する方も,ベストを尽くす姿勢を見守れるのですから,より一層の期待感が持てます。


さて,天候を気にせず,と言う事では,バイクを置く環境でも同じです。

アイドゥのオートバイ月極パーキングは,すべてが屋内タイプです。

大切な愛車,雨に濡らさず,夜露に晒さず・・・,
特に今のように,冬場の寒い空気の中では,オイルやゴム類の冷えによる硬化なども気になる所。
屋内型駐車場に停めれば,オートバイの調子も,比較的良好に保てるのです。

また,駐車場全体に,盗難防止対策のセキュリティを掛けられるのも利点。
表に無造作に置かれたコンテナボックスでは設置できない,高度な盗難防止の仕組みを完備しています。

ページの先頭へ

東京ドームを横目に走る

suzuki
2016年01月10日 15:49

駐車場旬回路の定番ルート・・・

アイドゥは文京区に,現在二ヵ所のバイク用月極駐車場を運営しています。

一つは,有楽町線の江戸川橋駅から徒歩圏内。
方や,小石川〜東大植物園寄りの地域にもひとつ。

両者は国道254を挟んで対局な位置関係なので,移動が速やかに出来ます。
しかし,アイドゥの仕事を始めた当時は,細かい道が把握できておらず。
わずかな距離なのに,意外なほどの遠回りをして巡回していました。

その時に,分かりやすい目印にしていたのが,後楽園;東京ドーム。
地図を観察して,比較的迷いにくい,大きな通りを繋ぐルートを頭に入れて,スクーターで走っていたのです。

首都高の飯田橋の川を背に,右にドーム,左前に遊園地を確認するこ。
これで,江戸川橋と小石川の道順で迷う事を回避できていました。
そして,ここを起点に進路を変えてR17を目指せば,上野や根津近辺のバイクパーキングを巡ることも容易です。

時にドーム脇に,多数の観光バスが止まっている光景を眺めることがありました。
野球の試合を応援しにきた団体の方たちなのか?,それとも誰かのコンサート?・・・。
そんな予想をしつつ,スクーターは,駐輪場へと仕事へ向かうのでした。

今では裏道も覚えたし,スクーターにはナビも付けてます。
でも,以前はこんな様に,工夫しながら目安を決めて移動するのが,楽しくて新鮮でした。


今年になって,これら文京区内の駐輪場に,若干ですが,空き区画が出てくる模様。
新規ご契約のご希望を頂いたら,ご案内に参じる機会もあるかな?。
ご担当させて頂く事になったら,その際は宜しく願い致します!。

ページの先頭へ

赤鼻のトナカイならぬ・・・

suzuki
2015年12月21日 13:42

この時期になると,いろんなところで聴くフレーズがあります。
「暗い夜道では,明るい赤が,ピカピカと役に立つ…」

雪道を行くソリなら,トナカイさんの赤い鼻が,安全に一役すると言う歌。
ロマンがあって,良いものです。

オートバイなら,フロントはヘッドライト。
小さな電球がハロゲンランプとなり,HIDやLEFへと,徐々に技術も進みました。

種類が何であれ,明るさや見易さは,現代のバイクのライトに不満は,もう殆どありません。
しかし,表面のレンズがの汚れや曇りなどあれば,せっかくの光量を阻みます。

アイドゥのバイク駐車場は屋内ですので,仮にに夜間に出発と言う際も,ランプ類の状態をよく確認出来ます。
しっかりと汚れをふき取ってからお出掛けください。
ウィンカーの割れやひびなどは,夜間の暗い場所では見落としてしまうことも・
アイドゥなら蛍光灯の灯明かり下で,しっかりとチェック出来るのです,
(暗い中での確認といえば,コンテナボックスの駐車施設でも,不便を感じるかもしれません。)


そいてバイクの場合,赤いのは鼻先ではなく,テール側です。

今や,スポーツ系のバイクなら,リアフェンダーを取り外すと言うのも,カスタムスタイルとして定着してきました。
それはいいのですが,リフレクター(反射鏡)は残すことが必要です。
後方の一定の距離から,自身のバイクの存在を示すための装備が必須。
これは車検上の義務でもあります
が,エンジンを止めて路上に停車した際,他者から確認されつることは,非常に大切なことです。
フェンダーの有る無しに関わらず,反射鏡はしっかりと取り付け。
同時に,ナンバープレートの照明にも配慮しましょう。

私は欧州仕様のロングリアフェンダーにあこがれた世代でして(歳ばれ?)・・・,
なので愛車には,ソリの足板ほどにも長いフェンダーに似合う,大仰なくらいの反射鏡が付いています。

ページの先頭へ

師走の慌ただしさと共に,寒さも徐々に強まる,そんな状況。
バイクに戯れる時間など,なかなか取れない方も多いと存じます。

ところが,この時期にバイクを置くための駐輪場のお問合せが 案外とを頂くのが毎年の通例になっています。

現在多いのは新車を買った方からではなく,お引越しに伴うパーキングの需要。
新年度より転勤となり,東京へ他の地域から移転してくる方が,オートバイを停める場所を探しているのですね。

そこはライダー心理。
仕事に一層の主案で取り組むにも,やはり乗り慣れた愛車と一緒に,新天地に来たい。
そんな気持ち,よくわかります!。

そんな訳で,この時期はアイドゥでも,ご新規様のご案内で,割と忙しい時期なのです。

例えば,前回のブログで話題にしました,神楽坂地区の二輪置き場。
こちらは実は,JR戦(飯田橋や市ヶ谷の駅)との接触も良い為,首都圏へ移転される予定の方から,お問い合わせが良く入ります。

他にも馬込地区のバイク用月極パーキング。
ここは地下鉄での便が良く,数分で山手線に乗り換えることが可能。
地下鉄はそのまま銀座や日本橋へ向かいますから,便利と言えます。

同様に小石川地区の二輪駐車場も,都営:メトロの両方の地下鉄の駅が使えます。

ご通勤にも理の利く地域で新生活を始めながら,その付近に大切なバイクを停めることも可能。
首都圏に多数の駐車場を持つアイドゥなら,そんなご要望に応じて行くことが可能です。

何より,アイドゥは盗難に強いセキュリティが違います!。
平日はお仕事に杏して取り組めるためにも,愛車が安全に保管できるのは必須条件ですよね!。

ページの先頭へ

都内の道 都道420

suzuki
2015年11月18日 15:46

渋谷の脇手の三宿の地域から、南方へ向かうときに便利。

混み合う主要道路を避けて、そのまま駒沢通りへとアクセスできます。

私たちの場合、池尻大橋のバイク駐車場から、祐天寺や不動前あたりのパーキングをめぐる際など・・・
非常に効率の良いルートになります。


少し信号が多く、赤の度に止まる事が多いですが、そこはご愛嬌。
周囲には洒落た様相の店などがもあり、飽きません。
景観の良い町並みを、ゆっくりと流すのは、気持ちのリラックスを呼んでくれます。

ただし、逆に北上するコースとしては?・・・

R246との交差点は、ときに渋滞することもあります。
環七と山手通りの中間を抜ける道なので、便利ではありますが・・


さて、だいぶ秋の味わいが深まり、そろそろ冬の粋になりつつあります。
陽の落ちるのも早くなってきました。
大道りを避けて行く裏手の道は、その土地に住む方々の生活圏内でもあります。
夕方あら夜にかけての走行には、歩行者の方へお優しい配慮をお願いします。


ページの先頭へ

1111

suzuki
2015年11月11日 11:56

今日は11月11日。1並びの日です。

これを縁起かつぎの方向で、いい意味に捉える方もいらっしゃるでしょうか?。

乗用車と違い、登録ナンバープレートに希望する数字を取れないバイク。
その代わりに、「登録日や納車日を選んで」、と言うのも面白いものです。


意識して忘れ難い日や、思い出すきっかけのある日などを狙っての購入。
すると、買ったバイクの車検や保険の「満了」も毎回、その時期。
となると、更新なども忘れないで済む、というメリットも出てきます。

ということで、特徴の在る日付を意識しつつの新車の購入、いかがでしょうか?。


とは言え、今からバイクの購入〜当日納車は。さすがに無理。
でも商談を上手く進めれば、やや先に来る連休には、バイクが手元に間に合うかも?。

そして納車待ちまで僅かでも日数があれば・・・
そう、パーキング探しも焦らず、いい場所を吟味して選べるのです。


もし、11月11日が貴方の「オートバイ購入のきっかけの日」になれば・・・。

このブログが目に留まったことが、あなたのバイクライフのスタートの起点になったら・・・。
バイク駐車場に関わる立場としても、思い出の日になり、嬉しいです。

(それがいつの日でも、「思い立ったが吉日」とも申します!。)

ページの先頭へ

圏央道の新規開通

suzuki
2015年10月27日 13:44

いよいよ,圏央道の桶川北本〜白岡菖蒲の区間が,この月末に開通するそうです。

これにより,都心部を通らずに,東名から中央道:関越道:東北道を,直接に行き来する事が出来るようになります。
例えば これまで横浜から東北方面を目指す場合など・・・
一旦は世田谷へ向かい,混み合う環八を抜けて,とか,首都高経由で・・・
と,そんな必要なく,都心を外側から避けて行くことができます。

これにより,とりわけ環八の流れが,大きく変わる可能性があります。
現在,中央道を都内で降りたところの杉並区名の,荻窪や井荻のトンネルの周囲の滞りはやや慢性化しています。

圏央道の開通で,この辺りの交通の様相が良い方向に改善されるか?。
併せて,新宿〜代々木方面方面へ進む首都高矢甲州街道も,流れが一変するかもしれません。

色んな意味で,今回の圏央道の開通には注目できます!。

ページの先頭へ

東京モーターショーの話題

suzuki
2015年10月23日 14:35

下記サイトにて詳細をご確認下さい。
http://www.tokyo-motorshow.com/

30(金)の午後から,いよいよ一般公開!。

各メーカーから,技術的にも,デザイン的にも,「未来」を予測させる提案が示される機会です。
そして,年末から来春に掛けて発売予定の新車も,ここで発表されるでしょう!。

バイクは日本の各メーカと共に,輸入車のコーナーも,もちろんあり。
また,時間があれば,部品メーカーやタイヤメーカーの出展を見て行くのも,楽しいかもしれません!。

更に,現在市販されているバイクたちに試乗できる催しも有るようです。
各メーカのオートバイが多数集まる試乗会と言うのは,日頃なかなか無いものです。
いい機会なので,比較試乗してみるのも良いかもしれません。

その他にも,幾つかのお楽しみイベントも併催させるようです。
これからバイクを買う方も,乗り絵を検討中のライダーさんも,注目のショーです。

ページの先頭へ

HOLIDAY HOLIDAY ウキウキ!

suzuki
2015年10月18日 16:33

タイトルは,最近入手したミュージックCDの中の一曲から引用させて頂きました。
チャーミングな声の女性が奏でるメロディと,洒落た歌詞が気に入っています。
聞くたびに気持ちが浮かれます!。(あ!,仕事はしていますよ)

今日は日曜日。
首都圏は朝のうちは雲が掛かっていましたが,午後からは良い天気になりました。

数日続いた雨もどこへやら。バイクに乗りたくなった方も多くいらっしゃるでしょう。

そろそろ,出先から帰路へと向かう時間帯でしょうか?。
今日のツーリングは,いかがでしたか?。

さて,雨の後のオートバイ。

露天に駐輪していると,濡れている車体カバーを外すのが憂鬱に感じます。
どこかで干さなきゃなりませんし,良い気持ちで出発する雰囲気に水を差されます。

狭いコンテナボックスからバイクを出すのも・・・?
周囲を囲まれた暗い箱から,後ろ向きで車体を引っ張りだすのも,何となく気が萎えてしまいます。

大きな電動シャッターをスマートに開け,綺麗に保管されたバイクを外に出す…。
これこそが, 気持ち高ぶる出発のスタイル!。

屋内型のオートバイ専用パーキングのアイドゥの場合,出発の際の処置に,億劫さも憂鬱さも感じません。

アイドゥに二輪を停めれば,乗り出す時から気分が高揚できます。
この気持ちよさが余裕につながり,ツーリング中の安全意識に,必ず反映されるはずです。

せっかくのバイク日和,出発の瞬間から,いい気分でバイクを楽しんでください。!
HOLIDAY HOLIDAY ドキドキ!!!

ページの先頭へ

神田川沿いを走る

suzuki
2015年10月13日 15:19

日本橋地区のバイク駐車場から,赤阪のアイドゥのオフィスへ戻ってくる際に・・・

皇居の南側を抜けるるルートが定番で最短の様ですが,敢えて避けて北上。
秋葉原の辺りから四ツ谷まで,左に神田川を見るルートで戻ることが多いです。


そしてこのルートは,私たちの業務では,実は都合。
途中,飯田橋辺りに居れば,神楽坂地区の二輪パーキングへ進路を撮り直すことができるのです。
水道橋からなら小石川の駐輪施設へ向かうことも,あまり苦になりません。

この道で巡回ルートを組んでおくと,江戸川橋あたりまで周辺地区の駐車場のご用命を頂いても,対応が速やかになるのでは?,と存じます。

勿論,走っていても快適な道です。
よそ見こそできませんが,湧き手にに川の流れをほのかに感じながらの道中です。

ページの先頭へ

まぎわらしい名前にご注意下さい。

suzuki
2015年09月24日 14:00

表題からすると,広告に対してのコーションみたいですが,違う話です。
「都内には,どうにもな多様な地名が多々あり,少し気を付けないと・・・:というトピックです。

江戸川区に,アイドゥが運営している「小松川バイクパーキング」がございます。

一方,文京区の小石川近隣でも,アイドゥはオートバイ駐車場を営んでおります。

そして文京区では,地下鉄の江戸川橋駅付近にも,月極駐輪施設を持つアイドゥ。

ああ,ややこしや・・・
江戸川区と文京区は,距離は意外と離れているのですが・・・・
首都圏へ移転した早々の方だと,地理感を掴むまで,ちょっと戸惑うことも有るのでは?。

地名に秘められたミステリアス,探求すると面白いですね。(<<大げさか?)

ページの先頭へ

地理感と錯覚

suzuki
2015年09月21日 12:13

ふと,インターネットの地図サービスを眺めてて思った事…

バイクにもナビゲーションシステムが付く昨今です。
このナビのルート案内が,本当に効率的なのか?,たまに疑問に思う。
そこで,案内通りに走ったルートがどんな感じなのか?,地図で確認してみよう…・。

いつぞやに走った,荏原:馬込地区のオートバイ駐車場から,南六郷付近のバイクパーキングを巡った際のルートは?。

自分の直感では,「なぜそちらの方へ向かう?。それは遠回りだろ?。」と思っていた,ナビの案内。
それが地図上で確認したら,案外と近い距離で済むように,合理的なルートを示していたんだ…!。

へー!。意外だな!。

自分で想定した,「ナビ案内より最短な距離だ」と思っていコースは,逆に大回り。
ナビは一見,逆方向に向うようなルートを出してると思いきや・・・,
その道は途中で大きく湾曲して,目的地へ接続する国道に,最短で繋がっていたのでした。

そうか,ナビの小さな画面では,行動範囲の地図を全面表示しにくいので,狭い範囲でしか確認できないんだ。

やはり,時には大き目な地図帳を広げて,コース全体を見てみることも有意義のようです。
自分の感覚を信じるのも良いけど,判断材料が多ければ,より良い答えが見つかるのですね。


さて,広い目で確認すると言う事では,二輪の保管場所を選ぶときにも,同じです。

ついつい,愛車の外寸や排気量等のスペックから,「寸法的に収まる区画はは?」,と考えがち。
でも,導入通路や,向きを変えるための取り回しの動線の確保なども含め,判断が必要です。

ページの先頭へ

Happy ride week

suzuki
2015年09月19日 11:56

イメージ

バイクに乗る人にとって,ベストなシーズンが来ました!。
ツーリングに出るには絶好の気候で迎えた週末,そして連休!。
快適なライディングを満喫できそうな感触です。
皆さま,バイクを楽しんでいますか?。

アイドゥのスタッフでも・・・
 郊外の温泉にハンドルを向ける者,サーキットでスポーツ走行に勤しむ者,空いた都心を流して楽しむ者,
など,様々にオートバイで満喫しています。

そして私の様に,留守を護る者もいるわけで・・・ああ出かけたい・・・


とはいえ,こんないい日和ですから,新車の納車に打って付け!。
はい,これから新たにオートバイを所有する皆さまは,愛車を安全に停めておけるスペースが必要です。
アイドゥにご相談いただければ,屋内の良質なバイク月極をご提供させて頂きます。
「お休みの期間だから・・」と遠慮などなく,お気軽にお問合せをお寄せ下さい。

ページの先頭へ

都内の道

suzuki
2015年09月13日 14:34

早稲田通り 西地域

アイドゥの高円寺のオートバイ駐車場から,井荻地区のバイクパーキングへ移動の際に走る一角。

少し離れた場所を並行で通る青梅街道より車線が少なく,時間帯によっては少し混みます。

しかし,「裏道(と言っていいのかな?)」ならではの情緒は好感。
寄り生活地域に密着した様相も感じ取れ,ゆったりとバイクで流していて,ちょっと気持ちいい道です。

道はやがて,結局は青梅街道に合流することになります。
が,環七辺りから吉祥寺:三鷹方面へ向かうとき,どちらを使うか?,よく悩みます。
でも少し時間に余裕がある時は,早稲田通りをゆったりと味わって行きたいと思わせます


時に,環七と環八を跨ぐ際の,渋滞時の抜け道にもなり得るかも?。
路側帯の広い区間もあるので,バイクで進むのにも向いているようです。
(但し,すり抜けなどは十分に気を配って行ってください。)

ページの先頭へ

気温差

suzuki
2015年08月30日 11:29

暑さのピークが一段落したような様相の首都圏。
ですが,この気温差は極端に過ぎる感じです。

体調の管理も一苦労。
ライディング時の服装も,真夏の仕様では,出掛けた場所によっては「涼しい」以上な面もあるでしょうか?。

しかしながら,バイクに乗る上では,暑さから解放されるのは好ましいこと。
これで晴れ間さえ出てくれれば,楽しく快適なツーリングのシーズンになります。

そんな風に,突然と現れてくる,絶好のツーリング日和。
こんな時に,愛車の調子が万全であれば,楽しさは倍増します。

コンテナボックスタイプの車庫にバイクを入れている方には,気温が下がったことは朗報でしょう。
真夏の暑い時期,じりじりと鉄板が焼かれた中に停めているバイクは,熱の影響を少なからず受けています。
ゴムのホールやパッキンの類や,タイヤの劣化など,要確認です。
また,チェーンの油脂も,飛んだり乾いたりしているかもしれません。
久し振りに乗ると言う場合は,しっかりとチェックした方が良さそうです。


広い空間を用いた屋内共用型のアイドゥのバイク月極駐車場の場合,熱の問題は比較的少なめ。
特にビルの下階を使った物件では,通年で適温や湿気が安定している面があります。
外気の影響を受けにくいことは,バイクの調子を一定に保てるという意味でも,屋内型の利点。
バッテリーの充電器も常用できますし,エンジンの再始動も簡単・
事前のメンテも最小限で,直ぐにツーリングに出かけられます。

ページの先頭へ

馬込 牛込 駒込

suzuki
2015年08月23日 14:55

「鉄馬」などと言うように,バイクを馬に例える事があります。

そもそも,タンデムとかサドルとかの言葉も,元は馬術用語から来たものだそうです。
オートバイの無い時代,人は馬に跨り操り,移動に興じていたことでしょう。
ライディングと言うのも,乗馬に関わる語句です。
我々バイク乗りには,先人たちが馬と共に苦楽を共に過ごしていた様子のDNAが在るのかもしれません。


さて,アイドゥが月極二輪駐車場を運用している,大田区の馬込地区。

この周辺は急な坂が多く,随分と高低差がある場所です。
一説では,古い時代,この地域は,馬の育成のための放牧地になっていたとか…。
確かに,急な坂を上った高台は,馬にとって居心地が良い場所だったと思われます。

現代の鉄馬は,放牧(露天駐車)には,残念ながら適しません。
乗らないときはアイドゥのような,屋内の良好な環境で,休ませてあげましょう。

そしてついでに言葉繋がり…
新宿は牛込神楽坂周辺や,駒込〜田端の地域でも,バイク用駐輪場がございます。

ページの先頭へ

都内の好きな道

suzuki
2015年08月14日 17:41

新目白通り

神楽坂方面〜小石川の方へ向かうときなど・・・,
バイク駐車場の巡回で,利用する機会が多々あります。

杉並は高円寺方面から都心へ向かう際も,こちらを通ることがあります。

要所要所で少し渋滞することもあります。
しかし,タイミングによっては走り易いペースが保てて,気持ちいい場面もあるのです。

先日も,江戸川橋地区のオートバイ駐輪場へ行く際に通りました。

途中,都営の路面電車と並走する区間があります。
この一角が,私のお気に入りのポイントです!。

道路の真ん中に線路が有るので,道幅が少し狭いのですが,そこは妥協。
「右に中心部に停車場を見る」と言う光景が,何とも気持ちが和むのです。
スクーターと電車とで並走する機会があると,気分も少し高揚します。

日頃,何かと忙しく動き回る現代人。
でも,誰にでも各々,日々の暮らしの中で,少しで心の和らぎを感じる光景が有ると思います。
そんなポイントを,ヘルメットのシールド越しから見て楽しむるというのは,ライダーならではの感覚かも?。

皆さんは,普段の道で,お気に入りのポイントはありますか?。

ページの先頭へ

頭を冷やす そして見えて来ること

suzuki
2015年07月31日 17:58

お暑うございます。

あまりの暑さで,休日にバイクに乗るのに,少し躊躇している最近。
それでも,やや涼しくなる夕方を迎えると,やはり愛車と戯れたくなるものです。。

夏場の走行では,特に高速走行で,ヘルメットに虫が当たって汚れてしまうことも多々あります。
帰宅後,汚れを落として,シールドを綺麗にして視界を保ち,次に乗る際に備える。
冷えたビールと共に行うそんな作業も,バイク乗り縄ではの楽しみと言えましょう。

今の時期は,さすがにフルフェイスヘルメットは辛いですね。
私は夏場はオープンフェイスを愛用しています。

差なら留開放感を求めて,小さめの半帽等を被る手もあります。
しかしながら,あまりに簡素なヘルメットは,安全面で少し心配です。
むしろスポーツ仕様のヘルメットの方が,内装への風の通りがしっかり考慮されている。
一見は暑苦しそうな装備ですが,半キャップ等よりも,涼しさの恩恵を感じることもあるのです。

ウェアなども同様。
エンジンの熱を避けるために,すにーかよりもブーツを選ぶ人。
不意な夕立や豪雨を受けるなら,長袖の上着を着て備えて走る人。

そんな風に,ライダーが対応出来る暑さの対策も,少し視点を変えると,いろんな選択肢がある者です。

しかし,バイク駐車場選びの定番は,アイドゥ:屋内共同型パーキング。

この暑い時期,バイクの出し入れだけでも,ライダーは汗だくになりがち。
当然,取り回しや押し歩きなど,狭苦しい収納スペース型の駐車施設よりも,楽に行えると実感頂けるでしょう。

ページの先頭へ

水流の恵み

suzuki
2015年07月24日 14:16

アイドゥの日本橋地区のバイク駐車場から,清澄のパーキングまで,巡回の為に移動。
その際は,隅田川を渡ります。

大田区の雑色方面の駐輪場から,横浜のオートバイガレージへ向かう際は,多摩川の橋を越えます。

川沿いを行く場面。
このように暑くなると,河原に降りてみたり,水辺の遊歩道を歩いてみたくなるものです。

少しで涼を得たくて,水のある情景を求めたり・・・
或いは,むしろ夏らしく,川のほとりで日に焼けながらBBQけでもしようか…・

そんなような,夏らしい過ごし方。
周囲に水流を感じつつの,暑い時期ならでは楽しみ方も,悪くないものです。

しかし,現実は,暑さに体が姫を上げるような事態。
ライダーにとっては,体にも辛い時期です。
水分補強や栄養の配慮などを怠らないようにしたい時期です。

バイクのエンジンも,水冷式が主流になりつっつあります。
ライダーも水辺が恋しい時期ですし,発熱するエンジンも「水流」は大切。

ラジエターを含めた,冷却水の配管など,時には確認をしておくとよいでしょう。
思わぬ部分からの水の漏れや,ポンプの作動具合など…・。
壊れにくい最近の優秀なエンジンですが,長持ちの為には,定期的なチェックは大切です。

ロングライフクーラントを混ぜている冷却水。そうそう痛むものではかもしれません。
でも,念のために,車検の度に交換を検討しても損はありません。

バイクも乗り手も,暑さは嫌なものです。
水の清らかさや爽やかさの恩恵,気持ちよく味わいたい夏です。

あ!<僕のバイクは空冷だ…・。
そんな声も聞こえます,エアクールのエンジンのお話も,いずれの機会に…

ページの先頭へ

台風

suzuki
2015年07月17日 11:57

昨夜から今朝にかけての台風。
今朝も風雨の中での外出と相成りました。
色々と実害を受けた方には,お見舞い申し上げます。

週末には落ち着いた天候になってくれるかしら?。

このような風雨の強い中では,外にバイクを停めておくのは,非常に不安です。

カバーを掛けていても,風でカバーが煽られて,バイクは雨風で汚れてしまう。
強い風うぃ受けたカバーのざわついた音なども,不安感を増す要因です。

また,晴れた翌日には,汚れたカバーの養生も一仕事です。
干して,綺麗にしてからでないと,改めてバイクに掛けるのも戸惑います。
私もかつては庭先にカバーを掛けて停めていましたので,実に莉よく理解しています。
降雨の後のカバーの扱いって,本当にいつも厄介な事ですよね!

バイク自体も洗車が必要でしょう。

濡れたたカバーに囲まれた内側は,台風一過で気温が上がった後の蒸れも大敵。
湿気などもオートバイの調子には良いことはないですから,出来れば早く対処したいです。
カバーがめくれて強い風雨が掛かった場所の掃除も併せ,蒸れの湿気の影響もチェックしたいです。

コンテナタイプのボックス型バイク車庫も同様。
狭い中での,急な気温の上昇についてご注意頂きたい旨は,都度お話している通りです。


アイドゥで営む屋内型のバイク駐車場では,基本的に駐車中の風雨の問題はなし。
場内ではバイクが雨に晒されず,カバーのことなど,忘れてしまうことができます。

ライダーなら,雨が続いた後の休日は,出来れば「乗ること」に集中したいです。
カバーの汚れの処理で貴重な一日を終えてしまうのは悔しいです。


雨を見送れば,晴れ間は必ずやってきます。
良い気候が来るのを待って,雨の日は家でヘルメットやブーツの手入れでもして,時を待ちましょう。
アイドゥに停めておけば,晴れた日には直ぐにバイクを楽しめますのですがから!。

ページの先頭へ

梅雨場も活発に

suzuki
2015年07月10日 11:59

台風の同行が気になりますが,今日の首都圏は気持ちのいい好天になりました。

梅雨もやがて明けます。バイクを心から楽しめる季節まで,もう少しです!。

しかし雨天であっても,バイク駐車場のご見学やご契約を希望される方が多くいらっしゃいます。
7月は海の日を据えた連休が有ります。
そこでのツーリングを想定すると,今頃が「新しいバイクの購入を!」,と考える方も居られるようです。

雨天のお足元の悪い中で,パーキング現地に出向いて頂いての内見。
その点は,ちょっと面倒をお掛けいたします。
しかし,そこはアイドゥ。完全に屋内のバイク駐輪場ですから。場内のご見学は,雨とは無関係です。

露天のオートバイ置き場だったり,空き地にコンテナボックスを置いただけの施設との違い。
それを,最初のご見学の段階で,利点を感じていただけると思います。

契約のお手続きも,その場でご希望を承ります。

 「店舗や自宅に戻ってから書面を書いて,あるいは送って・・・」
 
   そのような面倒なこともなく,即お手続きしていただけます。

空き状況次第では,最短で,ご見学直後のご契約で,即入庫もできる場合もあるのです!。

梅雨場の晴れ間は貴重です。
駐車場を決めて,もしその日の夕方に晴れ間が出たら,バイク屋さんに行って,納車して貰っちゃう。
そんな風に,天気と時間を有効に使って下さい。

ページの先頭へ

転勤

suzuki
2015年06月26日 12:24

異動というのは春咲や年末年始に多い,と思いきや,夏のタイミングにも在るようです。

それに伴って都内へ移転されて来る方には,東京へバイクと一緒に暮らすための場所探しが必要ですね。
都内にいる間,地元に大切なーとバイを置いてくるのは切ないもの。
「バイクと共に'暮らす’」という感覚」,ライダーなら,この気持ちは譲れない部分です。

ご新居を探す際には,バイクの事以外にも,様々な条件や拘りを求めたくなります。
バイクを安心して停めておける環境と共に,日々の通勤も楽にでき,生活環境も良い・・・

そんな多くの欲求を,どうやって満たせばよいでしょうか?。


私共アイドゥでは,首都圏に多くのバイク専用月極駐車場をご用意しています。
お仕事に通う利便性から住まいを探した上で,その付近にアイドゥっが有る可能性も高いです。

実際,アイドゥで二輪置き場を確保した上で,その地格にご新居を探すと言う方も,結構いらっしゃいます。

例えば,山手線の駅まで地下鉄で僅か,という根津地区,馬込地区。
或いは,新宿にほど近い参宮橋や初台のパーキングに,高円寺付近の駐車場。
仕事へ通うにも便利そうな,これら地域のアイドゥバイクパーキングは,非常に好評を頂いてます。
東京ドームが間近の,小石川のオートバイ駐車場も狙い目です。

住むにも絶好の,これらの地域,
ここに,アイドゥは屋内型のバイク置き場を,高度な盗難対策を設置して運営中です。


近年,居室にオートバイを一緒に入れておけるような賃貸マンションなどが出てきています。
しかし,居間や寝室に,ガソリンの匂いなどが漂う事もありそうです。
更に,コンクリートで吹き抜けという構造だと,寒さ暑さがたまらない,ということもあるようです。
幾らバイクが好きな私も,このような住まいは,敬遠します。

生活は生活,バイクを置く場所は専用に考えた駐車場。
これが快適な毎日を過ごすための基本ではないでしょうか?。

ページの先頭へ

梅雨入り

suzuki
2015年06月12日 11:32

雨の降り易い期間がやってきました。
ライダーにとっては少しうっとうしい日が続きますが,ここは致し方ないところです。
夏の時期を前に,少しばかりの辛抱です。

雨はツーリングの楽しみを奪ってしまうので,本音を言えば憂鬱,
雨天は視界に影響が出たり,ウェアが濡れたりと,厄介な場面もあります。
他方,雨上がりに,木々が濡れた時の匂いとか,自然の気持ちよさを再認識することもできます。
日本人なら,梅雨を含めた四季の変化を,上手に味わって過ごしていきたいですね。
バイクの運転も,季節に合わせて,より安全に上手に熟して参りましょう。

日帰りの遠乗りのツーリングも,酷い雨の日は延期したりと,より好転奈日に出直すのも一考です。
でも時に,雨の日でも乗らなけれなばならないという方も居られるでしょう。

アイドゥのスタッフも,バイクで各地の駐車場を巡回中に,振られてしまう経験はあります。
日頃から防水対策あるウェアを着て乗っていても,急な雨は恨めしいものです。

かつてとある先輩ライダーが,「都心を走るとき,首都高の陸橋の下は濡れにくい。」などと言っていました。
なるほど,乗り慣れた人の知恵は素晴らしい!。

そういえば,代々木地区のバイク駐車場から杉並:高円寺方面のパーキングへに行くとき・・・
その場合,国道20号線を少し通ります。
アンバーパスや陸橋の下をくぐって行く場面もあるなぁ…。

でも,いくら濡れないからと言って,地下道にバイクを止めての雨宿りは危険ですよ!。
また,濡れにくい場面だからと言って,セーフティーな走りを怠っても行けません。
梅雨場は臨機応変,天候に似合った安全運転に勤しみましょう!。。

ページの先頭へ

バイクの買い替えで・・・

suzuki
2015年05月29日 11:32

上野:根津地区のバイク駐車場をご利用中のお客さまから頂いた一通のお便り。
開封してみると,バイクを乗り換えたので,パーキングに停めるバイクの変更手続きのご依頼でした。

上の免許が取れて,国産の中型クラスのバイクから,外車のクルーザータイプに乗り換えたそうです。

「最初はビックバイクなんて自分には無理かも?,って思ってました。
 もで縁あってアイドゥの月極バイク置き場を契約してみて,出し入れにも苦労が少なくて,屋内でバイクが汚れないし,
 この環境なら大型のオートバイを持ってもいいな!, と思うようになりました。」

と,乗り換えの経緯が,お手紙に記されていました。

「バイクが一生涯の趣味になりそう。アイドゥ以外の駐車場を借りていたら,大型なんて夢で終わってた気がします。」
お手紙は,こう結ばれていました。

このようなお話を聞くと,スタッフとしても嬉しい気持ちになります。
私たちの取り組みが,ライダーさん達のライフスタイルに良き影響を提供できているとしたら,とても感激です。

どうぞ,長いスパンで,オートバイのある生活を,アイドゥと共にお楽しみいただけますように…。

ページの先頭へ

新品タイヤに入れ替えて

suzuki
2015年05月22日 15:50

バイクの面白い点の一つに,「消耗したパーツを新品に交換すろとフィーリングが向上する」と言うことがあります。

「エンジンオイルやプラグを替えたら加速や燃費が良くなった」
「古くなった点火コイルを新品にしたら,エンジンの悪い癖だと思ってたギクシャク感が改善した。」
「注油しても消えなかったチェーンからの雑音が,スプロケも一緒に替えたら,凄くスムーズになった!。」

など,いろんな部分で,要した整備に,ちゃんとした意味が在るものです。

短いスパンで新車に乗り換えて行くのも楽しいですし,都度出てくる新車の性能には心がときめきます。
他方,一台のバイクと,愛情を注いで整備しつつ,長い時間,じっくりと向き合うのも,また楽しいオートバイとの付き合い方です。

私の場合は,金銭的な面もあって,もっぱら「一台を長く」になりつつあります。
でも先日,前後のタイヤを新品に交換。
ちょっと費用は掛かりましたが,,これでまた,暫くの間,愛車との親密な付き合いが出来る!。
そう思うと,嬉しくてたまりません!。

しかし,そんな嬉しい気持ちに対し,ショップの方に,忠告されました。

 「新品のタイヤは時に滑ることがあるので,わずかな間は,慎重に走って下さい。」 と。


よく「タイヤの皮むき」と言われますが,一応の理屈があるようです。

要約すると,「最初の100キロ位の距離は,高速道路の追い越し車線を走るような速度が出るような乗り方をしないこと。」
と言う事らしいです。
勿論,急ブレーキも(やむない場合以外)や深いバンク角もなども,控えたいところです。

タイヤは走れば熱を帯びますが,新品は表面の油分が残っているので,一旦はじっくりと低めの熱を入れるのが良い。
その弱い熱で,表面の油分も徐々に飛んでくれるので,無理に倒し込んでサイド部を路面に馴染ませるまでもない。
そんな風に説明を受けました。
タイヤのメーカーや銘柄などでも差異はある様ですが,「アタリが出るまでは無理しない」は鉄則のようです。

又,ライダーがタイヤの特性に馴染むための時間も大事。
スポーツ志向のハイグリップタイヤに替えた場合は特に注意。
コンパウンドの特性によっては,鳴らしが済んだ後にも,気温や降雨の具合で,都度グリップの具合が変化することもあります。


さて,最近は夏のような暑さを感じる日も出てきました。
せっかく替えたタイヤ。自然的な劣化は少しでも避けたいところ。
バイクは直射の無い屋内のパーキングに置いてあげたいものです。

ページの先頭へ

常に進化するオートバイ

suzuki
2015年05月15日 14:23

晴れた日曜の午後でした。
調布地区のバイク駐車場の担当者と軽く打合せした後,そのまま帰るのも惜し日和です。

せっかくだからと,個人的に馴染のオートバイ屋さんに立ち寄ってみました。

アイドゥでは接客も致している私も,ショップに行けば,カストマー。

「出たばかりの新車の試乗が出来ますよ!」と言われると,素直に誘いに乗ってしまいます。

結論・・・・絶句!

登録から7年過ぎている自車より,新車の方が調子のいいのは当たり前。
しかし,この乗り味!,本当に驚く出来の素晴らしさです。

一番驚いたのが,クラッチ操作をしなくてもギヤチェンジが出来ると言う機構。
馴染むまでは戸惑ったものの,コツを呑んだら,アップもダウンも思いのままです。
発信と停止のとき以外はレバー操作が要らないので,楽で疲れません。

このような新しいスタイルが出来るのも,最新の電子制御の技術と共に,機械部分の組立制度も上がったことの恩恵でしょうか?。
オートバイは既に完成されたのちものだと思っていましたが,まだまだ進化の余地があるのだな,と感心した体験でした。

そして試乗後,ショップのスタッフさんに手渡された一枚の書面。

それは新車の購入の見積書ではなく,タイヤ交換の請求書です。

そうですよ,あたしゃ今の愛車に,まだまだ乗り続けるよ〜だ!。

一時はアイドゥの代々木地区の駐車場や馬込パーキングに停めていた私の愛車。
そのおかげで保管状態が非常によく,少し整備を加えれば,まだまだ現役で楽しめるのです!。
重い貸せば,7年前に今の愛車に乗り換えた時に,この日と同じ「最新型はスゲーな!」と関したんだった。

皆さまそれぞれ,大切に連れ合ったバイクとか,念願のニューモデルとか,お持ちだと思います,
停める環境でバイクの調子も変わってくることがあるので,駐車場も吟味してみて下さい。

ページの先頭へ

気温上昇

suzuki
2015年05月08日 15:59

ほぼ好天に恵まれた関東の連休期間でした。
ツーリングに出られた方は,いい思い出ができたでしょうか?

私はもっぱら自宅の周辺でバイクを乗り回していた日々でした。
首都圏域は結構と気温が高い日々。

普段は混み合う都心部の道も空いて折り,それはそれで気持ちよく乗れるものです。
でも一寸した時間でも,ジャケットの下は汗の洗礼を喰らうほど。
こんなことなら,少しは郊外の方へ行って,涼しい思い死をして来ればよかった…・。


さて,気温の上昇を体感できる時期。
温度の上昇によって,タイヤの空気圧をチェックしたら,二月や三月の頃よりも高くなっていました。
寒い時期は測る度々に低めになっている事が多く,都度ポンプで入れ直しから出発していたのに…。
そしてポンプヲ押す毎に汗ばんで,出発前の体の熟しにちょど良かったのに…。
今の時期は,上がった圧を抜く操作だけなので,体力は楽ですが,何もしなくても暑いと感じるほどです。

と,温度で空気の圧力が変わるのは自然の摂理。
私の自宅は小さいながらもガレージが在るのですが,中に入ると,今の時期,かなり熱気を感じます。

それでも日影が比較的ある住宅地の一角の,白塗りのガレージボックスですから,環境としては悪くないはず,
それでも,既に5月の段階で,日に恵まれた日が続くと,中は暑いと感じるのです,

こんな様子ですから,ロードサイドに無造作に置かれた,黒塗りの厚めの鉄板の収納ボックスは???

これから夏に向かい更に蒸す季節です。
もし,コンテナ型のバイク駐車施設を使っている方はご注意下さい。
出来れば一日に一回,扉を開けて,換気をした方が良いと思います。
タイヤの空気圧はともかく,よもや暑さで,コンパウンド自体が早期に劣化してしまう可能性があります。

アイドゥの場合?。
屋内共用型のバイク駐車場の場合は,実空間スペースが広く,熱が一か所に籠り難い環境。
換気扇などの設備もあり,バイクの保管状況は良好です。

ページの先頭へ

今日は昭和の日です

suzuki
2015年04月29日 11:16

近年はオートバイも排気ガスの規制などが課せられています。
そのため,バイクのエンジンにも水冷システムや電子制御での燃料管理など,様々な技術が投入されています。

ノスタルジアに浸るわけではないですが,思い起こせば,自分自身も昭和生まれ。
かつては自分も,キャブレターを分解しては汚れを取って,ジェット類を替えてみて…なんてやってました。
時に,元通りに組み直せなくなって,バイク屋さんに泣き付いては,小言を言われたり・・・,
そんな事も,いい思い出です。

その当時の素晴らしい造りの二輪車を,今でも大切にしながら乗っているライダーさんも多く居らっしゃいます。
今のバイクに比べれば,調子を整えるのにも苦心したり,押して歩くにも決して軽々とはいかない車種も有るでしょう。
当時の雰囲気や乗り味をいつまでも楽しめるよう,環境の良い屋内保存のアイドゥの駐車場を活用して下さい。

アイドゥのバイク駐車場は,取り回しの面でも,ちゃんとした配慮があります。
フロントタイヤ19インチの威風堂々な車格。扱いの労力は,出来るだけ少ない方が良いですよね!。

ページの先頭へ

空からの災難 だけではなく・・・

suzuki
2015年04月24日 11:50

日本の期間の要の場所に,飛行体が堕ちていた,と言うニュースが話題です。

ちょっと奮発すればだれでも買えて,遠隔で自動で扱えるものが,既に一定数,市販されているのですね。

上手に使えば様々なメリットを生かせる,そんな発明が出回るのは歓迎です。
遊具としても楽しい点もあるでしょう。

しかし,意図的に好ましくないを使い方がなされるんは残念。
新しいものについては,マナー面にせよ,法規制にせよ,どうしても「後から:となりがちです。


例えば,このような物が普及して,もし,駐車場で頻繁に使わるようになったら・・

露天の青空駐車で停められたバイクやクルマは,落下による損傷などの被害を受けるかもしれません。
アイドゥでは全てのバイク駐車場が屋内になっているので,こんなリスクは大幅に回避は出来ますが…。

いやいや,空からでなくても,陸続きでも心配です。
大概の月極の車庫は,出入り口は空いたままの例が多いです。

駐車場へので貼りは基本は利用者(契約者)のみで,部外者は進入禁止と言うのが常識。
しかし,入り口に扉が無い敷地となると,物理的な「侵入」は防ぐことは無理。
時にお子様たちが入って遊ぶことがあったり,寄った人がふらりと入ってくるとか,そんなことも想定できます。
そんな状況下,人との無用なトラブルなどが起きるのは,あまり気持ちのいいものではありません。

仮にコンテナボックスにバイクを収納しているのであれば,大切なバイクが人目に触れることはないでしょう。
しかし,コンテナが置かれた場所は,敷地内には,不特定の人が入って来れるようになっている例が多いようです。

アイドゥの月極オートバイパーキングは,敷地内への侵入は,陸からも空からも不可能。
話が大げさになっちゃいましたが^^;,アイドゥのセキュリティの強さを,改めて実感して頂けると思います。

ページの先頭へ

新しい自分 新しいオートバイ

suzuki
2015年04月17日 15:04

この四月から,新たに社会人になった皆さま,どのようにお過ごしですか?>。
そろそろいろんなことに慣れて着て,緊張も少しは解れた頃か?。
それとも,まだ様々な痛手ヤ洗礼を受けて,プレッシャーな毎日を過ごしているのかしら?。

でも,若い力は無限です!。可能性を信じて,是非とも精進して行ってくださいね!。

自活が出来て,やがて生活が安定してくれば,バイクを買うのにも,ローン:クレジットなども使い易くなると思います。
バイトをしつつ小遣いをやりくりしたり,親の支援を受けたり,ではなく,改めて「自分で」バイクを買う・・・。
それはまた,学生の頃に選んだオートバイと違う,更に非常に愛おしい感情を,愛車に抱けるかもしれません。

就職を機に,実家を離れて一人暮らしを始めた人も多いでしょう。
いま住んでいるところにお会い句を置くことができなくても,アイドゥが,月極バイク駐車場を用意しています,

これから新しいバイクを買う!と言う皆さま,ぜひアイドゥをご検討下さい。
せっかくの思い入れの強い新しいバイクです。
盗難の対策が十分されていて,雨風で汚れることのない屋内のバイク駐車場に停めてあげて下さい。

あ!,新居に置き場がないので実家にバイクを置いて上京してきた,と言う方も!。
アイドゥのバイク駐輪場を活用して,離れて暮らす愛車を,新生活の地へ連れて来ては如何でしょう?。

ページの先頭へ

さくら

suzuki
2015年04月10日 13:37

イメージ

春めき始めて,一斉に咲き始めた桜も,首都圏ではそろそろ終演ですね。
皆さま,お花見は楽しまれましたか?。

アイドゥの根津地区のバイク駐車場からほど近くにある,上野公園は桜見学のメッカ。
私たちも毎年,パーキングの巡回の途中で,公園の横手を通り過ぎながらの,ちょっとした「花見気分」を楽しんでいます。
また,神楽坂付近のバイク置き場から,日本橋方面の駐輪場へ向かう際に,千鳥ヶ淵の辺りの桜を見て行くのも楽しいものです。

もう都心部では既に「散りの光景」になっていますが,少し郊外に行けば,これからが「見ごろ:と言う地域も多くあります。
昨年は,4月半ばに奥多摩湖畔で綺麗な桜を眺めてきたことを,このブログでもご報告しております。
そう!,各地に咲く花を追ってバイクでツーリングに行く,いよいよ,そんなシーズンを迎えたといえます!。

この数日,関東は天気が不安定ですが,次のお休み,もし晴れたら,綺麗な景色を求めて,走りに行きたいな,と思います。
皆さまも,ステキな春をお楽しみいただけますように!。

(写真は,赤坂付近のとある公園にて。)

ページの先頭へ

色々と始まる季節です

suzuki
2015年03月13日 11:25

只今オフィスの窓を少し開けて,ヒーターも止めて,空気を入れ替えて気分転換中です!。
温かい日より,日の温もりを実感できる,良い日になりました。

夕方から,阿多少し冷ええ混むかもしれないので,今の時間帯に,春らしい雰囲気を楽しんでしまおうと思っています。
ああ,出来れば今すぐにでも,バイクに乗って出掛けたいなぁ…!。

さて,そんな春の初期,色々とスタートさせるに絶好の時期です,
バイクに乗るなら,まずは免許。
学生さん達は,春休みの時期を使って,集中的に教習所に通っている方も多いかと存じます。
そして初めての愛車選び。バイク屋さんに入るのに,ちょっと緊張したり…。
さらに,最初のうちは,ヘルメットやウェアなどを買うのにも,あれこれと考えて,悩んで…。

そう,どんなライダーも,すべて経験してきたことです。

でも,バイクをどこに置くか?。これは迷わず,是非私どもアイドゥを頼って下さい!。
永くバイクに乗ってきたスタッフが運営しているオートバイ専用月極駐車場です。

二輪用パーキングは数あれど,スタッフが日頃からオートバイを楽しんでいると言う例は,意外と少数だと言われています。

ページの先頭へ

桜の前に

suzuki
2015年03月06日 16:04

自宅の近所の桜並木では,僅かですが,芽が膨らんでいるような印象です。
あと一か月もすれば咲くと思われます。今から楽しみです!。

その前に,梅の花も,場所によっては今が見ごろのようです。

二月から咲く例もある梅。寒い時期ですから,なんとなく見逃してしまうと言う方も多いかもしれません。

でも,少し郊外に向かえば,この三月の期間が美味しいころ,と言う地域もあるみたい。
徐々に温かくなって来ました。
日中の暖かい時間帯を使って,東京〜埼玉郊外の梅林へ,ショートツーリングは如何でしょう?.

ページの先頭へ

暖と冷と

suzuki
2015年02月27日 18:42

イメージ

朝の冷え込みも少しは緩んが感がある,今日の首都圏,
徐々に,我々ライダー待望の,暖かい季節が近づいてきたようです!。

画像は,2週間ほど前のものです。
通り掛かった某所で,路面一面が凍結していて,ちょっとびっくりしました。

この日はバイクではなかったのですが。不意に通り抜けた場所が凍っていると,やはり怖いですね。
まだまだ,予報では「寒の戻り」が噂されています。
バイクに乗る際も,油断なく参りましょう!。

しかし,屋外にバイク駐車場を利用されている方は,

  「停めている場所が一面凍結」
  
  などと言う経験もあるのではないでしょうか?。

もしそうなると,「乗る:走る」以前い,バイクに近づくのも用心,なんて事も??
こうなると,出発の準備はおろか,ちょっとメンテナンスでも・・・と言う場面でも,足元に注意が必要になります。

日が昇って,周辺の氷が緩むまで,バイクに近づく事すら戸惑う・・・

それではせっかくの休日の時間が勿体ないです。

「寒い日は乗らないから・・・」と言う方も,バイクに(ライダーにも)優しい屋内駐車のアイドゥのバイク駐車場をご利用下さい。

ページの先頭へ

視界の確保

suzuki
2015年02月20日 14:27

未だ冷える日がありますが,日没の時間は随分と遅くなった印象です。
少し寒いのを我慢しッつツーリングへ出かけ,帰りに綺麗な夕日の中を颯爽とで走る光景。
そんな味わいも,冬場のバイクの楽しみの一つでしょうか?。

しかし,沈み行く西日を追いながら走る状況下となると,それは幻想的ながらも,眩しさで前が見にくい,となると困ります。

少しでも良好な視界を確保するために,ヘルメットのシールドやゴーグルなどは,細目に綺麗にしておきたいものです。

それはバイクのカウルのスクリーンや,バックミラーの鏡面も同様です。
どうしても走行中に汚れてしまうのは仕方ないにせよ,せめて出発前は,まずは清潔さを保って行きたいものです。

ロングツーリングとなると,時にはまだ暗い時間帯から出発となる事もあるでしょう。
その際でも,安全のためには,ミラーやメーターを見やすく綺麗にしてから出掛けるように心がけたいものです。。

たった一枚のウェスがあれば出来る簡単なことです。
アイドゥにバイクを停めてるライダーなら,億劫に思わず,是非やってみてください。

アイドゥの様に,屋内に停めるタイプのバイク駐車場では,夜間でも場内は明るい灯りに恵まれます。
だから,暗い場所では案外と見落としてしまうミラーの汚れなども,出発前に,ちゃんとチェックできるのです。

その他にも,愛車に万が一の異常があれば,明るい場所であれば,走り出す前に,それに気が付くこともできる訳です。
この辺り,「居場所が明るい」と言う事は,屋内自走式のオートバイパーキングならではのこと。
コンテナ型の駐車保管庫も,確かに「内部に収納」とはいえ,電気が来ていなければ,露天駐輪と,条件はさほど変わらいと言えましょう。

バイクの盗難に対する防衛性を重視した結果の屋内駐車場「アイドク」です。
同時に,走る上での安全面でも,屋内型に利点がある,と言うお話しでした。

ページの先頭へ

首都高速の新路線の開通

suzuki
2015年02月13日 11:38

既にご存じの方も大井と存じますが,来月初旬に,首都高速の新路線が開通します。
大井ジャンクション〜大橋ジャンクションの区間が完成し,中央環状線が完全に繋がります。

これにより,都内やその周辺から湾岸線へのアクセスなどが容易になる模様。
羽田空港へ行く際の渋滞の緩和が見込まれているそうです。

我々ライダーにとっては,アクアラインを巡りつつ房総方面へのツーリングも,より楽しめるようになりそうです!。

また,湾岸線から横浜方面へのコースも,快適になると期待できます。
私たちアイドゥのスタッフも,渋谷は初台方面のバイク駐車場から,西横浜のパーキングへの巡回ルートに活用出来そう!。

もう少し待てば,待望の春のツーリングシーズンがやって来ます!。
ちょうど新しい道路の開通とか重なったことで,昨年とまた違うツーリングルートを満喫できたら良いですね!。

【情報:http://www.shutoko.co.jp/company/press/h26/data/01/19_shinagawasen0307/】

ページの先頭へ

来るべき温かい季節を前に・・・

suzuki
2015年02月06日 14:33

昨年:今年と,雪に見舞われる機会が重なる二月です。

しかしアイドゥでは,既に春咲に向けて,三月からのご入庫の予定でのご契約希望のお問合せも頂戴しております。

アイドゥはすべてが屋内型の駐輪場で,さらにはは一見「過剰過ぎる」程の盗難対策を施してあるます。
場所も基本的には非公開ですし,ご見学を頂いた時点で,初めて詳細をご理解いただける,と言う部分もあります。

実際,バイクの契約から納車までの期間を使って,幾つかの駐車っ場を見てから選ぶつもりだった方が,
アイドゥのバイクパーキングを内見された時点で,即気に入って頂き,「その日にその場で即決!」となる事も珍しくありません。

私たちスタッフもバイクを愛する一員。来るべき納車を控えたライダーさんとの会話も,仕事ながらも楽しいものです。

そんな風に「その場で即決」のお話が多いアイドゥ。
ご契約手続きも,駐車場現地・場内でOK!。
屋外型やコンテナタイプのオートバイ駐車場では,殆ど例がない商談方法かもしれませんね(というか,出来ないか???)。

寒い季節ですが,気の通った温かい交流:ライダー同士の心の通ったお付き合い,大切だと考えております。

ページの先頭へ

It snows in the town.

suzuki
2015年01月30日 12:00

生憎な形で予報が当たってしまった首都圏。朝から雪の様相です。

足元が悪い状況で,電車やバスの動きも鈍っているようです。
こんな日は,何事にも余裕を持って行動したいものです,

さて,こんな寒い雪の降る日,オートバイは外に停めておくのは,ちょっと・・・

私どもアイドゥがご提供するバイク専用駐車場は,全て屋内タイプ。
今日のような降雪の際も,オートバイを汚さず必要以上に冷やさず,綺麗に万全に整えておけます。

晴れた日を待って,最初にバイクに触れるとき,路駐の場合は,まずは洗車する必要があるかもしれません。
アイドゥの月極バイク駐輪場に置いていれば,早々に乗り出すことができます。
冬場は晴れていても,日照が短く,朝晩は冷えてしまい,快適に走れる時間は限られます。
だから,手入れなどに余計な時間が掛かるのはもったいないですよね~!。

更にはコンテナ型のバイク保管庫では難しい,バッテリーの充電なども逐次しておけるのも屋内タイプのメリット。
事実上,鉄板一枚の囲いだけで,露天駐車とさほど変わらない条件のコンテナ型では,オイルの冷えも意外な敵。
冷えて硬くなりがちなエンジンオイル。実は屋内駐車の方は,バイク全体を必要以上に冷やさないで済むのも,隠れた利点です。
エンジンの始動も,タイヤなどの温まり具合も,案外と違うことが予想できます。

皆さま,次の晴れた休日は,どんなふうに愛車に接しますか?。
バイクと過ごす時間を有意義に活用する為にも,環境のいい駐車施設をご検討下さい。

ページの先頭へ

起伏

suzuki
2015年01月16日 15:51

アイドゥの根津オートバイ月極駐車場から,小石川地区のバイクパーキングへ向かう・・・

そんなルートで巡回している途中で,ちょっとした坂道を越えて行きます。
丁度東京大学がある辺りが頂上になるのでしょうか?。
バイクだから,多少の傾斜もアクセルの一捻りで難なく越えてしまいますが,もし歩きだったら…。

また,そのまま牛込〜市ヶ谷の地域の駐輪場へ向かうときも,道中にはかなりな傾斜が・・・。
江戸川橋の高速入口の付近では,ブレーキの効き具合のテストが出来ます(大げさ?)


こんな風に,都心部とも言えど,一寸した山越えという場所もあるのです。。

今は何処にでも様々な建物が立ち並び,坂でも何でも都市としての顔を見せている都内。
でも大昔は,風情のある山の様相もあったのかもしれません。
バイクもエンジンもない時代,人々は自力で坂道を上がり,てっぺんで下を見下ろしながら,一息入れていたのかもしれません。

オートバイの移動は,どんなに坂が急でも疲れず,快適で楽しいものです。
でも,下りや頂上付近など要所要所での徐行とか,必要な安全策は忘れずに参りましょう!。

ページの先頭へ

晴天の空の下

suzuki
2015年01月09日 15:17

お正月はいかがお過ごしでしたか?。

私はこの期間,幾つかの駐車場を巡回させて頂きました。
休みの期間は都心部の道路がとても空いて,日中のスクーターの移動も快適です。

途中,公園に立ち寄り,缶コーヒーで一服するのも気持ちいいものです。
勿論,そんな時は速やかにエンジンを止めて,遅んでいる子供たちを驚かさないように配慮します。


さて,年末年始は,転勤などでお引越しされる方も多いのではないでしょうか?。
このたび,アイドゥの小石川月極バイク駐車場を長くご愛用いただいた方が,移転のためにご退去されました。
後を確認させて頂きましたが,非常に丁寧に綺麗にご利用頂けました。
何度かお話もさせて頂きましたが,温厚で紳士的な振る舞いのライダーさんでした。

新天地でも良い環境のオートバイ置き場ありますように・・・・

そして,また後に素敵なライダーさんが入って頂けたら,とても嬉しいです。

ページの先頭へ

気まぐれナビゲーション

suzuki
2015年01月02日 14:47

年末年始となると。首都圏の道路は普段より渋滞が少なく。移動も短時間で済みます。
駐車場の巡回にスクーターではなく,四輪車を使っても,渋滞がなければ,苦痛も余り感じません。

大みそかの日に,池尻大橋地区のバイクパーキングへ巡回に行った際も,いつもより早く到着できました。
そのおかげで時間に余裕が出来たので,祐天寺方面の駐輪場へも訪れることがもできました。

普段なら,山手通りで代々木付近〜初台駅の付近を抜けるルートで向うパターンで回ります。
しかし今回はナビゲーションの案内に完全に任せて走ってみました。

そうしたらなんと,ナビは山手通りを示さず,環七を走るように指示してきます。
これだと,通常なら道中で参宮橋方面のオートバイ駐車場へも巡回出来るのに,そこを通りません。
しかも都内の重要コースたる環七,暮れとはいえ,渋滞も心配です。

「ああ,どうしようかな?」と思いつつ,そのまま進むと,更に環七から折れて,、通常なら絶対使わない道路に誘導します。
更には,裏手の住宅街の細い道をガイドし,車通しの擦れ違いにも気を使うことに…。

不安になりながらも走って行くと,急に見覚えのある光景が見えました。
どうも予想外に早く,目的の駐車場の裏手の路地に,誘導されていたのです。

「へぇ〜,こんな道順があるとは,気が付かなかった!」と感心してしまいました。

恐らく,このルートの途中の街道が,日頃は渋滞が多い為,ナビは普段は意識して避けて案内していたのでしょう。
混雑の具合が普段の日と違う為の,この日の特別の案内だったのだと思います。
しかし,こんな道があったとは!,意外な発見も有る者です。

そうは言っても,あまり慣れていない道ですから,日頃より注意しての安全運転を意識する必要があります。

バイクでのツーリングでも,初めて訪れるルートは,ワクワク感を覚えます。
今回の移動で,バイクに乗り始めて,道を覚えたての頃の,あの時のワクワクして気持ちを,ちょっと思い出しました。
ああツーリング行きたいな!!

ページの先頭へ

つかの間のクリスマス

suzuki
2014年12月26日 13:59

イメージ

年に一度しか会うチャンスの無いサンタクロース。

大人になると,その機会も,さらに減ってしまうと言うものです。
もし今でもプレゼントをねだれるのなら,僕はバイクに新しいタイヤを履かせたい,なんて考えます。

つかの間でしたが,街には煌びやかなイルミが溢れ,日々の慌ただしい空気を,そっと温かい雰囲気に変えてくれていたような気がします。

ところで,アイドゥのバイク駐車場には,姿の見えないサンタクロースが,一年中,場内に目を光らせています。

即ち,念入りに組まれた高度なセキュリティシステムが,常にあなたのバイクを,盗難などから見守っているのです。


さて,今年もいよいよ残り数日になりまりました。
少々慌ただしい中ですが,アイドゥではバイク駐輪場のご案内〜ご契約を,ぎりぎりまで承ってまいります。
お忙しい中とは思いますが,気になるパーキングがあれば,まずはご連絡下さい!。
ご見学の日程だけでも早々に決めて頂ければ,ご案内が優先できます。

ちょっと忙しい時期ですが,このタイミングで巡り合えた良い駐車区画は,サンタからライダーへのプレゼント,なのかもしれません!。

ページの先頭へ

年末になりました

suzuki
2014年12月19日 14:08

今年もあと二週間ほどになりました。
皆さま,お忙しく過ごしておられると思います。

そんな師走とて,少しでも時間が空いていると,天気次第では,ついついバイクで出掛けたくなってしまうものです。
そこは寒さと合わせ,体調には気を付けて,安全運転で行きたいところです。


さて,暮れも差し迫って来ると,急にバイク専用駐車場を求める方が増えて来ることがあります。

「新車の納車を年末までに」,とか,「帰省や旅行中に路駐が心配で」とか・・・

そんなことがキッカケになって,この時期に思い切って愛車の為に「安心して置けるパーキング」を!。
そのように思う方が,私どもアイドゥをご用命頂く次第です。

アイドゥでは出来る限り年内のご契約のご希望にお応えできるように体制を整える予定です。
ですが,より良い区画を狙うには,ちょっと早目のご決断が「吉」になると思われます。

特に代々木〜初台地区,あるいは祐天寺方面のオートバイ置き場は,例年は常に新年度の問い合わせが多くなります。
この土日,もしくは祭日でも,お問合せ:ご相談を承りますので,気になる駐車場があれば,ご遠慮なくお申し付けください!。

アイドゥの月極バイクパーキングは,全てセキュリティ設置の屋内タイプ。
大切なバイクを,安心してお預けいただけます。

ページの先頭へ

ウィンターシーズン

suzuki
2014年12月12日 11:15

12月になった途端に,スイッチが切り替わったか?,のように寒さが増して来た感ががあります。
ライダーの皆さま,寒中お変わりありませんか?。

こに時期になると,秋口と同じ格好では,ライディングにも気温の影響が出てきます。
私は先日,冬用のジャケット,ウィンターグローブ,防寒用インナーなどを着て,少し愛車に乗ってみました。

朝方はかなり寒く気が憂鬱でしたが,日中は日差しを受けて,それなりに快適に乗れました。
夕方前,暗くなる前に帰って来れれば,寒い時期も,そこそこバイクを楽しめると,改めて実感しました。

とはいえ,本格的な冬を迎えるのはまだこれから。
更に寒くなる中でもバイクを楽しまれる方々は,装備にせよ,バイクの調子を整えるにせよ,万全な対策をどうぞ!。

アイドゥののバイク専用駐車場にオートバイを停めているのなら,冬場のバイクライフにも,幾つかのメリットがあります。
場内に完備された電源コンセントを使って,バイクのバッテリーに逐次充電しておけることは強み。
いざ乗ろうと言うときに,バッテリーが弱っていてエンジンが掛からない!,という事を回避できます。

そして何よりも,屋内パーキングのメリットは,バイクを必要以上に冷やさないことです。
露天にカバーを掛けて停めていると,冬場のバイクは予想以上に冷たくなります。
冷えによって,バッテリーも弱りますし,オイル類もも冷たくなりがち。
油脂が固くなれば,エンジンやその他の機能にも負荷がかかり,愛車の調子にも影響します。

コンテナ式のバイク保管庫も,冷え冷えする鉄板に囲まれた中にバイクを置くのは,路駐とさせて変わらない条件とも考えられます。

ページの先頭へ

踏切

suzuki
2014年11月28日 13:37

以前,環八と国道15号線の交差点付近に遭った踏切が無くなってから久しいです。

かつては酷い渋滞が悩ましかったものですが,それもかなり解消されたようです。
私たちアイドゥのスタッフも,蒲田のバイク駐車場から六郷地区のパーキングへの移動が,非常に楽になりました。
また,馬込方面から西横浜の駐輪施設へ巡る際も,電車の通過待ちの時間が無くなれば,当然効率が良くなります。

オートバイ置き場のご見学やご契約をご希望のお客様を,少しでもお待たせしないで済む…。
道路の流れが良くなることは,私たちにとっても「大歓迎」です!。

一方,踏切が無くなる,すなわち線路の高架化や地下化が進む都心部です。
都内をバイクで走っていると,踏切を通過すると言う経験も,ほとんど無くなって行くのでしょうか?。

ツーリングで郊外に行った際,「線路を横切る」と言う行為が,新鮮に感じるようになる…。
未来には,そんな感情を覚えることがあるかもしれません。

通過の前,一旦停止して,左右の安全確認,と言う基本的なルール,忘れないようにしないと!。

ページの先頭へ

調布地区

suzuki
2014年11月21日 15:13

消費税の増税が一旦お預けになるようです。
私たちライダーも,バイクを買う際には,それ相応の消費税も収めている立場です。
他にも自動車税やガソリンにかかる税等も有り,様々な税率の変動には敏感にならざるを得ません。

さて,遥か昔,明治の代を迎える前には,「土地の名産品を税として収める」と言う習わしがあたっとか…。

特に織物などが盛んだった地は,布地を収めていた例もあるそうです。

地名で「調布」と呼ばれる地域は,その名残だと言われているようです。

現在の世の中で,アイドゥのバイク駐車場がある辺りも,布の生産が盛んだった場所なのかもしれせん。

さて最近,朝晩は冷え込みが辛くなってきました。
日中は穏やかで,気軽な格好で走りに出掛けても,帰り掛けは寒くて,ライディングが辛くなることも有り得ます。
出掛ける際は,普段のウェアの他に,「あと一枚」,布(着る物)を持って行くのが良さそうです。。
どうぞお風邪など召されぬように,楽しいバイクライフをお過ごしください。

アイドゥでは,調布市内に二か所のオートバイ用月極駐車場を運営しています。
そのやや北側の,三鷹〜吉祥寺方面にも,バイク専用の駐輪施設がございます。
併せれば,相当数の二輪車のパーキング区画を提供していることになります。
全て大型バイク対応の屋内タイプ。どうぞご活用ください。

ページの先頭へ

祐天寺

suzuki
2014年11月14日 11:47

アイドゥでは,目黒区及び世田谷区(目黒〜自由が丘)の周辺地区にもバイク用月極駐車場を運営しています。
そのうちの一つに,「祐天寺パーキング」と呼んでいる駐輪施設があります。

祐天寺と言うのは,かなり有名な寺院。
少し調べてみると,「祐天」と言う和尚が,余生を過ごす為に,この地を選んだのだそうです。

残念ながら祐天ご本人は,ここで過ごすことなく天に召したそうです。
しかし,この地で暮らすことを理想とした聖職者が居たという事。
ここが当時から,穏やかに暮らすにふさわしい,素晴らしい環境だったと考えられます。


そんな地に在るバイクパーキング・・・。

バイクにとってもライダーにとっても,利を得られるパワースポット的なオートバイ置き場なのでは?。

どうぞアイドゥの祐天寺駐車場をご活用して頂ければ,と存じます。

ページの先頭へ

バイクDE通勤

suzuki
2014年10月31日 11:35

アイドゥの代々木地区や渋谷地域の駐車場をご利用の方で,バイクを通勤の手段として利用されている方が居られます。
ある方は,ご自宅から代々木のパーキングまでバイクに乗って来て,そこから新宿方面の職場に移動されているようです。

また,世田谷にお住いの方が,馬込の駐車場へバイクで来て,地下鉄に乗り換えて出勤と言う事例も伺っております。
都内も杉並や三鷹付近では,意外と南北方面の鉄道網が少ないと言う事情があります。
その為,山手通りや環七の付近にあるアイドゥのバイク駐輪場は,バイク通勤族の皆さんに重宝されているのです。

これから日没が早くなる季節です。
通勤や通学で日々走るライダーさんには,暗くなるご帰宅時の運転に要注意です。

アイドゥの月極オートバイ駐車場は,全て屋内自走式。
場内は十分に明るい照明が備わりますので,夜間でも取り回しは楽に迅速に行えます。

コンテナボックスなどでは,中に電気を引けませんから,灯りを灯すことは出来無い例が大半。
そのため,夜間の収納などでは,案外面倒に感じる可能性があります。

「多少暗くても,取り回しなんて毎日やってれば慣れるし,些細なことだ!。」

そんな声もあると存じます。

しかし,毎日の些細なことだからこそ,日々重ねて行くと,環境の質は,意外と響いてくるものです。
とりわけ,これから寒さも増え,お体にも負担が掛かってきます。
安全運転で移動し,しっかりと良い仕事に勤しむために・・・,
それには,毎日のバイクの取り回しでの些細な負担も。なるべく少ない方が良いに決まっています。

また,明るい場所にバイクを停めると,万が一の異常や故障など,見逃す可能性も減ります。
毎日乗るバイクだからこそ,状態を客観的に確認できる環境も,重要な要件です。

お休みの日には楽しくツーリングに行けるように・・・,
そのためにも,日頃の負担や安全に,アイドゥの駐車場はお役になると考えます。

みなさま,毎日ご苦労様です。

ページの先頭へ


などなど,最近,往年の名車のブランドネームを引き継いだニューモデルが登場しています。
一部車種種は,日本向けにも販売が決まった物もあるようです。

当時からの品位を受け継ぎながら,現代の技術が詰まったその乗り味に,興味を持たれている方も多い事と思います。

発売までには未だ時間が掛かる車種も有りますが,今年の末から来年に掛けて,ニューモデルが楽しみな秋です。

そんな訳で,せっかくの新車,屋外の駐輪施設に置くのは,ちょっと気が引けます。
ましてや,かつての名を継いだ,洒落たスタイルのバイクなら尚更!。

発売前のバイクは,車体寸法が発表されていない場合もあります。
でもアイドゥは殆どの大型バイクを許容できるように,区画を整えています。
なので,「未だ見ていない新車,借りてるコンテナボックスに収まるかな?」と言う心配は,まず不要です。

それに,屋内自走式のアイドゥのパーキングなら,「格好いいバイクを眺めて楽しむ」のも打って付けですよ!。

ページの先頭へ

季節は秋

suzuki
2014年10月17日 11:34

首都圏では青空が冴え広がった良い日和になりました。
フラッとバイクに乗って出掛けたら,気持ちよさそうです。

もう少ししたら,各地から紅葉の報せも入ってくる時期でしょうか?。
ツーリングがてら,鮮やかに染まる自然の描写を堪能できるのは,この時期ならではですね。


他方,先刻は大きな台風が立て続けに発生したりと,天候への注意も欠かせません。

私個人も,以前は庭先に車体カバーを掛けた状態で,バイクを停めていました。
風が強いとカバーが捲れてバイクが汚れるのが,心情的に辛いものでした。

また,風邪でカバーが揺らぐ音なども悩みの種。
そんな音が,ご近所さんへのご迷惑になっているのでは?,という事も心配になりました。

そんな色々な理由から,バイクは出来るだけ,屋内の環境に駐車するのが得策です。
アイドゥが運営している屋内自走式のオートバイ駐輪場を,皆様の愛車の定位置としてご活用ください。

雨上がりに出掛ける際,濡れたバイクカバーの養生してから出掛ける手間暇もないですよ!。

ページの先頭へ

月食 赤月

suzuki
2014年10月10日 11:34

イメージ

先日の皆既月食,皆さまはご覧になれましたか?。

私は運よく,雲間が晴れたタイミングに恵まれ,しっかりと観察できました。

せっかくなので,写真も摂ってみました。

以前から持っていた,フィルムカメラで使っていたズームレンズと,今年手に入れたデジカメの組み合わせ。
月を大きく撮るには,少しズームが足りません。

ファインダーを見た限りでは,凄く小さくしか見えない月。
が,自宅に戻りパソコンで切り取り,拡大して観たら,しっかりと撮れていました。

天体が不思議な色に染まりつつ,徐々に見えなくなって行く様子は,神秘的で感動しました。


ややアナログな古いレンズと,新しいデジタルのカメラとパソコン,そんな組み合わせ。
そんな構成で,自然の世界を観察する・・・。 なかなか楽しい行為でした。

バイクでも,従来からあるガソリンを燃やして馬力を得るエンジンに,燃料噴射や点火システムの電子化が入りました。
燃費や環境面を配慮しつつ,走りの楽しさを阻害しないための組み合わせが,すでに定着していますね。

「オートバイを停める駐車場」と言う私どもの業種も,敢えて言えば,アナログな分野なのかもしれません。
しかし,アイドゥのバイクパーキングは,盗難対策などには,積極的に最新のハイテクな機器を採用しております。
どうぞ安心して,バイクをお楽しみください。

ページの先頭へ

motogp 日本ラウンド

suzuki
2014年10月03日 11:34

10/12より,いよいよ開催の,ロードレース世界選手権:日本ラウンド!。

シーズンも終盤になりました。日本のもてぎ戦は,いつの間にか,この時期の開催が定着しました。

昨年は悪天候の影響で,練習走行も予選開催もままならぬと言う,難しい状況下でのレースも有りました。
今年は,選手にも観客にも,良い環境下で,素晴らしいレースイベントになって欲しいと望みます。
特に最高峰クラスは,このレースで年間チャンピオンが決まる可能性もあるとの事。
それだけに,総合優勝を決めたいライダーも,それを阻みたい選手にも,白熱した争いが出来る環境が欲しい筈です。

他のクラスのレースも,ポイント争いが拮抗していています。
日本人ライダーの特別枠での出走もある様ですし,この辺りの走りにも期待が持てます!。

詳しくは・・・http://www.twinring.jp/motogp/

ページの先頭へ

大型バイクの季節

suzuki
2014年09月26日 11:57

毎年ながら,この時期になると,大型バイクを購入される方が増えて,駐車場のご用命も多く頂くようになります。

ハーレーやBMW その他の外国車にせよ,日本製の高性能バイクにせよ,今の時期の納車と言うのが多いようです。

かねてから予約しておいたバイクがようやく納車になる!,と言う皆様,
夏の期間に教習を受けて免許をとった!,そんな方々!,
バイクデビューおめでとうございます!!。

酷く暑い夏の時期も去り,特に朝晩は過ごし易い気温になりました。
工作精度が良くなった昨今のバイクですが,やはり新車当初はエンジンの慣らし具合によっては,発熱も多いかもしれません。
涼しくなった今の時期は,新しいバイクでの慣らし走行も,夏よりは楽に行えそうです。

そんな訳で,月極オートバイ駐輪場の需要やお問合せも好評です。
新車にふさわしい置き場が欲しい,バイクを室内の良い環境に停めたい,と思ったら,早いうちに,お気軽にアイドゥへご相談ください。

ページの先頭へ

ショートツーリング

suzuki
2014年09月19日 11:40

イメージ

日頃慌ただしく行動して,僅かに取れた自由時間。
そんな貴重なプライベートタイムも,ご家族や友人と過ごすことが優先で,思うようにバイクに乗れない…。
やり残した仕事に充てる時間も必要…。そんな方も,意外と多いかもしれません。

私も先日の休日,夜から外せない公的な約束があったものの・・・せっかくの穏やかな晴れた日より・・・。

どうにも気持ちが動き,日中の僅かな時間ほどですが,走って来てしまいました。

ゆっくりとじっくりと愛車と戯れるには,やや時間が足りない感はあったものの,それでも気持ちは満足!。
こんな,安らぐ穏やかな光景のある場所に, サッと行って来れるのも,バイクの特権かもしれません。

帰路の高速道路が渋滞する前に,スイスイと走って帰宅。
混み合う時間を避けて走れれば,バイクのエンジンにも悪い影響も出難いかもしれません。

朝方から日中の良い頃合いにバイクを楽しみ,午後には帰宅して,ご家族と過ごす時間を作る。
そんな風なバイクライフ,如何でしょうか?。

あ!,アイドゥのユーザーの皆さまは,バイクで直接帰宅するのではなく,バイク専用の月極駐車場に停めてから,お帰りになるのでしたね。

自宅からやや離れた場所の駐輪場に愛車を置いての往復は,少し面倒かもしれません。
但し,その移動の時間で,ライダーとしての自分と,ファミリーとしての自分との,気持ちの切り替えが出来るキッカケになるかもしれません。

駐車場の形式によっては,入退場時の取り回しに手間が掛かって余計な時間を取ったり,盗難対策が不十分で心配な気持ちで帰宅したり…。
そんなことが無いように,アイドゥのバイクパーキングは,様々な配慮をしています。

どうぞ,バイクを降りてからも,素晴らしいプライベートタイムをお過ごし下さい。

ページの先頭へ

秋めいて三連休

suzuki
2014年09月12日 12:00

私はコーヒーが好き。最近は喫茶店に入らずも,コンビニで美味しい珈琲が買えるようになりました。
ちょっとバイクで出掛けた帰りでも,店先でバイクを眺めながらコーヒーを飲むことが増えました。

先日も所要で根津地区の駐車場へ出向き,スクーターでの帰り道,いつものようにコンビニに立ち寄り…
そして何気に空を見上げると・・・ きれいな夕焼け。そして反対側の空には大きく輝く満月・・・。

秋の気配を感じる中で,非常に幻想的な空の光景でした。

暑さも一段落。お出掛けするにも良い頃合いですね。
そろそろ,メッシュのサマージャケットを仕舞って,秋に向けたのライディングウェアを用意することにしましょう。

ツーリングに行く皆様,夕方からの意外な気温差に備えて,どうぞいい旅を!。

ページの先頭へ

バイクの盗難 傾向など

suzuki
2014年09月05日 11:11

スマホの普及により,日頃から頻繁にSNSを活用する機会が増えました。
気の合った仲間と逐次情報交換ができたり,さらに広い交流を持てたり,色々と有意義です。

私も便利に使っていますが,どうも最近,SNSで,「バイクを盗難された」と言う旨の書き込みを見る機会が増えました。

中でも最近とくに多く見掛けるのは,70年代から80年代に名をはせたバイクたち。
一時はバイクの盗難と言えば,外国車が多かった印象ですが,このところ,また違う傾向が出てきた模様です。

盗まれたバイクの情報を即時に仲間内でシェアでき,また「仲間の仲間」と言う広い繋がりで,情報が伝わります。
初期の捜査が重要ながら,それが困難な盗難では,情報の伝わりの速さは大切です。

しかし,基本は,盗難されないこと。一番大切なことは対策です。
最近のバイクはメインキーにイモビライザーなどの対策装備がなされ,連動で掛かるハンドルロックも強固になっているようです。

かつての名車たちでは,ハンドルロックがメインキーと別になっているバイク例が多くありました。
キーの操作が二か所必要なのは億劫ですが,屋外に停める際は。面倒でも,ロックを怠らないようにしたいものです。

繰り返しますが,盗まれないのが一番重要です。
日頃のバイクの保管は,盗難されにくい屋内の環境に駐車するのが適切です。
屋内駐車プラスセキュリティ重視の,アイドゥのバイク月極駐車場を活用して下さい。

ページの先頭へ

気温差

suzuki
2014年08月29日 12:03

暑い暑い!,と言っていたのに,首都圏は急に雨も混じる涼しい気候になりました。
突然の気候の変化に体がついて行かず,体調管理も大変です。
皆様,くれぐれもご自愛ください。

さて,(毎度書いてまして恐縮ですが)気温が下がると空気の膨張も下がります。
少し前の暑い盛りに調整したタイヤの空気圧も,今の気候の具合で変わっているかもしれません。

気温が下がったことで,思った以上に圧が低くなっていると,走りにも影響します。
パンクの可能性なども出てくるので,気を付けたいところです。

アイドゥの月極バイク駐車場には,ポンプやエアコンプレッサーなどがありますので,上手に活用して下さい。

ページの先頭へ

コンビニで一息

suzuki
2014年08月22日 11:46

例えば,小石川の駐車場から馬込地区のパーキングを回る巡回ルート。
或いは,調布地区の駐輪施設を診てから上野方面への移動。

このようなパターンでは,意外と長い時間を要すことがあります。
アイドゥのスタッフとしては,出来ればバイクで移動したいところ。
でもクルマを使う際には,渋滞などを考慮し,掛かる時間をしっかり配慮しなければなりません。

そんな中,道中に新しいコンビニが開業しているのを見つけると,ちょっと嬉しくなります。
長い道中,ちょっとクルマを停めて,お手洗いを借りたり,必要な備品を買ったり・・・・,
時にはお弁当を買って昼食,なんてことも。
最近では美味しい珈琲も買えるようになったのも,嬉しい限りです。


バイクで出掛けるツーリングでも,コンビニは重宝しますよね!。

ちょっと郊外の郊外へ行くと,駐車場が広くてビックリすことがあります。
ここでは,クルマやバイクの他,大型車の人も利用することが考慮されているのでしょう。
色んな車種がやって来て,お店に入るお客さん:特に子供もいることも多々あります。

バイクで行って入店の際,こんな時こそ,ライダーにはモラルなどが求められる場面です。
敷地内での安全や,騒音の配慮など。。。
日頃から月極駐車場で守っているマナーを,ここでも基本としたいものです。

ページの先頭へ

普段と違う道路事情

suzuki
2014年08月15日 10:56

お盆休みという事もあり,お出かけされている方も多いと思います。

私は先日,久しぶりにアイドゥの西横浜バイクパーキングへ巡回に行きました。
その際も道路が普段より空いていて,移動の効率が非常に良く,時間のロスが少なく,助かりました。
普段から,こんな風にスイスイ走れたら良いなぁ,と思いましたが,それは贅沢なのかな?。

他方,ラジオを聞くと,今日の朝の段階で,高速道路の下り路線が渋滞しているとの事。
皆さん,夏の休みの最後のお出かけでしょうか?。
中央道も,あまり流れが良くないようです。
うーむ?,もし調布方面の駐輪場に出向く用事が入ったら,下道で行くかな?。


今日の首都圏は良い天気ですので,レジャーもエンジョイできそうですが,道中は安全運転でどうぞ!。

空いている都心の道路も,混み合う高速道路も,どちらも普段とは違う道路状況です。
幾ら都内の道が空いているからとはいえ,極端なペースアップは要注意です。
また交通量が増えた高速道路や観光地の道など,低速走行が続く状況でも,油断は禁物です。

普段と違う状況下での運転こそ,本当の意味での「安全運転」が問われます。

ページの先頭へ

早朝 夕闇

suzuki
2014年08月08日 11:53

ご通勤でバイクを使われている皆さんにとっては,夏の時期は暑さが辛い時期ですね。

とにかく日中は毎日のように,ジリジリの日光の強さが,ライダーにとっては辛いものです。
それでも朝の早い時間帯での出勤や,夕方の帰り道では,多少は快適と言えるかもしれません。


さて,あと少しでお盆休み,と言う方も多いかと思います。
お休みを楽しく過ごす意味でも,日々の通勤や通学でのバイクライディングでは,くれぐれも事故に気を付けたいものです。

さて,夏の休暇の時期ですが,意外な穴場区画や,日頃は空きの少ない地域の駐車場の希少物件などが出てくることがあります。
もし気になるパーキングがあれば,どうぞご連絡をください
世間が「お盆休み」と言うときでも,ご相談次第で,ご見学やご契約に可能な限り応じさせて頂きます!。

オートバイ屋さんも一斉に夏休みに入ります。

 「お店が閉まる前に新車の納車を!,でも置く場所が!?。」
 「せっかくの休みの間にこそバイクを買って乗り始めたい!,しかし駐輪場が確保できないから納車もお預けだ・・・。」

はい,そんな風になら無いように,バイク用月極駐車場を,早めに押さえてしまって下さい!。

ページの先頭へ

夏本番!

suzuki
2014年08月01日 12:10

暑いです! 本当に暑いです。

スクーターでの駐車場の巡回も,ちょっと苦痛な時期です。

6月位の頃は,馬込から池尻地区へのパーキング巡りで環七を走ったりするのも,いい気分だったのに。
真夏の時期を迎えると,わずかな走行でも,結構からだに堪えます。

近年のバイクは優秀です。
インジェクションシステムなど,コンピュータによるコンディション管理が確実。
高温の状況でも,大きなトラブルもなく走ってくれるのは,頼もしいものです。

とはいえ,メカニカルな部分に掛かる負担は,それ相応になっていると予想できます。
オイル類への負荷や,タイヤの消耗など,思わぬトラブルに繋がる事も考えられます。

勿論,乗り手のライダーの体の調子も,忘れてはなりません。
暑い最中,走行中に水分を摂ることは困難ですし,やはり適度な休息が欠かせません。

ライダーが疲れを感じたら,適度な休息を入れる:無理な計画を取らずに楽に楽しむ。
それはバイクのコンディションにも,良いことと言えそうですね。

ページの先頭へ

納税期限です

suzuki
2014年05月30日 14:04

二輪車の税金の支払期限が,明後日31日までになっております。

丁度,土日に掛かりますので要注意です!。
地域によってはコンビニからの納付もできるので,活用して忘れないようにしたいものです。


ページの先頭へ

電装品

suzuki
2014年05月23日 12:01

「ついに!」と言うべきか?!
高速道路用ETC車載器を標準で搭載して販売されるバイクが出てきたそうです。

バイクの場合は四輪車用と比べ,遥かに値段の高い車載器を必要とします。
取付や配線,そして手続きなども含めると,トータルのコストはかなりなもの。
作業も結局は半日〜一日を費やす場合もあります。

例えばバイクを新しく乗り換えた場合,移設の作業もまた手間と費用のかかるもの。
もっと普及して,最初からすべてのバイクに搭載されるようになるでしょうか?。
バイクを買い替える度に,移設などに掛かるコストをユーザーが負担せずに済むようになればありがたいですね。


さてETCのみならず・・・,
グリップヒーターやナビゲーションなど,バイク用の電装品は以前より様々に種類が増え,普及しています。
また時計にせよ,盗難警告用の仕組みにせよ,すべては電気を使う仕組みです。

バイクを停めている際でも,微量とはいえ,バッテリーの中に蓄えた電気が使われていることでしょう。
ましてや,フューエルインジェクションにABSと,走行時に使うハイテクも増えています。

バッテリーも発電機も,従来よりも強力になっていると想像しますが,使う電気も増えている最近のバイクです。
日頃,駐車場に停めている間にバッテリーを逐次充電する,という事が,当たり前になる日も来るかもしれません。

アイドゥは,全て屋内タイプのバイク置き場です。

なのでコンセントからの簡易充電器の利用も容易です。

また,入り口で外敵をシャットアウトしています。
ですから,不意にバイクの盗難防止アラームが鳴り,それでバッテリーの電気を使ってしまうことも回避できます。
掲載済み

ページの先頭へ

city run

suzuki
2014年05月16日 17:35


駐車場の巡回やご案内で,都内を移動する機会が多い私たちです。

今の季節は気候も良く,時にスクーターで都心部を回ると,気持ちがいいものです。
とりわけ,日曜日の日中は,日頃は混み合う幹線路が予想外に空いていることも!。

私もバイク乗りの端くれ。
こんな時は,非常に楽しく走れ,「この仕事をしていてよかった!」と思います。

先日も,蒲田〜馬込〜代々木方面への移動にスクーターを利用。
中々充実した時間でした。(←おいおい,ホントに仕事してるのか?)(ーー;)


しかし,この時期は日中はポカポカですが,夕方以降は少し涼しく感じることもあります。
夜になると更に,体の疲労と気温の低下が重なり,予想外に寒く思うことも?。

日中の陽気に誘われたまま出掛ける一時は格別です。
でも,念のため,ジャケットの下に偲ばせる一枚を持って行った方が良さそうです。

早く戻るつもりでも,余りの気分の良さに,以外にも遠回りしてしまうこともあるでしょう。
どうぞご用心を!,疲れや冷えを感じたら,無理せず一旦止まって小休止。
暖かいものでも口に入れてみると良いでしょう。

どうぞ落ち着いて,ユックリ安全にお帰り下さい。

ページの先頭へ

五月の良い陽気

suzuki
2014年05月09日 13:51

連休はいかがお過ごしでたでしょうか?。何かいいこと有りましたか?。

休みの日もアイドゥのスタッフは,逐次交代しながら休むと言う働き方です。
(休日でも出来る限りお客様のご要望に対応できるように構えております。)

そんなことで,連休にも馬込や代々木地区などの駐車場の問い合わせを頂きました。
三鷹台のバイク駐車場では,ご契約も頂きました。本当にありがとうございます。


まだいくつかの駐車場には,少ないながらも空き区画が残っている所もございます。
気になる駐車場がありましたら,どうぞお問い合わせください。

またご希望の地域のバイクパーキングが満車の際も,空きのある別の駐車場での順番待ちも可能。
希望の場所が空き次第,移転して頂く分には,面倒な再手続き等も不要です。

気功が良い時期ですが,もうしばらくすると雨季が来ます。
悪天候でもバイクを濡らさず汚さずに停めて置けるアイドウのバイク専用駐車場です。
今のうちに,良い区画を確保して下さい!

ページの先頭へ

気持ちに余裕を持つこと

suzuki
2014年04月25日 11:52

イメージ

日頃私たちが詰めているオフィスの,エントランスの脇手の花壇。
誰が育てているのかわかりませんが,きれいな花が咲いていたのでパチリ。

日頃,どうしても忙しく動く癖のある現代人ですが,時にはちょっと周囲を見渡してみると…
こういう小さな感動があったりして,少しばかりの気持ちの安らぎになりますね。

バイクを自宅から離れた駐車場に停めて置き,乗る度に歩いて移動するのは,ちょっと面倒かもしれません。

しかし,歩いている最中に,「スピード移動」では見落としてしまうような小さな光景に気付く・・・。
ツーリングの前に,そんな風に「気持ちに余裕を与えてくれるモノ」に巡り合うのは,すてきなこと。
気持ちにゆとりを持って,安全運転でツーリングを楽しむキッカケにもなるでしょう。


ところで五月の連休がいよいよです!。
アイドゥでは,この期間でもバイク用月極駐車場のご用命を承ることが出来る様に構えております。
空き区画があれば,ご見学頂いたその場で即契約もOKです!。

「連休中はバイク以外の方法で旅行に出る」と言う方も,万全なセキュリティで愛車を守れるパーキングは如何ですか?。
長い外出の際も,イタズラや盗難な心配から解放されれば,気持ちに余裕を持って,より旅が楽しめます。

折しも国産メーカーから色んなニューモデルが登場してくる時期です。
パーキングの需要も増してきますので,日頃満車率の高い駐車場(中目黒〜不動前地区 三鷹台近隣)などは,この時期を狙って頂けると,ご案内がスムーズにできる可能性があります。

ページの先頭へ

お花見RUN!

suzuki
2014年04月18日 11:48

イメージ

本日の首都圏はあいにくの空模様ですが,この週末は回復傾向のようですね。

先日私は,晴れた気候の下で,ちょっとしたツーリングを堪能して参りました。

短時間ですが,奥多摩方面にバイクを走らせて来ました。

湖畔の桜は,まだこれから咲き揃っていくのかな?・・・。

都心部では既に見れなくなった桜ですが,場所によっては,まだまだ楽しめます!。


この日は夕刻から用事があったので,本当に駆け足でウェインディングを巡って帰って来ました。
しかし,湖沿いで缶コーヒーを飲みながらの休息タイムは,実に気持ちよく過ごせるものです。
時間に余裕があれば,もう少し寛ぎつつ,周辺を更に走ってみたい気持ちでした。


もし少し帰りの時間が遅くなっても,アイドゥバイク用月極駐車場は,出入りの時間制限は原則ありません。

例えば,車庫の入退場の時間帯に決まりがあったりすると,そこに間に合せて慌ただしく帰路に就くことになります。
また,レンタルバイクで出掛けても,返却の時限が決まっていると,やはり急いで戻る必要もあるでしょう・

そんなことを思うと,自分の愛車があって,しっかりとした駐車の「定位置」がある事はとても重要です。

安心してゆっくり帰って来れること環境があることは,結果的には安全運転に繋がるはずです。

いずれにしても,気温も良い頃合いです。バイクに乗るのに,最も快適な時期です!。
どうぞ皆様も,安全で充実したバイクライフのために,パーキングをじっくりと選定してみて下さい!。

ページの先頭へ

サクラ情緒 

suzuki
2014年04月11日 12:00

桜と言う花は,咲いているときは勿論,散り行く姿も,また見栄えがあります。

早めに咲くものもあれば,やや遅れて咲き出す品種もあり,短いようで,長く様々な様子が楽しめます。


都内では,中目黒の川沿いの桜並木が,名所の一つとして有名ですね。

私たちアイドゥのスタッフも,この桜名所には縁があります。

この付近にあるバイク駐車場の巡回で,付近をよく通るのです。

しかし仕事絡みですから,なかなかじっくりと眺めて歩く機会は,めったにないと言う・・・
常に車やバイクでの移動が基本の私たちは,通りすがりに付近の様子を眺めるばかりです。

時にはゆっくり歩いて,街並みを散策したい。そんな機会も作ってみたいとは思っています。


(目黒地域のオートバイ用月極駐車場ですが,他にもアイドゥでは不動前地区や祐天寺近隣などに展開しています。)

ページの先頭へ

甲州街道

suzuki
2014年03月28日 14:49

国道20号線と言えば,都内から西へ向かうルートとして重要な路線です。
学生の頃を振り返ると,ちょっと遠出する際に頻繁に通っていた思い出があります。
(中央道を使うには料金を気にしていた時分です)(^^)

アイドゥで仕事をするようになった今でも,利用することがあります。

新宿は代々木地区:初台地区の駐車場から,調布市内の柴崎:布田のバイクパーキングへ・・・
巡回で駐輪場を回るにも,甲州街道は欠かせない道路です。

西新宿から環八までは高架橋が多く,また西側では旧道と並行していたり…。
と,道中で趣が変わることもあり,時に夜などにユックリ流してみると,気持ちのいいルートです。

三鷹台月極バイク置き場への巡回も,少し北上すれば,一緒に済ますこともできます。,
アイドゥのスタッフとしては,甲州街道はかなり所縁深いコースです。

ツーリングでは並行する中央道で一気に西へ飛びますが,時に国道めぐりも楽しいものです。


ところで,あと数ヶ月で,圏央道が,八王子から南へ伸びて,東名高速と接続します。
すると,伊豆や箱根へのツーリングルートが大きく変わるかもしれません。

代々木からも,調布からも三鷹台からも,快適な高速ルートで,一気に厚木まで行けるのです。
これには私個人も,大いに期待しているところです。

新しい高速道路と,古き良き情緒を保つ街道・・・。そんなお話でした。

ページの先頭へ

卒業シーズン

suzuki
2014年03月14日 12:02

何時も通る幼稚園の前。今日は普段より賑やかです。
スーツ姿のパパが居たり,カメラを構えたママも居る,珍しい光景だな…

と思ったら,どうやら卒業式のようです!。


「この子たちが,いつかは免許を取って,一緒にツーリングする日が来るのかな?。」
バイク乗りのパパやママなら,こんな風な想いも有るかもしれません。

園を巣立って,小学校から中学へ,更に勉学を積んで社会へ羽ばたく・・・

バイクでも,そんな風にステップアップしながら,徐々に排気量の大きいものに乗り換えるのが順当。
最初は原付?,そしてステップアップして,やがては憧れの大型バイク,と言う流れ・・・。


アイドゥのお客さまでも,免許を取ったばかりのライダーさんが訪ねて来てくれることがあります。
何時だったか?,不動前のバイク駐車場をご契約いただいた方で,

「当初は250ccを購入するけど,やがてはもう少し大きいものに乗ってみたい!。」

という事で,最初からスペースの広いパーキングを選えんでおきたい,とのご希望。

そして一年くらいした頃でしょうか?。「大型免許が取れて,イタリヤ製のバイクに乗り替えました!」

そんなご報告を頂いたことがあります。


親心,という訳ではないですが,アイドゥの月極バイク専用パーキングが,ライダーさんの思いを育む環境になっているとしたら…
それならば,スタッフとしても嬉しいものです。

ページの先頭へ

ドライブチェーン

suzuki
2014年03月07日 14:01

春の兆しを感じる最近です。
朝晩はやや冷えることもありますが,日中に感じる穏やかさには,はやり気持ちがときめきます!。

徐々にバイクが楽しくなってくる時期です。
寒い時期はあまり乗らずにいたバイク。そろそろ本格的に乗り出す準備を始めるタイミングですね。

毎度言ってますが,先ずはタイヤの空気圧を整えましょう。減りや痛み具合の確認も忘れずに。
そしてエンジンオイルの量,ライト類はきちんと点くか否か?。ブレーキの作動状況は?。

それから,ドライブチェーンの様子もチェックしておきたいものです。

冬の間に,差しておいた油が固まってしまったかもしれません。
その際は,適切なクリーナーを噴いて拭き上げ,改めて注油してもいいかもしれません。

伸びや張りの具合もチェックしましょう。

気を付けたいのは,注油の時に,油がタイヤなどに掛かってしまうこと。
劣化や滑りの原因になりかねないので,気を付けて確実に行いたいものです。
陽は延びてきましたが,オイルやケミカルを使う作業は,安全の為にも,出来るだけ明るい中で行いましょう。

アイドゥは全ての駐車場が屋内ですが,場内の照明で,昼夜問わず,明るい中で作業が出来ます。
バイクの調子がちょっと気になる時には,ツーリングの前の晩にでも確認しておけるのは,コンテナや露駐には無いメリットの一つです。

とはいえ私など,バイクにかまけてなんとなく夜更かししてしまうのは,悪い癖ですね(^^ゞ
しかし,どうせなら,よりバイクの調子をベストにしてから出掛けた方が,気持ちよく良し走れます。
どうぞ皆様は,翌日のツーリングに差し障りない範囲で,アイドゥのパーキングの環境をお役立て下さい。

ページの先頭へ

豪雪

suzuki
2014年02月21日 11:38

予想外に雪の影響を被っているしまった日本です。
様々な被害も報告されていますが,一刻も早い復旧をお祈りいたします。

さて,首都圏では徐々にバイクで走れる状況になってきました。
まだまだ,道端に残された雪の山や,路面に散った雪の凍結など,思わぬ危険も考えられます。
走行時には,くれぐれもお気を付けください。

少し気を付けたいのは,遠方から都心部へ走って来るトラックや,長距離運行のバス。
彼らはどうしてもルーフに積もった雪の処理が甘くなっています。
屋根に乗った雪が,走行中に急に路面に落ちて来ることがあります。

バイクで走っているときに,少量とは言え,雪が目の前に落ちて来ると,びっくりします。
大変危険ですから,大きな車の後ろを走るときは,とりわけ車間距離など,普段より注意した方が良さそうです。


さて,この雪のお足元の悪い中でも、三鷹台地区や豪徳寺、馬込などのバイク駐車場を内見して頂くお客様がいらっしゃいまいた。。
いくつかのパーキングでは、ご契約を頂来ました。本当に有難うございます。

巷では冬季オリンピックで賑わってますが、アイドゥでは季節を問わず、金メダル級の駐輪場を目指して精進します。


ページの先頭へ

降雪続き

suzuki
2014年02月14日 11:56

二週連続の週末の雪。一体,雪だるまがいくつ作れるのだろう?・・・

でも,解けない雪はありません!。安全に乗れる状況になるまで,ちょっと待てば良いのです。
安全にバイクを駐車しておけるアイドゥの二輪専用月極パーキングで,暫し愛車を休ませてあげましょう。

そして乗れるようになったら…

乗り始めの前に,パーキングの場内で,まずはタイヤの空気圧をチェックしてからお出かけ下さい。
気功が冷える傾向で推移している時期です。温度が下がれば空気の膨張も下がります。
ちょっと乗れない期間があった時は,恐らくタイヤのエアも思ったよりも下がってる可能性があります。

アイドゥでは,ポンプ若しくはコンプレッサーなど,幾つかの備品が駐輪場内で自由に使って頂けます。
ただ単に,「工具類がある」という事ではありません。
屋内式の駐車場なら,場内の明かりを灯せば,出発前の愛車の安全の状態のチェックも容易なのです。

コンテナパーキングにも,自前のツールを置いておけます。
が,もし夜などの暗い状況下では,ごく簡単な作業も捗りません。
結果,安全のためのチェックも疎かになる例もあるかもしれません。

ページの先頭へ

突然と降雪

suzuki
2014年02月07日 11:57

冬なので,首都圏でも何時突然と雪が降る可能性があるのは判り切っていること。
でも,割と暖かい日が続いた後に,いきなり降雪を食らうと,やはり焦ってしまいます。


アイドゥでは全てのバイク用月極駐車場を,屋内パーキングの形式で運営しています。
なので停めているバイクに雪が被ったりとか,そんな心配は不要です。

とりわけ,日頃から露天に愛車を停めている方には,冬場に雪は非常に悩ましいことだと存じます。
せめて車体カバーは必須ですが,雪が解けずに残れば,エンジンの冷えの他,汚れや結露の処理も厄介です。

では,コンテナボックスでのバイクの保管は?。
これは直接バイクに雪が掛かららいと言う点では,露天よりは良好でしょう。
しかし鉄と言うのは,一旦温度が下がると,なかなか温かみが戻って来ない素材です。

周囲に雪が解けずに残ってしまう様な環境に在るコンテナパーキングでは,中のバイクも,周囲の気温次第で,常に冷えてしまう可能性があります。
この点は,鉄板の材質や,日当たりの状態でなどで左右されるとは思います。
が,コンテナボックス駐車場では,その辺りの確認も,気にしておく必要がありそうです。

繰り返しますが,アイドゥでは屋内保管タイプの駐輪場のみをご提供しております。
降らさない:冷えにくい,という点で,オートバイにはベターな環境です。
室内タイプのメリットとして,電気コンセントも使えるので,停車中にバッテリーの充電をしておけます。
仮に愛車が冷えてしまっても,エンジン始動の際,セルモーターが元気に回ってくれるはずです。


ページの先頭へ

駐車場までの道中

suzuki
2014年01月24日 12:06

自宅にバイクが置けず,やや離れたところに駐輪場を借りる・・・。

乗りたいときに直乗れず,駐車場まで移動する手間などを考えると,面倒な話なのは事実ですね。

でも,ちょっと見方を変えてみると,メリットに思えることも出てくるのです。

例えばツーリングの朝・・・
歩いて駐車場に行く途中でコンビニに立ち寄り,ATMでお小遣い銭を下し,ペットボトルの水を買う。

こういう事って,バイクに乗り出してから,途中で店に立ち寄ろうとすると,意外と面倒なのです。
せっかく走り出して早々に,店を見つけてバイクを停め,ヘルメットとグローブを外して入店・・・
用事を済ませてから再び支度をしてスタートする。これって,億劫に感じませんか?。

もしご自宅の目の前にコンビニがあると言う方なら,話は別です
でも,事前のちょっとした買い物や用足しは,走り出す前に済ませた方が,よりツーリングに没頭できます。

ツーリング中のまとまった休憩や給油の為に,道中で立ち寄るのはともかく・・・
必要に迫った用事の為に,そのためだけの為の,大きなバイクの「途中下車」は,案外と億劫なことだと思いませんか?。

ならば,「事前準備」は,駐車場までの移動の際に,歩いてる途中で前もって済ませてしまうのが最良です。

ご自宅と月極パーキングが極近隣にない場合もありますが,それは考え方次第。
「移動の途中」を上手に活用出来ると思考するのも「あり」です。

(私自身も,アイドゥの馬込パーキングにバイクを置いていたことがあるので,実感として得た印象での話です。)


ページの先頭へ

東京タワーにて・・・

suzuki
2014年01月17日 11:33

イメージ

私たちが普段詰めている,赤阪の裏の裏手に在るオフィス。
そこから意外と近い距離に,東京タワーがあります。

先日,仕事が少し早く済んだ折を見て,せっかくの近場の名所ってことで,ちょっと行ってみました。

電波塔の役目の第一線はスカイツリーに譲ったようですが,でもやはり立派な作りです。
歩いて行く道中からも,そして近くに寄っても、独特の力強い景観は,まだまだ魅了を感じます。

展望台からの,夜景の眺めも素晴らしい!。

街の明かりが綺麗。遠く何処までも繋がる夜景を眺めると,何とも言えない良い気持ちになれます。


しかし,景色を眺めているうちに出てしまった「職業病」的な発想・・・

周囲を見渡しつつ,「馬込はあちらの方,初台は向こう側,調布の地区は見えるかな??」・・・

と,ついつい,アイドゥのバイク駐車場が点在する地域に意識が行ってしまうと言う…。

きれいな景色を観ている今夜くらい,パーキングのことは忘れて没頭すればいいのに,勿体ないかしら?。


さて,帰り掛けに訪ねたのですが,ここはバイクでの来場の場合,無料で停められるそうです,
平日の夜は割と空いているようなので,軽いナイトライディングに,タワーで夜景とお茶を楽しんで・・・
いまはまだ寒いですが,少し暖かくなったら,バイクでの夜,夜景探索は如何でしょうか?。

ページの先頭へ

箱根駅伝

suzuki
2014年01月03日 16:49

さて,雑誌ばかり読んでいるわけではありませんよ。(^o^)
実はアイドゥ,駐車場のお問合せなど,本日も承っております。
お休み期間でもご遠慮なさらずにどうぞ。お待ちしております。


さて,今日の箱根駅伝も無事にゴールを迎えたようです。
テレビでご覧になった方も多かった頃でしょう。
あるいは開催コースまで出向いて応援した方もいらっしゃるでしょうか?。

この開催のルートですが,このコースはアイドゥのスタッフにも所縁ある道路です。

私どもの運営する,日本橋や浅草地区の駐車場から,六郷地区や横浜のパーキングまでを巡回するコース。
これが,駅伝の開催ルートと,結構被ってくるのです。

実際,お正月中に駐車場のご見学を希望されるお客様を出迎えるためにクルマで出掛けた際,反対車線を走って行く駅伝選手を見送ることも在ります。
そんな時は,思わず心の中で,「がっんばれー!」と叫んでしまいます。


余談ですが,馬込の月極バイク駐輪場も,ルートから少し横道を逸れた所。
私たちの巡回手段はバイクか車なので,馬込への寄り道も苦になりませんが,選手たちは自分の足で走ってる・・・。
若い力って凄いんだなぁ…。選手の皆さん,お疲れさまでした!。

ページの先頭へ

電熱ウェア

suzuki
2013年12月13日 11:46

バイク雑誌に目を通すと,今の時期は「電熱ウェア」の記事を多く見掛けます。

私も上体に着るベスト状のモノを使ったことが在ります。。
腰や背中をある程度暖めるだけでも,体は正直に喜びますね^^

とりわけ暖を感じるのは信号待ちで止まった時。
停止中には走っているときよりも更に暖かさを感じるようになります。
その分,気持ちにも余裕が出てきて,焦りが減って,安全運転する気分になります。


より暖を得るには,袖にも暖が入るものや,下半身も暖かいズボンタイプ・・・。
更には手袋から靴下に至るまで,あらゆるものが,電熱ウェアは揃っている様です。
上手く活用すれば,少し寒い日でも,ツーリングが満喫できるかもしれません。


但し熱源は電気。
ウェアに備わる電池の効力には,力にも時間も限りがあるようです。
より効果を得るには,やはりバイクから電気を取ることになります。

即ちバイクのバッテリーや発電機への負荷も考えておく必要があります。

皆さんがバイクを停めている場所では,日頃からのバッテリーの充電:管理は出来ますでしょうか?。

ページの先頭へ

自動運転

suzuki
2013年11月29日 13:39

乗用車では,不意に訪れる危険な事態の時に自動的にブレーキが働く仕組みが普及してきました。
また,車庫駐車や縦列駐車の際に,ハンドルさばきを支援してくれる装置も存在します。

これらの仕組みが,まだ「万全」ではないのも事実。
人のちょっとしたミスをフォロ−してくれる程度です。
今後,どんなふうに発展してくるのか?。
大きな事故を少しでで回避できるのなら,発展に期待したいところです。


そんな,乗用車の様々なハイテクが,将来的に徐々にバイクに応用される日も来るかもしれません。

未来には,うっかりした「立ちゴケ」を防止するシステムや,駐輪の際の取り回しを自動でやってくれたり…。

乗り手が自在に操つること:その実感を味わうことが,バイクの魅力ではあります。
ただ一方で,どんなベテランライダーでも,うっかりバイクを倒してしまうことも,時にはあります。

ロングツーリングなどの後の疲労の際は,取り回しが億劫になったり,Uターンでミスって転んだり…。
バイクに慣れたライダーでも,何かの際に備えて,自動制御つきのバイクを選んでおこう・・・。
そんな時代も来るかもしれません。


まぁ現在のところ,自動で車庫入れをしてくるれる様なバイクは無いのが現実です。

長距離を走って疲れた体で,大きく重たいバイクを仕舞うのは,ベテランさんとて面倒に感じることもあるでしょう。


アイドゥのパーキングは,区画スペースと共に,取り回しの動線の確保や,出入り口のシャッターの広さなど…
「自動で車個入れ」的なハイテクではないですが,色々と考えて,扱い易さを取り入れています。

ページの先頭へ

ところ変われば…季節が代われば…

suzuki
2013年11月22日 12:13

「交通安全週間」は,春と秋に実施…。

と思い込んでいたら,実は北海道では,「冬の交通安全週間」と言うのが在るのだとか…。

我々ライダーには,主に夏の気候の良い時期でのツーリングの印象が深い北海道。
でも地元の方たちにとっては,寒い期間は,厳しい雪の環境で,日々暮らしています。
そこを考えると,とりわけ冬の到来の時期は,交通環境の変化にも敏感になるのでしょう。


しかし,安全な走行は地域や季節を問わず,常に心掛けるべきことです。


さて,首都圏では余程の降雪が無ければ,冬場でもバイクに乗れる機会が多々あります。
その意味では,関東圏のライダーは,より長い時間バイクで走れることは,恵まているのでしょうね。

そうは言っても,寒さはライダーにとっては大敵です。
また,バイクにとっても,バッテリーの負荷:オイルの低温化など,ちょっとかわいそうな環境です。

それでも,ライダーは家に帰れば温まることが出来ます。
では愛車は・・・?,寒い外に置きっ放しでいいのかな?。

アイドゥのバイク駐車場は全て屋内型。
オートバイを,外の寒さに晒さず,安全に保管できます。

エンジンやオイルを必要以上に冷やさず,ゴム類のパーツなどの硬直,それを少しでも防げるのが,屋内駐輪場の利点の一つ。
「次に乗る時」のバイクの調子を,余り低下させずに,気持ちよく走り出すためにも,いい環境に駐車しておきたいものです。

ページの先頭へ

バイクを取り巻く色んな制約

suzuki
2013年11月15日 11:41

タイトルだけ見ると悲観的ですが・・・

例えば,今から20年ほど前までは,日本国内では750ccを越える排気量のバイクが出回っていなかったこと。
輸入されるバイクには何の規制も無かった為,実際は海外に輸出された大きな国産車は,外車と混ざって「輸入」されてたけど。
(オーバー1000cc級のバイクは「外車扱い」で非常に高価でした)

或いは,大きなバイクに乗るために免許を取るにも,指定教習所での取得が出来なかったこと。
(試験場での「限定解除の審査」が底なしの困難さ)

そういえば,高速道路での二人乗りも,出来なかった期間が随分あったのです。


今にして振り返ると不思議な制約や規制が幾つもあったのですね。

時代時代で,環境や要求は様々あったのでしょう。
しかし現在は,大きなバイクを自由に所有し,誰かを共に乗せて高速で遠出する・・・・
そんな風に,バイクの魅力を思うように引き出して楽しめるのです。


他方,排気ガスの問題や騒音など,新たに気を留めなければならない,以前とは違う事項も出ています。

環境のことは,以前は余りバイクには要求されてこなかったことかもしれません。
しかし今後はバイクと言えど,新たに練られた排気ガスの成分や濃度の「規制」を無視できません。

この辺りは,メーカーの開発部門の人々が知恵を絞り,様々な技術を使って解決してくれるでしょう。

「排ガスや騒音の対策が入ったバイクは面白くない・・・」
いえいえ,日本のエンジニアさん達はとても優秀ですから,そんなことにはなら無い筈です。。

過去の例でいえば,「900ccの車体に750ccのエンジンを積んだバイク」だって,凄く楽しく乗れたのです!。

そんなことで,バイクやライダーを取り巻く環境も,その時流で変化します。

アイドゥのスタッフもバイク好き。
時代時代に応じて,駐車場にも,いつも新鮮な感触を取り入れていきたいです。

もし,
   「バイクを置いておく場所に´制約’があって・・・」とか,
   「住んでるマンションのバイク置き場に´排気量の規制’がある」とか・・・
そんな理由で欲しいバイクの購入をあきらめる前に,アイドゥにご相談ください。

ページの先頭へ

日が暮れるのが早くなりました。

suzuki
2013年11月08日 14:09

夕方も5時:6時ともなるれば,既に夜の暗さにもなってしまう最近です。
常時ヘットライトが点灯しているバイ
でも,ツーリングで郊外の山中に行った時などは,ちょっと心細くなることもあります。

夏の時期に比べれば,夕暮れの早さと共に,夜間の気温の低さも身に沁みます。
これからの季節は、出来れば陽がある内に地元に戻るようなプランを組む方が無難。
もし泊りなら,早々のチェックインで,ユックリ温泉でも入りたいものです。

気を付けたいのは,日中のポカポカ陽気に誘われて,ついつい距離を走ってしまった帰り道。
予想外に夜に気温が下がった時などは,薄着で走り出してしまっていた時の寒さが,特に辛いと感じます。

冷えは体力を意外なほど消耗させます。
「寒いな」と思ったら,ウェインウェアを羽織ったり,コンビニなど休憩してカイロを買ったり・・・。
と,ちょっとした寄り道で体を労わって,安全運転につなげてください。

あ,コンビニと言えば,温かい飲み物の良いですが,そろそろ「おでん」も良いですね!。
お好みも有りますが,アツアツのオデンを胃に入れば,体も気持ちも温まります。


ところで,バイクの駐車場を借りてい場合は,「実は場内の出入りの時間に制限が在って」と言う例もあるようです。
その為,どうしても急いで帰ってくる必要に迫られるライダーさんも居るみたい。
(余談ですが,,レンタルバイクを利用されている方も,返却の時間に間に合わす為に,少し無理なペースを取っていませんか?。)


体は疲れているのに,帰路の道中の「ちょっとした休憩」の時間すら自由に取れない,となると・・・。
「無事で帰る」ためにも,疲労を無視せず,止まる勇気も必要です。

アイドゥのバイク駐車場は,基本的に「門限」はありません。
一寸したコンビニでの休憩も,お土産を選ぶ時間も,疎かにせず,ツーリングを悠々とお楽しみ頂けます。

ページの先頭へ

東京モーターショーの情報

suzuki
2013年11月01日 17:24

下記サイトに概要が発表されています。

 http://www.tokyo-motorshow.com/

一般公開は11/22〜12/1までの一週間。
一部メーカーでは,出品車両の情報も公開されています。


少し寒い時期ではありますが,新しい技術をチェックしたり,新鮮な提案を探索したり,と大いに楽しめそうです。

また,来春辺りに実際に発売されるバイクの実車も展示される事もあると予想されます。

やや気が早いですが,「来年乗るバイクが決まった!」なんて言うライダーさんもいらっしゃるかも?。

私たちのスタッフも,これからどんな新車が入ってくるのか?,ワクワクします!。


アイドゥの月極バイク駐輪場は,出し入れのし易さ:導入通路の広さも含め,様々なサイズのオートバイに対応しております。
屋内でしっかり安心駐車。人目に触れ難く,雨に濡れる心配からも解放されます。

どうぞ,モーターショーで新車を決めちゃって下さい!。

ページの先頭へ

ライディングポジション

suzuki
2013年10月18日 11:31

乗用車であれば,シートスライドに背もたれ角度,そしてハンドルの位置など…
様々に簡単に調整が出来るのに,バイクの場合は…

ハンドルの位置を少し動かすのにも,スパナを使っての作業が必要になります。

最近は一部車種で,シートの高さやステップの位置を段階セット出来る例もあるようです。
それでも,基本的には停車中に,乗り込む前にセットする必要があります。

バイクに乗る事は,実は非常にスポーツ性が高い行為です。
基本となるライディングポジションは,もっと重要視して考えるべきことかもしれません。

安全で疲れ難い乗り方が出来る方が,よりバイクを楽しめます。
出来れば億劫がらず,ちょっと工具を握って,微調整してみてはいかがでしょう?。

アイドゥでは、屋内駐車場のメリットの一つとして,ごく簡単な整備作業が容易に出来ます。
ちょっとした作業にも,しゃがんだり屈んだり,バイクの横に立ったり,と意外と体を使います。
狭いコンテナボックスの中では,これが意外と面倒だったりします。


ライディングポジションとは不思議なもの。
「ハンドルの位置が遠いな」と感じる場合も,位置や角度をちょっと変えるだけで,楽になることが在るものです。
左右のレバーの位置を少し高めにするだけで,車格が小さくなったような印象を得ることが在ります。
【小柄な女性ライダーさんには,特に試してみて欲しいところです。】

せっかく良い環境にバイクを停めているのなら,簡単な整備を惜しまず!。
そうやって,より良い印象のバイクに乗りたいものです。

ページの先頭へ

秋の空

suzuki
2013年10月11日 11:55

今朝ほどは雨も有ったみたいだけど,今は見事に晴れた首都圏です。
仕事を放り出して,ひとっ走り出掛けたくなるような気分です。

と,そうは言っていられなのが,今の私の現状・・・。ブログ書かなきゃ…^^;


さて,雨が上がるのを待ってからの,ツーリングの出発。良くある事です。
濡れた車体カバーを干すにも畳むにも,出掛ける前に,それでちょっと悩んで仕舞う事もありますね。

アイドゥでは全て屋内自走式の駐車場。
ですから,バイクが雨に濡れることもなく,カバーの扱いに窮することもありません。

梅雨の時期も然る事ながら,秋も意外と雨のシーズンです。
しっかりと晴れた際に快適なツーリングを楽しむために,カバーの悩みからまずは解放されてしまいませんか?。

ご入庫のご相談,連休中もお待ちしております。

ページの先頭へ

良い気候になってきました!

suzuki
2013年09月20日 11:23

酷い暑さも一段落し,ようやく過ごし易くなって来ました。
昨夜は「中秋の名月」の一番いい日だったようですが、皆様,どのような夜をお過ごしでしょうか?。

ちょうど連休の時期。景色の良い処へツーリングに出かけ,宿でお月見を・・・
そんなライダーの方もいらっしゃるでしょうか?。

アイドゥの月極バイク駐車場は全て屋内自走式。
なので,「バイクを停めつつ月を眺めて」という情緒は,悪しからず楽しめません。

しかしながら,盗難対策が万全で、イタズラからの心配も不要。
どうぞご自宅で,お好みのお酒でも傾けつつ、秋の夜長をお楽しみください。


さて話題は変わり・・・

毎年この時期になると、ハーレーダビットソンが,来年モデルを発表するのが恒例です。
その他,諸外国の「イヤーモデル」という制度を取るメーカーも,新種のお披露目がある頃です。

併せて,新車の購入に合せて駐車場をご希望される方々も増えて参ります。
もしパーキングの確保を確実にしたい場合は,出来れば少し早いうちにご連絡ください。
特に空か区画が少ない駐車場に希望が集中することもございます。
まずはお問い合わせだけでも頂ければ,よりご案内がスムーズになります。

ページの先頭へ

教習所にて・・・

suzuki
2013年09月13日 11:44

四輪車の方ですが、安全運転技能の向上の為に、実技の講習を受けてきました。
運転は二輪四輪とも慣れているつもりですが,ルールの記憶が曖昧になっていることが在る物ですね。
一寸した基本的なことを再確認する意味でも,行った価値がありました。

当然場内ではバイクの実地教習もやっています。
ヘルメット越しに真剣な眼差しでバイクに乗る人の姿は,とても印象的。
早く免許取得して、バイクデビューできると良いですね!。


ところで、自宅以外の場所にバイク用の駐車場を借りて、愛車を置くと言う行為・・・。
これはビキナーの方は勿論、ライダー歴の長いベテランさんでも、意外と経験が少ないかもしれません。


個々のバイクを停止するスペースは十分採っているのがアイドゥの良いところ。

しかし通路や導入のスペースを他の皆さんと「共有する」こと。
そこに,少し戸惑いもあるかもしれません。

でも、駐車スペースも共有空間も,共に悠々あるので,どうぞご心配なく!。
ご契約に際し,先ずはじっくり駐車場をご見学して頂き、実感して頂ければと存じます。

尚,盗難防止のためのセキュリティが高度なアイドゥのバイク月極駐車場です。
露天駐車やコンテナ型と違い、ご契約者の方以外は中に入れず、その様子も覗く事は出来ません。

ご面倒でも、場内の内見などは予約を承り、すべてスタッフが立会いします。
その時に,色んな説明もしますし,ご質問などにも対応致します。


ビキナーさんには、パーキング内でのバイクの取回しの動線の取り方の工夫など、特に実感し貰えるはずです。

もちろん経験豊富な大型バイクのライダーさんたちも大歓迎です。
サイズ的に、自宅のスペースに置くのに戸惑う大型バイクなど・・・
戸惑いや諦めもすることなく、憧れてたバイクを思い切って購入しても,きっと満足して使って頂ける駐車場です。


ってことで,教習中の皆さん!,引き続き頑張ってね!。

ページの先頭へ

山手通り

suzuki
2013年08月30日 11:30

環状六号線とも呼ばれる、都内の重要な幹線路:山手通り。
JR山の手線の外寄りを,北から南へと通るルートです。

アイドゥのスタッフは,よくこの道を走ります。

例えば,巡回のため,初台地区のバイク駐車場から馬込パーキングまで走る。
とか,その途中で祐天寺や池尻大橋の駐車場に回り,新規のお客さまと会う,
など,「アイドゥ駐車場めぐり」には,まさに「避けて通りれない道」なのです。

近年,地下に首都高を通す工事が敢行され,現在も続いています。

地下の工事の進展の度に,地上の路上も修正や養生が行われています。
そのため,走るたびに迂回カーブが出来ていたり,路面が修正されたています。
行くたびに都度都度,道の様子が変わっているので,通るたびに新鮮で飽きません。


しかし,時にはカーブの様子が記憶と違って新しくなっていたりすると,戸惑うことも。
「こんな風に曲がっていた筈」と言う記憶と,違うラインに変わっている事もしばしば。
思い込みで走っていると,以前と違って楽に曲がりきれないとか,ちょっと要注意です。

また交差点が改善されていたりすると,それまでとは曲がり方が代わっていたり…。
特にそこが五差路だったりすると,一瞬迷って,違うルートには行っちゃったこともあります。


という事で,走り慣れた道でも,都度状況が変わっていたり,緊急の処置の為に通り方が変わっていたり。
そんなことも,意外と多いものです。

慣れた道でも油断なく,常に今のその状況を確認;把握して,安全運転したいものです。

ページの先頭へ

250ccが売れている?!

suzuki
2013年08月23日 12:01


以前からスクーターや,オシャレで軽快なスタイルのバイクがウケていた250ccクラス。

その250ccが,これまでにも増して賑わいを見せて来ているようです。

一時は規制の関係で,スポーツ性の高いモデルが減少していたものの・・・,
近年またまた各社から、高性能なモデルが,的確な価格で次々に発売されました。

そんな素晴らしモデルたちの登場に伴い,バイクの販売台数も増えた様です。


このクラスは免許を取ったばかりの人や,ビキナーさんたちに特に注目されるクラスです。
即ち250が売れるのは,バイクに乗る人の人数が床上げされていることを意味します。

これからよりビッグなバイクに乗りたいと言う方も,当初は軽二輪を経験する例も多いと思われます。
当初から,扱いやすく,かつ性能の良く練られたバイクに乗れること。
それは運転技術の向上にも役立つことでしょう。

ビキナーの皆さん!,是非とも身軽なバイクでいい経験を積んで,末永くバイクを楽しんでください!。


またビックバイクと比べても,重量の軽さに魅力を感じるベテランライダーも居るようです。
特に日頃毎日乗る人には,重さの負担も少なく,高速道路も走れるのも重要なところ。
私個人も,スクーターやオフロード車などでは250ccを選び,その魅力を堪能しています。

軽快な乗り味と十分な性能を持ち,所有コストも「軽快」な250ccです。
しかし,色々と「軽快」ですが,盗難や悪戯に対しては,「警戒」を!。

排気量の大小を問わず,バイクにまつわる問題は様々。
そのうちの幾つかは,アイドゥの駐車場で解決できる例が多くあります。

ページの先頭へ

暑い夏の長い休み

suzuki
2013年08月16日 12:02

涼を求めて遠出する方々が多いのは当然。
高速道路の渋滞情報を頻繁に耳にします。

バイクにせよ車にせよ、暑いときの渋滞は嫌なモノです。
特にオートバイでは体力などの低下から事故に繋がるのが怖いです。

皆さま、休息や睡眠など,しっかり考えながら,楽しいツーリングを!。


ところで私は、「都内居残り組」なので,こんな風にブログを書いているのですが…。

逆に現状、都心部の道路が空いているため,移動も気にならず,普段より仕事が捗ります。
(・・・喜んでいて良いのか判らないけど…)

しかし,空いた道こそ要注意。

走り易いので,ついつい普段より走行ペースが上がり気味。
ここはひとう,安全運転を怠る事態にならないよう,気持ちを引き締めていかないと!。
お盆休みは終わったとしても,子供たちの学校の夏休みはまだ続きます。
街中で子どもを見かける機会も多いでしょうから,ここはライダーの運転マナーも重要です。


アイドゥでは、夏季期間もまとまった休業をせず,お客様の様々なご用命に対応させて頂きます。

バイクの納車が決まったので,どうしても早めに駐車場を決めないと!。」
そんなご希望にも,出来るだけの対応させて頂きます。
パーキングを見学したい:空きがあれば即契約したい,とか,そんなご希望があれば,ご遠慮なく一報くださいね。

ページの先頭へ

道路工事

suzuki
2013年08月02日 18:32

移動中に道路工事に出くわすと,連鎖で渋滞が起きることがあります。

夏休み前の仕事の追い込みも重なった時の渋滞は,非常に恨めしいものです。
車で移動する際もそうですが,バスに乗りたくても待ち時間が増えたりと、効率に触ります。

とはいえ,長期休暇の前の今,道路が綺麗に整備されれば、バイクで出掛けるにも、いい気分になれます。
ちょっと込んでイライラしても、ツーリングの日のこと考えて,少しばかりの我慢です。
暑い中で作業に関わる皆さんに心の中で労いつつ,バイクで出掛ける予定に思いを膨らませましょう。


さて,工事現場の際は,さまざまな注意が必要です。

工事個所を避けるため,進路変更や急停車が多くなる場面です。
オートバイならではの,すり抜けで渋滞を回避できる「特権」が有ります。
が,周囲の交通の流れの変化には十分に気を回して,事故の無いようにしたいものです。

アイドゥのバイク月極駐車場は,原則として「門限(*)」はありません。
入出庫可能時間に合わせるために,無理して急いで帰る必要は有りません。
多少の渋滞があっても焦らず,どうぞ安全運転で!!

(*深夜早朝時,排気音などに関して近隣への配慮はお忘れなくお願いします。)

ページの先頭へ

少しでも涼しく

suzuki
2013年07月19日 11:49

焼けるような暑さが続く日々,皆さま,ご体調は如何ですか?。
気象記録を更新するほどの高温は少しは収まったようですが、しかし夏の本番はこれからです。
よく言われるように、水分や塩分などを上手に摂取して、熱中症などに気を付けて凄いたいものです。

先日,庭先行置いた物置を開けてみたら、何ともムッとした熱気が…。
仕舞っておいたワックスが,やや柔らかくなっていたりして,ちょっと驚きました。

物置と言えば外観は白が定番ですね。
やはり反射率が高いことから,熱を逃がす効果を狙っているのでしょうか?。
物置は鉄板を使ったものが多数ですが、夏の気候では,鉄板が焼かれる状態に近いと言えます。
もし白では無かったら、中の温度はもっと上がってしまうかもしれません。


商業向けのコンテナ型収納庫などでは,逆に何故か白ではなく,濃い目の色を使ったものも見受けれられます。

これは恐らく、外壁の汚れが目立たなくなるなどの理由があると思います。
しかし,中に入れておく物の保存状態を良くするには,多少でも温度の上昇を抑えたいものです。

塗装やメッキの状態とか、ゴムパーツの劣化とか,温度に影響される部分です。
愛車の状態を少しでも良くしたいなら、停めるスペースの温度管理も重要と言えますね。

ページの先頭へ

照り返し

suzuki
2013年07月12日 13:52

暑い日が続きますが、皆様は体調はお変わりありませんか?。

熱中症や脱水症など、用心が必要な時期です。
こと日中にバイクに乗る際は、エンジンの熱も体には辛いものです。
十分に気を付けて、少しでも快適にバイクに乗りたいものです。


レース中継を観ていると、気温や風量の情報が伝えられるとともに、「路面温度」も話題になる事があります。

行動を走る上では、日頃はあまり路面の温度など気にはしない物です。
しかし,このように気温が異常に上がってくると、舗装面からの「照り返し」も,馬鹿に出来なくなってきます。

もしコンパウンドが柔らかめの、グリップ力の良いタイヤを使っている方は、消耗の確認などしてみてください。


アスファルトが焼かれることで,上半身に感じる温度より、足元の温度の方がより熱くなる事も有り得ます。
外気温が35度にもなる日がありますが、路面の温度は、それよりも更に高温になっているはずです。

照り返しによる光の強さも,時には暑さを増強させるかもしれません。

エンジンの予想外のオーバーヒートも怖いですが、ライダーの疲労も,より注意が必要です。

クラッチの操作感やシフトのフィーリングが変わって来たら,エンジンオイルの温度も上がっている証拠です。
そこに気が付いた時にはちょっと一息入れると、バイクにもライダーの体にも有効かもしれません。

ページの先頭へ

夏場 ヘッドライトの使い方

suzuki
2013年06月21日 11:50

今日は夏至。
あいにく台風の影響で天候が良くないですが、折角の長く明るい一日を、有効に楽しみたい気持ちです。
もし晴れていれば、夕方から一仕事終えた後でも、「ちょっとバイクに乗ってみるか?」、なんて考えます。

さて、春から夏に掛けて、陽が長くなり、今の時期は夕方を過ぎた時間帯でも、外は意外と明るいと感じます。
通勤でバイクに乗る方にとっては,帰宅の時間帯も走りやすいと思わる事でしょう。

しかし油断は禁物です。
日が落ちてからは一気に暗くなるので、目が暗さに順応するタイミングには要注意。
「あれ?,急に暗くなったかな?」,と感じたら、走る速度を見直すなど、危険に対応してください。

バイクの場合は、今は大半は常時ヘッドライトが点きますが、クルマや自転車では、ライトの使用は運転手次第。
中にはいい加減暗くなってもライトを点けずに走る車両もあり、うっかり見落としてしまう可能性があります。
そんな場面では、バイク側が注意するしかありません。

ライダーの方々も、ご自身が車に乗るときは、ことライトの点灯は、気持ち早めに心がけておられると思います。

尚,もし何かのきっかけで、このブログをご覧になったドライバーさんには、周囲への安全配慮の為に、ヘッドライトをうまく活用することを提案いたします。


ところで,常時ライト点灯のオートバイ、バッテリーの消耗って,ちょっと心配ですよね?。
アイドゥの月極駐車場では、100v電源が使え,停車中にバッテリーの充電器が使えることは、既にお知らせしてる通り。
走り出す際は常にバッテリーも快調になっているので、ライトの明るさも、路上駐車の場合よりも良好になると予想できます。

夜間の安全走行の為にも、「停める場所」と日頃のメンテに気を配ってみてください。

ページの先頭へ

魅惑のミドルクラス

suzuki
2013年06月14日 12:00

古い漫画を紐解くと、「主人公の高校生が学生服姿でナナハンを乗り回している図」などを見掛けます。
しかし現行の免許制度では、大型二輪に乗れるのは18歳以上となっています。
従って、大型バイクが青春のシンボルとして語られることも,もうないのかもしれません。

そんな訳で,初めて免許を取って乗るバイクとして,現実的な最大排気量は400ccクラス。

日本では長きに渡り中型と言う免許枠が存在してきました。
原付を卒業した多くのライダーは,400ccを体験してきたと存じます。
その関係もあって,メーカーも常々、新型車を投入してきています。
この数年にも、価格面でも力的なニューモデルが、何台も発売されていますね!。

ビキナーに対しての乗り易さ:扱い易さを備え,性能的にもサイズ的にも日本の道路状況にマッチしたクラスです。
日常の足にも十分で,ツーリングでも快適に走れる力量を持っています。
中には、ビックバイクを乗り込んで来たベテランライダーさんをも唸らさせるポテンシャルを誇る一台も!。


また,軽二輪に属する250ccクラスは,さらに身近で気軽に楽しめます。
定期的な車検を免じられていることによる経済性も魅力です。
それでいて高速道路の走行も出来るので,まさにに万能選手と言えそうです。


バイクパーキングアイドゥでは、大型二輪は勿論、ミドルクラスを含む400cc〜650ccや,250cc級のバイクのご利用も歓迎いたします。
初心者の方々には、共用型のバイク置き場では「取り回しなどで心配」されるかも知れませんが、まずは場内をご見学してみてください。
取り回しや入出庫をなるべく容易にできるように工夫してるので、見て頂かれば,きっと不安は消えると思います。

疑問な点があれば、アイドゥの現場スタッフにご遠慮なく相談してみてください。きっと力になります!。
何なれば,私達もかつては400ccも愛用していた立場ですので・・・・。

ページの先頭へ

カウルと車体カバー

suzuki
2013年05月24日 12:01

刀に忍者に隼・・・ 日本の名門バイクたちの中に、日本語のニックネームを持つものがありますね。
これらのバイクは、間違いなく世界にも誇れる高性能ぶりを示し、人気を誇ってきた名車たちです。

圧倒的な高速性能を支えるものとして、高出力のエンジンの他に、フェアリング(カウル)があります。

ハンドル周りにつけられた小さめのバイザー形式の物から始まり、やがて空力を求めてラジエター周りを覆う形式が登場。
ついには、エンジンの横部分をを完全に隠す程の、大きなサイドパネルまで備えるようになります。

カウルは空気の流れを整えて最高速を伸ばすのみにならず、ライダーの快適性までも配慮されて来ました。
しかし、走っているときは有意義なカウルも、停車中は時に少しばかり厄介な存在になる場面もあります。

雨に備えて車体カバーを掛けると、フェアリングと擦れて、細かい傷が付いてしまう事があります。
サイドパネルが大きいほどに、そしてカバーが雨水で濡れるほど、カバーとの接触面は増えますから、悩ましい話です。
バイザー:スクリーンの部分の細かい傷は、時に視界にも影響しますから、更に問題です。

間もなく梅雨の義気を迎えますが、雨天走行後の濡れた車体とカバーの接触は、擦れを余計に面倒なものにします,。
降水後はカバーも汚れがちですし、皮肉にもカバーがよりバイクを汚く見せてしまう、なんてことも・・・。

又、走行後はエンジンやマフラーの熱も強く残っており、そのままカバーを掛けると、ゴム関係の部品の劣化も心配。
同時に、熱い内にカバーを掛けると、場合によっては熱によりカバーの溶けなどが起き、非常に危険でもあります。

この点はカウルの無い、「ネイギット」と呼ばれるタイプのバイクでも同様の心配があります。

露天に駐車している方々は、カバーを掛けるのは、最低でも車体の粗熱が落ちまで,少し時間を待ったが無難です。
近年はマフラーに触媒装置も付きつつありますし、出来れば完全に冷えるまで待つのが安全です。

もし屋内型のバイクパーキングに停めることが出来れば、カバーの様々な悩みからは,一気に解放されるのですが…。

これから雨季,そして暑い夏を迎えます。
ホットな高性能を誇るバイクこそ、アイドゥの屋内駐車場に入れて,クールに決め込んでください!。

ページの先頭へ

第三京浜国道

suzuki
2013年05月17日 13:44

首都圏のライダーさんには馴染み深い道路:第三京浜。

湘南や鎌倉などに遊びに行くためのルートとして…
或いは箱根辺りに向かい時の手段として…
良く使われる有料道路です。

私達アイドゥのスタッフも,鎌田や南六郷の駐車場から西横浜パーキングへと巡回した際,都内に戻るときに便利なので重宝しています。

全線開通したのが1965年とのことで、そこそこ歴史のある道路と言えます。
その当時では、片側だけで3車線:トータル6車線で造られていたとは、先見のある計画だったのでしょう。
全線に水銀灯の道路照明灯が置かれたことも、当時としては画期的だったようです。


少し前ですが、大型バイクが大流行した時期がありました。
当時、、三京<こう言いますよね?)の終点の小さな休憩エリアに、夜な夜な多数のバイクが集まったものです。

皆だれもが、自分の愛車を大事に丁寧に扱って、そして爽快に乗り回していました。
アイドゥの屋内自走式の月極駐車場には、その頃さながら、今日も綺麗なバイクたちが、万全なセキュリティの下、多数停まっています。

ページの先頭へ

毎年の事ですが、ナンバー付きバイクに課せられる税金の納付時期です。
この5月末が納付期限ですので、どうぞお忘れなく!。

とりわけ車検が近々にあるという方は、納付した証明書が無いと,継続検査が通せない場合もあります。

いずれにせよ、大切なことなので,お気を付け下さい。

ページの先頭へ

キックスターターとバッテリー

suzuki
2013年05月10日 17:28

セルモーター装備が当たり前になったバイク。
現在ではキック始動は、ごく一部のマニアのか方たちが嗜むような、「一種の儀式」になったしまったのでしょうか?。

私もキック式のバイクを持っていたことがありますが,それらは比較的小型〜中型級のスポーツバイク。
重たいバッテリーを外して軽快な乗りリ味を引き出すと言う志向だったので、キッススターターが必須だったのです。

そんな風潮だから、割と排気量の大きめのオートバイでは、もはやセルスターターが当然。
キックでエンジンを掛ける経験がある方も、かなり減ってしまっているでしょうか?。


キックスターターがあると,バッテリーが上がってしまったとしてもエンジンが掛けられそうな印象があります
その意味では,メリットがありそうです。

しかし,バイクの車種によっては、点火の火種をバッテリーから取っている例も多くあります。
この場合,バッテリーが不調なると、どんなにキックを踏んでも火が飛ばず、エンジンが掛からないこともあり得るそうです。

仮にバッテリーに依存しない点火システムのバイクなら,キックでアイドリングをさせることはできるかもしれません。
しかし始動できたにせよ,電圧が弱ければ、ランプ類の点き方が不安定で、時にアイドリングも頼りなく感じることもあります。

乗りたいときにエンジンが不調となれば非常に悲しいもの。まして体力を使うキックを何度も不用意に強要されたときは辛さも更に堪えます。
体力を使った状態から、バイクで走り出すのは,安全性にもかかわる話です。
またエンジンや燈火類が心もとない状態で走り出すのは,ちょっと不安でもあります。

キック式のバイクであっても、バッテリーを装備しているバイクなら,「上がり」に対しての油断は禁物です。アイドゥのバイク専用パーキングでは、日頃の駐車中からバッテリーの充電が出来る環境を整えて有ります。

キックスターター付の渋いバイクのライダーさんも、アイドゥの屋内月極駐車情を是非ご利用ください。

ページの先頭へ

自宅にバイクを置く場合・・・

suzuki
2013年04月26日 12:11

一時、弊社アイドゥの馬込バイク駐車場に停めて置いた自分のバイク・・・。
実は今は引き上げて、自宅の庭先に移動ました。

春先になり、暖かくなったことを好機に、バイクに乗り始める人が増えてきました。
「バイクを安心して停めておけるパーキングを探してる」「オートバイにふさわしい環境の駐車場なら是非とも契約したい」。
と、乗り始める肩が多くなってくると,停める場所を求めるお客様のお声も、同時に増えてくるのです。

嬉しいことに弊社の馬込の月極駐輪場も、ご見学やご契約のご要望が多く届くようになりました。
そうなると、何よりお客様優先。
「ここに置きたい」とのお客様の希望が増えれば,スタッフのバイクは、空き区画のある他の地域の月極駐車場へ,移動することになります。


私のバイクも,馬込を出て、まだ多少は空き区画がある東浅草パーキングか、あるいは調布地区の駐車場へ持って行くか?。

しかし、どの地域の空き区画も,やがてすぐご契約希望を希望される方がいらっしゃることでしょう…。

そんな訳で、良い環境の駐車スペースに今暫く置きたかったのですが、自宅へと移動したのでした。

自宅の庭先に愛車があるのは,実際にはやはり気持ちも嬉しいものです。
何時でも眺めたり触ったりできますし,出掛けたければ、直ぐにスタンバイできる!>

反面,盗難やイタズラに関して言えば、セキュリティなどは殆ど整えていないので、すべて自前で考慮しなければなりません。

カバーを掛けて、カギを確実に施錠するなどは当然。
それでも不安なら、ボックス型の車庫を設置するか?。更にはチェーンロックを添える:そのためのアンカーはどうする?。

などなど,色々と考えて、自前で実施しなきゃいけません。
当然,自分でできることと言えど、意外と制約があったり、理想どおりに全部が叶えられないのが現実です。

そんな風に幾つかの工夫をしていても、日頃日中,家を留守にしてる時間は多いもの。
出先に居ても「バイクは平気かな?」などと,逐次意識してしまい、時に物事に集中できない場面もあったりします。

自宅にバイクを置くスースがあると言うのは幸いですが、盗難などに対する管理は,場所を問わず悩みの種になってしまいますね。


例えば振動アラームやPHS通信の所在確認を着けたり、万が一を考えて盗難保険に入ったりしても,結局は経費は必要になります。、
アイドゥの屋内型駐車場に停めて頂ければ,バイクの状態を悪化させずに、更にセキュイティ面でも,心配からお気持ちも開放することが出来ます。

ページの先頭へ

気温の変動に備える

suzuki
2013年04月19日 11:48

昨日の日中は,都内をバイクで走っていたら、ジャケットを着てると暑いくらいでした。
しかし今日は打って変って、やや涼しいと感じる陽気です,

急な気候の大きな変動があると、体調管理には非常に気を使わいます。
来るべきゴールデンウィークに楽しくツーリングするためにも、お風邪など召しません様、お気を付け下さい。


春の時期のツーリングでは、気温の変動に備えてのウェア選びが難しいところです。

朝の出発時は暖かさに合わせた格好で良くても、ちょっと郊外の山沿いに入ると、涼しさに驚くこともあります。
また、夕方から夜になると、都心部に戻っていても、日中には予想しなかったような冷えを感じたり…。

ちょっと荷物になるかもしれませんが、ジャケットの下に着こめるトレーナーくらいは、積んで行った方が良いかもしれません。

走行中に急に体が冷えるのは意外と辛いもの。安全運転の為にも、普段からバイクの傍らには、補助になるウェアを置いておけるとベターです。
そんな風に、ちょっとした小物などをバイクと共に置いておけるのも,屋内型バイク駐車場の利点です。

ページの先頭へ

小さいバイク

suzuki
2013年04月05日 11:47

私事で恐縮ですが 知人の女性が急に「原付免許を取る!」と奮闘を始めました。
これまでバイクに全く縁の無かったお嬢さんですが、なんでも可愛い小さなバイクを見掛け、気になっちゃったのだそうです。

なるほど、カタログを見てみれば,確かに可愛らしい、小粋なバイクでした。
と、理由やきっかけは何であれ、バイクに興味を持つ人が増えてくれるのは、個人的にも非常に入れしいことです。

アイドゥのバイク専用駐車場を利用しているライダーの皆さんは、どちらかと言えば排気量の大きい、趣味性の強いバイクに乗る方が多いです。
(それは結局、高価でサイズの大きいオートバイを楽に安全に停めて置けるパーキングは、アイドゥを筆頭に数例しか無い為なのですが…)

でも一方、セカンドバイクとして、原付や125cc級の小さめのバイクも所有している人も多いようです。

ビックバイクはアイドゥに置いておき、週末に乗って楽しむが、日頃の移動や通勤には、玄関先に停めた小さなバイクを使う。
そんな合理的な使い分けをする人が多くいらっしゃいます。


例えば,お住いのマンションなどの規約で、大きなバイクが欲しいけど停められないので諦めている,と言う方はいらっしゃいませんか?。
それならば、規約で置ける範囲の小さなバイクを普段は使い、そのミニバイクでアイドゥのバイク駐輪場に通う,と言う提案が出来ます。

例えば原付。50ccのエンジンとて,意外と行動範囲がを広がるものです。
速度や右折の方法に制約はありますが、小回り等の利便性は、ビックバイクともまた違う戦力にもなります。


それでも、「いくら機動性のある原付があっても、ツーリングに行くにも、離れた場所の駐車場にわざわざ通ってバイクを乗り換えるのは面倒。」
と考える方も多いかもしれません。

しかし、ちょっと見方を変えてみてください。
ツーリングに出る際は、ヘルメットやブーツにジャケットと、バイクにふさわしい装備をしますよね?。
そうやってライディングギアを身に着けた状態で,近隣の駐車場に歩いていくのは、ちょっと苦労します。
それなら、少し離れた場所のアイドゥのパーキングまで、原付に乗って行ってしまう方が、合理的だと思いませんか?。


大型バイクを愛用してる身にとっても、原付バイク独自の可愛らしさには、なごみと言うか?,独自の魅力を感じます。
所有にはちょっとコストがかかりますが、小さいバイクが一台あると、オートバイライフそのものが、更に豊かになる可能性があります。

ページの先頭へ

春到来!バイクシーズンイン

suzuki
2013年03月29日 16:10

一気に春が着ました。桜の花も、例年より早く開花して、春模様一色の最近です。
花見を兼ねてのツーリング計画をお持ちの方もいらっしゃるのでしょうか?。

さて、桜は咲けど、天気はやや気まぐれな様相です。
暖かい日もあれば,急に冷え込んできたり、快晴かと思いきや、しとしとと雨が降ったり…。

ちょっと不安定な天候が続く日々,体調管理が,やや難しい状況です。

露店や路上の駐車を知らされているバイクも、冷え込みと好天の狭間で、ちょっと苦しんでいるかもしれません。
車種によってはコンディション管理に悩む場面もあるのではないでしょうか?。

ひとまず屋内に停めることが出来れば、急な雨にも濡らさず、寒暖差による結露なども防止できます。
それだけでも,少しは気持ちも楽になるというものです。

またピークは過ぎたとはいえ,花粉の対策も厄介なものです。
車体カバーを掛けていても,雨に濡れたカバー自体に花粉が積もるとか・・・。
そんな風に汚れ気味のカバー,また車体に掛けるのも,愛車に対して偲びないところです。


この春、もしバイクを買うなら,バイクのコンディションの為にも、アイドゥのバイク専用駐車場を検討してみてください。
オートバイの調子を保ち、外観も綺麗な状態で走りしたいなら,屋外駐車はなるべく避けて…。
更に愛車への盗難やイタズラの心配も回避したいなら、セキュリティに強いアイドゥのパーキングをどうぞ!。

ページの先頭へ

バイクの多様化

suzuki
2013年03月22日 14:23

最近,クロスオーバーとか、アドベンチャータイプと言うような,新種のオートバイが出てきました。

圧倒的な性能でワイディングを駆け抜け、多少ラフな路面でも躊躇なく走れ、タンデムも快適、と言うタイプです。

比較的大きめの排気量のエンジンを備え,少し長めのサスペンションで車高が有り、トランクボックスも備える例が見受けられます。
ゆったりとした姿勢で疲れず乗れるように、割と広い幅のハンドルバーを備える物が多いようです。

カウルの風防効果も効いていて、ロングツーリング派にとってみては、願ってもない機種と言えるでしょう。


そんな新しい風潮のクロスオーバーですが、大きめの車体と広めのハンドルにトランク装備となると,乗ってしまえば快適なれど,停める場所を探すと,やや苦心するかもしれません。

特に車高が高いバイクは、重心位置の関係からか?、押して歩く際の感触も、特に慣れない間は意外な違和感を感じるものです。


アイドゥの屋内自走型バイク駐車場は,一区画ごとの採寸は勿論、入場:出庫の際の取り回しの容易さも検証してあります。
だから大柄なアドベンチャースポーツも、問題なく許容し、出入りも割と楽にできると存じます。

また、トランクやランプ類など多彩なオプションを持つのもクロスツーリング車の特徴の一つ。
様々な装備を付けた時の駐車や動線なども配慮してないと、「バイク専用駐車場」を名乗るには失格です。

例えば、車高の高いバイクに、背丈の高いカウルスクリーンを付けると、コンテナボックス型の車庫では、高さ制限に掛かる事もあるかもしれません。
駐輪場を選ぶときは、そのあたりにも配慮が必要です。

考えてみてください。後々豊富なオプションを付けたら、借りてる駐車場にバイクが入らなくなっちゃった・・・なんて困ります。

ページの先頭へ

ガソリン価格高騰中・・・

suzuki
2013年02月22日 12:42

もう堪ったものではありません。ここ何週か、ずぅっと上がり調子なのが、ガソリンの価格です。

本来バイクは身軽でスポーティー且つ経済的な乗り物ですから、やや不況気味の時ほど乗り倒したいもの。
しかし、異常なほどに燃料代が上がってしまっては、走ることに戸惑いすら感じてしまいます。
政策面なのか?、石油関連各社の努力に期待するべきか?,とにかく何とかして欲しいところです。

現状では、ライダーが各々工夫できるところで、燃費を節約することを考えていく形になるでしょうか?。

特に今の寒い時期には、エンジンの温まり具合も遅く、いわゆる「暖機運転」が長くなる場面もありそうです。しかし一方で、無駄なガソリン消費を抑える意味でも、また環境の面でも、長い時間アイドリングさせることは控えるべきものです。

ならば、停車中に車体が冷えて、エンジンやオイルが必要以上に冷え切ってしまう事を避けるように意識することが重要です。

冬場にバイクを露天に停めて置くと、外気に晒されたことで、車体は思ったよりも冷たくなります。
車体の大半が金属であるバイク。冷えた金属が再び温度を取り戻すまでは、熱源も時間も必要になる事でしょう。
バイクが冷えた状態のままで走る出すのには、やや躊躇したくなるもです。

エンジンにせよ、他の摺動部にせよ、一定の熱を持つまでは、本調子にならず、乗り難さ:運転のし難さを感じてしまいます。

でも一定のエンジン温度を稼ぐまでのアイドリングを要すことは、それだけ燃料を無駄に燃やすことになります。

又、シャフトやベアリングなどが、想定した状態の温度にならぬままでは、抵抗なども多い状態です。
これも積み重なれば,燃費への影響が出てきそうです。

アイドゥの様に、屋内に停めるスタイルの駐車場の場合、外気に車体が触れることが無いため、バイクが冷えてしまう事を、最小限に抑えることが出来ます。
結果、暖気時間を抑え、バイクは割と早く、設計時に想定した温度になってくれることが期待できます。
そんなちょっとした差ですが、バイクの調子を保つことと共に、燃費にもいい影響が出てくる可能性があります。

第一、バイクの車体が冷たいと、乗っているライダーも凍えてしまい、体が硬くなって,安全運転に身が入りませんよね!。

アイドゥでは屋内自走式のパーキングスタイルを採用しています.
これは取り回しの容易さと共に、特に寒い時期にバイクを冷たくさせないことを、うまく両立させているのです。

バイク駐輪場を借りる際は、こんなことも想定しながら、よりいい環境で停められる施設を検討してみてください。


ページの先頭へ

バレンタインデー

suzuki
2013年02月15日 11:40

いやぁ、実にうまく考えられているなぁ。」と実感しました。
冬の寒い時期だと、チョコレートはさほど溶けないんですよね!。

せっかく贈り物に用意したチョコが、とろけてしまって形も無残になってしまっては、送る方も頂く方も、冴えない気持ちになってしまいます。
今の気候だからこそ、チョコレートはとりわけ美味しく、ありがたく味わえるのですね。


前回のブログでもお知らせしましたが、只今アイドゥでは、春の駐車スペース先取りキャンペーン! を開催中!。
春になったらバイクを買うぞ!、と言う方も、転勤などで首都圏に引っ越す予定が出来た方も、先行して駐車場を確保することが出来ます!。

今の時点で駐車場を契約いただいても、利用料金はバイクを駐車場に入庫する時期から発生しますから安心です。
お引越し、バイク購入が決まったら、先ずはアイドゥに御連絡ください。

勿論、冬でもガンガン走っちゃう!、と言う方も大歓迎です!。
場所を気に入って頂ければ、御契約手続きも、その場で速やかにスタッフが対応いたします
停めやすい良い区画を、早めにゲットしてください!。


バイクを買うのは春先だから・・・
そんな風にのんびり構えてると、意外と一か月と言う時間は早く回ってしまうものです。
今のうちに駐車場を決めて置けば、ホワイトデーの頃は「お返しに何を贈るか?」と考えることに集中できます。

アイドゥの駐車場が、恋愛事情二もお役になれば、っスタッフとしても嬉しいなぁ…。^^

ページの先頭へ

通勤定期券を活用する駐車場選び

suzuki
2013年02月01日 13:50

皆さんは日頃、お仕事へは電車やバスで通うという方が多いと存じます。
好きなバイクを通勤で使えたら気分も高揚しそうですが、首都圏では電車での通勤が一般的のようです。

公共の交通を毎日使うなら、そこは定期券をお持ちだと思います。
そして休日のプライベートな外出で電車に乗るときも、料金を節約するために定期券を使うことでしょう。

ならば、通勤途上の駅付近のバイク駐車場を借りて,定期券で電車に乗ってバイクに乗りに行くとか…?。
はい!、そのような事例、アイドゥのお客様の中では、決して珍しくありません。

例えば、「勤務先の新宿に近く、仕事帰りにバイクの様子を見て行ける。」事から初台の駐車場を選んだ方。

或いは、「一駅分余計に買っても交通費は会社持ちだから」と、自宅より少し先の馬込パーキングに決めた方。

更に、「ツーリングの時は東名に乗る事が多いので、環八にアクセスし易い世田谷船橋のガレージにしちゃった。」と言う人も!。

その他、地下鉄の便の良さを活用し、根津や小石川地区の駐輪場を活用するライダー・・・。

また、「中央道を降りてパーキングに寄り、そのまま電車で帰ると、余計な都内の渋滞を回避出来て楽。」と言う,調布市布田パーキングのお客様の声もあります。


皆さま各々、通勤電車と定期券で、バイク置き場に集うライダーたちです!。

屋内自走式で、厳重なセキュリティで盗難対策をしているアイドゥのバイク月極駐車場。
場内にヘルメットなどを置いていても盗まれる心配も無く、用品が甘えにぬれる心配もない。
だからこそ可能な、電車も使うツーリング、という訳です。
皆さん、ラフな格好で来られて、場内で身支度を整えてから、愛車に乗って出掛けられます。

せっかく持っている定期券ですし、どれだけ乗っても費用は同じ。
ならば、定期券を使い倒して、バイクライフにも取り入れた方が得と言うものです。

ご自宅の付近に適切なバイク置き場が無い、と諦めるなかれ!。
少しの知恵と行動力で、安心してオートバイを持てる生活が実現できますよ!。

ページの先頭へ

実は私、春先でしたが、見事にやってしまったことが有ります…オーバーヒート…。

当時は水冷エンジンのバイクが出始めたばかりでした。
高速道路で100馬力を超える性能を楽しみながら、あっという間に目的地のインターチェンジに到着。

今の様にETCが有りませんから、車列に並んで支払の順番を待ちます。
ようやく支払いを終え、後ろに並んだ仲間を待っていた時、愛車から水が噴き出しました!。
停まっている最中のオーバーヒート! 初めての事なので、やや動揺したのを覚えています。

途中で水を調達して補充。走り続ければ問題ないけど、渋滞に入ると、また噴水…。

改めて観察すると、冷却用の電動ファンが回っていないことに気が付きました。
ファンへ電気を送る配線のカプラーが、途中で外れていたと言うお粗末でした。

これは意外な盲点でした。
水冷車の冷却システムは、ラジエター本体と接続ホース、何より水!。
そしてファンと動力の電気の部分までを含んで、万全な整備を必要とする者なのですね・・・。

オーバーヒート対策と言うと、水の量やラジエターやホースの破損などに、ついつい気が言ってしまうかもしれません。

同時に、ファンが綺麗に回るか?、そのために配線は問題ないか?。
と、時には少し深く確認することも必要かもしれません。
水温計や警告ランプなどを見て、様子がおかしいと思ったら、水以外のところもチェックすると良いかもしれません。


また、冷却水のクーラントの濃度は見た目ではチェックできません。
これは定期点検の際に都度交換するのもいい案かもしれません。

更にはラジエターキャップ。実はこれはただの蓋ではない場合があります。
圧力を掛けて密閉することで、100℃以上の温度でも沸騰しにくくしてる場合があるそうです。
簡単に壊れる物ではないですが、驚くほど高額な部品では無い筈。少し年数を乗ったバイクなどでは、交換を検討するのも手です。
もちろん水を零さないためのパッキンもキャップに付いてますから、適度に変えておくと安心です。
(部品の構造や精度などは年々進化してますので、詳しくはバイクショップにて確認してみてください。)


寒い冬の時期ですが、今のうちに熱対策の整備をしておくと、シーズンインと同時に安心してバイクを楽しめますす。
この週末、ちょっと愛車の水回りをチェックしてみてはどうでしょう?。
先程のブログで、冬はオーバーヒートしにくい というのお話を書きましたが、冷却系が不調だと、季節を問わず起きてしまいます。

屋内自走式のアイドゥのバイク駐車場ですが、電気を灯せば、水滴の漏れや滲みなどが判り易いというメリットがあります。

ページの先頭へ

だいぶ溶けましたが・・・

suzuki
2013年01月25日 11:36

イメージ

都内は先刻の雪も殆ど溶けてなくなったようです。

しかし、路肩の日の当たらない部分などは、まだ若干、凍って固まった雪の残骸が残っている場面も見受けられます。

ちょっと横手にバイクを停めて・・・なんてところで、雪が邪魔でうっかり路駐が出来ない・・・。
そんな、やや不便な面もあるかもしれません。

一時的な停車が出来ないという以外にも、思い掛けない場面で路面が凍結している事もあるかもしれません。
渋滞のすり抜け等で、道路の脇を通過するときなど、油断せずに慎重に行った方が良さそうです。

寒さの辛い時期ですが、日中の陽だまりの中をバイクで軽く走るのは、気持ちのいいものです。
見方を変えれば、オーバーヒートなどの心配が少ない時期でもあります。

冬季の陽だまり、ちょっと刹那的な趣ですが、ライダーとしては、上手に時間を有効利用してみたいものです。

ページの先頭へ

降雪 切ない愛車

suzuki
2013年01月18日 13:40

イメージ

首都圏は思い掛けないほどの大雪に見舞われました。
道路の混乱はおろか、鉄道網も大幅な影響がったようです。皆さま、大丈夫でしたでしょうか?。

数日過ぎても、未だ雪が随所に残っています。
凍結も含め、十分に安全に配慮しての運転が必要です。


さて、バイクと言う乗り物は、雪に対しては、余りにも弱いものです。
滑りやすい状況では、暫しの我慢・乗るのは控えた方が無難です。


しかし、乗らずに停めて置いておくにも・・・。
冷え切った冬の空の下、いくらカバーを掛けていたとしても、周囲を雪に囲まれた中で置いておくのは、ちょっと切ないものです。

せめてコンテナボックスや、少しでも軒下のある場所が有れば、とも思いますが、やはり屋内自走の駐車場が理想です。

軒下で多少は雨風を避けられたとしても、雪が降って周囲に溜まってしまうと、周囲の気温がぐっと下がります。
また、コンテナなど鉄板でできた入れ物は、意外と外気の影響を受けやすいもの。
状況によっては、ボックスの中は外よりも温度が下がっている場合も有り得ます。

人間も体が冷えると辛いように、オートバイも周囲の温度が冷えると,ちょっと切ない状況に晒されます。
エンジンが冷え切り、オイルもやや硬くなると、次に乗るときのエンジンの始動性には、あまりよくありません。
冷えたエンジン始動はバッテリーへの負担も増大します。

何より、冷えて硬くなったシートに跨るのも、ライダーの立場としても、できれば避けたいものです。


屋内でシャッターを締め切っているアイドゥのバイク駐車場は、比較的温度の変動を受けません。
実際にパーキングに巡回に行くと、意外にもホンノリとした温もりすら感じることもあります。

屋外と違い、日中と夜間の温度差も割と少ないようなので、タイヤの空気圧の変動も大きくならないようです。


悪天候でなければ、バイクは外でも屋内もコンテナでも、「何処へ置いても一緒」かもしれません。

しかし特に冬の時期は、バイクに切ない思いをさせずに済むのは、アイドゥのような屋内自走式の駐輪場が一番良いと思われます。
停めているときも然り。
また、再び乗る際に、エンジンその他機関が順調に作動できるのは、屋内駐車が最も有利だと推測できます。

ちなみに画像は私の家…切ないなぁ…(>_<)

ページの先頭へ

motogpレースのドキュメンタリ―映画「ファステスト」
日本各地でロードショー公開、関東圏では昨年上映され、非常に評判になったようです。

http://mail.pia-eigaseikatsu.jp/trailer/160382/

その映画のブルーレイとDVDが発売されたようです。
ご興味のある方は、ネット通販サイトなどで検索してみてください。

バイクが好きな人にはたまらない作品でしょう。
また、あまりレースを見ないという方でも、スポーツドキュメンタリーという面から接してみても、楽しいかもしれません。


僕もブルーレイ買おうっと!。

ページの先頭へ

秋の交通安全運動です。

suzuki
2012年09月21日 11:14

本来なら期間を問わず、常に安全運転を遂行すべきですが・・・。
とりわけ、この時期は日が暮れるのが意外に早くなる時期です。

夕方を迎え、遊び終えて家に帰る子供たちや、塾へ向かう学生さんたち、あるいは買い物へ自分で出かけると言う自立された高齢者の方々など…。
様々な歩行者の方々の安全のためにも、日暮れ時の街中では、特に速度に注意し、周囲に優しいライダーでありたいと思います。

特に日没が早く、予想外に周囲が見え難かったりする場面が想定されます。
ライトは勿論、早めのウィンカー操作などを心がけたいものです。
トラブルとしては、電球類の球切れ等も見落としがち。そこは日頃のメンテナンスも重要です。

アイドゥでは全てのパーキングは広々とした屋内タイプ。
出発前のバイクの点検も、容易に慌てずに出来ます。
夜間でも電気を点ければ様子がよく見えますので、屋外タイプやコンテナ式と違い、不具合を見逃し難い、と言うメリットがあります。
安全運転を遂行するためにも、走り出す前に、ご自身で納得できるチェックをしてみてください。


他方、この時期は交通絡みのパトロール活動も多い時期であることは、間違いありません。
何かの因果で、軽微な駐車違反であっても摘発や処分を受けてしまうことも…?。

日頃、バイクの置き場で困っていて、路上駐車の機会が多いという方,この機会に、愛車を安心して定住できる「月極バイク駐車場」を検討しては如何でしょうか?。
オートバイ駐輪場なら、是非ともアイドゥへご相談ください。
私たちアイドゥのスタッフも、日頃から安全運転を遂行しております。

ページの先頭へ

高速道路はETCが便利 

suzuki
2012年09月14日 12:05

料金所で停止せず、スルーしながら通行料金を自動決済出来るETCシステム。

通行券をポケットにしまう必要もなく、小銭や現金を用意する面倒も要らず、一旦使い出すと、この上なく便利です。
とりわけ、足を付いて停車し、グローブを着装した手で財布など扱うのは、バイクでは非常に厄介。
バイクほどETCの恩恵が大きい乗り物は無いかもしれません。

車載器の金額の高さと、取り付けの手間や工賃が難点です。
でも通行料金の割引がありますから、特にロングツーリング派のライダーには、走るだけ恩恵も効いてくるでしょう。


そんなETCですが、気を付ける点も、いくつかあります。

万が一の際、ゲートが開かないと、思わぬ事故に繋がるかもしれません。

バイクの場合はゲートの切れ目から外側に出て行く事ができるので、立ち止まらず,いったん外に抜ければ、後方から追突される可能性は軽減されます。
ゲートで足止めされて、後方からのクルマに追突されてしまっては、ライダーは悲惨な目にあります。
なので、もしゲートが開かないときは、止まらずに隙間から外へ出て、安全な場所を探して、しかるべき事務対応に参じるように推奨されています。

また、自分に非が有らずも、もし前方のクルマがゲートが開かず停まってしまうと、車間距離を取っておかないと、今度は自分が追突してしまう事態に・・・・!。

ノンストップのETCと言えどしっかりと車間を取り、何かあったら即、安全に停まれる心がけも必要です。

自分の場合、追い越し車線側のゲートは、走行の流れも速く、大型トラックも多いので、避けるようにしています。
出来る限り、走行車線から左寄りのゲートを通れば、多少でもリスクが減らせるのではないでしょうか?。
そんな意味では、停止する車があることを前提に、一般との昆走レーンを敢えて選ぶのも、安全な手段かもしれません


色々とありますが、とにかくまずは、自分のバイクが安全にゲートを通過できるようにするのが第一です。

その為には、出発時に、駐車場を出る前に、カードの有効期限を確認し、確実にセットして、作動ランプをチェックするのがいいでしょう。

とはいえ、屋外や通り際で、クレジットカードを出してセットするのも、なんとなく人目が気になるものです。
屋内型のバイクパーキングなら、雨天などでも気にせず車載器を弄ったり、カードを扱える・・・。
そんなあたりも、アイドゥの月極バイク置き場の、ちょっとしたメリットなのかもしれません。、

ページの先頭へ

お値段や概要などは、文末に記載しておりますので、そちらをご覧ください。

さて、では料金以外に、アイドゥサポートクラブのメリットはあるのでしょうか?。

はい御座います!。いくつかご紹介しましょう。

,支払いの簡略化
 ・年額一括支払いではなく、盗難補償料と月額の駐車料金と合わせて、毎月ごとにご請求します。
  申し込み時に高額を一度に準備する必要がありません。毎月自動引き落としの手続きをしておけば、払い忘れることも有りません。

▲丱ぅを乗り換えてもスムーズに対応!
 ・月払いなので、バイクに乗り換えても掛け金が無駄になりません。乗り換えたら車両を査定の上、保証を移行できます。
  メーカー独自の保険と違い、「他社のオートバイに乗り換えたら前払いした料金が掛け捨てになる」という事もなく、無駄がありません。

新車でも中古車でもOKです! 古いバイクでも加入できる場合があります。
 ・往年の名車:傑作車と言えど、こと保険に関しては車歴の古さが加入の妨げになることがあります。
  希少な旧車で保険の加入を断られた方も、アイドゥのバイク好きなスタッフに一度ご相談ください。
  車種によっては、少額ながら保証を付けられる場合がございます。(諸条件がありますので必ず加入できるとは限りません)

ぅ蹇璽疋機璽咼紘佞
 ・提携業者が提供するロードサービスが利用できます。盗難以外のトラブルでも心強い、ライダーの為のトータル保障です。

イ匹Δ砲盍萎そうな制度だけど,デメリットは無いのか?。
 ・2つだけ,残念ながらございます。
  一つは,アイドゥの駐車場をご契約いただいた方しか加入できないこと。
  もう一つは,駐車場を解約した場合、同時に盗難補償も解除されることです。


如何でしょうか?、料金と共に、ロードサービスも含め、ライダーの皆さんに有利な盗難補償制度と言える、アイドゥサポートクラブです。
駐車場と共に、駐車場外での盗難の保証をセットにし、ライダー目線のメリットをご提供します!。ぜひご加入をご検討下さい。

ご参考
 
補償額と加入料

査定額 年額 (月額)   国内A社 年額例

60万円 13,200円 (1,100円) 20000円

90万円 19,800円 (1,650円) 29000円

120万円 26,400円 (2,200円) 37000円

150万円 33,000円 (2,750円) 45000円

180万円 39,600円 (3,300円) 54000円

210万円 46,200円 (3,850円) 59000円

ご参考
 
補償額と加入料

査定額 年額 (月額)   国内A社 年額例

60万円 13,200円 (1,100円) 20000円

90万円 19,800円 (1,650円) 29000円

120万円 26,400円 (2,200円) 37000円

150万円 33,000円 (2,750円) 45000円

180万円 39,600円 (3,300円) 54000円

210万円 46,200円 (3,850円) 59000円

補償額比較 査定額 210万円クラスのバイクの補償額
ハーレー BMW 国産1000cc級逆輸入車など

  加入 1年目での補償額(補償率) 189万円(90%)
  加入 2年目での補償額(補償率) 178万円(85%)
  加入 3年目での補償額(補償率) 168万円(80%)

上記の場合の掛金は?
メーカー系B社 / メーカー系C社 /   アイドゥ
年額(掛金) 63,000円  54,600円   46,200円

アイドゥサポートクラブ ご紹介サイト
http://www.yes-i-do.co.jp/merit/support_club.html

ページの先頭へ

アイドゥサポートクラブは、バイクパーキングアイドゥのご契約者さま向けの、屋外での盗難の保証制度(オプション契約)です。
一般的な盗難保険と比べ、リーズナブルな料金で盗難補償を提供しております。

 お値段や概要などは、文末に記載しておりますので、そちらをご覧ください。

万が一の盗難に備え、「大切な愛車には盗難保険を掛けて備えておきたい」と、多くのライダーの皆さまは考えておられるでしょう。

しかし,冷静に考えてみると、実は盗難保険自体には、「盗難を抑制する能力」は、全く備わっておりません。
保険はあくまで「事が起きた後で、被害をお金で換算して補てんしてくれる。」だけで、盗まれないための対策は、別に施さなければなりません。

そして、一般的に高級バイクの盗難の80%は、自宅での駐車中に起きている、と言う統計があります。

つまり、いくら高額の盗難保険を掛けていても、実際の盗難対策が難しい場所にバイクを停めて居る以上、「保険があれば安心」とは言い難いのが現実なのです。
まして、セキュリティ性の乏しい駐車場を借りていたり、愛車に対する保障が何もない駐輪場を契約していたら、駐車代も合わせ、その膨大なコストが活かされないことが判ります。


アイドゥの運営管理するバイク月極駐車場では、普段はセキュリティ万全の場所に保管されていますので、盗難の恐れがあるのは外出した時だけとなります。
その為、他社の盗難保険の料金と比べ、低価格を実現することが出来るのです!。


アイドゥ駐車場内での万が一の盗難保証は、駐車場契約と同時に自動的に加入済みとなりますのでご安心ください!。
(提示価格に含まれる付随サービスとなります。)


最近では販売店やディーラーの方々からも,「保険に入るならアイドゥサポートクラブも検討するといいよ」とおすすめいただく例も増えてきたと伺っております。
こと短期でバイクを乗り換え:乗り継ぐ方には、メーカー系列独自の保険より優位だとの事です。

その点については,次のブログにて検証して参ります。  では一旦・・・


ご参考
 
補償額と加入料

査定額 年額 (月額)   国内A社 年額例

60万円 13,200円 (1,100円) 20000円

90万円 19,800円 (1,650円) 29000円

120万円 26,400円 (2,200円) 37000円

150万円 33,000円 (2,750円) 45000円

180万円 39,600円 (3,300円) 54000円

210万円 46,200円 (3,850円) 59000円

ご参考
 
補償額と加入料

査定額 年額 (月額)   国内A社 年額例

60万円 13,200円 (1,100円) 20000円

90万円 19,800円 (1,650円) 29000円

120万円 26,400円 (2,200円) 37000円

150万円 33,000円 (2,750円) 45000円

180万円 39,600円 (3,300円) 54000円

210万円 46,200円 (3,850円) 59000円

補償額比較 査定額 210万円クラスのバイクの補償額
ハーレー BMW 国産1000cc級逆輸入車など

  加入 1年目での補償額(補償率) 189万円(90%)
  加入 2年目での補償額(補償率) 178万円(85%)
  加入 3年目での補償額(補償率) 168万円(80%)

上記の場合の掛金は?
メーカー系B社 / メーカー系C社 /   アイドゥ
年額(掛金) 63,000円  54,600円   46,200円

アイドゥサポートクラブ ご紹介サイト
http://www.yes-i-do.co.jp/merit/support_club.html

ページの先頭へ

オートマチック

suzuki
2012年08月24日 14:40

スクーターでは半ば当たり前になっているオートマチックトランスミッション。
オートマとは楽をするための仕組みと思いきや、最近はスポーツバイクにも採用される例が出てきました。

もちろんスポーツバイクに積まれるからには、楽をする以上に、乗っていて心がときめく乗り味が欲しいもの。
その為に、従来からスクーターに採用されたタイプとは違う仕組みを使った、スポーツバイクに適したATミッションが開発されているようです。

任意でマニュアルモードに切り替えることも出来て、バイクを操る充実感も疎かにされていない様子。
それでいて、ツーリングの帰りの渋滞時には、シフト操作の労力が減らせれば体の負担も減り、安全面の向上にもなると考えられます。


後は、帰り着いてから、面倒な駐車などを自動でやってくれる・・・
そんなバイクが出来たら、更に良い話しですが…。

バイクはエンジンを止めてしまったら、あとはライダーがすべて自力で取り回ししなければなりません。
こと大型バイクになると、ツーリングで疲れた体で仕舞う作業は、時に辛いと感じることもあります。

駐輪場では、オートバイを自動で収納してくれることは望めませんが、取り回しが楽な駐車場を探して選ぶことはできます!。
そのあたり、アイドゥのサイトに載せておりますので、ご参考にしてみてください。
http://www.yes-i-do.co.jp/merit/open_type.html

ページの先頭へ

調整

suzuki
2012年07月27日 18:51

「ブレーキをしっかりと効くようにしたい・・・」
バイクに慣れて乗り回すのが楽しくなると、そんなことを思ったり、考えたりすることがあります。

パーツ屋さんに出向いて見ると、なるほど!、ブレーキ系のカスタムパーツが多数存在していますよね!。
事実、レース使用も視野に入れた、高値のキャリパーやマスターシリンダーなどを組むと、そのフィ−リングには感動
することもあります。
そこまでしなくても、オイルやライン(ホース)やパッドなどを交換するだけでも、ノーマルのブレーキシステムでも効き味が相当変化することも?。

しかし現在では、既に新車に組み付けられているキャリパーやパッドも、実は非常に良く出来てます。
能力も感触も、実際に不満が出る例はあまりないはず。
もし酷い例があるのなら、それはバイクメーカーのプライドに関わることです。


では何故、ブレーキを改造;交換したくなるのでしょうか?。

一つは、そのフィーリングに知らずに乗り手がなれてしまいこと。
人間は馴れると、より「良い物」を求めてしまいがち。こればかりは、自然な要求なので、仕方がありません。
良いパーツは、やはり価値があるもの。予算があれば、一度は試してみたいしものです。

他方、実際に「効きが落ちたかな?」と感じたら、乗り込んだことによる消耗などが起きた可能性があります。
まずはノーマルの状態を基本に、「新車当時の状況に戻してから」、が基本です。
タイヤの減りも含め、ブレ−木オイルやパッドの消耗を確認し、キャリパーのメンテナンスをしておきたいです。
仮にカスタムパーツを付けても、ノーマル品と同等のメンテは欠かせませんし、レース志向の物は、整備のサイクルはより早くなること?。


更に・・・

特にフロントですが、レバーの位置が適切か?、ちょっとチェックしてみてください。
レバーが下側に有ると、指先だけで引き上げるような感じでしかブレーキを掛けられません。
逆に、ちょっと極端な例ですが、レバーが地面と平行になっている感じだと、握力全体を使ってレバーを握れます。
指先の力よりも、しっかりと握力を使った方が楽ですし、力加減が良くなれば、ノーマルのブレーキシステムを、より有効に使い込めるのでは?。

オフロード走行の場合、ステップに立ち上がって前寄りに体を構える際は、レバーを下にした方が楽に操作できる場合もあります。
しかし、自分のバイクのスタイルや乗り方に対して、レバー位置やハンドルの状態を合わせておくのは、基本的で大切なことです。

最近はABSなどの普及で、簡単にブレーキのカスタマイズが出来ないことも有ります。
でも、最新のバイクなら間違いなく、大幅な改造をしなくても、十分な制動力とフィーリングを備えていることも多いでしょう。
なんとなくブレーキが頼りないな、と思ったら、基本整備と共に、レバーなどの操作系の調整も試してみては如何でしょう?。


ページの先頭へ

バッテリーの管理

suzuki
2012年07月20日 14:06

最近は密閉式のメンテナンスフリーのバッテリーが増えてます。
従来からの開放型と違い、液の補充が不要(いや出来ないと言うべきか?)で、扱いは楽になりました。

但し、メンテフリーの物は元々から入っている液の量が極めて少なく、気を付けないと、急激に電圧が低下することがある、と言う説もあるようです。

日頃から豆にバイクに乗ってあげれば、逐次バッテリーに十分な電圧が回ります。
でも短時間の走行、いわゆる「ちょい乗り」を繰り返すことも、セルスターターを使う頻度が増え、逆にバッテリーの電気を消費する可能性があります。

結局は、ウィークデーの駐車中に、トリクル型の充電器で常時バッテリーを充電しておくのが、基本であり得策と言えそうです。

この「普段からのバッテリーの充電」の問題、100v電源のコンセントが必須。
これについては、屋内型の月極バイク駐車場のアイドゥでは、全く問題ありません。
アイドゥでは、どのオートバイ駐輪場にも、自由に使って頂ける電源がございます。


もし仮に、屋外のパーキングにコンセントが在ったとしても…

雨天や悪天候があることを思うと、充電器を掛けっ放しにすることはナンセンスですね。


また、少し古い単車を愛用している場合、車種によっては、旧来からの開放型バッテリーを使う例もあるかもしれません。

バッテリー液は蒸留水を補充するそうですが、本体に在る中身は、割と濃度の有る硫酸との事。
扱いには念を入れて注意すべきです。
もしコンテナボックスなどにバイクを収納している場合、液漏れなどには特に用心した方が良さそうです。

尚、トリクル充電器は、バッテリーに負担を掛けることなく充電出来る、比較的弱い電圧を用いるそうです。
満充電されれば自動で送電を停めるとの事。安全面でも、節電の意味でも、安心して使えるようです。

ページの先頭へ

梅雨明け!

suzuki
2012年07月20日 11:41

関東は梅雨が明け、学生さんたちは夏休み!、と、いよいよ夏の様相が強まってきました!。
長い休暇を使ってのツーリングの計画などを考えるのも、ワクワクしてくる時期ではないでしょうか?。

他方、ひとたび暑い気候を迎えると、体調の管理が難しくなるのも事実です。
熱中症や脱水症などに気をつけたいところです。

体の不調を招いたまま癒せず、折角のツーリングシーズンを楽しめないのも辛いもの。
とりわけバイクに乗る際には「スポーツ」と言っても良いほど体を使います。
日頃から体調を整え、オートバイを心からエンジョイしたいものです!。

ページの先頭へ

湿気

suzuki
2012年06月01日 11:46

関東はまだ梅雨入りしていませんが、このところ突然と天候が荒れ、急な大雨に降られることも度々。
降雨とともに気温の変動も伴い、バイクにとっては湿気による影響が心配な季節です。

庭先に停めたバイクに車体カバーを掛けて置いておくと、「カバーを捲ったらバイクが濡れていた」等と言った経験はありませんか?。

私のように、格安のカバーを使っていると、防水性が良くなくて雨水が浸透する、と言うのは自業自得・・・。
しかし、しっかりとした上質な車体カバーを使っていても、自然の摂理からバイクが湿気で濡れる例は、完全に回避できないようです。

露天でカバーを掛けて愛車を停めてる場合は、雨上がりの後は、いったんカバーを外して、バイクの様子を見る余裕が欲しいものです。

またコンテナボックスなども同様。
いつも言いますが、走行後でエンジンやマフラーが熱いまま、狭い空間にバイクを仕舞うことは、あまり好ましい事ではありません。
湿気の影響もそうですが、熱は安全性にも関連します(ガソリンのオーバーフローや不意なオイル漏れなどとの連鎖)。

出来ればオートバイ自体を、熱や湿気の影響に晒される環境には起きたいくないものです。

塗装やメッキ類の劣化や、ゴム類の痛み等、湿気や熱はバイクの天敵です。
また水分や温度の悪影響が少なければ、電装部品の状態も良く保てるはずです。

いい環境のバイク駐車場に愛車を置ければ、総じてバイクの調子を良好に保てるのです。

アイドゥの月極バイク駐輪場は、オープン形式を徹底して採用しています。
広いスペースに駐車するので、熱や熱気が籠りにくく、総じて、バイクの調子を常に良好に保てます。

ページの先頭へ

税金の支払期限が近づいています。5/31(木)までです!。
うっかり忘れない様に、気を付けましょう!。

とりわけ、「近く車検もある」と言う方にはコストが重く憂鬱でしょうが、納税されていないと検査も通せず、更に面倒なことになります。

現在はコンビニのレジからの収納もありますし、大変便利になりました。
休日にツーリングに出た途中で支払うこともできるし、夜間でも納税は可能。非常に助かりますね。

但し、時を選ばずに何処からでも払えるからと油断していると、期限を見過ごしてしまうので要注意!。
うっかり忘れて、延滞金の請求が来たりしたら、つまらない思いをします。^^;

ページの先頭へ

強風 豪雨

suzuki
2012年05月18日 11:33

このところ、天気があまり安定せず、急に風が強くなったり、大雨に祟られることが多くなっています。
地域によっては、竜巻の被害に遭われた方も居るとの事で、お見舞い申し上げます。

未だ関東は梅雨入りしていませんが、間もなく雨季がやってきます。

悪天候の事も心配ですが、雨は何かとライダーを困らせるもの。
天気が悪い時は乗るのを控えるにせよ、停めて置いておくにも、自慢の愛車が濡れて汚れるのは、あまりいい気持ちはしません。
又、風によって車体カバーが吹き飛んだり、場合によっては、バイク自体を倒すほどの突風も、この不可解な天候の元では、ないとも限りません。

そんな訳で、出来るだけ露店の駐車は避けたいもの。
路上駐車も、ワイヤーキーを繋ぐ手筈を探したり、走行中の車体カバーなどの処遇も悩みの種。
コンテナボックスも一見は良さそうですが、狭い室内では、気温の変動などによって、中が結露したりと、それはそれで厄介では?。


梅雨に入る今の時期こそ、屋内駐車のバイクパーキングを検討してみませんか?。

アイドゥの月極オートバイ専用駐輪場は、全て屋内に停める形式で、厳重な盗難防止のセキュリティを実装しています。
ご自宅からやや離れていた場所での駐車場でも、盗難やイタズラに対して、危惧する必要はありません。

もしご希望の地区に空き区画が無くても、別の地域の駐車場を一旦ご契約いただき、後程本命の場所に移転して頂くこともOK!。
その際も、移転に関わる余剰費用が発生することのないプランを用意しておりますので、ご安心ください。、

只今なら,調布地区:西新宿・初台地区:中目黒周辺:豪徳寺辺り:馬込地区のバイク置き場は、ほぼお待ちにならずに入庫できます。
又,浅草や上野周辺の方々へも、良いご案内が出来そうです。

その他の地域の方へも、出来る限り良い駐車場をご案内できるように考慮致します。
まずはお気軽に、お電話やメールでお問い合わせください。

ページの先頭へ

連休中もOK

suzuki
2012年05月04日 18:55

G/Wも後半になりました。皆様、いかがお過ごしですか?。

連休期間も、バイクパーキングアイドゥでは、バイク月極駐車場の受付を承っております。

このお休みに間に、ご契約いただける区画もございます。
ご興味のある方、またバイク駐輪でお困りの方、ご遠慮なくお電話やメールなどをお寄せ下さい。

スタッフとしても、できるだけ多くの方々と、オートバイの話題を含めてお話ができれば、うれしいというものです。どうぞお気軽にご連絡ください。

お待ちしております。

ページの先頭へ

上野の桜

suzuki
2012年04月13日 10:56

首都圏では桜の時期。皆さんは花見などはされましたでしょうか?。

東京では、上野の大きな公園が、有名かつ壮大な桜のスポット。こちらに出向かれて楽しまれた方も多いと思います。

日頃バイクで都内を走る私たちアイドゥのスタッフは、日頃はお酒を嗜みながらの桜を眺める機会が、なかなか作れません。
バイクパーキングの存在する根津や小石川から、浅草地区のオートバイ駐車場へ巡回に向かう際、不忍池の対岸をかすめて通りますが、
なかなかどうしして、岸に沿ったところで停まったり、公園に入場してのんびりとするような時間は、なかなか持てません。

それでも、「池之端」という地名が付く程の、相当に大きな水を戴く場所だけに、付近を通るだけでも、自然の穏やかな感覚を垣間見る事ができます。

そんな訳で、上野を中心に、千駄木辺りから湯島〜御徒町の方へ抜けるルートを走るのは、桜の季節のみならず、私達アイドゥのスタッフにとって、
つかの間の安らぎタイムになっています。

都心でも、各地に潜む、自然と調和した素敵な都市空間。ライダーの皆さんは、身近にお気に入りの安らぎスポットはお持ちですか?。

ページの先頭へ

オイルの漏れに気が付くか?

suzuki
2012年02月17日 10:58

さて、前回に続き、オイルのお話です。

エンジンオイルでもミッションオイルでも、潤滑を目的に作られた油は、滑る性質がああります。
不運にも、整備の行き違いや故障などでオイルが出てくると、それは下に落ちて溜まることになります。

うっかりと、垂れたオイルを靴で踏んでしまうと、バイクの取り回しの際に足元が滑って、転倒など、意外なトラブルにも繋がります。
また、タイヤに付着したことに気がつかずに走り出したら、更なる危険を呼び込むことになります。

アイドゥのパーキングは屋内で、床も整備されているので、万が一のオイル漏れでも、比較的簡単に気がつくことができます。
夜間でも屋内照明が有りますし、ナイトランに出る際も、愛車の異常を、発見する事も容易です。

屋外や、露天や路上にバイクを置くと、特に夜にはバイクのトラブルに気がつきにくいもの。
周囲が暗く、また下が砂利や土の場合は、オイルの垂れも、発見できないかもしれません。

また、コンテナボックスにバイクを置いている場合も厄介です。
照明が無いと、バイクを外に出すまでオイル漏れに気付かなかったり、出したときには、既にタイヤに付着するかたちになります。

ではバイクを出す前に床のオイルを拭き取る??

いえいえ、実際にバイクを入れてあるボックスの中に、体を屈めて入って行くことができるでしょうか?。

ページの先頭へ

整備の基本 オイル交換

suzuki
2012年02月10日 12:58

皆さんは,エンジンオイルの交換、どうされてます?。

4サイクルエンジンなら定期的に、使用に応じて劣化していくオイルを換えてやる必要があります。
交換頻度とか、一度換えたオイルをどのくらい使うか(距離とか時間とか)?・・・。
その点は様々な説が有りますが、どのみち、オイルは定期的に入れ替えないと、バイクは不調を起してしまいます。

そんな、基本にして重要な作業たるオイル交換ですが、ご自身で行うと言う方も多いと思います。
ドレインボルトを緩めて外せば古いオイルは簡単に流れ出し,またボルト締めて、上から新しいオイルを補充。
少しエンジンを掛けて循環させて、最後に量を確認して継ぎ足す・・・。
そんな単純な作業だし,レンチ一本あれば出来るから,ショップに任せるまでも無いかもしれません。

ところで,自分で交換をしている方は,ドレインボルトのワッシャー、どうしてますか?。
たかがワッシャー1枚とは言え,実はこれが,非常に重要な意味を持っていること,ご存知でしょうか?。

ボルトは、そこそこの力を入れて締め上げますが、その時ワッシャーは、ある程度潰れて変形します。
潰されて変形する事でオイルパン(タンク)との密着が高まると言う理屈です。
つまり、ワッシャー1枚が、蓋の周りのゴムパッキンのような役割を果たしているのです。

よって、ワッシャーは都度新品を使う事が鉄則。
再び使うと,オイルパンに当っていた部分が,以前と外れます。
当たる部分の形状が合わなくなれば,密閉度が落ちてしまい,そこから油が洩る原因になる事があります。

一度変形してるワッシャーは,再び違う形に変形することが出来ません。
だから,ワッシャーは,都度新品を使う必要がある訳です。

車種によっては,或いはメカニックさんのポリシーによっては,念の為ボルトも新品を使う例もあるようです。
また,2サイクルエンジンなどのトランスミッションオイルや、ブレーキのラインなども同様。
油脂や液体の通っている部分は、継ぎ目や抜き場の気密は,大変重要な問題です。

もし,駐車中でもオイルが落ちると,靴の裏やタイヤに付着して,滑る原因になり,大変危険です。
微量なオイルとて,タイヤに着いたままで走ってしまったら・・・

ワャッターなど小さな部品ですが、小さいからこそ、重要視して,ケチらず新品を使うようにしたいです。

幸い,アイドゥのパーキングは,夜間では室内照明が使え,足元にオイルが有っても,発見しやすいと言うメリットが有ります。
野外に駐車している人や,コンテナボックスに置いている方々は,特に夜間,足元に垂れた油に,気を付けてみてください。

ページの先頭へ

節分

suzuki
2012年02月03日 11:07

近年は「恵方巻き」を食べると言う風習も定着してきましたが、一方で、節分と言えば「豆まき」を思い浮かべる方も多いと思います。

「鬼を追っ払う為に熱く炒った豆をぶつけた」と言う伝説が定説ですが、転じて「豆まきをすることで邪気を祓う」と言う解釈もあるようです。

何れにせよ、生活圏に悪い案件を受け入れずに、幸運のみを取り入れたい、と言う願いは、昔も今も同じです。


さて、大切なバイクに対しては、盗難やイタズラなどの危害を加える、悪い輩の存在が厄介です。

現実の悪事に対しては、実際に豆をまいても、制圧することはできません。
愛車は万全なセキュリティーを配備した、シャッター付きの屋内に保管することが、何よりも大切。

アイドゥの駐車場なら、節分の時期のみならず、24時間365日、常に外敵からバイクを守ることが出来ます。

ページの先頭へ

東京 雪の週末

suzuki
2012年01月20日 18:30

イメージ

寒いです・・・

こんな夜は、ちょっとだけバイクの事を忘れて・・・、
暖かいお料理とお酒を嗜むのも、悪くありません。

勿論、お酒を飲んだら、バイクは「お休み」です・・・。
仕事帰りでも、ちょっと立ち寄ってみるのも、寒い日の楽しみの一つかな?。

アイドゥのバイクパーキングなら、安心してバイクを置いて、心おきなく出掛けることが出来ます。


写真は、立川市のお蕎麦屋さん「ふたつ庵」さんに伺った時のもの。
お蕎麦は手打ちで美味しく、他のお料理も美味しく、お薦めのお店です。
お酒も良いものが飲めるので、是非とも、バイクは置いてお出かけしてみてください。

ページの先頭へ

屋内保存と下取り価格 続き

suzuki
2012年01月20日 15:19

さて、「屋内駐車」によって、バイクが傷まずに下取り査定が良かった、と言うお話の続きです。

バイクを査定する際、やはり最初は「第一印象」が重要のようです。
「見た目が大事」が絶対ではないでしょうが、そのバイクを次に乗る人にとっても、綺麗なバイクの方が良いに決まってます。
仮に、程度が全く同じバイクが二台、店先に並んでたら、最終的には、外観の良い方が好まれるでしょう。

実は大半のオートバイは、表や軒下にカバーを掛けて停められているのが通常です。
屋内の駐車場に保管されている例は、まだまだ少数派。
だから、屋内置きが要因の、非常にきれいな中古車は稀少ですし、買い取り市場でも、特に重宝されるわけです。


但し、屋内駐車場なら、それで完璧なのか?、と言えば、そうでもありません。
もし庫内に上手に収納出来たとしても、セキュリティ面が弱く、バイクが盗難されてしまっては、何の意味も有りません。

高価下取りの期待どころか、「バイクが無くなってローンだけが残った・・・」。
そんなことにならないように、駐車場選びは、セキュリティ面と保存環境、両面を配慮して選んでみてください。

ページの先頭へ

屋内保存と下取り価格

suzuki
2012年01月13日 14:10

バイクを持っていると、どうしても掛ってしまうのが「維持費」

バイクの購入費用の他にも、保険や税金、或いは定期的な整備の費用など、嵩むと結構大変です。
また車と違って、乗るライダーの為の装備:ウェアやヘルメットも必要。
更に、こだわりのカスタムパーツなども含めたら、趣味とはいえ、変な金額になってしまいます。

その上で、更に駐車場の料金を払うのは、どうなのでしょう・・・?


と、悩んでいても仕方がありません。

実は、しっかりした駐車場を借りることで、先々に思わぬ「キャッシュバック」が狙えるかも!?。
それはバイクを売る時に、下取り価格が向上する可能性がある、と言う事です。

露天に常駐しているバイクより、屋内に保存されていたバイクの方が、圧倒的に高い値段で転売できる筈なのです。

バイクを屋内に停めておけば、外観の汚れは少ないですし、日光を避けていれば塗装の痛みも軽減できます。
また、ゴミや埃も付き難いから、電装品などの精密なパーツへの影響も軽減されます。

更に、特に今のような寒い時期は、外気に曝されないことで、エンジンやオイルが極端に冷え切る事もなくなります。

そんな様々な要因もあって、乗る時は常にエンジンが掛り易く、一定の調子を保ち易くなります。
エンジンの始動性が良ければ、バッテリーが消耗も防げます。


屋内の駐車場には、単に「バイクを汚さない」と言う以外にも、愛車の調子を保てるメリットもある訳ですね。

駐車料金はちょっと費用が掛りますが、バイクのコンディションを保てれば、乗る時はいつも気持ちいもの!。
具合が良いバイクなら、乗換えの時に下取りに出しても、予想外の査定額が期待できるのです!。


どうせ駐車場を借りるのなら、露天よりも「屋内型」には、値段なりのよりメリットが見出せます。
アイドゥならセキュリティ面でも万全ですし、愛車の調子の為にも、是非ともご利用を検討してみて下さい。

ページの先頭へ

東京で降雪です

suzuki
2011年12月09日 12:09

気候の変動が激しい最近ですが、今朝は、とうとう雪になりました。

幸いと言うか、予報では天気は晴れに向って回復傾向との事。
週末には、青空と共に、気温も上がってくれる事を、バイク乗りは切望しちゃいますね!。

小雪とはいえ、こんな日は路面の滑りと共に、視界の影響も出て来ます。
目の前をチラつく雪も気に障りますが、シールドが曇るのも厄介です。

また、グリップを温度に依存しているタイプのタイヤは、普段よりも特に温まりが悪くなります。
そうでなくても、時期的には路面凍結の用心も必要になりつつあります。


冷え込みは辛いですが、冬は時に、とてもきれいで清々しい空気を味わえる機会も有ります。
様々な条件に対応しなければなりませんが、安全に楽しくバイクを嗜んで参りましょう。

ページの先頭へ

師走です

suzuki
2011年12月02日 17:14

気温の変化が激しいですが、今日の都心は一段と冷え込んでいます。
そろそろ、ウィンタージャケットなどの防寒具を支度しないと!!。

いよいよ年末です。何かと忙しい時期がやって参ります。
月初の今のうちに、バイクの冬の準備もしておきたいものです。

ジャケットしかり、ウィンターグローブやオーバーパンツなども引っ張り出さないと!。


バイクの方も、エンジンオイルを柔らかめの物に換えるなど、こだわりを持つ方も居られるでしょうか?。
また、気温が下がった今の時期、タイヤの空気圧も自然変動しますから、念のために確認してみてください。

何となく忙しく、また意味も無く急かされた日々を送りがちな12月。
せめてバイクに乗る時くらいは、日々の雑多を忘れて、穏やかな気持ちを持って、安全運転で楽しみましょう。

ページの先頭へ

環七の速度制限

suzuki
2011年11月18日 18:13

都心の主要ラインたる環状七号線。
かつてから様々な理由で課せられていた、時速40キロの速度制限が見直されるそうです。

年内には、全線が制限50km/hに引き上げ:統一とされる模様。


「時は何とかなり」、と言いますが、僅かでも速く走れる事は、生活面での効率の向上になることは、間違いありません。

アイドゥのスタッフとしても、豪徳寺パーキングから池尻や馬込の駐車場に移動する際、環七を使います。
今後、移動時間を稼いで、お客さまのご案内も、より充実させられる事が出来るかもしれません。

とは言え、基本は安全運転重視。
また必要以上のスピードも禁物。道路周辺の住民の皆様への、排気音などの配慮も忘れれはなりませんね。

ページの先頭へ

注目度

suzuki
2011年11月18日 11:53

この時期になると、バイク雑誌には、ニューモデルの予想記事や情報が紙面を飾ります。
特に今年は東京モーターショーがあるせいか?、新機種の実物の写真記事も豊富に載っています。

いずれのバイクも、発売は年末から来年の春先あたりになるのでしょう?。
自分としては、それらを買う:買わないは別に、新車や、新しい技術などをチェックすること自体が、楽しみにすらなってます。

でももし、新車:ニューモデルの購入を実際に検討されているなら、併せて駐車場の確保も意識しておいて下さい。
折角のブランニューのマシン!。どうせなら、保存状態が良く、盗難などの心配の要らないパーキングを選びたいものです。


新しいバイク・新機種となると、どうしても色んな人の興味を惹いたり、珍しがられてしまうもの。

目新しく、珍しいバイクを表に置いておくと、日頃バイクに興味の無い人たちも、目を向けてしまう事すらあります。

そんな「興味の目」も、紳士的に接してくる人ならともかく、時には余り好ましくない状況になることも・・・。
(^_^;)

そういう意味でも、やはり愛車を仕舞って置ける場所を確保があるのは、大切なことだと言えそうです。


あ!、もちろん、今乗っている大切な愛車だって、アイドゥでは大歓迎です!。

ページの先頭へ

東京モーターショー

suzuki
2011年11月11日 11:35

公式サイトです
http://www.tokyo-motorshow.com/

国産4メーカーとも出品との事。また、試乗会イベントなども有るようです。

ページの先頭へ

秋雨

suzuki
2011年11月11日 11:05

本日、都心は雨模様。しかも気温も下がって、どうにも冷たい雨の一日になりそうです。
こんな日は、特にバイクで通勤されている方々には、ちょっと辛い日になりそうです。

幸い、明日には晴れ間が戻って来ると言う、とは天気予報からの話し。
この週末は、絶好のツーリングディになるかもしれません!。

さて、平日の通勤で雨天走行になった後、帰ってきたら、是非しておきたいことがあります。
翌日の走行に備えて、或いはツーリングに向けて、ミラーやライト類を軽く磨き、綺麗にしておきたいものです。

ランプの汚れなど、大した問題ではないかもしれませんが、日が暮れるのが早くなりつつある時期です。
なるべく明るく光らせるようにするのは、少しでも安全に繋げる為の行為です。

また、ミラーも汚れを落として、後方視界を確保するのも大事です。
走行中、後ろの様子を観察できるのは、小さなミラーのみ。
安全運転もさることながら、別の意味で、自らの後方には、気を使っておかなければなりません。(^^♪


しかし、このような僅かな磨きの作業とて、帰宅後に、雨の中で行うのは、意外と厄介です。
ヘルメットを被ったまま、濡れた中でウェスを使っても、結局はまた、濡れて汚れてしまします。
また、コンテナボックスの中にバイクを入れたら、狭い中では、細かい仕事は困難です。

汚れをそのままおろそかにすると、翌日以降も、そのままにしてしまう傾向になりがちです。
でもアイドゥの駐車場なら、場内にバイクを置いてから、濡れない状態で、ゆっくりと拭き取り作業が出来ます。
その日に着いたミラーの汚れを、その日のうちに綺麗にする習慣を持てるのです。


屋内駐車場にバイクを停めることで、ライダーも安全志向になって行くのです。

ページの先頭へ

タイの洪水

suzuki
2011年11月04日 11:11

遠い海外のこととは言え、伝わってくるニュースの内容を見ると、自然の脅威を実感させられる事態です。
直接にも間接的にも被害を受けられている方々には、心よりお見舞い申し上げます。

既に日本国内の生産工業も、海外の協力に依存している部分が多くなりました。
今回の騒動で、完成車にせよ、部品にせよ、各地の工場への供給が滞り、車やバイクの業界にも、影響が出て来ているようです。

新車の納期遅れも想定されますが、部品の流通が滞ることで、既に手元にあるバイクのメンテなどにも、しわ寄せがくるかもしれません。
整備やオーバーホール、或いはカスタムをする為にも、パーツ類が届かずに手が付かないと言う事があったら、ちょっと困ります。
もし定期点検や車検に使うための部品が来ないと、その為に合法的に走行できなくなるという事態も考えられます。


今は状況を見守るしかないのも事実ですが、せめて消耗品を長持ちさせて、交換の頻度を減らす、と言う自衛手段は、今後も検討しておくといいと感じます。
路上駐車などを辞め、直射日光の当たらない屋内のパーキングにバイクを置くことで、タイヤやゴム類の痛みを大幅に回避できます。
また、パーツの盗難など、つまらない理由でバイクに乗れなくなることも避けることが出来ます。

バイクを、部品を大事に使う面でも、日頃からのバイクの保管に、アイドゥの駐車場をご検討下さい。

ページの先頭へ

盗難保険

suzuki
2011年10月28日 16:44

高価なバイクを所有する上で、どうしても心配なことの一つが、「盗難」だと思います。
万が一、大切な愛車が盗まれてしまった事を考えて、盗難時の補償制度を付けていたり、保険に入っているライダーも多いことと存じます。

今バイクを保管している場所のセキュリティーに対して不安があり、保険を掛けて万全を期す、そう言う気持ちは、同じバイク乗りとして、良く判ります。

但し、悲しいことに、どれだけ保険金を掛けても、保険そのものは、実は盗難を抑制:防御するものではありません。
不幸にも愛車が盗まれた時に、それ相当の「お見舞い金」を貰える、と言うものにすぎません。

愛車が盗まれて心痛い場面・・・、その中で、保険金の申請などの手続きに翻弄され、それでも無くなったバイクが戻ってくるとは限らない・・・。
そう考えると、先ずは盗難に会う事を絶対に避けたいものです。
盗難に遭わない為の工夫をするのが第一、その上で、プラスの安心としての盗難保険、だと言えます。

駐車の場所とその費用、そして保険代金との絡み、今一度見直してみませんか?。
先ずは、セキュリティ万全の屋内型駐車場にバイクを置くのが、盗難自体を「防止」する手順です。

[もちろん、保険が無意味だとか、不要と言う事を言い切るものではありません。]


また、屋内駐車だと、盗難以前に、「通りすがりのイタズラ」からの被害も回避できます。

ページの先頭へ

七人の敵

suzuki
2011年10月21日 16:10

古くから、「外に出れば七人の敵がいる」などと伝えられています。
社会を歩く上で、日々度々に、或いは突然と現れる苦難や、時に他人と争わざるを得ない状況がいくつもある、と言う意味合いの例えのようです。

日頃バイク乗っていても、どうにも好ましくない場面に出くわす事も、また「七の敵」に例えられるかもしれません。

数えれば、転倒の危険、事故の危険、不意に狩られるような交通取り締まり、自動車税の支払いや保険の処理、整備に掛る手間・・・
ツーリング先での雨の心配、そして外出先でお土産を買うのを忘れて、お留守番の人に怒れる心配<<あ、これは違うか??。

そんなこんなで、バイク特有の危険性やリスク以外にも、社会的なちょっとした障害が、意外と厄介に感じることも有るように思います。
でも不思議に、いざバイクに乗って走り出せば、多少の問題など、直ぐに気持ちの中から消え去ってしまいます。
そんな風に、オートバイは気持ちを豊かにしてくれる魅力が、沢山詰まっている乗り物なのですね!。

しかし、バイクを所有していると、外に出てない時でも、外で出会う以上の「強敵」の存在が在ります。

盗難やイタズラの問題です。

そう、走っているときはあまり関係ないけれど、オートバイを降りた途端に、この二つの敵が現れます。

いや、その前に、「停めるところが確保できない」と言う悩みを持っている人も居るかもしれません。

アイドゥでは、非常に高機能なセキュリティの仕組みを取りれた駐車場を運営しております。
バイク専用に作られた、高い安全性を保ったアイドゥの駐車場を選んで頂ければ、盗難やイタズラの心配は、ほぼ解決します。
勿論、置き場が無くて困る、路上に停めていたら駐車違反を取られた、等と言う問題に直面した方の気苦労も、解消いたします。

その上で、駐車中に愛車が雨に晒されることも無くなります。


折角オートバイに乗るのですから、なるべく無駄なリスクは背負いたくないものです。
アイドゥを活用頂ければ、幾つかの「敵」を「適」にすることが出来るかもしれません?。

ページの先頭へ

車体カバーの話

suzuki
2011年10月14日 15:14

先日、カフェでお茶を飲んでいた時、並びの席の方から、興味深い会話が聞こえてきました。
軽い愚痴にも取れるような口調。通勤で毎日のようにバイクに乗っていると思しき其の方は、ちょっと困ったことがある様子です。

「仕事から帰ってきたら、直ぐにでもバイクを仕舞って家の中に戻り、食事をしたり、晩酌したりしたいよね。
 でも、バイク通勤だと、それが出来ないんだよ・・・。」等と聞こえてきます・・・。

ライダーとしては、ついつい聞き耳が立ってしまう内容です。なぜ早く帰宅できないんだろう?、と興味が沸きます。

「戻ってきたら、バイクを置いて、車体カバーを掛けるでしょ?。それがエンジンやマフラーが熱いうちは、カバーを掛けるのに躊躇するんだ。
 熱さでカバーが溶けたり引火したりとか、気が気でなくてさ。特に今年は夏が暑かったら、余計に心配でさ。」

なるほど、恐らくは日頃バイクを露天に置いている方で、大事な愛車が人目に触れないように神経を使っているようです。

そんな訳で、定位置にバイクを止めた後、何時も5分か10分か待ってからカバーを掛けて、それからようやく、家に向っている様子です。
短時間とはいえ、それが毎日積み重なると、相当の時間の損失になりそうですね。

でも、この方はバイクを良く理解していると感じます。走行後のバイクの熱が思わぬ問題を起しかねない事を危惧して居られます。
少しでも冷める時間を採って、それからカバーを掛けるという、気配りの行き届いたライダーさんのようです。


「ツーリングなら、「走って来た実感」を味わうべく、愛車の横にたたずむ時間も、これまた趣があることでしょう。
でも仕事を終えて帰ってきた時は、できれば直ぐにでも家に戻って、疲れを癒したいのが実情です。

環境の良い屋内型のアイドゥのパーキングにバイクを置けば、もうカバーは不要なんだけどなァ・・・。
そう、アイドゥに停めれば、「カバーを掛ける上での様々な悩みやタイムロス」から、一気に解放されます。

僅か5分程の時間とはいえ、ただ何もせず(出来ず)熱の冷えるのを待つか?、バイク専用の屋内駐車場と自宅の往復の時間に充てるか?。
駐車場が遠いのは無駄、とか、バイクはなるべく側に置くべき、とか、そのあたりの「思い込み」も、カバーの如く外して、考察してみてください。

なお、近年の排気ガス対策がなさればバイクは、マフラーやエキパイの表面的な熱と共に、触媒装置に熱が長い時間に渡り残る例があります。
カバーと共に、ウェス類やバッグなどの車体への据え置きにも、注意しておいた方がよさそうです。
露天置きでは、風が来たり、何かとの接触などで、バッグ類がずれてマフラー部分と当たる様な例も想定されます。

ページの先頭へ

高価志向

suzuki
2011年10月07日 13:05


ハーレー インディアン BMW ドゥカティ ビモータ モトグッチ アプリリア アグスタ ノートン トライアンフ フサベル KTM エンフィールド・・・

と、思い向くままに頭に浮かんだ、オートバイのブランドを記してみました。
他にも、オフロード車専業のメーカーや、モペットなどを手掛ける所に、少数を手作りで仕上げているブランドなど・・・
色々上げると、日本には本当に多数のメーカーのバイクが輸入されているのだと実感します。
馬力や排ガスの規制こそあれ、車種と言う意味では、日本で入手できないバイクは皆無なのかもしれません。

国産の4メーカーでも、既に750ccの規制が無くなり、1000ccを超えるバイクが、当たり前のように販売されるようになりました。
また比較的排気量の少ないスクーターなどでも、ちょっとした改造を加えると、予想外のトータル価格になることも有ります。

輸入:国産の違いなく、すでにバイクは100万円級の値段の物も、余り珍しくないと言うのが、近年の傾向です。

高価なオートバイ。バイクの購入は今や、多額な価値を持つ、大切な財産の購入とも言えます。

そんな「大きな買い物」です。購入したバイクの保管や扱いにも、その価値に相応しい方法を選びたいものです。

高価なものですから、先ずは何より、普段から露天に定置する行為は避けたいもの。
雨風を凌げないだけでなく、人目に触れがちだとイタズラ等を誘発する可能性が強くなるので できるだけ屋内に仕舞うのが基本です。

但し、小さくて狭いコンテナボックスは、バイクが人目に触れないとはいえ、車両の出し入れで苦労する場面も見受けられるようです。
また、室内の温度や湿気の逃げ場などが無いのでバイクの保管状態も、あまり良好とはいえません。
とりわけ、もし扉のカギか壊されたとなると、盗難に対して、一気に無防備になってしまいます。

アイドゥのパーキングが、「大幅なセキュリティ」を掛けた屋内スペースに拘っているのは、これらの理由を総合的に考慮した結果です。

ページの先頭へ

遠くて近きは駐車場

suzuki
2011年09月30日 15:41

各パーキングに巡回に行くと、時折、ミニバイクや原付バイク、それにママチャリやミニサイクルなどの自転車が置かれていることがあります。
うん・・・? アイドゥは「大型バイクや高価格な自転車に最適な駐車場」を謳っていますが・・・

実は、これら原付やミニサイクルは、ツーリングに出掛ける方々が、「駐車場まで通ってくるため」に乗って来た、日常の移動手段なのですね。

大事な愛車。でも休日にツーリングする以外は、ウィークデーには滅多に乗る機会が無い、と言う方も多いと存じます。
マンションなど共同住宅で暮らす方達は、手元に停めて置けるのは原付クラスが自転車のみに限られているとも伺っております。

そのように、様々な事情で、大きなバイクは自宅に置けないけど、ミニバイクなどなら手元に置けて、普段から使えると言う例は多く在ります。
ならば、バイク駐車場に預けた愛車を乗りに行く手段として、普段使いの小さな乗り物を用いる、と言う手は、「有り!」なのです。


自宅の極付近に大型バイクを置く場所が確保できれば、それが一番いい事です。
しかし、間近に大切な愛車を確実に保管できる場所って、簡単に見つかる例は少ないのが実情です。

仮に原付があれば、5分か10分か走れば、そこそこ広い範囲を移動できるもの。
最初は「移動は面倒」と感じるかもしれません。でもちょっと目を広げれば、安全で快適なバイク置き場は、必ず存在するのです!。


ミニバイクでパーキングで来て、ヘルメットを被ったまま、ビッグバイクと入れ替えて出掛ける、とい方もいれば、ツーリングに行った帰りに、そのままママチャリでスーパーに買い物に行っちゃう人も。
アイドゥでは、そのようなお客さまも、多数いらっしゃいます。
このような、大小の愛車の使い分け、合理的で、実情的だと思いませんか?。

弊社のスタッフの中にも、このような方法で、大小のバイクを使い分けている者が、実際に居ります。

近くに愛車を安全に置けるところが無い、とお悩みの方へ、アイドゥからのご提案でした。

ページの先頭へ

タイヤバースト

suzuki
2011年09月24日 14:43

先日、所用で高速道路を使い、クルマで都心を離れて西へ向かっていました。

トータルで200キロ程の距離を走破したでしょうか?。
途中で、故障車が止まっていたり、小さな事故などがあり、長い渋滞が繰り返されながら、「耐えるロングドライブ」となりました。
夕方の明るい時間帯には目的地に到着したいのに、既に三時を迎える状況。大幅なロスタイムです。

郊外の地域に入った頃、ようやく順調に流れ出したのを好機に、昼食もそこそこに、遅れを取り戻すべく、周囲の列に合わせて、快走します。

時間にして、30分ほど走った頃でしょうか?。前を行く車が、急に速度を下げています。そして右側へ進路変更をしています。
適切な車間距離を持っていたので、こちらも問題なくブレーキを活かしてペースダウン。

そして状況を確認すると、前方に、何やら黒いものが散乱していました。
当然、前車と同様に右へ回避します。

更には、路肩に停止しているクルマ。その停まってる姿勢は、どうにも車体が傾いている様子。

停止しているクルマの抜きざまに、右側のガードレール寄りを見ると、クルマの装飾モールか何かが!。

どうやら、タイヤがバーストした現場に遭遇したようです。

「事」が起きた後に現場を「通過」したのは幸運だったと思いました。
もしや、その瞬間にその場に居たら、飛んできたタイヤ片や吹き飛ばされた部品に当たったりして、少なからず巻き込まれる状況だったかもしれません。

そのクルマに乗ってた人は、怪我も無く車内で退避している様子。かなり動揺されたでしょうが、大事故に至らなくて、本当に幸いなことです。


丈夫と思しきクルマのタイヤでも、何かの拍子で、一気に破損する事がある、と、目で見て判る出来事でした。
ましてやバイクでタイヤバースを起こしたら・・・、そう思うと、ちょっと怖くなります。

スポーツバイクの場合、どうにもトレッド表面のグリップ力やコンパウンドの性能を語りたくなるもの。
しかし、同時にサイド側の剛性とか、強度を保つための空気圧の管理も、大切な要素です。
接地面の確認と共に、サイドウォールの荒れ具合にも、時には目を向けておきたいものです。

また乗用車を使う方も、月に一度、或いは給油のタイミングごとに、念のためにエアを見ておくことをお勧めします。
折しも「秋の交通安全週間」の時期です。安全運転の前提には、基本的な整備が重要ではないでしょう?。

ページの先頭へ

ブレーキ

suzuki
2011年09月16日 14:35

バイクの中でも、かなり重要な役割を持つのがブレーキです。

エンジンの出力が育むスピードを、逆に抑えて、然るべきポイントで止める為の装置です。
「走って〜止まって」を繰り返しているバイクだから、加速して乗ったスピードが発生しただけの「加速G」と同等の「減速G」を発生させて止まる。
つまりブレーキは、そのエンジンが発生する馬力と同等以上の性能を宿しているべき、と考えられます。

しかしエンジンパワーと等しい性能を望まれながら、エンジンよりも遙かにシンプルな構成で成り立っているブレーキシステムです。
人はついつい、より高いエンジン性能に興味を惹かれますが、加速と同等の「ストッピングパワー」を、シンプルな構成で保つブレーキにも、更に注目すべきかもしれません。

その意味で、ブレーキの、日頃のチェックや整備も大切な項目です。
パッドやシューの減り具合、ディスクブレーキならディスクの消耗やキャリパーの作動具合を、
ドラム式なら内部の清掃や、バネやカムの動きの状態など、時にはメンテしてみたいものです。

油圧式なら、マスターシリンダーやホースを良いものに交換して、より性能を上げる考え方も有ります。
しかし特に高価なパーツを用いるばかりではなく、定期的にオイルやホースを換えて、「ノーマルが元々持っている性能」を保持し続ける。
これも一種の方法です。


忘れがちなのはリアブレーキ。
とりわけ高性能なスポーツ車では、絶対的な制動はフロントブレーキが中心ですが、街乗りでは、意外とリアブレーキの利用頻度が有るものです。
クルーザー系では、むしろ「リアが主役」の例もありますし、どんなバイクでも緊急時には、両方のブレーキを最大限に使う機会も想定できます。


駐車場内でバイクを取り回すとき、フロントブレーキをレバーで使って、その聞き具合を確認する機会は多くあると思います。
しかし押歩く際には、意外とリアブレーキを使う例が無いものです。
出発してから慌てないように、駐車場を出る際には、一度リアブレーキの具合を、意識して確認すると、安心ですね。

ページの先頭へ

運転免許証の有効期限

suzuki
2011年09月02日 17:27

運転免許の更新を怠ってしまったため、大きな騒ぎを舞い込んでしまう例があるようです。

現在は「更新を施す案内」がハガキで来ますので、案内が届いたら、早めに更新に出向くスケジュールを決めてしまいたいものです。

期限の期日は「自分の誕生日から一か月先の日付」ですが、これが意外な盲点を生んでいます。

「自分の誕生日」が期限だった時代は、むしろ「自分の大切な日」な故に、忘れずに意識することが出来ました。
が、現状のように、一か月多く期限があると、ついつい先延ばしにしてしまい、それでうっかり忘れる可能性があります。


決められた有効期限内に更新をしないと、免許は「失効」となります。
半年以内に再手続きすれば簡単な処理で免許が「再交付」されます。
或いは「失効一年以内」であれば、「仮免許」の審査をパスして、新たに「取得試験」を受ける事が出来るようです。

また、海外勤務、入院等、止む無い事情の場合でも、3年以内であれば、「再交付」の手続きが簡単に可能なようです。

ただし、正当な理由なく一年を過ぎると、ゼロからの「再取得」をしなければなりません。


気をつけなければならないのは、如何なる場合も「失効」してる時は即ち「無免許」の状態であることです。
上記のような「簡単な手続きで再交付が出来る期間」であっても、それは運転が許されている訳ではなく、法的には「免許が無い」状態なのです。

無免許での運転は、例え事故に至らなくても、社会的な責任の大きい行為です。
このようなことにならないよう、免許証の更新は、是非とも忘れないようにしておきたいものです。


仮に、事情で更新が出来なかった場合は、運転は控えて、時期を見て、速やかに再交付の手続きを進めましょう。

免許の事情に限らず、海外転勤などでも、一定期間、バイクと離れることも有るかもしれません。
その間でも、アイドゥの駐車場ならば、バイクを万全に保管することができますので、又乗れる日が来るまで、慌てないでくださいね。

ページの先頭へ

タイミング

suzuki
2011年08月26日 14:14

前回のブログでは、熱中症対策のネタを含んだ内容を載せましたが・・・

しかし、暑さの話題を記して、それを更新した途端、都心部では非常に強い大雨が降り、一気に気温が下がると言う・・・
それから暫くして数日、僅かながらに涼しい、過ごしやすい日もあり、なんかブログとしては、タイミングが悪い内容になってしまいました。
(^^ゞ


しかしタイミングの悪さと言うのは、日頃から意外な場面で出食わすものだったりします。
それが「ブログの内容が的外れになる」くらいなら兎も角、時に非常に悔しい思いをするような、「タイミング外し」も有ったりします。

例えばバイクを買うとき・・・
思い焦れていたバイクが不意に生産中止になってみたり、狙っていた稀少な絶版車を買い求めに行ったら、寸前に売れてしまっていたり・・・。

免許も取って、金策をして、嗚呼やっとのことで!・・・と思った時、欲しかったバイクが遠退いてしまうとなると、それは非常に悔しいものです。


もし、狙っていたバイクを買い損ねた時の、最後の障害が、免許でも予算でもなく、
 
   「肝心の‘バイクを置く場所’が見つからなかっ為に購入を戸惑っていた」
と言う事なら、本当に悔やまれてしまいます。


そんな場面で、もしアイドゥのサイトをご覧になられたのなら、そしてご希望の地区にお望みの駐車場が有るようでしたら、まずはともあれ、ご相談を頂けたら!、と思います。
アイドゥのサイトを観たのなら、それこそタイミング!。ご希望のバイクパーキングに空きがあれば、スタッフの立会の元、可能な限り迅速にご案内し、お望みなら即その場でご契約頂けます。

また、ご希望の駐車場が満車でも、アイドゥでは近隣の他のアイドゥ駐車場を一時的に使って頂き、ご希望の場所が開いた後に移動して頂く制度も御座います。


今の時期、特に輸入車は、モデルイヤーの切り替えの時期。この数週間の間に、納車される台数が、一気に増える時期です。
併せて、駐車場の引き合いも、急激に増加する時期でもあります。

欲しいバイクの在庫と、納車の時期と、駐車場の見つかる機会と。。。
様々なタイミングの調整の中で、アイドゥは、そのうちの「盗難対策のなされた安全な駐車場の確保」でご協力されて頂きます。

ページの先頭へ

白いヘルメット

suzuki
2011年08月19日 11:31

今の時期、夏の休暇を楽しまれている方も多いのではないでしょうか?。
ツーリングですか?、それとも、バイク以外のレジャーや、ご家族とのお出かけでしょうか?。

私と言えば、こうやってブログを書いていると言う事は、仕事をしていると言う事が、必然的に判って頂けると存じます。
(^^ゞ

ご要望があれば、もちろん駐車場のご案内も可能です。
地域によっては空き区画がありますので、バイク置き場にお困りでしたら、お声をお掛け下さい。


ところで、所謂「夏季休暇」の時期は、都内は寧ろ道路が空いていることが多いものです。
そのため、移動時間が普段より短くて済み、仕事の効率も上がる場合があります。
渋滞が無い都心は、スクーターを走られていてもストレスも溜まらず、普段より爽快なのも事実です。


しかし、夏の暑さだけは、これはどうしても辛いものです。
エンジンが車体にスッポリ隠されたスクーターは、スポーツバイクよりは機械の発熱を感じ難いので多少は楽。
しかし、気温が暑い中、炎天下に居るのは事実であり、暑さによる不快感は、完全には避けられません。

そこで、僅かでも涼しさを求めて、街乗りの際は、白いヘルメットを使っています。

気休めかもしれませんが、白は光の反射が高い為、他の色に比べれば、熱分も飛散する筈、と考えています。
夏の暑さは、何をやっても避けて通れませんが、身の回りの熱を僅かでも逃がすことで、精神的に落ち着つけるのでは?、予想しています。

とりわけ、頭の周囲に熱が篭ると、気分の問題以上に、体調:特に熱中症その他の引き金になるリスクとなる可能性があります。


皆さんは、暑さ対策のアイデア、何か実践してらっしゃいますか?。
今日8/19はバイクの日。身の回りの小物やアイテムの、色や機能の見直しなどして、快適バイク生活の為の知恵を出してみませんか?。

ページの先頭へ

夏休み

suzuki
2011年08月12日 12:12

そろそろ、夏季休暇を楽しまれている方々もいらっしゃる頃でしょうか?。
バイクパーキングアイドウでは、この夏の期間も、スタッフが体制を整えております。

ご要望があれば、駐車場のご案内やご契約なども承りますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。


さてさて、我々社会人も休暇が欲しい暑い時期。
子供たちと言えば、長い長い夏休みの真っ只中です。

都内でも、或いは出掛けた先の観光地や帰省先で、多くの子供たちに出会うことでしょう。

もし、ツーリング中に、或いは町中の移動の際も、子供を見掛けたら、安全の為に速度を控え、エンジン音を大人しく、ゆっくり走ってあげてください。
また、都内にも意外に多くある、信号の無い横断歩道でも、歩行者が居たら、一旦停止するくらいの余裕を持って走っていたいものです。

駐車場の出入りの際も、その振る舞いを穏やかにスマートに、そして優しく・・・。


「若者の乗り物離れ」等と言わる近年ですが、我々ライダーが、常識ある大人らしい行動を見せてあげれば、子供たちは、オートバイと言う乗り物に、好意を持ってくれることでしょう。

夏休みの今、将来の健全なライダー育成の為にも、子供たちに共感されるようなライダーになっていたいものです。


ページの先頭へ

ロードサービス

suzuki
2011年08月05日 11:49

路上で走行不可能になった場合に、積載車で救済に来てくれる、「ロードサービス」が、この近年、かなり充実してきました。

バイクを買ったお店で勧められる、メーカーやディーラー網で組織されているサービス例・・・。
或いは任意保険にセットされている例や、クレジットカードの付随オプションなど、今は様々な企業で、救済サービスが扱われています。

内容も充実しており、走れないバイクを全国どこへでも、時間帯に関わらず、運びに来てくれるのはもちろん、その場で簡単に治せる内容なら即時に処置をしてくれるサービスも・・・。
また、臨時の移動手段としてタクシーやレンタカーの手配や、場合によっては近場のホテルを取ってくれるなど・・・。

そんな風に、万が一のトラブルの際、あらゆる手段で、走れずに困った状況から救って貰える配慮が整っています。

少々料金が高いのが難点のロードサービス。そもそも不慮の事態は頻繁に起こる訳ではないので、普段は余り有りがたさや意義を感じないかもしれません。
が、いざ、立ち往生の事態を迎えた時には、そのフォロー力の高さは、味わってみて初めて、本当に実感できるものです。


どれだけ普段からバイクの整備をしていても、思わぬところで予想外のトラブルが起き得るもの。
例えば、スペアタイヤを積むのが難しいバイクの場合、パンク一つとっても、それだけで動きを阻まれてしまいます。

仮に、一人旅での出先、夜になってから山の中で一人、動かなくなったバイクと共に過ごすのは、時に身の危険などにも繋がるかもしれません。
念の為、特にソロでロングツーリングを楽しむライダーは、最小限の内容程度でもロードサービス契約をして、緊急時フォローを頼める伝手を持った方が安心ではないでしょうか?。


因みにですが・・・私も先日、ツーリング中に救済を受けたばかりです・・・。(^_^;)
長いお付き合いのバイク屋さんの、手厚い整備は十分に信頼していたものの、まさか!、使っていた部品の品質不良によるエンコが起こるとは・・・。

人生初の、ロードサービス体験は、実に予想外出来ない原因による、「不慮の事態」だったよ!・・・。

ページの先頭へ

night run

suzuki
2011年07月29日 11:36

夏の様相も本格化して来ました。日中の暑さも、いよいよ億劫に感じるようになりました。

バイクに乗るにも、暑さは厳しい条件です。ライダーの身体にも、そしてエンジンにも、都心部の昼の暑さは、嬉しい物ではありません。

そんな中、先日、ちょっと思い立って、夜になってから、愛車を伴い、ショートツーリングに赴きました。

日中の渋滞を避けて、日が落ちた夜に、バイクを走らせ、近郊の高速道のパーキングエリアで、珈琲を飲む。
たったそれだけのことでしたが、海辺の高速ルートを選び、潮風を受けていると、気持ちも十分にリフレッシュ出来ました。

日常はあまり乗らない、大排気量の空冷エンジンの愛車。
日中の暑い中では、乗る立場でも、バイクの為にも、厄介だし、億劫です。

でも、そう言った「趣味性の高いバイク」だからこそ、条件の良い場面で楽しみたいものです。
蒸し暑くなく、渋滞もない、そんな良い状況は、郊外まで出向かないと、滅多に無い物です。
が、暑い夏でも、束の間の夜なら、都心部でも、そんな格好の時間があるのでした。


平日の、少し時間に余裕のある夜、愛車の様子を確かめるため、ちょっと走りに行く・・・。いかがでしょう?。
基本的に出入りの時間帯に制限の無い、アイドゥのパーキングなら、こんな風に、日頃からバイクに乗る時間を、もっと作ることが出来るはずです。


但し、時勢柄、道中の街灯の照明が削られ、夜間は所々では走り難い場面もあるのも事実。
節電や省資源の必要性も言われる今ですから、夜のバイクも、節度を保って楽しみたいと思います。、

ページの先頭へ

なでしこ

suzuki
2011年07月22日 14:01

この度の、「サッカー日本女子代表」の快挙には、胸を躍らせた方々も多かったことでしょう!。
世界の大舞台で、誇り高い実績を遺して活躍する女性たちが居ることを、日本人として嬉しく共感致します!。


サッカーと言うスポーツは、なかなかハードなものです。
限られた一定の時間内、広いグラウンドの中を、選手たちは常に休みなく、ボールを追って動き回っています。
試合の展開次第で、次の瞬間にどのように行動するか?、判断力と瞬発性も逐次求められる世界です。

そのように、判断力とか、駆け引きのようなものが、常に重要な要素となるスポーツ。
サッカーとは、体力と共に、知的な要素も入った、大人向けのスポーツなのかもしれません。

そしてつかの間のハーフタイムは、体調を整えて鋭気を養うための、貴重な要素になっているのでしょう。


そんな、「知的な判断力」と言うものは、時にバイクに乗る時にも、意識せずにいられないものとして、サッカーにも共通するような気がします。

例えば、渋滞を上手に縫って進む時には、駆け引きや判断力などが重要になります。
とりわけ、咄嗟の事故の回避などでは、一瞬の判断と実行力、そして技術的な熟練度も試される場面でも有ります。
「バイクに乗っている人は勘が優れている」と言う説もあるようですが、それもまんざらでは無く、ライディングで、何かしらの勘のようなものが、必然的に鍛えられているかもしれません。

また、夏の暑い時期のツーリングでは、体力や忍耐力(?)等も欠かせません。

そんな風に総合すると、バイクと言う趣味も、実に知的なスポーツなんだなぁ、と実感できます。

そのような、大人の知的な趣味たるバイクです。
ハーフタイム(駐車している時間)も、知的な趣味に相応しい場所を選びたいものです。
屋内・セキュリティ付きのアイドゥのパーキングで、じっくりとバイクを休ませて、そして鋭気を与えてあげてください。

ページの先頭へ

夜勤

suzuki
2011年07月15日 12:06

首都圏でも梅雨が明けたようで、暑さが一層実感できるようになりました。
こうも暑いと、パーキング巡回時の移動の際、何を着てバイクに乗るか?、少し迷うようになりました。

そんな風に暑い思いをしながら、とあるパーキングを巡って行くと、朝の割と早いうちから、バイクで戻ってくる方とお会いしました。

なるほど、早朝の涼しい内にバイクを楽しまれているのか?、と思いつつ、お話を聞いてみると・・・、

「いやー今まで夜勤で、やっと仕事上がりです。どうもお疲れさん!。」と言葉を残し、バイクを停めてお帰りになりました。

ああ、お仕事でしたか・・・。それはそれは頭が下がります。ホントにご苦労さまです。


そのように、夜にお仕事をされている方々にとって、バイクは時間帯の縛りを受けずに移動できる、大切な必需品なのですね。
自分のバイクがあれば、電車やバスの停まっている時間帯でも、様々な生活様式に合わせ、自在に行動できるわけです。

アイドゥのパーキングなら、基本的に24時間いつでも出入り可能。
これがもし、利用可能時間に制約が付く駐車場ならば、夜間に活動する方々のニーズに応えることはできません。


また、屋内型の駐車場なら、深夜に出掛ける時も、駐車場内で電気を灯して、明るい中で、バイクの点検ができます。
屋外で、とりわけきちんとした照明設備のない場所だったり、工具類の保管が出来ないような駐車場だったら・・・。
そう、安全の為のバイクのチェックを疎かにしないで済むのも、アイドゥが提供している屋内型パーキングの利点です。


現在の快適で文化的な生活・・・、
それを様々な視点から支えてくれているのは、実は人知れぬ時間と場所で働いてくれている人のお陰かもしれません。
そしてもし、そんな人たちの力添えに、僅かでもアイドゥのパーキングが貢献できていれば、とても嬉しく誇りに感じます。


さてさて、暑い日には、人間も疲労が増えて、判断力なども低下する可能性があります。
少しでも安全性を保つためにも、ごく簡単な確認作業は、用心と言う意味合いで必要なことです。
ブレーキのチェックやタイヤ・ハンドルの具合など、出発前には診ておきたいものです。

出発前のバイクの安全点検は実は大切ですし、それが「いつでも確実に出来る」ことも、駐車環境では大事な事項です!。

ページの先頭へ

節電

suzuki
2011年07月01日 11:06

節電

今日も首都圏は、既に暑くなっています。皆様、くれぐれもお身体をご自愛ください。
特に自転車を愛用する方々は、十分な体調管理を心掛けて!。

さて、気温が上がる夏期ですが、今年は一層に節電を求められてます。
でも限度も在ります。暑さが過ぎるなら、体を壊しかねない程にエアコンの利用を控えるのは如何なものかと・・・。
ここはひとつ、上手な電気の使い方を検証し、上手に快適に過ごせるようにしたいものです。

例えば、愛車に、盗難や悪戯に備えるべく、警報アラーム等を取り付けて居る方も多いと思います。
万全を期して大切なバイクを守りたいのは勿論の事ですが、警報アラームと言っても、少からず電気を使っています。
そのタイプによって、バイクのバッテリーを利用するのか?、アラームのなかに電池が内蔵されているのか?、或いはコンセントから電気を取るタイプか?。
いずれの方法でも、もし百台が百台共にセキュリティを動かすと、巷で百台分の電気を消耗してしまいます。
そして補いのために、充電と言う行為が必要になります。

これを、アイドゥのような、元から安定したセキュリティの在るバイク駐車場に置けば、各々が自衛のためにアラーム装置を駆動させる必要がなくなり、各家庭での電気の利用を、僅かづつですが、減らすことが出来るかもしれません。

アイドゥは全てが屋内屋根つきのパーキングですから、雨に濡らしてしまう率も減るので、洗車の頻度も少なくなり、節電と共に節水にも貢献できます。

バイク置き場・駐輪場も様々なタイプが在ります。
が、単にバイクを置けるだけではなく、時世に応じた様々な対処が出来るか?と言うことも、駐車場選びのポイントの一つとして考えてみてください。

ページの先頭へ

暑いですね

suzuki
2011年06月24日 13:32

関東の一部の地区で38℃を記録したとか!?。急な気温の上昇、ちょっと驚いてしまいます。

バイクに乗る事は、結構と体力を要す行為です。日頃から健康を考え、乗る時は水分や塩分などが不足しないようにして、体調に留意したいものです。


また、急な気候の変動によって、ガソリンタンクやキャブレターから、ガソリンがオーバーフローする可能性があります。
セルフで給油すると、給油では、ついついタンクキャップの口元まで、満杯に入れたくなってしまいます。
でも夏期は特に気を付けて、口元目いっぱいの給油は控えた方が、オーバーフローを起こす率が減ると思われます。

とりわけ、普段バイクを露天に停めている方、炎天下でガソリンが零れると、少しリスキーな状況に成るかもしれません。
十分にお気を付け下さい。


さてさて、皆様くれぐれも、熱中症の対策などに気を付けて、お元気でお過ごし下さい。

ページの先頭へ

シールドが曇る

suzuki
2011年06月17日 15:32

梅雨の時期。ツーリングにせよ通勤や用事で出掛けるにせよ、どうしても雨を避けられない時があるものです。
レインウェアを着るのも億劫だし、スリップの心配や視界の不具合に気を使う必要があるのは、悩ましい限りです。


その日は曇りでしたが、天気予報を調べる限り、「終始曇り」とのこと。
ならばガソリンと時間を節約すべく、クルマを置いてバイクで用足しに出掛けました。

しかし、ちょっと郊外に向えば、都心部で見ていた天気予報など、意外と役に立たないもの。
結局、帰路には降り始めてしまいました。

でも今日は、はっ水性の有るウェアを着ていたし、カッパを出すのも面倒。
「たぶん街場は降っていないはず。ここはひとつ、本降りになる前なら、早めに市街地に着ければ、さほど濡れないだろう!。」
そう判断して、停まらずに走り続けました。

ところが、雨による湿気の為か?、それまでクリアだったヘルメットのシールドが、急に曇りがちになってしまいました。
こうなると、身体が濡れる事より、前方が見難くい事が気になって仕方ありません。

シールドを開けても簡単に曇りが取れず、しかも雨で顔が濡れるのが不快。
運転が実に煩わしい!。
一旦停まってシールドを拭き上げようと思いましたが、今度は安全に停まれる路肩スペースが見つかない状況に・・・。

視界が良くない状況で、カーブが続く場所を走り続けるのは、どうにも苦痛で不安です。

幸いに対向車の少なかったことと、明るい時間帯だったことも有り、何とか走り続けることが出来て、無事に街に下りて来れました。
いつの間にか雨も上がっており、市街地の最初の赤信号で止まった時は、本当に安心できました。

要は、「濡れに強いウェアを着ていたこと」が気持ちの過信になり、外出前にシールドの曇り止めの添付を怠ったことが反省点です。
「ジェットヘルだから換気も良い筈で、大した長距離では無いし・・・。」と思い込んだことも、「油断」と言えます。

安全運転・事故を防止する意味でも、雨天の良好な視界確保は重要だ、と改めて実感した出来事でした。


出る前に、ヘルメットのシールドやアイウェアの手入れを、十分にする事。とても大切ですね。

レンズの汚れを綺麗にしてから、曇り止めのケミカルを塗る。或いは、ヘルメットにベンチレーション機能があるなら切り替えておく。、
これは、ほんの数分の作業で済みますし、シャッターを開けてバイクを外に出す前に、駐車場の中で行える事です。

ページの先頭へ

ウィンカー

suzuki
2011年06月10日 16:54

やはりバイクは、自由度が高く機動性の高い乗り物であり、それが魅力でもあります。

都心部で、渋滞や駐車してる車を縫って、スイスイと進めるのは、バイクの一つの機能:メリットでもあります。
但し、そこにはマナーや節度を保って行くことも重要です。

車線や進路を変更するときや,隣の通行帯を跨ぐような時には、必ずウィンカーを!。
それはラインを換える3秒前に点灯し、車線変更が済むまで使い続ける、とされています。

ハンドルのスイッチを操作して、しばしのタイミング・・・。
改めて思うと、この「3秒間〜変更終了までの時間」って、短いようで、案外と長く感じませんか?。

法的な定義を常に守りきれるかどうか?、は、その時の状況次第で、完全に準拠出来ないかも知れません。
でも、自分が何処へ向かうのかを、他の車やバイクに、明確に示す・・・。
その為には、ウィンカーは早めに余裕を持って使いたいものです。

機動性の高いバイクは、乗っていると、気持ちが入ると、ついつい少しセッカチになりがちです。
自身は3秒使ったつもりでも、実際のウィンカーの点灯していた時間は、もっと短いかもしれません。
(自分など、そこは常に反省点です。)

でもそこは安全も大事!。
ここは一つ、「何秒?」と言うよりも、自分の出したウィンカーが、周囲に伝わる時間があったただろうか?。
そんな風に考えてみてはどうでしょうか?。

折しも梅雨。雨天走行で灯火類も汚れがち。
駐車場を出る前に、ウィンカーやライトをウェスで綺麗にするのも、安全に繋がります。
雨天で出掛けるのは憂鬱だけど、アイドゥのような屋内の駐車場なら、スタート前の点検も、雨に濡れずに出来ます。

ページの先頭へ

固定概念

suzuki
2011年06月10日 11:33


小石川パーキングから駒込の駐車場へ行き、更に来た道を戻りつつ清澄白河へ・・・。
こんなスケジュールで、駐車場のご案内や巡回で、都内を移動する事が、良く在ります。

そんな風に都内を走っていると、時々チョット面白い光景に出合う事があります。

そんなルートの一つが、東京ドームの横手を抜けて、水道橋駅辺りを通るルートです。
その途中、ちょっと不思議な光景に気が付きます。


何処にもありそうな、ごく普通の、鉄道の高架橋を潜るのですが・・・。

その上にはパンタグラフ用の電線が見当たりません。
しかも走ってる電車を良く見ると、何時も赤坂のオフィスに通う時に乗っている地下鉄が!。

線路なのに電線が無い。しかも地下を走る筈の地下鉄が、橋を渡って頭上を通過・・・。
一瞬、「え?」と思ってしまいます。

この路線は、線路脇に電源を供給する配線があるため、上に線が無く、パンタグラフも有りません。
また、崖線の地形を縫ったルートを通っており、時折地下から地上へ出てはまた潜り、を繰り返します。
そして途中には、地上の高架上を、ごく普通に走ることがあるのです。

電車は屋根上から電気を摂って、地下鉄は地下を走るもの。
ついつい、そんな風に思い込んでしまいますが、良く考えてみると、実はそれも、ただの固定概念だったのですね。


さて、自分の大切なバイクを何処に置くべきか?。
そこにも、人それぞれの考え方と共に、一種の「思い込み」のようなものがあるのではないでしょうか?。

バイクは自宅に置いて当たり前:駐車場を借りるなら徒歩圏内が当然…。
確かに、出来るだけ身近にバイクが置ければ、それが一番です。

しかし、よりバイクの保存状態の良さを求めたり、出し入れの楽さを重視したり。
或いは、大切なバイクだからこそ、盗難のリスクが少ない駐車場を選ぶ。
そんな、従来の考え方と少し異なる、固定概念に捕らわれない駐車場選びも、考えてみてはどうでしょう?。

例えばアイドゥでは、通勤定期で途中下車できる駅の付近のパーキングを選んで、地下鉄でバイクを取りに行くお客様もいらっしゃるのです。

ページの先頭へ

税金:保険:車検

suzuki
2011年06月03日 11:37

先月:五月は軽自動車税の納付の時期でした。

ライダーにとっては毎年、こればかりは外す事が出来ないイベント(?)です。
私も月末近くになって、慌ただしく納付して参りました。

さて、バイクを所有していると、税金と共に、保険や車検など、忘れてはいけない費用が発生します。
以前にも挙げましたが、この時期、納税を機会に、愛車の保険の期限や車検の時期を、一旦確認してはどうでしょう?。

車検の時期がいつなのか?、自賠責保険の有効期限はまだ先か?。
これらを切らせてしまうと、道交法では免許停止の処分にも繋がります。
それに、いざ事故に遭ってしまった時、補てんが出来ない状況になるのも、問題です。

また、任意保険の更新忘れや、内容の確認も!。
バイクを乗り換えていたら車両入れ替えの手続きを怠らず。
ご自身の年齢や、強要する人が誰なのか?、等で、保険の適応が出来なかったり、料金も変わったりします。
或いは、怪我に対する補償が、相手だけなのか?、運転するライダーやタンデムライダーにも効くのか?。

車両保険を掛けて居るなら、その内容にも目を通しておきたいものです。
事故でも、単独事故や当て逃げでは保険金が出ない・・・、もしそんな契約プランだとすると、ちょっと心許ないです。
更に、火災や地震、或いは盗難の場合の事も、念のために確認しておいた方がよさそうです。

「備えあれば憂いなし」とは、古くから伝わる名言です。
書類の確認など、結構と面倒なものですが、保険と言う「目では見え難い」モノを示すのは、唯一、書面しかありません。

梅雨の時期です。
雨で出掛け損ねた一日、このようなことに費やしてもおくと、後で慌てずに済むかも知れません。

ページの先頭へ

屋外駐輪場、熱い話題(?)。

suzuki
2011年05月27日 18:11

スタッフツーリングでは、ご参加のお客様と様々なお話ができることが、私達の楽しみの一つでもあります。
バイクについて、色々と参考にさせて頂いたり、勉強になることも度々で、大変貴重にさせて貰っております。


何時の時か?、ツーリング先で、こんなことをおっしゃってた方が居ました。

「マンションの駐輪場にバイクを置いていた時は、隣の奥様のママチャリや原付が当たって、車体に傷が付いて困ってた。
特に交換したばかりのマフラーに傷が入ったのはショックだった。アイドゥに入れてホッとしてます。」

そうそう!、隣に不用意に物を置かれるのは、バイク乗りにとって、愛車へのヒットが気になってしまうものですよね。
相手方には悪気は無いし、注意を施すにも気が引けるもの。やはり、バイクはバイク専用の場所に置きたいですね。


と、そんな会話をした後,ハタと気が付いたことがあります。
「マフラーに何かが当たる」と言いますが、もし人の体に触れたら?、と言う事です。

バイクに疎い人は、マフラーが高温になる事を知らないかもしれません。
もし、走行直後のバイクに、不意に子供が触ることがあったら、火傷する可能性があります。
それは大変危険ですし、それが元で近隣の方と険悪になることも望ましい事ではありません。

愛車に傷がついて傷むのもそうですが、他人が怪我するなどの場合も考えても、バイクは専用の駐車場に置くのが理想です。


同じことは、屋外型のバイク駐車場でも言えます。

アイドゥなら、契約者以外の人が立ち入ることはありません。
しかし、世の中の二輪用駐車場が、すべて「二輪専用」ではないのです。

クルマと共用の駐車場や、入口に扉が無く誰もで入れるパーキング、入れるものを限定してない保管庫と兼用のコンテナボックス。
或いは、道路に直接に面した、簡素なバイク置き場も?。
エンジンの事を良く判っていない、不特定の誰か、特に子供が来て、故意でも偶然でも、熱いマフラーやエンジンに触れる可能性。
そう考えると、バイクを持つ物の意識として、置き場には十分に気を使うべきではないでしょう?。

尚、バイク専用と言っても、コンテナ型の場合は、別の意味で注意が必要です。
狭い箱の中、バイク自身の熱でタイヤやパッキンが悪くなったり、塗装が傷んだり・・・。
また,左右が壁ですから、ライダー自身がバイクの横に立つためのスペースも限られています。
壁とマフラーに身体を囲まれ、ご自身が火傷などなさらないように、くれぐれもご注意ください。

ページの先頭へ

時計

suzuki
2011年05月27日 14:20

イメージ

腕時計を使う人が、年々と減っているのだとか・・・。

今の時刻を知るためには、普段なら手元にケータイ電話があればOK。
別段腕時計を持っていなくても・・・。そんな風に考える人が増えたようです。

でも、ライディング中に携帯電話を取り出す事は無理だし危険。
左手の袖から覗く時計を「チラ見」して、今何時かな?、とか、目的地に着くのはいつごろか?・・・。
などと、別に急ぐ訳では無くても、時刻を直ぐに確認出来るって事は、やはり大事です。

しかし今はケータイ優勢(?)の時流。その為(?)に、バイクにもメーターの中に時計が付くようになりました。
またGPSナビでは、電波で測定された「正確な時刻」が表示されてます。

ハンドルから左手を外して時計を見る・・・。
その一瞬、実は片手運転になる訳ですが、バイクに時計が装備されたことで、そのような危険なことも、しなくて済むようになりました。
腕時計派にもケータイ派にも、時計は望ましい装備の一つですね!。


とは言え、私自身はバイクと同じくらいに、腕時計も好き。就寝中と入浴中以外は、時計が無いと、何か落ち着きません。
バイクは一旦駐車場に置いたら、次に乗るまで離れ離れになりますが、腕時計は常に手元に有って、その存在を楽しめる機械ですからね!。


ところで、アイドゥの駐車場は、原則として「24時間出入り可能」となっています。
係員が居る時間帯にしか入場できず、ツーリングの予定を「利用可能時間」に合わせて組む必要はありません。

決められた時間までに急いで帰らないと!・・・そんな風に慌てて、時計と睨めっこして飛ばして帰って来なくても平気です。
遠回りしちゃって帰宅が遅くなってもご安心あれ!!。安全運転の為にも、アイドゥのパーキングを活用して下さい。

ページの先頭へ

ありがとう車体カバー

suzuki
2011年05月20日 11:46

イメージ

庭先に置いてあるミニバイクで使っていた車体カバー・・・。

2年くらい使ったんだったけ?。 先日「解れが出来て来たなァ」とは気が付いていたのだけど・・・。
その矢先、強風の翌日、一気に裂けちゃいました。(-_-;)

ああこんな無残な姿になるとは・・・

でも,これまでしっかりと、バイクを風雨から守ってくれたのだから、感謝しなければなりません。
(大げさか?)

私の住む地域は何故かビル風が多々起こり、木々の揺れの音や、洗濯物が飛ばされたり、と、そんな厄介に悩まされています。
時には自転車も倒され、バイクやクルマの車体カバーさえも、外されて飛んで行ってしまうくらいです。

飛ばされないように、車体とカバーにゴム紐を巻きつけたり、幾つか工夫をしています。
それで紛失を防止しても、今度はカバーが風で煽られる音が煩く、ご近所からお叱りを受けたり・・・。

止む無く台風の時などは、カバーを外しているのですが、そうなると次の日は、雨で汚れたバイクを洗車です。
台風一過の晴れた日にツーリング出来ないもどかしさ。何のための車体カバーなのだろう・・・?。

もし、アイドゥのような屋内駐車場にバイクを停められたら、もう車体カバーは不要。
こんな問題は簡単に解決するのですが・・・。
でもアイドゥの稀少な空きスペースは、お客様の為にあるべきもの。新規の方の為に、有効に使って頂きたいのです。

ページの先頭へ

FMラジオでアイドゥ!

suzuki
2011年05月13日 14:04

事後報告になってしまいましたが、5/9(月)の朝、アイドゥがラジオで紹介されました。

J-WAVEの朝の番組「MEETS TOKYO」で、主に初台地区の駐輪駐輪施設をクローズアップしてくれました。
お聴きなられた方も、多数いらっしゃるでしょうか?。

当日は現役女子大生のレポーターさんが、率直にアイドゥの特徴を、細かく解説してくれました。

「輸入の大型オートバイを安心して駐車出来るスペースと設備を、そのまま活かしている。」
「セキュリティ万全な屋内で、盗難や雨濡れの心配も無く、心おきなく自転車を置ける。」
そんなアイドゥのメリットが、言葉になって日本の各地にまで知らせて貰えたのは、今回が初めてです。

「電動アシストのバッテリー充電もできます!」
そんな説明には,スタジオに居たキャスターさんも、驚いて居たようですね!。

とにかくそれはもう、私が幾ら拙い文書で書くのとは、比べ物にならない位、完璧で明瞭な「レポート」でした。
さすが、マスメディアの手に掛ると、アイドゥの特徴も、より一層と魅力的に伝わったと思います。

当日お聴き逃した方、また興味のある方は、是非J-WAVEのサイトをご覧ください。
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/contpgm2/w_main.php?oya_id=5&back_id=5184#5184


またお願いですが、駐輪:パーキングのご案内は、ラジオ局では行っておりません。
お問い合わせは、必ず弊社まで頂きます様、お願い致します。

ページの先頭へ

仲間と逸れる・・・

suzuki
2011年05月06日 12:10

この連休、ライダーの皆さまは、どのようにお過ごしになりましたでしょうか?。

私はバイクでの遠出は控え、一日だけ「湘南〜三浦方面へのショートツーリング」を楽しみました。
好天に恵まれたその日、知人と二台で海辺を流していると、潮風が心地よく、気持ちも穏やかになりました。

但し、渋滞の洗礼だけには、やはり絶句しました。
ときに赤信号のタイミングで二台が逸れてしまい、路肩にバイクを寄せて待つことも・・・。

そんな中、ちょっとした失敗がありました。


二差路の分岐点。何故かお互い、別の道路に別れて侵入・・・! あれれ??

離れてしまった二台。自分は、その先で停まり,仲間が戻って来るまで待機します。
ところが、そのまま5分,どんなに待っても、仲間が追い付いて来ません。
どうしたんだろう?。道は判ってるはずなのに・・・

さすがに不安になり引き返してみると・・・。
知人は直進したところで停まっており、私の姿を待っていたのでした。

お互いに顔を見合わせ、「どうして逸れてしまい、そのまま待ちぼうけになったのか?・・・」?
意見が分かれます。

冷静に考えてみると、要因が判りました。

互いにGPSナビを付けている二台ですが、各々のナビが、同じ目的地ながら、違うルートを示していたのです。

お互い、自分のナビが示すルートを信用し、相手をミスだと信じ込んで、動かずに待ち合っていたのでした。

これは失敗!。幾らナビが正確だとは言え、互いのルート設定に違いがあることに、意識が向いていませんでした。
(-_-;)
まぁ話が判れば、仲間同士で攻め合う必要も無く、一休みしてから、仲良く再スタートです。(^^♪

ついついナビなどの便利グッツに頼ってしまい、事前の打ち合わせや地図での確認などを疎かにしてしまう・・・。
ちょっと悪い癖がついてしまったようです…。少し反省する連休明けです。

ページの先頭へ

自転車の整備

suzuki
2011年04月29日 14:38

イメージ

先月より自転車用の区画をご用意しておりますが、既に様々な反響を頂いております。
近い内、幾つかのメディアでも紹介して頂く機会がありそうです。もし見掛けたら、注目頂けると嬉しいです。

さて、自転車に因んだ仕事を請け負う事になった今。スタッフ愛用の自転車が、メンテ不足であっては、ちょっとお粗末です。
そこで先日、自分の自転車の調子を整えようと、ブレーキの整備を試みました。

長年オートバイに乗って来たし、バイクをイジる上でも工具やケミカルも所有してますから、特に悩む必要もなく、ちょちょいと済ましてしまえ!・・・


ところが、やってみたら、意外と奥が深い・・・。
オートバイと違って、割と簡素な構造だし、部品一つひとつも小さく、場所も力も要らずに、簡単にできるはずが・・・。

実際やってみると、部品の小ささ故、むしろ手先の器用さが求められるんですね。
また、油圧や電気を使わない、シンプルな仕組みなので、調整をしっかりしないと、制動力や効き具合が大幅に影響されます。

結局,ブレーキだけでも、ほんの20〜30分で済ますつもりが,つい夢中になって、ずいぶんと没頭してしまいました。
いやー、自転車って、乗る時はダイナミックですが、メンテに関しては、凄く繊細な趣味の世界がありますね!。

そんな世界だから、愛情豊富な乗り手なら、愛車の調子にはより一層に拘りたいのだな。と実感しました。


アイドゥでは屋内の駐輪施設をご提供しておりますので、ごく簡単な整備作業なら実施できます。

朝の通勤で、もし愛車に異変を感じたら、帰路に就く前に、少しだけメンテをして、颯爽に走れるようにしてから家路へ・・・。
幾ら自転車が気楽であっても、さすがに道端や職場の机の横では、整備するには気が引けますよね。

でも、アイドゥの区画がどれだけ居心地が良くても、あまり夢中になって、帰りが遅くなり過ぎないようにご注意を!。
(^^♪

ページの先頭へ

ミニヴェロ

suzuki
2011年04月22日 18:20

イメージ

自転車用駐輪企画をスタート以来、早速にお問い合わせを多く頂きました。
既にご成約も頂戴しております。本当にありがとうございます。

さて一口に自転車と言っても、実に様々なモノがあります。

そんな中でも時たま見掛けるのが、写真のような、折畳式の小径ホイールのものです。
可愛らしくて小粋な自転車、という印象ですが、中には小さくても本格的な走行性能を持つ物もありますね!。

実は私個人も、ワンタッチで折り畳める自転車を持っています。
主に、サーキット走行の際、オートバイと一緒に積んで持って行ってます。

広いサーキット施設では,自転車があると便利なのです。
ピットやパトックの移動に使ったり、駐車場との連絡など、とても重宝しています。

ところが,これを町中で使うとなると・・・。
その小さいホイールが災いし、ロック式の駐輪施設に置けない事があったりして、意外と不便なことがあります。
駐輪のロックは,小径ホイールの事を配慮していないのでしょうか?。
合わないロックを無理に掛けると,リムが傷むのでは?,と心配してしまいます。

もし、そんな理由で,ミニヴェロでの通勤を諦めてる方も、アイドゥの駐輪スタイルをご検討下さい。

高価で快速なミニヴェロを、日頃から使いこなすのも、なかなか粋なことです。

走って乗って、電車で輪行して、また走って、アイドゥに置いて出勤。
そんなアクティブな自転車スタイル,どうでしょう?。

 

ページの先頭へ

奥多摩アゲイン!!

suzuki
2011年04月15日 11:59

東京は西の名所:奥多摩周遊朗道路。
ここに課せられていたバイクの通行規制が、四月から解除になったそうです!。

事故防止の啓発の一端から、一時はバイクのみ、五日市:あきる野側から奥多摩湖畔への、事実上の「一方通行」になっていました。
この規制が解除され、青梅市〜奥多摩町側から湖畔を通って、あきる野方面へ抜けることが、再び可能になりました。

一方通行の影響で、奥多摩から都心に戻るには、青梅市へ向かう道を選ぶしかなく、適当な抜け道もない為、常に渋滞に悩む状況でした。
今後はあきる野側へ抜けるルートも選択できるため、あきる野:五日市側から、相模湖や八王寺に向って、中央道や圏央道で都内に戻ることも可能です。

混みあうルート一本しか選べない状況より、その状況に応じて様々な道筋を選べる事は、ライダーにとっては朗報!。
「規制されたプランしか進めない」事より、渋滞を避けて走れるコースを自由に選択できる。
実はこの方が、事故やリスクの防止に繋がるのではないでしょうか?。


但し,周遊道路内で過大な事故が多く起きると、再び通行規制が入ってしまうかもしれません。
より一層の安全運転も心掛け、楽しいツーリングをしたいものです。


西の山岳地は、これからが桜の見頃ではないでしょうか?。
奥多摩湖周辺の桜は、なかなかな風情ですよ。

ページの先頭へ

東京都の災害物資支援の募集情報

suzuki
2011年03月18日 16:30

都庁に、募集窓口が出来たようです。
現在、募集してる品目を限定しているそうです。お気を付け下さい。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3hd00.htm

尚、都庁にはバイク駐車場があり、最初の一時間無料との事。
(駐車できるバイクの許容サイズなどは調べてからお出かけ下さい。)

ページの先頭へ

取り急ぎ、主宰されている五百部 徳雄さんのブログをご覧ください。

http://star.ap.teacup.com/iobe/

今回の震災の被災者の方々が一日も早く普通の生活に戻れるように心よりお祈りしています。

ページの先頭へ

今回の大地震では、まだ全容が把握できないほど多くの方々が被災されました。心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ余震が続いていますが、みなさんのバイクは大丈夫でしょうか? 地震に強いスタンドのかけ方を取り急ぎご紹介させていただきます。

基本はサイドスタンドでギアをロウです。

センタースタンドは以外に転倒しやすいです。さらに対策として、以下のことを考慮に入れてください。

1.どうしてもセンタースタンドで保管したい場合は、車どめをしてバイクが前に飛び出して転倒することを防ぐ
2.車高を低くしてサイドスタンドの角度をノーマルのままにしているとバイクは立ってしまいサイドスタンドの反対方向に倒れる危険があります。車高を低くした場合は、サイドスタンドの角度調整を必ずすること
3.タイヤの空気圧が少なすぎると車高が下がりバイクが立ってしまうので、しばらく乗っていないバイクも空気圧はチェックすること。

ページの先頭へ

燃料コック

suzuki
2011年03月11日 12:09

イメージ

インジェクション時代:新車の多くは電子式インジェクションになりました。
電気的にポンプを使ってガソリンを供給する訳ですが、タンクに「燃料コック」がついてる例も、減ってるのかな?。

キャブレターを備えたバイクには、タンクに「燃料コック」が備わる例が大半。
運悪くガス欠した時、コックを切り替えると、タンクの底に備蓄してある微量なガソリンが使えます。
このおかげで、「夜道にバイクを押して歩かずに済んだ」、なんて事、経験ある人もいらっしゃると思います。

かつてマニアックな諸先輩の中に、「長く停車させる時はコックを閉じるようにするんだ」などと言う人がいました。

コックを閉じて置き、暫く振りに乗る時は、キャブの底のドレーンボルトを緩めて、キャブに溜まった古いガソリンを抜く。
キャブ内の微量なガソリンは直ぐ痛むので廃棄して〜コックを開け、タンクから、割と新鮮なガスを多量に、キャブに改めて入れてやる。
これをやると、長く停めて置いたエンジンを再始動するときに、掛り易くなるとか・・・。
なるほど、奥が深いなぁ・・・。

そこまでマニアックに考えなくても、コックをオフにすることは、安全の面でも効果があるはずです。
コックオフなら、不慮の事態で、下にガソリンが漏れることを防止できることがあります。
駐車中にキャブが不調なったり、オーバーフローなどが起きた時に、床面が油浸しになることを防げるかもしれません。

アイドゥの駐車場はオープン形式。
仮に駐車中のバイクからガソリンが漏れていても、巡回に来たスタッフが発見し、対応することが出来ます。
又、オイル漏れ等の異変に、他の利用者が気が付いて一報してくれ、即バイクの持ち主に状況を伝達する例もあります。

個別収納やコンテナボックスのタイプだと、個々のバイクの状態が自分しか確認出来ない事が、時にデメリットにもなる訳です。

駐車場によっては、「個別収納」のプライバシー性を謳う例もあります。
その場合は、管理体制と言うか、監視体制がどうなっているか?、が重要です。
個別型が生む「余程にプレミアムな利点」があるのか?、と、運用面での安全性とを、併せて確認する事が大事です。


あ!、話が戻りますが、ガス欠して「コックの予備タンク」を使ったら、給油した時に、必ずコック位置も「通常」に戻さないと!。
戻さないと、次にガス欠したとき、予備分が残っていないことになっちゃいます・・・。

ページの先頭へ

オートバイに関わる税金の最たるものが、軽自動車税です。
250cc級なら年額2400円。それ以上なら何ccでも年額4000円です。

課税されるのは4/1時点で、そのオートバイを所有している場合。
従って、今月中(3月)にバイクを売却し、所有者の名義変更が出来れば、4月以降、税金の督促は来ません。

そんな事情があり、中古車販売店さんや買い取り専門業者さん達は、今の時期、その点を親切にPRしてくてます。


しかし、これ、ちょっとした盲点が隠れています。

一つは、軽自動車税には、日割りも月割も認められていないこと。
前年の4月に納付した税金は、仮に今月中にバイクを売っても、一銭の還付(税の払い戻し)がありません。
慌てて売却しても、日割相当分が戻って来ることは無いし、今月分の割引も無いのです。

また、売却が月末になった際、ナンバー登録:名義変更が今月中に済まないと、事実上の「バイク所有者」になっちゃいます。
買い取って貰ったものの、登録処理が遅れると、「売った筈のバイク」の税金の督促が来てしまうのです。
とりわけ売却が殺到する(とされる)今月末は、買い取った業者さんは事務処理も忙しい時期。
処理が遅れて、名義が換えられないまま、元の持ち主に税金が掛る・・・、なんて事が想定されるのです。

これは個人売買でも同様です。
この時期にバイクを売る際は、「名変が何時になったとしても、後々に税金を払うのは誰なのか?」を、ハッキリと協議しておきましょう。

また250cc以下の場合は、自賠責保険を解約すれば、掛け金は、契約終了期間までの差額が戻されます。
保険は次に乗る人が改めて掛ける、と言う事に決めれば、解約すれば、僅かなりでも手元にお金が帰って来ます。
車検のあるバイクは別ですが、250CC以下の時は、このあたりも、次の持ち主(業者)さんと取り決めておくべきです。、

と、駐車場業者のアイドゥが、バイクを売却する時のことを教授するのは、本意ではありません。

4月1日の所有者に税金が掛るこの制度・・・。本当に有効なのは、実は売る時の事ではありません。
新たにバイクを買う場合、登録を4/2付けにすれば、約一年分、税金を得に出来る!。
これこそが、最大のメリットなのです!。

もし下取り車がある場合は、それを今月中に売却するのは、税の面で、ちょっとだけ有効ですョ!。
そして、これからバイクを買う人は、翌2日にナンバー登録が出来ると、また少し得できる、と言う事です。

新しいバイクを買う予定の方で、下取り車がある場合なら、買い取り業者さんの助言は御尤もです!。
アドバイスを素直に聞いて、ちょっとだけ急いで売っちゃいましょう。そして四月以降の、新車の納車に備えましょう!。


尚、アイドゥでは4月以降の入庫に備えて、早期のご契約も御相談に応じます。
仮に、今日のご契約でも、バイクの納車が入庫が4月中であれば、料金はその時点からの分で、と出来ます。

ページの先頭へ

スマートフォン

suzuki
2011年02月18日 13:43

イメージ

ついに買ってしまいました!。新しい携帯電話です!!。

最近使う人が増えて来た、スマートフォンです。
薄型で多機能。指先でスムーズに操作する感触が楽しくて、大した用も無いのに、ついつい触ってしまいますね。(^^)

反面、本当に使いたい機能を探してセットするまでが、ちょっと面倒だけど・・・。
しかし顔面が大きく見易いため、設定するまでの案内表示が判り易いのもメリットかもしれません。

そんな画面の大きいスマートフォンで、さっそく我がアイドゥのサイトを探ってみました。

をを!、パソコン向けに作られたWEBサイトが、ご覧のように、ほぼそのまま出て来ました!。

これまでもアイドゥは、従来からの携帯電話で、バイク駐車場の存在と料金などを閲覧できるようなサービスをご用意しております。
しかしスマートフォンなら、PCサイトの内容がストレートに全て見る事が出来ます。
これなら、私達が伝えたい、アイドゥのパーキングの拘りや特色を、確実にお伝えすることが出来ます。

もしスマートフォンをお持ちだったら、ご覧になって見て下さい。
駐車場をお探しの方には、とても判り易く内容をご理解頂けると思います。

また既にアイドゥの駐車場をご利用の方も、お友達にご紹介して頂いたり、そんな時にも宜しいかと思います。


(何より、このブログがケータイでも読めるって言う事実が、自分としては一番嬉しいのですが・・・^^)

ページの先頭へ

チェーン展開

suzuki
2011年02月11日 15:10

ご見学やご契約でパーキングに来られるお客様をご案内する日々を過ごす、私たちアイドゥのスタッフ。
そんな私達の心強い味方が、コンビニやファストフードのお店です。

ご案内の合間の時間を縫って、昼食はハンバーガーや牛丼などで済ます、或いは急に必要になった備品を買いにコンビニへ・・・。
そのようなことは、良くあることです。

この手のチェーン展開のお店の良い所は、大概のところで、殆ど同じ商品:献立が用意されているところです。
食事では、待ち時間が殆ど無く、サッと食べて時間の余裕を作ることが出来るし、お店ごとで味のバラツキもありません。
忙しい時は味のより好みもしていられないものですが、そんな時こそ、迷わずに自分の好きなものを食べられると嬉しいものです。

またコンビニの豊富な品揃えは、本当に重宝します。
大概のものは手に入りますし、陳列も殆どのお店で類似してるのも便利です。
欲しいものを探して店内をマゴマゴすること無く、スムーズに買い物が出来ます。


実はアイドゥの各地の駐車場も、配列や許容台数に違いがあっても、特徴や機能は共通になっています。

各々の駐車場にて、些細な点で差異があることはご了承ください。
でも、雨風を避けられる屋内の施設に電動シャッターを付け、容易な出入りを可能とする為のスペースの工夫、
更に万全のセキュリティシステムなど、バイクを安心して停めて置く為の仕組みは、どの駐車場も共通になっています。

盗難対策を重要視したバイクの駐車場として、様々な工夫は、その駐車場でも実感して頂けると思います。
例えばそれは、代々木でも調布地区でも高円寺でも、蒲田〜六郷地区も、世田谷豪徳寺でも、何処でも同様です。

どちらの駐車場でも、バイク好きのスタッフが笑顔で対応させて頂きます。

ページの先頭へ

雪ですね

suzuki
2011年02月11日 11:17

折角の連休ですが、初日の朝から雪の空です。
アイドゥの赤坂オフィスの周囲でも、少しばかり降っています。

積ってしまうと、バイクを外に出して走ることも困難。
何とか、好天が戻って来て欲しいところです。

通勤や通学やお仕事で乗っている皆様は大変ご苦労さまです。、どうかお気を付けて走って下さい。
また寒中ツーリング(?)を決行しちゃった方々は、(もしいたら)くれぐれも無理せずに・・・。


休日の貴重な時間を、好きなバイクに費やしたいと言うのは、誰でも同じだと思います。

でも、オートバイは大人の趣味。
寒さを味わうのも粋ですが、もっと快適に走れる日を選んで出掛けると言う選択も、ライダー次第。

バイクを屋内のパーキングに停めておけば、愛車が濡れたり汚れたり、という心配もありません,
また晴れた日に、スッキリした良い気分で、直ぐ走らせることが出来ますよ。

ページの先頭へ

コンセントが在っても・・・

suzuki
2011年02月04日 12:01

イメージ

お引越しでアイドゥのパーキングをご退去された方から、「出来ればまた入庫したい」と言うご相談を受ける事があります。
特に寒い冬の時期は乗らない(乗れない?)事が多いため、出来れば屋内にバイクを保管しておきたいそうです。

とりわけ乗らない時間が多い冬、さらに寒さによるバッテリーの衰弱も起こり易い時期です。
電気が弱っていると、つかの間の温かい日に乗ろうとしても、エンジンが上手く掛らず、苦労する面もあるでしょう。

「アイドゥに停めていた頃は、コンセントから充電器を繋げて、バッテリーを常に保全出来て良かった」と回想されます。
その通り!、充電したまま外出できて便利ですし、乗りたいと思ったときにエンジンが掛ないと、悲しいものです。

実は私も、トリクル式のバッテリー充電器を持っています。
でもバイクは庭先にカバーを掛けて置いている状況。屋外で充電器を常設したままにするのは、ちょっと躊躇います。

家の壁にコンセントを設置して、念の為,写真のようにボックスに充電器を入れて使っています。
とは言え、もし留守中に雨や風が来た事を思うと、長期の利用は控えざるを得ません。
「何日か充電を掛けたままで外出できて便利」と言う、トリクル充電器のメリットが活かせていない・・・。

それでも、敷地内で自前の電源が使えるだけ、恵まれているとは思います。
電源を使えない駐車施設も多いでしょうし、屋外駐車なら尚更の事。
結局走れないまま、そのまま乗らなくなってしまう例も多々あるかもしれません。

ページの先頭へ

アイウェア

suzuki
2011年01月28日 15:01

アメリカ文化が紹介された記事などで、良く「ノーヘルで大きなオートバイに乗ってクルージングしている」、そんな光景を目にします。
をを、彼の地はおおらかなだぁ…。

などと思ったてたら、実は細かい法律が「州単位」で規定され、実際にノーヘルで走ることが出来るのは、僅か4州だけとの事。
しかもノーヘルを認める州でも、年齢や保険の掛け方などで不許になることもあるそうです。

こんな風に、各地の様々な思考や習慣によって決まりごとが制定されるのは、自由を重んじる国らしいと感じます。

そんな中で、ちょっと感心と言うか、気にとまることがありました。
ヘルメットの着用が各自の判断に委ねられてる地域でも、「目の保護をするアイウェア」の使用が義務になってる例があると言うのです。

ゴーグルでもサングラスでも、ヘルメットに備わったシールでも、とにかく走行中には目の防具を必須とする規定や法があるらしいのです。

恐らくは、万が一にも走行中に何かが当たった場合に顔や眼に危険であること、また視界悪化で安全運転に支障が出る事を想定しているのか?。

確かに目の前が塞がれたら運転に支障が出るし、実際に見えない事態になったら、周囲を巻き込む惨事にも繋るかもしれません。


自分にも経験がありますが、高速道路に入り本線に合流した途端、割と大きな虫が顔に当たったことがあります。
あの時は買ったばかりのフルフェイスでしたが、シールドに当たった残骸が残って、前が見難くて参りました。
それに、もしシールドを上げていたら、怪我?、もしや失明?!、などの懸念も残り、今思い出してもゾッとします。

日本はアメリカと逆に、ヘルメットが必須で、逆にアイウェアの規定がありません。

安全の為に「何が何でもフルフェイスとシールドを」と導ける訳ではないけれど…。

でも快適に走るためには、きちんと顔や目を保護出来るアイウェアと、それが似合うヘルメットを使いたいなぁ・・・と考えます。

ページの先頭へ

冬ゴモリ?

suzuki
2011年01月21日 18:06

いよいよ本格的な寒さを実感するようになりました。
皆さま、体調はいかがでしょうか?。

冬も本番を迎えると、都心部でも朝晩の冷え込みは必須。
バイクに乗るにも、日中の日差しがある時間帯なら未だしも、朝や晩は辛くなりつつあります。

こうなると自然と、バイクから離れ、遠乗りも控えてしまうのが正直なところ。
インドアに勤しむか?、それとも思い切って、スキーなどのウィンタースポーツを楽しんじゃいますか!?。


そんな風に、あまり出番の少なくなるバイクですが、寒くて乗らないなり、乗る機会が減ったなりに、大切に保管したいものです。

屋根があり警備のある、屋内の駐車場に停めておけば、盗難や悪戯の被害を防げて安心です。
それだけではなく、露天:路駐では防げない、埃や汚れからも防御され、日差しで塗装やメッキや焼ける事も防止できます。


冬の時期を上手くやり過ごして、春を迎えるころに、綺麗な状態でバイクに乗れれば嬉しいものです!。

冬になるとバイクを降りてしまう人が増えますが、ちょっと待って下さい!!!。
今しばらく、アイドゥの駐車場にバイクを置いて、春まで待ってみませんか?。

僅か2カ月か3か月の間、寒い時期を見送れば、バイクに適した暖かい季節が、また戻って来るのですから・・・。

アイドゥなら、乗らずともバイクを観察に行って、場内で磨いたり、簡単なメンテをしたり・・・

と、そんな楽しみ方も可能です。

ページの先頭へ

都内でも気温が上がらず、冷え込みがっ厳しい日が続くようになりました。
率直に言って、バイクに乗るには適さない季節ですから、もしツーリングに行くなら、のんびりプランがベストといえます。

1月19日(水)には、アイドゥの『スタッフツーリング』があります。
今回は、そんな「のんびり感覚」を具現化したいと思います。

千葉:館山を訪れ、ゆっくりと走り、美味しいもの(きっと魚中心かな?)を食べて帰ってきます。

房総:特に南房総地区は比較的温暖な気候に恵まれる地域と噂されています。
もし、好天に巡り合えれば、つかの間の暖かさを味わえるかもしれません。

パーキングをご利用の皆さま、宜しければ、私たちと共に、春を先取りに行きませんか?。
お問い合わせ、お待ちしております。

ページの先頭へ

今年のバイクライフ・・・

suzuki
2010年12月26日 11:59

イメージ

2010年も間もなく終わります。皆さんは今年、バイクで何処へお出かけになりましたか?。

今年は夏の時期の暑さが厳しく。殆ど秋の気配を味わえなまま、いきなり寒くなったような、東京の気候でした。
何となくツーリングに行くタイミングを逸したような、そんな感じで過ごされ方もいらっしゃるのでは?。

そんな中でも、私的には幾つか、楽しい思い出が出来ました。

一つは、今年からアイドゥで始めた「スタッフツーリング」でのこと。
11月の晴天の日、葛西地区や江東、そして横浜など、様々な地域の方々と共に、楽しく富士五湖周辺を走りました。
この日に見た富士山の雄大さと、紅葉の美しさは、忘れられません。


また、ロードレースに参戦する仲間を応援するため、サーキットに行ったこともあります。
ただ応援するだけではなく、出場の作業を手伝うために、ピットの中まで入ったことも、なかなか貴重な経験です!。


来年も、バイクを通じての様々な楽しみを模索して、皆さまと思い出を共有できたら嬉しいな!。

写真は11月の富士山。スタッフツーリングの途中で撮影。

ページの先頭へ

忙しい時期こそ・・・

suzuki
2010年12月17日 18:42

やはり12月と言うのは、忙しく慌ただしくなりがちです。

只でさえ忙しい時期に、道路工事の繁忙も重なって、道路が渋滞し、予定が思い通りに遂行できないもどかしさ・・・。
でもやはり、常に気持ちに余裕を持って、安全運転を心掛けたいものです。

こんな多忙期に、もしバイクがトラブッて、出先で動かなくなったら、余計に厄介なことになっちゃいます。
少しでも時間がある時に、普段忘れがちなバイクの基礎整備にも、気を向けておきたいものです。


ガス欠なんて事態は悲しいから、普段よりちょっと早めに給油する・・・。
その時に出来れば、タイヤの空気圧のチェックや、チェーンの張り具合の確認などもいっしょに?。
そんな、ちょっとした時間を使って、目を配らせておくと、パンクなどのトラブルは、回避できるかもしれません。

今はレッカーサービスなどもあり、「バイクが走らなくなった」と言う最悪の時でも、救済の道が広がりました。
でも寒く忙しい季節、動かないバイクの傍らでレッカーを待つのは・・・正直、辛いものです。

忙しい時期こそ、きちんとした基礎整備を、また簡単なメンテを怠ることのないよう、そんな余裕を作りたいところです。

アイドゥでは、駐車中に基礎メンテを代行してしまう、そんなプランなどもご用意しております。
上手く活用して下さい。

ページの先頭へ

暮れに向けて・・・

suzuki
2010年12月10日 12:00

12月に入り、嫌でも冬を意識するような気温の日も出て来ました。
皆さま、いかがお過ごしですか?。

この時期になると、毎年のように、暮れからお正月の休みの間、バイクをどうしよう?、と言うご相談を多く頂きます。

「年末年始の帰省中に、バイクを何処に置いておくべきか?」
「海外に行くのだけど、その間はバイクはどのように保管すればいいの?」

など・・・。
休みの間、長く家を空けて出ている際の、バイクの盗難や悪戯などを考えると、不安に思う方も居られるようです。
特に訳在って路上や屋外に駐車している方は尚更。都内でも不意に大雪が降ることもあるし・・・。

そんな訳で、安心して休暇を楽しむためにも、出来れば駐車場しておきたいものです。
この際ですから、アイドィのような、セキュリティーが効いた屋内の駐車場を確保しちゃいませんか?。
アイドゥに入れば、イタズラ被害も、盗難の心配も無くなります。

それに雨や雪にバイクを晒す事もなく、愛車の調子を保持できます。是非検討してみて下さい。


(因みに盗難やイタズラのリスクは、休暇中のみならず、日頃平日でも狙われる可能性もあります。)

ページの先頭へ

駐車場で充電

suzuki
2010年12月03日 12:12

タイトルだけ見ると、電気自動車やプラグインカーの事のようですが、ちょっと違います。
バイクのバッテリーの保全についてです。

前回のブログで・・・、
「アイドゥの駐車場には100Vコンセントがあり、充電器があれば停車中にバッテリーを回復出来る。」
と述べました。

コンテナボックスや露天駐車と違う、屋内の物件のメリットの一つが、電源の設備です。
折角の晴れた休日、もしバッテリーが弱ってしまいエンジンが掛らず、「今日のツーリングは中止か?」なんて、勿体無い話です。
でもコンセントから電気を取って充電出来れば、そんな事態を回避できます。

アイドゥでは、「トリクル式充電器」を使って、駐車中のバイクのバッテリの電力を上手く保持する方法が流行(?)です。
トリクル式はバッテリに負担が掛らない程度の電流を常に送り、また満充電になると回路を止めて、過充電にならない仕組みだそうです。

探してみると、バイク向けに体裁よく造られた、12Vのトリクル充電器が結構と市販されており、一つ持っておくと、非常に頼りになります。

クルマでは、バッテリ同士をケーブルで繋いで「救護」してる場面を、稀に見掛けます。
そうやって、上がってしまったバッテリを強い電気を送って強制的に回復させてもエンジンは掛ります。
が、バッテリ本来の性能は完全に戻らないそうです。

近年のバイクはインジェクション:ABSの装備の他、GPSナビを使う例など、電気を消費する例が増えました。
時計なども付き、待機電力も意外と使われている様子です。
出掛け際、「あれ?、エンジンが掛らない!?」なんて、慌てたくないものです。
その為には、日頃からバッテリの保全が出来る環境にバイクを停めて置くのが理想です。

駐車している時間すら無駄なく有効に!。コンセントのあるアイドゥの駐車場を、是非活用して下さい。

ページの先頭へ

グリップヒーター

suzuki
2010年11月26日 16:02

そろそろ、防寒対策を考えておかないと、特に朝晩のライディングが辛くなり始めました。
日中の陽気に釣られて薄着で出掛けると、夕刻や夜、予想外に冷える事に驚きます。

私のバイクには、ハンドルにグリップヒーターを着装していますが、もう既に、日没後には稼働させています。^^
ツーリングでも、市街地の移動の時も、うっかり薄手のグローブで出掛けてしまった時などは重宝します!。
スイッチオン!で即時に手が温まるので、グリップヒーターは本当に助かります。

冬場など、バイクに乗ってなくても、どうしても手先が凍えるもの。
とりわけバイクでは手先や指先が冷たい風に晒されますから、手の冷え対策は、ライダーにとっては課題です。

手が悴むと実に辛いですし、時には「痛い感覚」になることも?。
安全のためにも,なるべく手を冷えないようにして、レバーやスイッチ類の操作がしっかり操作できる様にしたいものです。。

手先の冷えは、指や手の毛細血管の血流にも影響して、更には腕全体の疲労に繋がることがあるようです。
グリップが温まることで、肩や腕の不調も最小限になり、より快適なライディングが可能になります。


また、グリップが暖かいと、「ハンドルを確実に握り、よりよいライディングポジションを意識出来る。」、そんな効果も出てきます。

これはグリップヒーターを実際に使っていることから得た実感です。
以前は無意識に、「冷たいグリップは余り触りたくないから、握らずにグリップを抓む感じで済ませちゃう」様な握り方になっていました。
ところが、寒い中で暖かい物に触れるのは嬉しいこと♪ですから、手の平と指の全体で、その暖かさを感じて居たくなります。
その結果、必然的に、ハンドルを正しく握るようになるのです。


冬は厚手のグローブを使うのが基本ですが、厚手でもヒーターの温もりは頼もしく伝わってきます。
もし機会があれば、是非とも一度、「暖かいハンドル」を体験してみる事をお勧めします。

難点は、電熱を使うため、電気:バッテリーに負担が掛ることでしょうか?。
そこは充電器を用意しておけば、停車中にバッテリーを回復させることが出来ます。

アイドゥの駐車場には100Vコンセントがあるので、上手に活用し、暖かく安全な冬をお過ごしください。

ページの先頭へ

秋めいて・・・ツ-リングシーズン!

suzuki
2010年11月05日 13:00

11月は祭日が2日あり!。
それも連休ではなく、週中にぽつんと一日、休日が!。

祭日が月曜と繋がって設定されるようになって久しく、週末からの連休に慣れてしまった感があります。
ですが今月のように、連休にならずに、不意にウィークデーの中に休みがあるのも、またちょっと嬉しいものです。

休日に天気も良ければ、やはり走りに出たいもの。一日だけのショートトリップを、愛車と共に楽しみたいものです。
但し朝夕の気温の冷え込みも実感するこの頃です。
日中のポカポカ陽気だけにに気を取られず、ウェアには少しだけ配慮して出掛けて下さい。

私たちアイドゥのスタッフも、今月はツーリングや、サーキットの走行イベント等に勤しみ、秋を満喫しようと思っております。
ツーリングでは、パーキングのお客様とご一緒する機会があればいいな、とも考えております。
ご興味があれば、お問い合わせください。

ページの先頭へ

半径二キロ以内?!

suzuki
2010年10月29日 13:54

バイクには無関係ですが、クルマを買うときは、前もって車庫を確保し、車庫証明を取らなければなりません。
その許容範囲は直線距離で半径二キロ以内。自宅からそれ以上離れた場所には、クルマを保管してはいけないとされています。

あれ?、ちょっと待った!… だって半径二キロと言ったら、相当に広い範囲に感じちゃいますねぇ。
でも、自分のクルマを、自宅から二キロも離れたところに置いても、法律上、何の問題ないと言う事ですね。

バイクの場合は、車庫証明は不要です。
勿論、だからと言って不用意に何処にでも定置するのは好ましくないですし、路上に停めて置くことも避けたいものです。

ただ、車庫証明に囚われないバイクの場合は、二キロ以上離れた場所に「定住地」を決めても良い、とも考えられます。

だから、もし自宅の付近に安心して停めて置く場所が見つからないなら、停める場所を他の地域に求めても良い訳です。、
自宅の周辺に適切な置き場が無いなら、僅かでも離れた地域に安全な駐車場があれば、そちらを選んでも構わないのです。

もしバイクを通勤通学などで日頃の移動手段にしてる場合は、できれば手元に常に置いておきたいもの。
でも趣味で持っているオートバイ:ツーリングなどで休日にしか乗らないバイクなら、この限りではありません。
少々離れた場所であっても、盗難やイタズラに対する防衛がなされた、バイク専用の駐車場を利用するのも、得策だと言えます。

徒歩圏内に適切なバイク置き場がなくて、バイクの購入を躊躇うことなかれ…。
クルマを二キロ離れた場所に置くことが合法なら、バイクだって、ちょっと離れた駐車場に入れたって、構わないのです。

もし駐車場が見つからず困ったら、「自転車や原付バイクを使って行けば、さほど不便ない距離。」にまで、選択肢を広げてみてください。。
或いは、通勤途中の駅とか・・・。
極端な話、アイドゥには、通勤定期を利用して、公共交通で駐車場に通われるお客さまもいらっしゃいます。

ページの先頭へ

秋が駆け足で・・・

suzuki
2010年10月22日 15:02

もう10月も後半。
夏が暑かった分の反動でしょうか?、秋の爽やかな日々は、まるで駆け足で過ぎ去ってしまうかのようです。

それを実感するのは夕刻。陽が落ちるのが早くなったような気します。

暗くなるのが早ければ、ヘッドライトに頼る機会が長くなるというもの。
ここはひとつ、早めのライトオンを心掛けましょう・・・

などと言葉を続けるけど、既にバイクのライトは、とっくに常灯式になってるんだった・・・。
点け忘れると言う事態は全く皆無だし、周りからの視認性も含め、常灯式は合理的です。

とは言っても、折角のヘッドライト、球切れや故障などで、点灯しないとなると、話は替ってきます。

ヘッドライトのチェックに要す時間は、ほんの僅か。
出掛ける前には、ウィンカーやテール球:ブレーキランプと併せ、チェックしておきたいものです。


そう言えば、電球の寿命って、どのくらいなのでしょう?。
既に普及してるハロゲンランプは、それ以前のものに比べ、格段に長くなったようです。

それでもフィラメントには寿命があるようで、やがては切れてしまうようです。
特に明るいタイプ程、早く切れる傾向にあるとか。又、時間が経過すると、明るさが低下する例もあるようです。

ランプは、切れてから仕方なく交換する、と言うのが普通だと思います。
でも、寿命に不安が有るのは嫌だし、明るさも常に確保したいところ。
少しばかり長く乗ってきたバイクの場合は、切れる前に定期的に交換してしまうのも、「有り」かも知れません。

ページの先頭へ

ハイブリッドビークル

suzuki
2010年10月15日 15:54

近年、乗用車では「省燃費」とされるエコカーが人気です。
特にエンジンと電気モーターとを組み合わせたハイブリッド車が良しとされ、減税や補助金の恩恵が大きいことから、ベストセラーになったり、新型車も次々と出て来ています。


一方でバイクの場合は、こんな風に二つの動力を組み合わせて使う例は、まだまだ僅かな例しかないようですが…。

ところが、ちょっと見渡してみると、身近で意外と多数の例があるではないですか!。

走っているときはエンジンのパワーで、そして駐車場から引っ張り出して出掛ける準備の時は、人がバイクを押引きする・・・。

そうです、バイクはエンジンパワーと人力、二種類の動力を使い分ける、ハイブリッドビークルなのです!。(^^ゞ

走行中はエンジンの性能をいかんなく発揮!。
都心部ではバイクは乗用車よりも実燃費が良い上、なおかつ本領を発揮すれば素晴らしくスポーティーなフィールを味わえます。

その裏、出掛ける際のスタンバイや、戻って来てパーキングに仕舞う時などは、エンジンを止めて、手押しで動かす。
更には深夜早朝、ご近所の目が気になる時は、少しだけ離れたところまで押して行って、そこからエンジンを掛けることも可。

電気モーターがどれだけ合理的で静かと言っても、「電気すら使わず人が押す」と言う徹底的なエコ行為は、乗用車では無理です。


大型バイクの場合は、その重量から、あまり離れたところまで押すのは、少し辛いことです。
でも少しばかりの移動なら、バイクに乗り出す前の、身体のちょっとしたウォームアップを兼ねた、良い運動になっているかもしれません。

またパーキング付近での取り回しを、エンジンを掛けずにスマートに行う事で、ご近所の方々の、バイクに対する印象も(特に騒音面)変わってくるかもしれません。

そうな風に考えると、バイクはエコノミー且つプレジャーな乗り物だと言えます。
バイクに乗ることは、ハイブリッドカーに乗る以上にインテリジェンスでハイソサエティな事なのかも?。

アイドゥでは、そんな知的で上流な趣味たるバイクを、より楽しんで頂けるよう、安心安全なバイク置き場をご提供しております。

ページの先頭へ

メーカーサイトを活用する

suzuki
2010年10月08日 14:10

バイクを買うに限らず、欲しい物を探して選ぶ時、インターネットを活用する機会が、一般化しました。

カタログや実車をお店で見る他にも、バイクメーカーのサイトで新車の紹介を見たり、評判を調べたり…。
検索を駆使して、中古車を吟味したり・・・。

と、バイクを購入する時に(あ!バイク駐車場を選定する時もですね^^)、インターネットは頼りになります。

そんな風にwebを使うけど、でもバイクを買った後、改めてメーカーのサイトを観ることってありますか?。

実はメーカーのサイトには、意外な情報が追記されていることがあります。

例えば、新たにオプションパーツが発売された場合、それらの案内が出されます。
ちょっとした改造やモディファイの為の部品や、「ここが不便だから少し直したい…」とか。
そんな場面に対応する新しい部品などが、知らないうちに発売されてたりします。

或いは、ユーザー向けのプレゼントやキャンペーンとかが始まってて、ちょっと得することもあったり…。

もうひとつ役に立つのは、リコールや修繕などに関する情報です。
一つリコールが起きると、最近はマスコミでニュース記事にされて話題になる事が多くなりました。
ただ、そこでは表面の情報しか出されず、その内容の関わらず、ただただ騒がれるだけになりがちです。
だから実際の内容が、大きな問題なのか?、当面は危険に及ばないレベルの事なのか?、判断し難いものです。

勿論リコールともなれば問題視すべきもので、時に危険につながることもあるので、出れば焦りますし、対処を急ぎたいところ。
ですが、メーカーの公式発表を見れば、その内容が詳細に書かれています。
だから、緊急性の有無や危険度の度合いが、より良く判断できるので、冷静に対処することが出来ます。


そんな訳で、折角のメーカーサイト、バイクを買った後も、たまには訪れてみたらいかがでしょう?。

ページの先頭へ

出掛ける準備

suzuki
2010年10月01日 16:05

やっと猛暑も過ぎ去って、過ごしやすい気候になりました。ツーリングに相応しい季節が到来です!。
長期の気象予想では、今月は例年より少し飴が多いとか…。
でもせっかくの秋、バイクの整備をして、出掛けたい気持ちが高まってきます。

私も今秋に備え、ライディングジャケットを新調しました。同時に、要所に保護パットが付いたインナーも購入。
春先にはシューズも買い換えたし、装備は準備完了。
今後、月に一度続開催される予定の、「アイドゥスタッフツーリング」でも、これらを着て行くことにします。


準備としては、ウェアと共に、肝心のバイクのチェックも怠れません。

酷暑はバッテリーに意外な負担を掛けるようです。
「放電って冬だけでしょ?」と思ってたら、暑い時期でも、それなりに消耗するとは、知人のメカニックさんのお話。
暖かい時期は冬よりも、エンジン自体始動が楽なので、弱ったバッテリでも、とりあえず始動してしまう、のだそうです。
外出先でバッテリが力が尽きると再始動できず、そのまま帰って来れなくなります・・・。
そんな訳で、シーズンインに際し、バイク自体の細かいチェックをしておきたいところです。

そうそう、キックスターターバイクでも、電源容量が減ると、灯火類に影響します。
安全の為にも、できれば充電しておきましょう。


またアイドゥでは、パーキング内で、駐車中にバッテリー充電が出来るように配慮しています。
少々の工具類や、タイヤの空気圧チェックのアイテムの完備も、以前にご報告した通り。
その他にも、駐車中にメンテ:チェックを代行する「メンテナンスオプション」も準備中。
もし整備に不安なら、メンテオプションを活用して下さい。

ページの先頭へ

秋めいて・・・お出かけの準備

suzuki
2010年09月17日 15:09

あまりに暑い夏だったせいで、気温が30度を切っただけで、こんなに涼しく感じるとは…。

でも、ようやく涼しさを感じられるようになりました。
今月は祭日もあり、連休になることもあるようですから、ツーリングの予定を考えてる方も多いと思います。
良い天候に恵まれた休日、パーキングからバイクを出す時は、やはり晴れ晴れしい気持ちのなるものです。


実は私はこの夏は暑さで気が滅入ってしまい、ツーリングらしい外出をしていませんでした。
と言うか、殆どバイクに乗ってない<<<<何て軟弱モノなののだろう? 情けない・・・。

それでも、どこかに行きたい気持ちだけはワクワク湧いて来ています!。
そこでまずは「手始め」に、バイク用品店に出向き、荷掛け用のフックロープを新調しました。


ゴム紐やらフック付きのロープ、ネット状のものに、伸びる素材のものにフックが付いたもの・・・。
バイクに荷物を積んで固定するのにも、探してみると色んなスタイルのものがあるんだなァ・・・。

最近はリアシートに載せる小さめのバッグや、横側に振り分けて積むサイドバッグなどを使う方も増えて居るようです。
そんな中でも、荷物をゴム紐で固定するスタイルで走る方も、まだまだいらっしゃいます。

ゴムの紐は経年劣化で伸びてしまったり、フックが壊れたり外れたり、と言うことが避けられません。
ツーリングの予定を立てたら、バイクの整備と共に、紐の様子にも、ちょっと気を回してみませんか?。

紐が傷んでて荷物が積めないとなると、バイクで出掛けるときは意外と困るもの。
特に出掛けてから外出先で紐が切れたりすると、かなり悲惨です。

また上記のような、ワンタッチ金具などのバッグを使う際も、一本でも紐を忍ばせておくと便利です。
急に金具が壊れても、フックロープが一本あれば、慌てずにバッグを固定することができます。

それに、もしお土産が増えちゃっても、紐があれば、ちゃんと積んで帰って来れますよ!!。

ページの先頭へ

夏休みは都心も渋滞 でも・・・

suzuki
2010年09月10日 14:33

小石川パーキングに巡回に行くときは、東京ドーム;遊園地の周辺を通過することがあります。

先刻のこと、何時ものように代々木パーキングから小石川に抜ける道を進んで行くと・・・
ちょうどドームの裏のあたりで、ちょっとした渋滞に遭遇しました。

原因は、付近の路肩寄りに、何台と連なって停まっていた、観光バスでした。
その数、軽く10数台・・・。
バスがいっぱい停まっていて、片側2車線の道路の、一車線が完全に塞がっていて、クルマの流れが滞っていました。

普段なら、こんな風に渋滞に遭うと、ちょっと腹立たしくも思うもの。
でも、バスのナンバープレートを見ると、どれも他府県、それも遠方からのものばかりでした。

「あ〜そうか!、夏休みの期間だし、野球観戦か?、それとも遊園地の観光かな?。
 家族連立っての外出遊びか?、それともひいきの野球チームの応援のツアーかな?。」
なんて思えと、渋滞の中でも、ほのぼのとした気持ちが芽生えて、この日ばかりは、渋滞のイライラを、忘れることが出来ました。


ご家族持ちのライダーの方々は、ツーリングを嗜むと同じように、家庭サービスも大事なこと。
大切な人達と充実した時間を過ごすときも、そこはセキュリティ充実のアイドゥのパーキング!。
キチンとした駐車場があれば、安心してバイクを置いて、遊びに出掛けることが出来ます。


暑かった今年の夏ですが、皆さまは、素敵な思い出が出来ましたでしょうか?。

ページの先頭へ

踏切にて・・・

suzuki
2010年09月03日 13:17

電車の線路を渡る踏切は、一時停止と安全確認が不可欠。
但し、信号機と連動している遮断機の場合は信号に従う、とされています。


都内で信号連動の踏切は珍しいですが、環七には世田谷線の踏切があります。
元々路面電車の区分になる世田谷線。アイドゥの仕事でも、世田谷線を跨ぐルートを、バイクで巡ることがあります。

豪徳寺パーキングから三軒茶屋;世田谷経堂の各パーキングを巡回する際、世田谷線の踏切を抜ける機会が、案外とあるのです。

日頃、ラッシュアワーと移動が重なると、踏切が開かずに少しイライラする事があります。
でも世田谷線の車両は可愛いので、止まって見送る時は気持ちが和んで、自然と笑顔になったりします。

日常の中の、ちょっとした気持ちの温もり。それがいつも走る道で見つかれば幸せです。

ページの先頭へ

睡眠不足に注意!

suzuki
2010年08月27日 18:57

気象情報を聞けば、9月を過ぎても、まだ暑さが続くと言う見解だそうです。

残暑見舞いのご挨拶を、どのタイミングでするべきか…?。迷ってしまいます。

暑い夜が続くと、寝苦しく、睡眠不足気味になることも・・・。
ライダーの皆さんは、居眠り運転などに繋がることがないように、十分に気を付けて、バイクを楽しんで下さい。

眠気を覚ます際、ついついコーヒーなどを飲んでしまいがち。
しかし、カフェインの効果は、速攻で効くとは限りませんから要注意です。

又、自分は大丈夫でも、ツーリングに同行してる仲間の体調も、お互いに気を掛けて走りたいものです。


それから気を付けたいのは、自分が眠い時は、周囲を走ってる他のクルマ等のドライバーもウトウトしてると言う可能性です。

もし、ふらふらしているクルマが居たら、近づかずにやり過ごすとか、軽くホーンを鳴らしてみるなど…。
不用意に事故に巻き込まれないよう、気を付けて走りましょう。

ページの先頭へ

バイクの日

suzuki
2010年08月20日 16:14

既に過ぎておりますが、8/19は「バイクの日」なのだそうです。

単なる語呂合わせ?、と言う感じですが、実はキチンと総務省でも認定されているのだそうです。

当日はいくつか、バイクに因んだ催しが各地で行われたそうです。
(主に安全運転啓蒙のためのイベントだそうです)

しかし平日だったせいでしょうか?、あまり情報もニュースも伝わって来なかったような感じ。
せっかく定められたバイクの日なのに、どことなく盛り上がらないのは、ちょっと残念です。

でも、ちょっと仲間が集う時間があれば、バイクのまつわる話や話題を持ち寄るだけでも、楽しい時が過ごせるというもの。
或いは、日頃あまりバイクに縁のないお友達に、バイクの楽しさや利便性を語りかけるにも、良い機会かもしれません。


バイクの日こそ、「バイクの火」を灯し、‘バイクの陽’を翳さぬようにしたいものです。

ページの先頭へ

出かけたくなる形

suzuki
2010年08月17日 16:34

乗用車のPRで聞いたようなセリフですが、違います。バイクの駐車場の話です。

バイクの駐車場と一口に言っても、その形体や規模は色々とあり、使い勝手も様々です。

停める場所:置く施設を選ぶときには、「大切なオートバイを保管する」と言う観点から見るのが第一。
まずはしっかりと安心して、バイクを置けること、仕舞える事が第一です。
そして、入れるときに余計な苦労が要らない。これもポイントとなります。
さらには、盗難対策にも抜かりがないこと、これも忘れてはならない、重要な項目です。

その反面、出庫、そう、出掛けるときの利便性も、検証しておかなければなりません。

バイクを入れて厳重に蓋をして、扉にロックを掛ける・・・。或いは、盗難防止のためのチェーンロックを厳重に掛けることができる・・・。
或いは、狭いながらも空いた空間を、地ならしをした上で、バイクにちょうど良いスペースとして活用した駐輪場・・・。
単にバイクを保存保管するだけなら、それだけでも良いでしょう。

しかしバイクは乗ってナンボのもの。乗って出掛ける為には、出庫の容易さも、配慮されていなければなりません。
出庫時の事を考えていない駐車場にバイクを置くと、出ること:出す事が億劫になってしまいます。
バイクに乗って出掛けるのに、出庫に苦労が伴って、出掛ける気力が失せてしまったら、それは本末転倒です。

大切なバイクですから、保管する機能も大切だけど、同様に肝心なのは、出すときの利便性。
仕舞うまでは良いものの、出庫するときの動線や取り回しが面倒だったり、やり難かったら、それは駐車場としての機能が劣っていることになります。

実は取り回しに多少難がある駐車場でも、置く:入れる:仕舞うまでなら、工夫や力任せで、案外何とかなるものです。
しかし、通路や取り回しの空間の余裕がなかったり、足場が悪くて不便だったり、段差などがあると、出庫の時に、不便さが明確に表れるものです。


但し、出入りのことばかりを優先して、セキュリティや盗難防衛に抜けが在っては、それは論外です。

もしバイク置き場を選ぶ際は、置き易さと安全性と、更に出庫の事も考えて、トータルでご検証してみてください。

ページの先頭へ

暑い日続き・・・

suzuki
2010年08月06日 15:52

軟弱モノな私は、せっかくの休日でも、暑い日中にバイクに乗るのは億劫になってしまいます。
少し日が傾いて来た夕方くらいからバイクを引っ張り出して、少しだけ乗ってみる、そんな状況です。

それでも、ちょっとだけでもバイクに乗れると、やはり気分は良くなるもの。

とかく暑いからと言って、駐車場の前で、短時間だけエンジンを掛けて、すぐに仕舞ってしまうのは、控えたいものです。
アイドリングでの定置は、音や排ガスの問題で、ご近所の方々に迷惑を掛けてしまいます。
どうせエンジンを始動するなら、暑さを上手く避けながら、せめて15分、或いは5キロくらいの距離を走っておきたいものです。


短時間のアイドリングだけでは十分な発電量を賄えず、セルスターターを回しただけの電力が回復できずに、バッテリーに負担が掛ってしまうそうです。
又、エンジン全体に十分にオイルを回し、トランスミッションを作動させ、車輪:タイヤも動かしておきたいもの。

僅かな時間でもバイクを動かして、次のツーリングに備えて調子を整えたり、トラブルのチェックをするのも、バイク趣味の楽しみの一つといえましょう。


でも、夕方からのショートトリップ、行く宛てはどこかって?。

行き先が最寄りのコンビニで、缶コーヒーを一本飲んで戻ってくる、でも良いじゃない!。
或いはお気に入りのカフェがあるなら、短時間でも寛いでくるとかでも・・・。

そんなバイクの楽しみ方も、時には良いかもしれません。

ページの先頭へ

ミラー

suzuki
2010年07月30日 12:07

都内は久し振りの雨です。
少しは涼しくなって良いですが、バイクに乗るうえでは、少々気が重くなるのは正直なところ。

通勤などで雨天でも乗る方も、晴れてから乗ろうと言う方も、くれぐれも、ぬれた路面には気を付けてお出かけ下さい。


さて、雨上がりの走り始め…。
カウルが付いたバイクなら、スクリーンの汚れを綺麗にしてからスタートしたいところですが、同様に、ミラーの汚れも十分に落としておきたいものです。

後方視界の為に頼れるのは、走行中は殆どミラーだけ。
しかもバイクの場合はクルマと違い、、真後ろが確認出来るバックミラーがなく、両サイドのミラーのみ。

ただでさえ小さなミラーが、汚れていて見難いと、意外と「追尾の何か(?)」を見逃したりしますから要注意です。
(経験談だけに説得力があるでしょ? ^^;  )


そうでなくとも、出来るだけクリアで広い視界を確保することは、何より安全にも繋がります。
ここはひとつ、ミラーの扱いも、おろそかにしないようにしておきたいものです。

ミラーはバイクメーカー純正品の外にも、部品メーカーから出ているものも含め、様々な製品があります。
私個人は、出来るだけ視覚の広い角型を好みますが、小さなバイクの場合は、ハンドル回りの重量増を嫌って、小ぶりな丸型のものを選ぶこともあります。

そして大事なことは、きちんと取りつけられていること。
走行中に緩まないように、しっかりと止まっていることが大事です。
そして見易く、死角がなるべく出ないように調整する為に、特にハンドルマントの場合は、取り付け位置にも注意しておきたいところです。

アイドゥの各パーキングには、少しばかり工具を置いてあります。
もしミラーの位置決めや取り付けに不安があったら、そのままにせず、どうぞきちんと直してから出発して下さい。

ページの先頭へ

暑い・・・

suzuki
2010年07月23日 12:04

まだ7月ですよね?。既にこんなに暑いって、どういうことでしょう?。

事実、各地で記録的な気温になったと報じられ、熱中症で倒れる人が多い、と言うニュースも届いてきます。
バイクに乗る事は、実は体を相当に使う運動量があり、また安全のためには長袖やプロテクタ類の装備など、意外に体に負担が掛ります。
日頃から健康に気を使い、水分のほか、栄養素に優れた食事など、気を使っておきたいものです。

しかし、どれだけ気を付けて居ても、熱中症の魔の手は、意外なところに潜んでいるようです。

例えば、マメに水分を採っているつもりでも、塩分やミネラル分が不足してしまっていたら、やはり熱中症の症状を引き寄せてしまうこともあるそうです。
だから、ツーリングに出掛けるときは、効果的に水分と必要な栄養素を同時に賄えるものを用意できれば、理想的です。

ツーリングの休憩のときには、できればスポーツドリンクの類を飲んだり(あまり冷たい状態だと胃腸に負担が掛るので注意)・・・。
小腹が空いたら、お菓子よりも梅干しのおにぎりを?、そしてジュースやお茶より、麦茶が良いかもしれません?。


また、疲れた時は無理をせず、木陰や日陰で、一休みしましょう。
少し早目の休息が、身体を労ることになり、結果として、安全運転に繋がります。

でも、休憩が長くなって、帰りがちょっと遅くなったら…
ハイ、アイドゥのパーキングには、基本的に「門限」はありません。安全優先で、確実にのんびりゆったりとお帰り下さい。

ページの先頭へ

最寄り駅は何線?

suzuki
2010年07月16日 14:45

今日は少しだけ、雑学と言うか、どうでもいい話と言うか、知ってても無駄にはならないというか、そんな話題です。


お客様からのお電話の中で、「パーキングの最寄りの駅はどこですか?」と言うお問い合わせを頂くことがります。

そして、もしJRと私鉄や地下鉄を含むターミナル駅だった場合は、何はともあれ、JR線の名称を答える事が多くなります。

例えば渋谷(松濤)パーキングなら、「山手線の渋谷駅です」と答えます。

代々木(初台)なら、「山手線の代々木駅ですが、他の私鉄各駅も便利です。」

上野なら勿論、「山手線の上野の他、地下鉄の各路線を使うと楽です。」

駒込パーキング?、もう言うまでも無く「山手線の駒込駅です!!。」

でもちょっと待てよ?、駒込は山手線しかないし、渋谷のJRも山手線だけど・・・。
上野や代々木って、他のJR線も入ってるよな…。
お客さんの都合とか、乗り継ぎの関係では、京浜東北線とか、湘南新宿ラインとか、総武線って言った方が親切かな?。
何て疑問が湧きました。

そんな訳でネットを徘徊。

調べたら、JRさんの定義では、山手線とは厳密には、品川から 田端までの路線を指してるんだそうです。
だから駒込は山手線だけど、上野は実は東北本線って事になるらしい。

うーん、なんか、ややこしいな。
でもまぁ、山手線は東京の交通の要だし、案内する際にも一番判りやすく表現できて、便利な「言葉」です。

そんな訳で、引き続きご案内の際には、渋谷も駒込も、「山手線の・・・」とさせて頂く事が多くなりそうです。


(勿論、実際には、お客様の利便性を優先した最寄り駅:路線からご案内しております。)

ページの先頭へ

梅雨

suzuki
2010年07月09日 17:53

関東はまだ雨季。こんな時期は、バイクに乗るのも、正直、あまり楽しくありません。
暑さも重なることもあり、バイクマニアを自認する人であっても、今の時期は、バイク以外の趣味を楽しんでおられるのでは?。

そんな訳で、大切な愛車も、動かされず、車庫で休憩。夏の出番を待っていることでしょう。

そんな、バイクの休息期間。
アイドゥのような、屋内の広いスペースに置かれたバイクなら、天候に左右されずに、悠々と休んでいることでしょう。

私は自宅の庭に、「露天駐車」しているのですが、幾らカバーを掛けていても、風に吹かれてカバーがめくれ、車体の一部が触れてしまうことに悩まされています。
又、雨上がりの後の気温の上昇で、カバーの内側が蒸れることなども、厄介なことの一つです。
濡れることと蒸れること、バイクにとっては、汚れるだけではなく、ゴムの部品の痛みなども、少し心配になります。

外にバイクを停めれている場合は、せめてカバーを掛けて、雨から守ることが大切です。
更には、時にはカバーの洗浄、いやせめて、バイクの為には、晴れた合間にカバーを乾す等して、カバーの水気を葬ってしまいたいものです。


また、屋内駐車所であっても、スペースがあまり広く無い場合は熱が篭りがちですし、換気扇の有無も気になるところ。
特にコンテナボックスやコンパクトな物置など、極端に小さな箱の場合は、熱の篭りや湿気の逃げ道の配慮が不完全かもしれません。
その場合は、、時には扉を解放して風を通してやるなど、湿気については色々と面倒で心配になる事がありそうです。

ページの先頭へ

グローブ

suzuki
2010年06月01日 15:39

レース向けに甲にプロテクタがついたもの、シンプルなワークウェアの様な物、或いはオフロ−ド向けのニット素材を使ったもの…。
と、バイク用のグローブと言っても、様々なものがあります。

用途によっては軍手も…?、でも素手は論外(だよね)。

ハンドルグリップを握り、レバーを引き、スイッチを操作する、と、手、そして指先の動きを含め、バイク用のグローブには、実に多彩な動きが要求されます。
そしてタフネスさも必要です。乗っている途中で、簡単に破れたり避けたりするなんてもっての他、その上で、万が一の転倒の際には、手を怪我から守ってくれなければ…。

とは言え、人の手は、その人さまざま。絶対的に自分の手にフィットする製品を探し選ぶのは、意外と難しいものです。
選ぶ際は、許される限り試着して、妥協せずに、自分に合うものを選びたいところです。


因みにですが、私の場合は、冬季以外は、シティユースでは皮のものより、ニット地のオフロード用を使うことがあります。
暑い時期では蒸れ難いですし、不意に雨に降られても、皮よりも後々の手入れが楽です。(と言うか殆ど無頓着(^^♪)
確かに手まで雨が浸透して濡れますが、そこは割り切ってしまっています。
実際、ツーリングの時も持参し、降られたらレインウェアと共に、このグローブを使います。

欠点は、いや心配と言うべきか?、皮に比べて、アクシデントの時には破け易いかな?。
ので、試される方は、その点は自己責任でお願いしますね。

ページの先頭へ

軽自動車税

suzuki
2010年05月28日 15:04

ライダーの義務:軽自動車税の納付期限が、5月末日までと迫って来ています。
4月1日時点で所有中のバイクに(当日まで所有してたバイクも含む)課税されます。
また短期間の所有であっても、一年分全額を納める必要があります。

うっかり忘れると、延滞金も掛るとか・・・。
万が一滞納、或いは未納になることのないように、忘れずに気をつけましょう。
特に250ccを超えるバイクの場合、納税しないと、車検が受けられなくなります。

又、車検の際には「納税証明書」が必要となります。
納税して証明書を受け取ったら、そのまま車検証と一緒にファイルすると、いざ車検の際に、慌てなくて済みます。

同時に、車検の時期や(250cc以下のバイクなら自賠責保険の期間)や、任意保険の内容も、併せて再チェック。
納税とともに、今月末は愛車の様々な「○○期限」も、再認識すると良いでしょう。
(もし保険が切れてたりしたら、そりゃ大変ですからね…。)

ページの先頭へ

暑い気候

suzuki
2010年05月21日 23:30

夏かよ?」、って思わせるような、高い気温の東京でした。
こんな日に限って、パーキング内のメンテの作業。はい、非常に良い汗を流せました。^_^;

でも何故か、条件によっては、パーキングの場内が、割と涼しいことも、不思議とあったり・・・。
作業を終えてから飲んだコーラが、とても美味しく味わえました。
もしビールだったら!?、そりゃもう、最高に気持ちいいかもね・・・。

と、ビール好きには堪らない気候になって来ました。
しかしバイクにとっては、暑い気候は、「堪らない」の意味が、全く換わってしまいます。

バイクの置き場が、がコンテナボックスや小さめの物置だったり、狭い壁の間の狭小スペースだったっりすると、走り終えた直後のバイクを仕舞うのは、大変ではないでしょうか?。
「あっちっち!」のエンジンやマフラーが冷えるまでは、仕舞う事が出来ないとか・・・。

狭い場所で温度が上がって熱が篭ると、バイクに良い影響がありません。
タイヤやパッキン類などのゴム類が痛んだり、メッキパーツも曇ってしまっり?。
また、温度が篭ることで、万一にガソリンの蒸発、と言うか、オーバーフローの状態になると、それは大変危険です。

同様に、屋外でカバーを掛けて置いている場合などは、熱でカバーが溶けたり、よもや火災騒ぎになることも在り得ます。


これから、更に暑い夏に向かう時期です。
バイクの保管場所や保管状況によっては、エンジンの熱が冷めるまで仕舞うのを待つとか、そんな配慮をすることをお勧めします。

ページの先頭へ

suzuki
2010年05月14日 23:19

ツーリングで履いていた、防水タイプのブーツ。
気に入ってましたが、5年目にして、ついに寿命が尽きてしまいました。

ソールが割れてしまったのですが、防水性を高めたタイプなので、交換不可能と言われてしまいました。
本体とソールの装着が、相当頑丈なので、修理も出来ないのだそうです。

止む無く、そして慌しく、代わりになるフットギアを捜し求めて購入しました。

今回は、スニーカーに似た、シューズ然としたタイプを選びました。
とは言え、防水性や耐久性のある、バイク用のライディングシューズです。

バイク用の靴ならば、履き易さも含め、雨に濡れても足が不快にならないとか、シフト操作に支障が無い事も要素になります。
そして、いざ!と言うときに、きちんと足元を怪我から守ってくれるような、そんな頼もしさも欲しいものです。

そして何より、ツーリング用や普段使いの靴なら、歩き易さや、脱ぎ易さなどの考慮も欲しいもの。

そんな訳で、随分と期待される機能が多いのが、ライダー用の靴です。


洒落たスニーカーなどを履いて乗るのも、時には粋なものです。
でもやはり、最低限でも、ライディングが疎かにならず、怪我が最小限になるような、そんなフットギアを選びたいものです。

皆様のお気に入りの一足は、どんなタイプでしょうか?。

ページの先頭へ

バイクナビ その後

suzuki
2010年05月07日 19:05

機械モノを導入すると、最初のうちは設定や操作の慣れなど、結構と煩わしさを感じるもの。
でも、色々と慣れて判って来ると、数々の恩恵を得ることができるようになるものです。

以前導入したナビにも、ようやく慣れて来て、便利に使えるようになりました。
(学習力が乏しく時間が掛るのだった…)

とっさに迷った時に、バイクにまたがったまま、地図を探して広げる必要もないと言うだけでも、かなり便利です。
また、ツーリングの帰宅中、少し時間が早いな!、と思ったら、道中からそのまま、行きつけのカフェに行き先を即時に切り替える、とか。
(それもその時点からの最短ルートでね)

そんな訳で、行動力と言うか、行動範囲と言うか、時間を有意義に使いながら、よりアクティブになれたような気がします。


一方、バイク用ナビと言いながら、時たま「バイク通行禁止」の道を案内してくれたりと言う、お茶目な面も…。(ーー゛)

まぁこれは、備わっている地図データが、乗用車と共通な思考な為だと思いますが・・・。
いやはや、都内の道路に、未だに、少し不条理な「バイク規制」が残っていることを、こんなところで実感することになりました。


いずれにしても、使い慣れると、非常に便利なアイテムです。
次は、音声案内を無線で聞けるような装置を、ヘルメットに組んでみたいなぁ。と欲が出る…。

ページの先頭へ

バイクナビ その後

suzuki
2010年05月07日 19:05

機械モノを導入すると、最初のうちは設定や操作の慣れなど、結構と煩わしさを感じるもの。
でも、色々と慣れて判って来ると、数々の恩恵を得ることができるようになるものです。

以前導入したナビにも、ようやく慣れて来て、便利に使えるようになりました。
(学習力が乏しく時間が掛るのだった…)

とっさに迷った時に、バイクにまたがったまま、地図を探して広げる必要もないと言うだけでも、かなり便利です。
また、ツーリングの帰宅中、少し時間が早いな!、と思ったら、道中からそのまま、行きつけのカフェに行き先を即時に切り替える、とか。
(それもその時点からの最短ルートでね)

そんな訳で、行動力と言うか、行動範囲と言うか、時間を有意義に使いながら、よりアクティブになれたような気がします。


一方、バイク用ナビと言いながら、時たま「バイク通行禁止」の道を案内してくれたりと言う、お茶目な面も…。(ーー゛)

まぁこれは、備わっている地図データが、乗用車と共通な思考な為だと思いますが・・・。
いやはや、都内の道路に、未だに、少し不条理な「バイク規制」が残っていることを、こんなところで実感することになりました。


いずれにしても、使い慣れると、非常に便利なアイテムです。
次は、音声案内を無線で聞けるような装置を、ヘルメットに組んでみたいなぁ。と欲が出る…。

ページの先頭へ

桜を追いかけて・・・

suzuki
2010年04月23日 14:03

不思議な気候が続きます。
晴れて暖かいなァ、むしろ暑いなァと思った翌日には、いきなり冷え込んで雨、挙句に雪まで…。

そんな中、貴重な「晴れの日曜日」、久し振りに奥多摩方面にハンドルを向けました!。
周遊道を登って行くと、それなりに標高の高い所に差しかかると、まだ若干の寒さが残っていました。

しかし、湖の周囲では、桜が綺麗な花を咲かせており、春らしい装いを楽しむことができました。

東京も広いものです。都心部では散ってしまった桜も、西部の、とりわけ山間部では、これからが本番と言ったところかしら?。
関東近郊でも、北上して行けば、まだまだ桜が楽しめます。

パーキングのシャッター前で、バイクから桜の花びらが、ひらっと落ちる…。
ツーリングの帰り、そんな風情のある光景にも出会えたら、ちょっと素敵です。


春はツーリングにうってつけの季節。
連休も近いことだし、そろそろ、気まぐれな天気にも、落ち着きを取り戻して欲しいものです。

ページの先頭へ

首都高の新路線

suzuki
2010年04月14日 16:20

先月開通した、首都高の新路線:渋谷線と新宿を結ぶ核となる、池尻ジャンクション。
先刻、日頃のパーキングの巡回の際、ここをクルマで通ってみました。

いやあ、狭い土地を有効に利用するために造られた、クルクル回る迷路じみた地下トンネル・・・。
凄いものを造ったなぁ・・・、と感心しました。


さて、実際に走ってみて???。
なるほど、道が繋がったことで、なかなか便利になりました!。
これで混み合わなければ、都心部の移動・連絡は、かなり時間短縮が可能です。

例えば、池尻や三茶のパーキングを使っている方。
東北道や常磐道にアクセスするのが、非常に楽になったのでは?。

また、環八や環七の渋滞の回避にも?。
東名方面からの帰り、井荻や高円寺パーキングに戻るのも、楽になるかもしれません。

既に代々木パーキングを使ってる方々は、各方面に出掛ける際の、各高速道へのアクセスに活用されておられるかしら?。

そして更なる延長工事が進めば、馬込や不動前パーキングのユーザーにも恩恵が現れるかも?。

(C2と呼ばれるこの路線は、タンデム規制も無い様です。)


予定されている道路料金の改訂では、首都高は実質的に値上がる方向のようなのが残念。
ならば、ここはひとつ、更に利便性が向上するように、工事や改善を進めて欲しいものです。

ページの先頭へ

交通安全週間

suzuki
2010年04月09日 11:57

毎年恒例の「春の全国交通安全運動」が、4月15日(木)まで実施されています。
4月10日(土)、つまり明日は、「交通事故死ゼロを目指す日」とされているようです。

新学期が始まり、新一年生が、街に元気に繰り出す時期です。
まだ通学慣れしていない、町中と親を離れて歩くことに馴染んでいない、小学一年生たち。
真新しいランドセル。それをまだ背負う事にも慣れ親しんでいない子供たちが、好奇心を連立って、一人歩きを始める時期です。

私たちライダーとしては、学校の近くや通学路では、特に優しい運転を心掛けてあげたいものです。
又、交通世界での見本になるような、模範的な運転を見せてあげたいものです。

一時停止や譲り合い、然るべき場所での徐行など、色々と順当に実行することは、子供たちが自転車に乗る時の参考にもなる事でしょう。

子供たちは、常に純真で、新しい事を正しく吸収できるものです。
カッコイイライダーを演じて、子供たちの憧れの対象になる・・・。
今年の交通安全週間は、そんな風に過ごしてみませんか?。

ページの先頭へ

駐車場の昼と夜

suzuki
2010年04月02日 17:45

おかげ様で、「とても便利で使いやすく、安心できる。」と評判を頂いているアイドゥの駐車場。
でも、少しだけ、不便、と言うか、ちょっとだけ面倒だったりすることも、残ってしまっています。

その一つが、場内が少し暗いこと。(明るくないって言うべきか?)
日中でも、電気:照明を使わないと、バイクの出し入れもやり難く、少々ご不便を掛けております。
(時勢柄、エコの観点からマメな消灯:節電も意識しなきゃならないしね・・・)

実はこれ、部外者の不法侵入を防止するため、窓を付けてなかったり、最小限の明かり取りの小窓しかなかったり、と言うのが原因です。
部外者をシャットアウトする為、徹底的にセキュリティを重視するアイドゥであるが故、時に、煩わしい場面も起きてしまいます。

そんな訳で、日中でも電気に頼ることになりますが、これが逆に、夜間に出入りする際は、堂々と(?)電気を灯して、場内を常に明るくすることができるのです。

例えば、夜に帰宅した時・・・、
自宅の車庫や庭先に照明を付けられない場合など、周囲が暗いと、バイクを停置させる為の取り回しにも、意外と苦労します。

とりわけ一人暮らしの方など、家の中の電気が消えて居ると、バイクの置場に僅かな明かりも感じられず、少々気を使う場面もあるのでは?。

良く晴れた朝、出掛ける際は明るい日差しに見送られても、帰宅時には同じ場所が真っ暗なんて・・・。
仮に慣れた場所にバイクを置くにも、車体カバーを掛けるときにも、明るい方が作業が楽に行えるってもんです。


しっかりした照明を設置できる事も、実は「屋内型の広い駐車場である」が故の事。
少し遠回りして、帰りが遅くなっても、アイドゥの駐車場なら、明るくライダーを出迎えてくれます。

ページの先頭へ

強風

suzuki
2010年03月26日 14:00

先日、関東を突然と襲って来た、夜中の強風・・・。
台風にも勝るとも劣らない勢いの風が、長い時間を掛けて暴れていました。

何かしらの被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。

さて、風の音に怯えながら過ごす夜。
朝を待って様子を見れば、我が家にも、小規模ながらも影響が…。

一台は、サイドスタンドが浮いてフェンスに凭れ掛け、ハンドルエンドを柱が辛うじて受け止めて、倒れずに済んでいた。
おーい!、250kg級の大型バイクを動かす風って、どんだけだよ!?。

もう一台は、車体カバーの紐が切れて吹き飛ばされ、行方不明に…。
アー、ゴム紐か何かキチッと回して縛っておけばよかった。無くなったカバー、どこに行ったんでしょう…。

そんな訳で、大きな影響はなかったものの、もしガレージや屋内の車庫に入れておけば、変な心配も害も無く、安心して眠れたのにな、と思ったのでした。

それでも私は幸いにも、自宅の構内にバイクを置けるだけ、少しはマシなのかもしれません。
もし、路上に放置するような状況だと、飛んできたものがバイクに当たって損傷したり?と、余計な心配をしなければなりません。

アイドゥのパーキングの様に、屋内にバイクを入れるスタイルは、雨風に汚れる心配や、盗難の防止にも役立っています。
が、それだけではなく、今回のような悪天候からバイクを守ったり、駐車中の転倒や、それにまつわる諸々の損失の心配も回避できます。

都心部には屋内型の他にも、さまざまなスタイルなバイク駐車場があります。
それらを上手く活用し、バイクを悪天候から守ってあげたいものです。

コンテナの対候性については判りませんが、なるべく駐車場に、できれば屋内の施設に保管し、路上にバイクを置く事はなるべく避けるのが、愛車家の努めの様な気がします。
考えてみてください。路上に置いたバイクが万が一にも倒れたりした際、通りすがりの他人様に、何かしらの害を与えたりするのでは?。

ページの先頭へ

ヘルメットの選び方が変わるかも?

suzuki
2010年03月19日 16:53

用品ショップを訪れると、時たま「観賞用ヘルメット」と称したものが売られています。

ヘルメットなのに、被らずに、見て眺めて楽しむだけ、とは???

実はこれ、日本と諸外国の安全基準が統一されていない為に起きている、不思議な現象(?)なのです。

ヨーロッパ諸国では公に認証された、素晴らしく良くできたヘルメットたち。
が、日本やアメリカで決められた安全基準に当てはまらず、それらを日本では乗用安全帽として販売できないと言う事だそうです。

そんな中、基準を見直し、「欧米基準を確実に満たした物は日本でも使える」と言う方向で、法改定の動きが出ているそうです。

モトGPのレースなどを観ると、国内では見慣れないヘルメットを使っているライダーを多く見掛けます。
そんな、世界選手権のトップレースで酷使されつつも、ライダーの安全を守っている、タフでオシャレなヘルメットが、早ければ秋から、正式に認められるかもしれません。

もちろん日本製のヘルメットも、きちんとした基準で造られたものはJISマークで保障され、安心して使う事ができます。
同様に輸入品も、機能や個性で、様々な工夫がなされたものがありそうだし、自分の思想に合わせて、幅広く選べるようになるのは嬉しいことです。


しかし、中には、粗悪な作りで安全性の微塵もない、見るにも耐えない、文字通り「観賞専用」のヘルメットも存在します。
統一された基準の中で、幅広い品揃えから自分好みが探せるようになれば、粗悪品に手を出さずに済み、安心度も上がります。

きちんと統一された基準を満たしたことが保障されたものと、そうでないもの。
バイクに相応しいヘルメットである事が確実に判るようになることや、選択肢が増える事は、歓迎すべきことです。


海外で愛されている、素敵で格好の良いヘルメット、どんなものがやってくるのか?,ちょっと楽しみです。

ページの先頭へ

視力検査

suzuki
2010年03月12日 15:49

運転免許の更新は定期的にやってきます。

3年に一度、ゴールド免許なら5年に一度と、その程度の頻度ですが、あれって何となく、億劫で面倒な「作業」に感じるのはなぜでしょう?。
視力検査(適性検査)をし、講習の時間を過ごし、交付まで待つ、そのトータルの時間は、案外と長く、実に面倒な一日です。

私は眼鏡を使っているので、視力の検査の際、「度が進んでて眼鏡が合わなくなってたら?、ヤバいかな?。」何て、そんな心配も…。


今や仕事でも何でもパソコンを使う状況ですから、かつての時代に比べれば、目に掛る負担は増えているのだと思います。
単なる疲れ目の現象と言う事もあるかもしれませんが、実際に見え難い状態での運転は、案外ストレスになるものです。


視力はメガネ屋さんでも、眼科医さんでも、気軽に測定して貰えます。

因みに眼科医さんに行くと、診察料とか必要になってしまいますが・・・。
それでも、しっかりと診察した上で、必要ならきちんとした「眼鏡処方箋」を作ってくれます。
もし「眼鏡が必要かな?」、と思ったら、直接メガネ屋さんに行かず、医師の見立てを貰っちゃうのも、アリです。

・両眼で0.7以上 ・片眼で0.3以上 と言う免許の条件(眼鏡でも可)視力ですが、実際は乱視傾向や、疲れによる一時的な近視の状態になっていることもあるそうです。
医師の見立てなら、そのあたり,要因も分析してくれるでしょうから、より安心できます。


免許の更新どころか、病院も面倒?。
確かにそうだけど、時には体を労る意味でも、年に一度程度、診て貰ってはいかがでしょうか?。

ページの先頭へ

ひな祭り

suzuki
2010年03月05日 15:09

誰が言ったか知らないが、「パーキングに並ぶバイクの数々が、ひな壇に飾られた人形のようにも見える」と・・・。

なるほど!。綺麗に磨かれたもの、丁寧にカスタムされた車両、速く走る事を狙ったモディファイをしたバイク・・・。
様々なスタイルのバイクが停まっている様は、まさしく優美な、確かに雛段飾りにも見えます。

俗説では、「雛人形は早く片付けるべし」などと言われてますが、バイクを楽しむのは、むしろ春を迎えるこれからが本番!。
仕舞ったままなんて勿体無い。寒さを避けて乗らずにいたバイクを手入れして、そろそろツーリングに出る支度を始めたいところです。

オイル交換?、ブレーキの握り具合やパット:フルードの状態?、タイヤは溝山だけでなく、サイドのひび割れなども確認しましょう。


あと、ちょっと気を付けたいのは、ライト:ランプの類です。

ヘッドライトやテール灯、ウィンカーやブレーキランプなど、メーター照明や警告ランプまで入れると、バイクには灯りが結構と在るものです。

時たま街中で、原付やスクーターなどが、レールランプが切れたまま走っているのを見掛けると、「ちょっと怖いな」と思います。

ヘッドライトが点かない場合は、乗り手の目線から気が付きますが、後ろの球切れは、意外と見落としがちなので、注意が必要です。
夜間、ランプ切れで、自車の位置が他車から判り難くなったり、ブレーキ時に追突されたり、そんな危険は、避けなければなりません。

桃の節句も過ぎましたが、「♪灯りを点けましょ雪洞に〜」などと歌いながら、灯火類のチェックは、常に念入りにしてから出掛けましょう。

ページの先頭へ

バイクナビ徒然・・・

suzuki
2010年02月23日 14:08

今回もバイク用GPSナビのお話です。

都内の滑走に非常に役に立ってるGPSナビ。バイク用と言う事で、バイクに適した造りになっています。
バイクには欠かせない防水や防振;強固と言う面は、言うまでもなく万全のようです。

それ以外にも、例えば、使わないときは車体から外せること。
駐車中にイタズラや盗難に遭わないように、ワンタッチで取り外して、持ち歩いたり、自宅に保管することができます。

また、バッテリーも入っている為、外した状態でも稼働するのも特徴です。

出掛ける時に玄関先で、あるいはパーキングでスイッチを入れ、目的地を検索:設定して置けば、バイクに乗り出すと即、案内が始まります。
これはなかなか便利ですし、エンジンを停めて居る時に検索できるのは、エコの観点からも好ましい事です。

また、雨の時なども・・・。
降られながら操作するより、濡れない処で雨宿りしながらでも、道を調べたりできるのは、バイク乗りには有りがたいことです。

あるいは走行後。パーキングに戻ったところで、走って来た道の記録を読み返してみたり…。

そんな感じで、このナビの機能や特徴を活かして、色んな場面で使い方を模索するのが、楽しみの一つになりました。


ところで、GPSナビを起動させる為の人工衛星は、地上から約2万キロも上空の軌道を飛んでいるのだそうです。
自分のバイクが、遙か遠い天空、神秘の宇宙と繋がっていると思うと、何となくロマンを感じます。(^^)v

他方、ナビの画面は、ヘルメットの目の前の20センチ。比較すると、極端に現実的な距離感です。^^;
そんな身近なナビを注視するあまり、「前方不注意」と言う事態にならないように、運転には十分に気をつけなきゃいけませんです!ハイ!!。

ページの先頭へ

バイクにもGPS

suzuki
2010年02月19日 18:39

私事ですが、今年の初旬に、バイク用のGPSナビゲーションを入手しました。
さっそく愛用のスクーターで使ってみましたが、なかなか良い使い勝手を見せてくれています!。

中古品でしたので、自分のバイクに付ける為のアタッチメントを探したり、配線の手配をしたりと、少し苦労もありました。
しかし、動いてしまえばこっちのもの!。新しいものを試してみるのは、やはり楽しいものです。


実のところ、「バイクにナビなんて・・・」という気持ちは、以前は確かにありました。
しかし、そんな自分は生粋の方向音痴?、じゃなくて、都心部の道路は、意外と入り組んでいたり、罠の様に一通になっていたり…。

そんな中で、何時もとっさに地図を開けるとも限りません。
不意に道に迷った時に、現在位置が確実に確認出来て、速やかに道案内をしてくれる機能は、使ってみると、やはり重宝します。

不肖私、不束で、世田谷周辺で良く道に迷うのですが、ナビを活用すれば、目黒でも品川でも、どこでも効率よく抜けて行けそうな気がします!。
(→やっぱり方向音痴なのか???)


そしてせっかく手に入れたナビだから、スポーツバイクにもアタッチメントを増設したいと思っています。
ナビをお伴にツーリング、旅先でも、きっと重宝すると期待しています。

ページの先頭へ

サイドスタンド・・・

suzuki
2010年01月29日 17:44

バイクは、「走る事を目的にして考え尽された設計がされているパーツ」の集合体です。
そんな中で、スタンドだけは、停車中に使う為に存在する、バイクの中では珍しい(?)パーツです。

教習所では、「跨る前にスタンドを払う。降りてからスタンドを出す。」と指示されます。
でも実際にサイドスタンドは、「乗ってから車体を起こした後に仕舞い、降りる前に出す。」と言う使い方が通例ではないかしら?。

そんな、「降りる前に出すサイドスタンド」で、自分の知人が、かつて大失敗をしました。

それはツーリングでの休憩の際のこと・・・。
バイクを路肩に寄せて、自販機で飲み物を買おうとしていました。

何気なく普段通りにスタンドを出して,、バイクから降りようとしたときです。
確実にスタンドが出て居たものの、なぜか彼は、モノの見事に立ちゴケしてしまったのです!。

あわてて駆け寄る仲間たちが、バイクを起こします。
当の本人は怪我も無く、バイクにもダメージが起こらなかったのは幸いでした。

しかし釈然としないのは倒れた本人。なぜ立ちゴケしたのか?、思い当たる理由がないのです!。

そんな中、バイクを起こした左側を見てみると・・・。

停めた路肩は溝板が敷かれた所でしたが、ちょうどサイドスタンドを出した部分が、排水用の口が開いた蓋板だったのです。

そう、スタンドの先端が、排水の口に、スッポリと入っていたのでした。

その場で一同は爆笑!、倒れた本人は「信じられない!」と言う表情で固まってしまいました…。


まあこのときは大したトラブルにはなりませんでしたが、暫く彼は、この話をネタにイジラレキャラになっていました。

冗談のような話ですが、実際には、停車位置は大事です。
ちょっとした停車の際でも、停める場所は十分に確認することが大事です。
バイクを停めるまでは良いものの、路面の凹凸で、予想以上に車体が傾いたり、スタンドが出せないほどの張り出しがあったり…。
降りた後も、バイクの安定を、今一度確認すればより安心。特にバイクから離れるときは、今一度スタンドを確認すればベターです。

冬は陽が暮れるのも早いですが、暗い中で、彼のように、路面の穴を見過す可能性、どこにもあるかもしれません。

ページの先頭へ

セルフ給油

suzuki
2010年01月22日 18:18

セルフ給油解禁から約10年。セルフ式のガソリンスタンドが大幅に増えました。
既に「給油は自分で入れる」と言うのも、当たり前の光景です。

古くは給油はスタンドマンに任せ、ライダーは給油中は、「つかの間の休息タイム」だったりしたものですが・・・。
又、スタッフさんがバイク好きの人だと、ちょっとした時間の談笑も、楽しみの一つだったりしました。

片やセルフの場合、「自分のバイクの世話を自分でやっている」と言う実感があるのも事実。
ポンプの操作をして、ノズルをタンクに差し、ガソリンを詰める作業も、ささやかな楽しみになってるかもしれません。


セルフを楽しむ(?)場合、やはりガソリンは危険物ですから、定められた扱いや手順は、キチンと守りたいものです。

ガソリンが零れないように気を付け、タンクキャップの締め忘れなどにも気を配る。
また、入れ過ぎると、いきなり吹き返したり、オーバーフローした分が車体下に流れたりするので、その点も配慮が必要です。
何より、ガソリンが漏れてしまうのは、もったいないです…。^^;

手順で見落としがちなのが、静電気の除去です。
ポンプに付いてる除去シートに、必ず触れてから給油するのが鉄則。

近年はバイクウェアも、帯電しやすいナイロンなどの化学素材が増えました。
特に寒い時期は静電気の影響が多いから、忘れないようにしたいものです。

さて、この週末、天気が良ければ、気前よく満タン詰めて、軽く走りに行きたいな!。

ページの先頭へ

バッテリーの調子はいかがですか?。

suzuki
2010年01月08日 16:27

2010年がやってまいりました。今年もアイドゥのパーキングを宜しくお願い致します。

ライダーの皆さまは、どのようなお正月を過ごされたでしょうか?。
帰省?、それともスキーやスノボ?、はたまた海外へ・・・?。
私は殆どで掛けずに自宅でゆっくりしていましたが、時にはバイクの事を考えない時間というのも、一興かもしれません。
(ただ横着なだけかしら…?)

ところで寒い季節、バイクに乗らずにいると、バッテリーが弱ってしまいます。

バッテリーは普段から少しづつ放電しているものですが、寒いときはより放電が活発になるそうです。
しかも冷えによりエンジンの始動性が悪くなるから、セルモーターの利用も増え、逆に電気をより多く要すと言う連鎖です。
特に私のような怠け者は、寒いとバイクに乗る時間も減りますから、エンジンを掛けないことで、普段からの充電も不足気味・・・。
嗚呼、バッテリー君にとって、冬は過酷な季節であると言えます。


そんな中、少しでもバッテリーを守り、常にエンジンを始動し易くしておくには、どうしたらいいでしょう?。

一番は、週に一回でも、僅かな時間でも、バイクに乗ってあげる事です。
日頃から、温まったオイルをエンジンに回し、発電機を動かしてバッテリーに電気を蓄えるようにします。
アイドリングだけでは、十分な発電ができない車種もあるので、天気が良ければ、ほんの数キロでも、乗ってみるのが重要です。

もう一つは、バッテリーや、バイク自体を、普段から冷し切らないこと。
出来るだけ露天駐車は避け、屋根付き;屋内の駐車場に入れると、バイクを必要以上に冷さないようできます。
風の吹き晒しや、雨や夜露も、冷えには大敵です。


又、家庭用100Vを使う、安全で便利なバッテリーチャージャーが市販されています。
バイクを屋内に保管できれば、駐車中にコンセントからの電力を使って、バッテリーを充電しておくことも可能なのです。


七草粥の時期です。人間の弱った胃腸を労ると同様、バイクの弱ったバッテリーも労ってあげましょう。

ページの先頭へ

寒い時期 バイクの乗り始めは?

suzuki
2009年12月25日 16:51

12月の慌ただしい季節、ライダーの皆さまはいかがお過ごしでしょうか?。

いよいよ冬も本番、とりわけ朝と晩の冷え込みが、体に身に凍みるようになりました。
信号待ちの時、暖を求めて、手をエンジン回りにかざして温めたりとか、ついついやっていませんか?。

冬場はエンジンの温まりも然り、ブレーキやタイヤも、走り出して早々は、なかなか温まってくれません。
グリップや制動が安定するまでは、無理な走行は禁物です。
ミッションの操作も確かめて、先ずは一定の時間はゆっくり目で走行し、各部を馴染ませて行きましょう。
エンジンをどんなに暖気運転していても、エンジン以外が冷えたままのハイペース走行は、バイク本来の安定した性能が発揮されず、危険もあります。

バイクの暖気は、エンジン以外にも必要です。
タイヤやブレーキの温まり具合、あるいはチェーンの動きやサスペンションの稼働、はたまたワイヤ類の動きまで・・・?

気温が低いと油分は硬くなる傾向ですから、夏場よりは冬期の方が、油は硬めになりがちです。
油を使っている機械部分は、寒い時期は油分にある程度の熱を入れてあげて、作動がスムーズになるのを意識して見ましょう。
比較的ゆっくりな速度で、エンジンど共に、タイヤを温め、ブレーキに微熱を持たせて・・・。
バイク全体を合理的に馴染ませて、というのが、理想的な暖気運転です。


また、ライダーの体も、やはり「暖気」してあげた方が良いでしょう。
寒さで体が悴んでいたり、体が硬くなっていると、思う様に行動できないとか、不用意に疲れたりします。
体が柔軟に動かないと、ライディングにも思わぬ支障が出て、危険でもあります。

走り出す少し前、軽い体操やストレッチなどで、手足や腰などを柔軟にしながら体を温めて、快適なライディングを求めたいものです。

もし、家からパーキングまで通っているなら、その移動の過程が、ちょうど良いウォーミングアップになっているかもしれません。

尚、アイドゥのパーキングでは、場内ではエンジンを掛けずにバイクを押して頂き、不要な騒音の防止をお願いしています。

ちょっと大変ですけど、そんなバイクの取り回しも、実は人間にとっての合理的な「暖気運転」になっているかもしれません。

ページの先頭へ

豪徳寺 高円寺 祐天寺 そして目黒不動(不動前)・・・
吉祥寺も含め、なぜか寺院に因んだ地名を持つ地域に、アイドゥのパーキングが存在する・・・。

特にお寺さんとの繋がりや拘りがある訳ではないですが、どうしてこうなったのかしら?。

そんなことで、何となく気になって、お寺の事を調べてしまいました…。
その一例が豪徳寺ですが、実はこのお寺、招き猫の伝説の発祥の地と言われているそうです。

江戸時代、近江彦根藩第2代藩主 井伊 直孝が鷹狩りの帰りにお寺の前を通り掛ると、住職の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていた。
気に掛って寺に立ち寄り休憩したところ、程なく雨が降りはじめ、幸運にも濡れずに済んだ、というお話です。

また一説では、雷を伴う酷い豪雨が降っており、直孝が猫に招かねるままに本堂に入ると、直前まで雨宿りしていた木に落雷!。
お陰で命拾いをした、とも伝えられています。

幸運の招き猫のお話は、小判(金銭)の幸福ではなく、幸運のきっかけを与えてくれる、というのが本筋のようです。


さて現代、アイドゥの豪徳寺パーキングには、招き猫は居りません。

しかし屋内の駐車場、大切なバイクを雨に濡らす事はありません。
又、定評あるセキュリティの仕組みは、愛車を盗難やイタズラなどの被害から回避。

そんな風に、ライダーの皆さんに、心の幸運や安らぎを与える事が出来るパーキングで在りたいと考えています。

ページの先頭へ

パニアケース トランク

suzuki
2009年12月11日 13:37

以前このブログで、「日本製バイクは荷物の積載性能に乏しくないか?」などと挙げたことがあります。

リアシートに人が乗ると、荷物を入れたカバンがシートに積めない。高速道路のタンデム走行が当たり前になって久しいですが、
そろそろ、有効で便利なトランクスペースを備えたバイクが、スクーター以外にも登場して欲しい、などと述べました。

そんな自分の声に、メーカーもいよいよ答えてくれたのか?、今年の東京モーターショーに、パニア;トランクケースを備えたバイクが出品されました。
一部車種は、実際に販売された模様です。

まだトランクの実際の使い勝手は判りませんが、細かい荷物や普段から身の回りにあるものを、サッと仕舞って走りだせるのは便利に間違えありません。
又、タンデムライダーが荷物に阻害されることもなくなってくるでしょうし、ライディングそのものが、荷物に邪魔されず、より快適で安全になる事も予想できます。

何より、メーカー純正のケースなら、車体のメインのキーとトランクのキーも共通にするなどの利便もあることでしょう。
また、トランクの重さを踏まえた車体側の改良も、抜かり無い筈。重量増が在っても、走安性も犠牲になっていないはずです。

古くから在る、専門メーカーのトランクケースも、なかなか素晴らしい使い心地だと言われています。
一方で、なにより車体専用に作られたケースのマッチングの良さにも、期待してしまいます。


バイクにケースが着くと、どうしても重さと車幅が増してしまうのが、裏返しの注意点です。
バイクならではの、身軽さや自由度は多少犠牲になるかもしれません。

しかし、タンデムとか走るスタイルに応じ、どのような積載方法を選ぶか?・・・。
バイクメーカー純正のケースを含めて、バッグやザックを使うなど、積み方が選べる方向になるのは、歓迎すべきことではないでしょうか?。

ページの先頭へ

速度期規制の見直し

suzuki
2009年12月04日 17:31

警視庁と交通有識者が、現行の道路の速度の規制を見直す検討をしているそうです。

車線数や交通量に応じ、40〜60km/hの基準速度を設定。特に市街地や生活道路はより低い速度に規制するが、
一方で道幅が広く環境の良い道路は一般路であっても80km/hのスピードを容認する事も検討されているそうです。


さて、この基準見直しによって、現在大半の部分が40km/hに制限されている、都内の環状七号線は、どうなるのでしょうか?。

都内の重要な幹線路で、日中は要所要所で渋滞しがちの環七。
しかし大半が4車線で、中央分離帯や立体交差で巧みに流れを往なしていて、空いているときの流れは、実はそれなりに高い傾向です。
40km/hという制限が、あまり意味を成していない区間も在り、どう走るべきか?迷う事があります。

流れに乗るべきか?、決まりを守るべきか?。


一方歴史をみると、環七の速度に関しては、周辺の生活環境に配慮した結果、騒音や安全面から低めにされた、という経緯もあるようです。

果たして、見直しにより、現状の交通に在った高めの速度が採用されるか?、それとも現状維持となるのか?。


環七周辺には、アイドゥも幾つかのパーキングを展開しています。
高円寺;三軒茶屋;豪徳寺。馬込や不動前・・・。

これらのパーキングの巡回で、環七を頻繁に利用する立場にとって、今回の見直しがどちらに振られるか?、少し注目しています。

ページの先頭へ

11月の気温の気まぐれさには、本当に惑わされるなあ・・・。
ここ数日、東京は割と暖かい日が続きましたが、その前には急に冷え込んだ日も在り、用心しないと風邪を引いてしまいそうです。


寒い日にバイクに乗るのは、正直言って辛いもの。
マメに乗っていれば、気候に体が自然に馴染んでくるでしょうし、マメにエンジンを掛けて走っていれば、バイクの調子も保てます。

しかし冷えに感けてバイクに乗らずにいると、、エンジンが芯から冷えてしまい、いざ乗ろうとするときに、始動に手間取ることも・・・。

最近のインジェクションのバイクでは、比較的苦労も少ないかもしれませんが、旧来のキャブレターを持ったものでは、中々掛らずに焦る事もありました。


空冷の4気筒エンジンで、4連のキャブレター着きのバイクに乗っていた頃のことです。

寒さが何日か続いた後の、久々の晴れた日でした。こんな日に、バイクに乗らない手はありません!。

しかし・・・。

チョークを作動し、セルを幾ら回しても、全くエンジンに火が入りません・・・。

虚しく回るセル。幾らチョ−クを弄っても、アクセルの開け方を工夫しても、エンジンが動かない・・・・。
このままでは、バッテリーがカラカラになってしまう。困った…。

「やはり寒さで冷えてしまったせいかな?。」と推測。 で、冷えてるなら、「温めたら良いのかな?」、と、安易な発想。
^^;

とっさに思い付き、部屋に戻り、電気ポットで湧いていたお湯をビニール袋に入れて、輪ゴムで栓をしました。

バイクに戻り、持ってきた「お湯袋」をキャブレターの周辺に置き、待つこと数分…。
バッテリーの回復も図ったところで、再始動を試みます。

三回くらいセルボタンを押したところ、あっさりとエンジンが掛りました!。  !(^^)!


嘘みたいだけど、本当の話です。

後で調べたら、「温度が冷えるとガソリンは気化し難い」という事を知りました。
しっかり気化しないと、エンジンの燃焼に必要な「理想混合気」にならない、という事です。

思い付きでキャブやエアボックスあたりを温めてあげたのですが、「バイクに湯たんぽ」、意外と利に適った事だったようです。


但し、どんなバイクでも、これで確実に温まって、確実に始動するか?、は判りません。
また、温度を求める為、ストーブなどを使うのは危ないので、注意して、熱源を選んで下さい。
(それから、熱湯で火傷しないように…。)

そんなことをするより、アイドゥのような、屋内のパーキングに入れて、日ごろからバイクを冷やさないのが一番ですよ。

ページの先頭へ

インフルエンザ

suzuki
2009年11月20日 15:29

近年、インフルエンザは季節を問わず発症するものになったようですが、やはり寒さを増すこれからが、本格シーズンと言えるでしょう。

インフルエンザの症状は風邪の時と似ている為、風邪の一種とか、風邪の重いものとも捉えがちですが、実は違うもの。
時に人体に重要な事態すら起こし得るので、軽く診ずに、より用心することが大切です。

予防策として言われるのは、マメなうがいや手洗い、換気を恒例にし、空気清浄機などで環境を清潔に保つ、などが有効とされています。
また、部屋の湿度を50〜60パーセントに保つと、ウィルスの繁殖をかなり抑える事が出来ると言われています。

同時に、人間の体の健康そのものも、調整してあげましょう。
普段から、免疫力の低下させない為の配慮が必要です。偏食に気を付けて十分な栄養を採り、十分な睡眠や休息も大事な要素です。

特に冷え込む時期のツーリングなど、バイクに乗る時や乗った後も、疲労や寒さを含めた、トータルな対策を試みましょう。

例えば、ツーリング先での昼食で、秋のおいしい味覚を取り入れてみるのも、楽しく合理的な「健康対策」と言えるかもしれませんね。

ページの先頭へ

やっぱり屋内共用型屋内駐車場!

suzuki
2009年11月13日 19:05

不覚にも体を壊してしまい、暫くバイクに乗れない状況のスーです。お久しぶりです。
訳在って、両手松葉杖を使う日々が、暫く続いてしまいました…。(ーー゛)

バイク好きなら、乗れない状況でも、バイクを眺める事が出来れば、少しは気持ちの慰めになるものです。
しかし僕の場合、庭先にバイクが置いてあるのに、愛車に跨る事も触る事も出来ず、心寂しい日々が続きました。

窓を開ければ、目の前にバイクがあるのに、そのバイクに手を触れる事が出来ませんでした。
なぜなら、松葉杖を使っている状況だと、雨避けの為に使っている車体カバーを、外すことが出来なかった・・・。

松葉杖で両手が塞がってしまうと、カバーを外したり、捲れ防止の紐を車体に回すようなことすら、出来ませんでした。

結局、暫く愛車の様子を眺める事も出来ませんでした。悲しいなぁ…。


そんな風に過ごす日々、手前みそながら、アイドゥのパーキングスタイルは良いなあ、と改めて実感しました。

出入りのし易いシャッターを通れば、カバーを掛ける事もなく停められた愛車の様子を、楽に眺める事が出来る。
当たり前のようですが、考えてみれば、実に素晴らしいことだな…、と、心から思いました。

露天でのカバー掛け駐車や、コンテナ保管など、バイクを停めるスタイルは多々あります。
しかしたとえば雨の日に、バイクに気楽に触れられるのは、コンテナ駐車では少し不便かもしれません。

これから冬になります。
寒い時期にはあまり乗らない、という方でも、雨天で出掛け損ねたと言う日も、駐車場で愛車と戯れる・・・。
アイドゥのパーキングなら、そんな楽しみ方が可能です。

ページの先頭へ

バイクのパンク

ikeda
2009年09月07日 09:58

皆さんはツーリング先で運悪くバンクしてしてしまった経験はあるだろうか? バイクのパンクはほんとに運。私自身数十年のバイク歴の中でも数えるほどしかないのですが、その時は運命のごとく、突然やってくるのです。そしてバイクはスペアタイヤを持つ自動車とは違って、修理キットを持っていないと山の中や高速道路上においてけぼりにあいます。完全に空気が抜けていればもちろんレッカー車を呼ぶはめにもなります。先日、私、御岳山に登る途中でそれはやってきました。仲間とツーリング途中、ハンドルの効きがどうもおかしい??と思ったらやっぱり...あまり頻繁にあるわけではないのでついつい油断して修理キットも持っていない! しかも山の中.... ツーリング仲間に修理キットを持っている人がいて、九死に一生を得たのですが、みなさんも修理キットくらいは持った方がいいかも....以下のサイトにある修理キットはほんとに簡単に使えますよ。http://www.netwave.or.jp/~virago/index.htm

ページの先頭へ

遅ればせながら夏の北海道

ikeda
2009年08月25日 13:47

夏の北海道ツーリング。バイクで旅をすることが趣味のライダーには国内バイクツーリングの最高峰と言えるくらいメジャーでもあり、憧れでもあります......4〜5年前まではこの私も毎年のように夏になれば北海道をめざしたものですが、今年もどうやら残念ながら時間の都合でバイクでのツーリングは断念しなければならないようです。食いしん坊の私は釧路の秋刀魚、花咲港(根室)の花咲がに、利尻島のバフンうに、猿払の帆立貝、苫小牧のほっき貝、留萌のボタンエビ.......の魅力には勝てず通販に手を出してなんとかがまんの日々です。しかし、ぜひ皆さんは現地で夏の北海道の美味をお楽しみください! できれば港や市場に早朝行って、近くの公園で食すことをオススメします! グルメ北海道ツーリングは最高! ホッカイドウは知床だけじゃあないよ。

ページの先頭へ

キャンペーン

ikeda
2009年03月09日 18:25

やっとバイク乗りの季節がやってきました。バイクパーキングアイドゥではこの春にパーキングを契約される方に礼金0円キャンペーンを実施しています。引越しをされてバイクの駐車場をお探しの方や新しくバイクをご購入の方も期間限定ですがのでこのチャンスを逃さないでくださいね!! セキュリティ付きのバイク駐車場ではもっと顧客満足度が高い評価をいただいているバイクパーキングアイドゥをぜひ一度ご内見ください。

ページの先頭へ

盗難事情

ikeda
2009年02月11日 13:17

セルフガソリンスタンドにおいて、現金支払機をバールでこじ開け、現金を奪っていくケースが増えています。世の中が不況になるとこうしたあらっぽい犯罪が多くのなるのは常でありますが、それにしても手口があざやかであるのは恐ろしいの一言です。彼らはわずか1分半で2台の現金支払機を破壊していくそうです。
バイクの盗難事情はどうでしよう? 最近は減っているという話もありますが、実は大型の高級車を狙う犯罪とガキンチョたちがちょい乗りに盗んでいく犯罪がうまく統計で処理されていないので、我々が気にする高級車の数が本当に減ったのかはうまく確認できないようです。いずれにしても盗難に関してはアイドゥでも保障しているだけに万全の体制を敷いて臨んでいきます。たとえば看板。アイドゥでは大きな看板は上げていません。近所とのトラブル等のため会社の電話番号をシャッターに表記していますが、それ以上のたとえば、ここにバイクがありますよ! 的な犯罪者にも目に付いてしまうノボリや、看板は不要というかあってはならないと考えています。また住所も折り返しでのtelでしかお知らせしないのもそのためです。セキュリティは大手のセキュリティ会社と提携するだけではまったく意味がありません。だって、穴がありますから...。アイドゥでは制御をどこにもわからないように自社で開発して使用しています。

ページの先頭へ

ヨーロッパツーリング

ikeda
2009年01月17日 22:11

昨年の末にヨーロッパツーリングに行った時の写真が上がってきた。ヨーロッパをバイクで走るのはこれで3回目だが、いつも思うのは自然の美しさや建造物の壮大さとともにマナーの良さである。道端にゴミを発見することはまずないし、街中と郊外でのスピードの緩急をみごとにつかってドライバーは運転している。大人の世界を感ぜずにはいられないのである。日本では道路標識がすべてで、30kのところは40kまでで走り、40kのところは50k以上飛ばさないように走っているドライバーがほとんどだろう。もちろんヨーロッパにも速度制限はあるが、郊外では飛ばし、街中ではスピードダウンして走るのはあくまでも感覚的に安全を考えてドライバーが実践しているのであって、道路標識があるからではないように思う。またアウトバーンの追い抜き車線もポルシェや大型バイクは走っても、排気量の少ない日本製の車は走らないのは暗黙のルール。日本の高速道路はどうだろう...

ページの先頭へ

アイドゥでは駐車場をご契約いただく際、お客さまに必ず現地にお越しいただき、実際にパーキングをご覧いただいております。
よって、お客さまから声が掛かれば、スタッフはパーキングの各所在地を巡り渡ることになるので、自然に都内の道路をずいぶんと走ることになります。

お客様のご都合を優先しながら、時間帯や交通量を考えて、「どのルートが一番効率よく移動できるか?」、などと予想しながら予定を組む。
それは少しゲームめいていて、楽しかったりもします。

たとえば「高円寺パーキングから不動前の駐車場へ。その前に豪徳寺パーキングも立ち寄れるかしら?。」などと頭を捻りつつ、還七と山手通り、どちらを使うか、悩んでみたり・・・。

環七は、主要道路との交差点が立体交差になっていることが多く、地域によっては殆ど信号待ちをすることなく進める場面もあります。
ただし都内の大動脈なので、タイミングを間違えると、ひどい渋滞に悩まされます。
又、制限速度が40km/hと言うこともあり、空いていてもスピードを稼ぎにくい面も・・・。

山手通り(還六)は只今、地下に首都高を通すため、大掛かりな工事が行われています。
大きな作業をやっている個所には、迂回車線が作られていますが、工事の進展によって、迂回ルートが前回走った日と変わっていたりします。
そんな変化を楽しみつつ、地下道の完成具合を予想したり・・・。

ツーリングで遠方へ出なくても、都心でも、「考えながら走る」と言う、そんな楽しみ方があるものです。

ページの先頭へ

秋〜冬のアイドゥ

suzuki
2008年11月12日 18:52

バイクに乗る上で、秋は一番いい季節かも知れません。

涼しく風を感じながら、紅葉を眺めながらのツーリングは、最高に気持ちいい!。
また都内を流していても、不要に汗をかくこともなく、快適に移動できます。

そんな嬉しい季節も、あっという間に過ぎてしまいます。
真冬を迎える前に今の時期、じっくりとバイクと向き合いたい季節です。

しかし、「秋雨」という言葉もあるように、不用意に雨に降られることも・・・。
気持ち良く走って帰る途中で、急に雨に降られて、悔しい思いをすることもあります。


帰路、雨に降られて、やっと駐車場に戻ってバイクを置いたら…。

アイドゥのパーキングは屋内ですから、もし雨が止みそうなら、そのままちょっと雨宿りしてもらうことが可能です。
それは駐車場ですから、素晴らしく快適に…、とは言えません。
でも雨が上がるまで、そのままバイクの水滴を拭き上げて、バイクを眺めたり、あるいはヘルメットの手入れをしたり…。
こんなことも、バイクを楽しむ一貫。屋外のコンテナにバイクを置くタイプの駐車場では、難しいですね。

ページの先頭へ

バイク盗難の新しい傾向

suzuki
2008年11月05日 13:01

先日、個人的に親しくしているメカニックさんから、少しショッキングな情報をいただきました。

最近、日本製の中型級のオフロードバイクが、盗難の被害に遭う例が増えているのだそうです。

なるほど、ロードバイクや大型スクーターなどは、イモビライザーや複製しにくいキーなど、対策が装備されつつあります。
でも、原付クラスやオフロード車などは、これ!と言ったいたずら対策の機構が、搭載するスペースの関係でしょうか?、なかなか普及してきません。
そうしたことから、対策性が高い大型車より、容易に持ち出しやすく対策の低い車両に、ターゲットが移っているそうです。

ではなぜ、原付などではなく、オフロード車が被害になるのか?。

それは皮肉にも、日本の中型オフローダーが、非常に優秀だからだそうです。

これらは大半が、海外に流されてしまうそうです。
厳しい地形を持った、開拓途上の国々では、日本製の、不整地性能に優れ、更に故障し難いオフローダーが、大変持て囃されているそうです。
とりわけ排気量も250CCにもなれば、スピードも満足できるもの。規制で4サイクルが普及し、オイル管理が楽になったことも、要因かもしれません。

とかく盗難の事情は、都度変っているようです。「自分の車種は盗まれる例が少ないから平気」と思わず、もう一度、防衛を意識しておいた方がいいかも知れません。

オフロード車は、車高が高く、ハンドル幅が広いこともあり、意外と保管場所に悩むことがあります。
アイドゥでは、どのような車種についても許容する準備がございます。もし、バイクの保管にお悩みがありましたら、何なりとご相談ください。

ページの先頭へ

最高のお土産を!

suzuki
2008年10月30日 17:54

前回のブログの更新以降、アイドゥスタッフたちの、僕を見る顔色が、なんか変わってきた…。

そ、その、物に愛おしいそうな、不思議なくらいの愛想笑いは、なんなのかしら?。

何だ?、どうしたらんだろ?・・・。どんなにお世辞を言われても、何も出ないのに・・・。
と、考察した見たところ、思い当たる節は、これだ!。

そう、「スクーターで郊外に出かけてみようかな?」と書いた、あれです!。

つまり・・・、

  ・スクーター=収納スペースが多い。

  ・郊外に出かける=お土産を買ってくるのが当然。

  ・収納スペースが多い×郊外=お土産も豊富に積んで来る≒スタッフに向けたお土産も、それも豪華なのがある筈!。

と言うことのようです。

あー、その方程式、正解なようで、違う点もあります!。もっと大事なことを忘れちゃダメ!。

そうですよ、バイクで出かけたら、無事故で無事に帰って来る!。笑顔で帰ってくるのが、一番のお土産なんだよ〜!!。


そういうことで、今日もオフィスで笑って過ごす、私でありました。!(^^)!

皆さんも、ツーリングなどで出かけた時は、笑顔でお帰りください。
アイドゥのパーキング、そこにバイクを置いたら、お家までの道中も、十分に気をつけて!。

ところで、うちのスクーターですが、駐車場で使う道具やら何やらで、いつも仕事モードで満載です。
だから出先で良いものを見つけても、買って積んで帰るわけにはいきませんのよ


自分へのお土産以外はね…。

ページの先頭へ

スクーターのお話

suzuki
2008年10月15日 17:11

ホント楽ですよ、スクーター!。

荷物は積めるし、シフト操作は要らないし、結構雨風が凌げるし、チェーンの手入れからも解放されるし。
ホント楽です!。人間が堕落するんじゃないか?、と思うくらいに…。

私も普段使いのバイクは、250ccの赤いスクーターが中心になってしまいました。

オートマチックで気楽に走れますし、仕事で疲れた帰り道でも、億劫になりません。
最近のモデルは完成度も良く、十分な性能も持っていて、思った以上の乗り味を示してくれます。

なんか、都内で仕事で使ってるだけでは勿体無いような気がすることもあります。
一度、郊外の方にも、乗って行ってみようかな〜?。

さて、前回の胸部プロテクターの話に準じて、少しだけスクーターと安全のお話です。

スクーターでの事故で、取り分け胸部の問題を重要視する説を聞きました。

二―グリップが期待できないため、衝突の際に体の保持が効き難く、胸部をハンドル部分に強打する例が多いと言います。
また、フロントフォークが短く、ホイールも小さいため、ぶつかったときの「潰れ代」が少なくて、衝撃を多く体に伝えてしまうそうです。

気楽さが要のスクーターですが、二輪であることは変わりません。
ヘルメットと共に、ウェア類も気を使って、安全を意識した使い方を心掛けたいものです。

でもやっぱり、スクーターは楽じゃ〜。

ページの先頭へ

胸部プロテクター

suzuki
2008年10月03日 17:46

最近、バイクの事故での課題として、頭部と共に、胸の部分の安全性が挙げられるようになってきました。

従来から、頭の保護は重要に言われ、ヘルメットは日本では法的に着用が決められています。
更に近年、胸部を打つことが死因になっている事故例が、頭部に続いて多いと言う統計が出てきたそうです。

何でも、ぶつかった直後では、胸部の損傷や内出血などが、レントゲンなどの検査でも見つけ難いのだとか。
結局、重大な状況なのに気が付かず、後々で辛い結果になることになる例が多いのだそうです。
そんな意味から、胸部の保護が重要視され始めたのだそうです。
最近は白バイで胸部プロテクターが採用されたり、レースや教習所でも取り入れられるようになりました。

実際に市販されているものをチェックしてみると、いろんなものがありますね。
ジャケット内臓や、ベストタイプのもの、最小限のプロテクタをウェアに取り付けるタイプや、はたまたエアバックタイプまで…。

あまりガチガチに、体中にプロテクタを付けるのも、なかなか気が引けてしまいます。
でも、製品も徐々に増えてきた最近、うまく選んで、最小限の保護でも実施しておくと、「致命傷」を避けることが出来るかも知れません。

ページの先頭へ

止まるための距離

suzuki
2008年08月27日 11:08

それでは今度は,止まるために必要となる,「停止距離」についてです。
秒速13メートル,つまり50km/hから止まる場合,どのくらいの距離で止まれるのでしょう?。

モノの本での,飽くまで「机上の空論」を元にしての参考値によると,乾いたアスファルトで,うまいライダーが確実にロックなしで止まれた場合でも,13メートルは要すとされています。
これを「制動距離」と言います。

この上に,さらに「空走距離」と言うのが加わります。
ライダーが危険を感じてから,ブレーキを掛けるまでの間にもバイクは進んでしまいます。そして実際にブレーキが効き始めるまでにも,わずかな時間が必要です。
これを反応時間と言うそうですが,おおよそ0.75秒とされています。わずかな反応時間でも,10メートル位は進む計算です。

従って,時速50km/hで実際に要す停止距離は,23メートルにも及ぶと言うことになります。

ちなみに,速度が倍になると,制動距離は4倍になるとされています。
空走距離も速度に応じて長くなる訳ですが,ならば混み合った場所を通過する時など,自分の気持ちよりも少しだけ速度を落としておくと,色んな意味で余裕も出てくる,とも考えられます。

さて,2回にわたって,数字のお話を致しました。

ページの先頭へ

13メートル 27メートル

suzuki
2008年08月21日 10:49

さて,何の数値でしょう?。

実は,50km/h;100km/hの時の,各々の秒速です。

「あッ!」と言う間の一秒間で,バイクはどのくらいの距離を走っているか?・・・。
普段,時速50キロと表現していると,難しさを実感しませんが,1秒で13メートルと言い方を変えると,意外に「速い!」と言う感覚になります。

たとえば,路上で危険を察知し,急に止りたい;或いは回避したいと言う時でも,,「あッ!」と思った瞬間に,更に13メートル先に進んでしまいます。

仮に危険に出会っても,道が広かったり,周りに車などが少なければ,避ける余裕も有るかも知れません。
しかし,回避に必要な余裕がなければ,ブレーキを掛けようと判断する瞬間に,また13メートルだけ,危険に近づいていきます。

「50キロで13メートル」を元にして,メーターに示された時速から,「あ,今は一秒間で何メートルくらい進んでいるのだろう?。」と意識すると,日頃から安全な感覚を掴めるようになるのでは無いでしょうか?。

ページの先頭へ

地震

suzuki
2008年07月24日 19:22

地震が多い最近です。被災されて御苦労をされている方々に,心からお見舞い申し上げます。

さて,大きな被害の出る程の規模の地震は,離れた地域でも,割と大きい揺れを感じ,怖くなることがあります。
しかし意外なことに,少々地震の揺れでは,バイクが倒れることは稀だと言われています。

それでも,用心するに越したことはありません。
バイクはセンタースタンドで駐車するのが基本と言う時代がありましたが,最近はサイドスタンドのみのバイクも増えました。

そこで今一度,サイドスタンドの様子を確認しておきたいものです。

出し方が弱く,外れてしまうことの無いように,しっかりと前方に出しきる事。

一部外車のように,オートリターンで自動的に収納されてしまうバイクなら,なおさら再チェックをしておきたいです。

またアメリカ製の最近の車種では,駐車位置でスタンドがロックする機構がありますが,ロックが有効に掛るか,整備の時に見て貰っておくと宜しいと思います。

更に,念のために,ギアをローに入れて,後輪をロックする状態にしておけば,尚安心です。スクーターなら,駐車ブレーキを活用しましょう。

尚,何かの災害が起きると,街は混乱に見舞われる場合もあります。
止む無く路上駐車している場合,特に「ギア入れ」をして,最低でもバイクが勝手に動かないようにしておきたいものです。

ページの先頭へ

レディス メイド

suzuki
2008年07月17日 15:00

アイドゥは「大型バイク向け;月極駐車場」と銘打って活動しております。

大型バイクと言っても,メーカーやカテゴリーなど、一口で言い表せないものですが,ツアラー級の物も、多く許容している、と言えば、判り易いでしょうか?。

周辺地への騒音防止の観点から、場内でのエンジン始動に制限を致しておりますが、それでも大きなバイクを取りまわすにあたり、不便の無い様に計らっております。
その為には、一台ごとの区画のサイズ以外に、通路の組み方などにも、いくつか工夫をしています。

そして、「大は小を兼ねる」と言いますが、これは大きなバイクでなくても、メリットを感じることが出来るでしょう。
免許を取りたてのビキナーの方にも、体力的に取り回しが苦手な女性の方にも、バイクの出入りの際に,苦労を最小限にして頂けると思います。

特に女性の皆様には、共感の声も多く戴いております。

例えば,アイドゥのパーキングの見学にいらして、今置いている駐車場との,停め易さのあまりの違いに驚いて、その場で移転を決めて頂ける例も多くございます。
また、盗難やいたずらを防止するために施している警備システムが,夜間や早朝の、女性のお一人での行動において、大きな安心感をご提供している側面もあります。

大きなバイクを大きな愛情で包むアイドゥは、女性の味方でもあります。

ページの先頭へ

徐々に暑くなってきます。

suzuki
2008年07月10日 18:50

関東に梅雨明けにはもう少し掛りそうですが、気温の上がり具合を見ると、夏の気配も感じ取ることが出来ます。

暑い季節が好きな人も苦手な人も居るでしょうが、ロングツーリングに行く時間が取れるのは、やはり夏休みですよね!。

さて,ロングランに出掛ける前に、ここは一つ,タイヤでもチェックしてみましょう・・・。

まずは,劣化具合や,溝の残りなども確認しましょう。
まだまだ梅雨期。雨の心配も残りますし,山間部に出向くと,突然の夕立なども予想できます。水はけの悪いタイヤでは走りたくありません。

更には接地面の状態。異常な劣化はないか?。寿命が微妙なハイグリップタイプなら,十分な性能を保てている状態か?。

それから,ホイールに繋がるタイヤのショルダー部分も見てみましょう。ひび割れ等があると,心理的にも怖いものを感じてしまいます。

さてさて,忘れてはならないのは,空気圧を適正に合わせることです。
兎にも角にも,空気圧を適正に。基本の基本です。
もし暫くエアを見ていないと,案外と抜けてしまっていることがあります。。
また,気候が暑くなったお陰で膨張気味になり,以外と高くなっていることも??。一度,確認しておくとよいでしょう。

ページの先頭へ

応急救護実習とか・・・

suzuki
2008年06月27日 11:11

バイクに乗る上で、事故による怪我と言うことが、常に身近に潜んでいるもの。
いざ緊急の際に、どんなことが出来るでしょうか?。

免許を取る際、教習所内で、応急救護実習が実施され、受講が義務化されてから、だいぶ時間が経ちました。
自分は現行制度になる前の免許なので、実は、救護の実習と言うのは、恥ずかしながら受けたことがありません。

しかし近頃、地震による災害や、痛々しい事件などが起きていたりと、交通事故に限らず、尊い人命が犠牲になっている例が多く語られています。

もし、周りで何かが起きたら、いつ、誰しもが、人命救助に携わる必要が起こるとも限りません。
そんなとき、救護の知恵を持っていれば、多少でも、何かの役に立つのではないか?、と感じる様になりました。

遅れながらも、今から受講できる機会があれば、時間を作ってやってみようか?、などとも思うことがあります。
あるいは、そうでなくても、いざと言う時に、バイクの機動性を生かしたボランティア活動などを意識しておくのも、好いかも知れません。


さてさて、何かの役になろうとするにも、我々ライダーは、まずは身近に潜む事故の危険を確実に避けて、無事を通すのが大事です。
そして今日も無事に帰ってきたら、いつもの場所に、いつもの様に、バイクを置く・・・。

バイクをきちんと扱えて、大事に労われる人は、きっと人にも優しいと思うのです。 

ページの先頭へ

梅雨の時期のバイク趣味

suzuki
2008年06月12日 12:08

あ〜憂鬱だ〜!。

庭先にカバーを掛けて停めてあるバイクたちに触れることが出来ない!。雨が多い時期はカバーを外すのに戸惑うお〜!。
バイクに触れることができない!。あ〜憂鬱だ〜!。

と、いきなりの愚痴で恐縮でございました。<(_ _)> 通勤などで雨天でも毎日乗っておられる方に、叱られてしまうかな?・・・。

しかし、もし屋根付きのガレージでもあれば、雨の日でも、バイクのメンテをしたり、磨いたりと、乗らずにして、バイク趣味を堪能できるのに・・・。

さて、アイドゥのパーキングは、広い室内での保管で、オープンスペース。だから、いつもバイクを眺めることが出来ます。
それに、ちょっとした作業をすることが出来ます。
こまめな手入れや、簡単なカスタムパーツの取り付け、ウェスやワックス類での磨き上げなど、軽度な整備が行えます※。

そこまでしなくても、パーキングの中で、自慢の愛車を眺めたり、様子を確認するだけでも、なんとなく嬉しい気分になれるものです。
これは、露天駐車や、コンテナボックスに収納する駐車スタイル;個別収納の駐車場では、中々出来ないことです。

雨の季節、オープンスペース方式のアイドゥならではの、バイクの楽しみ方をご紹介いたしました。


(※場内でエンジンを掛けたり、火を使ったりすることはできないので、整備できる項目は限られます。)

ページの先頭へ

支払期限が近いですよ!!!。

suzuki
2008年05月28日 15:35

いきなり、何の催促かって?。 えぇ、税金ですよ。
バイクの所有者が納めるべき、車両の税金の支払期限は、5月末までです。

うっかり忘れないように、気をつけましょう。
私の場合は毎年、連休に遊んだ直後の、金欠時期に納付と言うことで、言われなくとも意識させられてしまいます・・・。

ところで、税金の確認のついでに、バイクに関わる諸々の期限などを、一緒に見直しておくのも良いのでは?。
例えば、車検の期限を忘れてしまっていたり、任意保険の更新の時期を見逃したていたり、とか?。

自賠責保険は、車検対象のバイクなら判り易いですが、250CC以下のバイクだと、意識して確認しないと、案外と忘れやすいものです。
また任意保険も意外な盲点です。特に、バイクを乗り換えている人は要注意です。
保険を別のバイクに移転すると、車検の月と保険の更新の月が、一致しなくなることもあり、更新の時期の目安が、判別し難くなってしまいます。

そんなことで、今年は納税と共に、免許の更新も含めて、改めて確認しておくのも、良いのではないでしょうか?。

ちなみに、アイドゥの駐車場は、基本的に一年単位の契約ですが、特にお申し出がない限り、常に自動更新されます。
また、更新料は頂かないことになっています。どうぞ末永くご愛用ください。

ページの先頭へ

高騰で徒然・・・

suzuki
2008年05月07日 17:45

政治の中の難しい遣り取りは置いておいて、とにかくガソリン代が再び上がっている、非常に困った状況になりました。

税率が低い間に、少しでも安い価格で入れておこうと、スタンドで順番待ちするクルマの列が出来たと、ニュースの報道がありました。
しかも、、安い内に、大きなタンクを買って、それに買い貯めする人たちも、多く居たとか・・・。
その状況を見て、危険を感じた関連機構から、「ポリタンクなどの簡素な容器での保存は危険だから避ける様に」との通達が発せられたと言うから、本当に驚いてしまいます。

確かに、貯めて持っていたい気持ちは判りますが、ガソリンは発火性の高い危険物です。
親愛なるライダーの皆さん、保存は、しっかりとした燃料用のタンクで、なるべく少量にするのが賢明です。

ページの先頭へ

積載

suzuki
2008年04月17日 16:49

日頃、仕事で契約書やら何ならと持ち歩いてる身にとって、近代スクーターの「シート下のトランクスペース」と言うのは、非常に好ましく有難い!。
多少がさばる物でも、ホイっと入れて蓋して、颯爽と走り出せるのはスマートだし、大切なものでも、汚し難いし濡れ難いし、落とさないから安心!。
荷物を紐で括る手間も無いし、背負ったりするのはライディングに支障が起きることもあるし、いやぁ本当にスクーターは頼もしいです。

そんな感覚で、さて休日にスポーツバイクに接すると、意外や意外、貴重品や機械モノを、安心して積めるスペースが、非常に少ないと実感します。

いえ、流石にオフの時は仕事の道具は積まないけれど、現代人は以前に比べて、「細々かつ重大なもの」を持ち歩く例が多くなっています。

携帯電話に予備の電池、ヘッドホンステレオに電子手帳、買い物や電車に乗るにもカードを使う・・・。
また健康を言われる最近、一日に必要な水分をマメに摂るためのドリンク瓶とか・・・。
それに相次ぐ盗難被害に備え、バイクで出掛ける時はチェーンやロック機構も持参する・・・。

かつてはバイクで出歩く際、「荷物はバッグに入れてリアシートに積んで…」と言うのが当たり前でした。
でも今や高速タンデム解禁の時代、さまざまな荷物も、乗車も、二人分です。

そこで、なるほどと思うのは、二人乗りが当然の文化圏の欧米車や、一部の輸出向けの日本車には、ケース類を備えられるバイクが、以前から存在している訳です。
シートには人が二人乗り、荷物はシートの上ではなく、トランクやバッグに入れて置けます。

この辺り、日本の一般的なバイクでは、バッグ類は汎用品を少々用意しているか?、用品メーカーの製品に頼る形になるか?、となることが多いようです。
これだと、そのバイクに合わせた積み方とか、防水のこととか、ライダーが工夫しなければならない点が残ってしまいます。

そんなことで、大切なものを安心して積めるような工夫を、そろそろバイクメーカーで提案してくれても良いのではないか?、と思う最近です。

ページの先頭へ

あと一枚! もう一枚!

suzuki
2008年04月03日 17:44

暖かくなりました。ライダーの皆さんには、「桜前線を追い掛けるツーリング」、など、心が弾んでいるのではないでしょうか?。

春先は晴れていても、バイクで出る時は、レインウェアは持って出ることが多いスーです。
常に必要になるわけではないですが、バイクに乗るときは、面倒がらずに持って出掛けています。

「春の暖かさ」を実感している最近ですが、夕方から夜にかけては、まだ少しだけ、急に冷えるような感覚を覚える時が・・・。

そんなときに、ジャケットの上からでも、ひょいと一枚羽織ってあげるだけで、風当たりで体感温度が下がるのを防ぐことが出来ます。

意外なことですが、レザーウェアと言うのは、「結構と寒さに弱い」と言うことを、経験的に知っております。
革はいったん表皮が冷えてしまうと、中々温度が上がらず、体も一緒に冷えてくる傾向があります。
特に冬場など、いくら日光を浴びても、カチカチに冷えたままになってしまい、辛かったことはないですか?。

革に限らず、走行風でジャケットの表面を温度を下げない様、カッパでも何でも、上に一枚着ることで、夜間になっても快適なライディングが続けられます。


しかし雨でもないのにレインウェアなんて・・・、と仰る方には、薄手のウィンドブレーカーなどを常備されるのはいかがでしょう?。

ページの先頭へ

制限速度の意味

suzuki
2008年03月07日 11:41

年々、高性能になっていくバイク。日本では速度規制が厳しくて、その性能を発揮する機会は、ほとんどありません。

「時は金なり」等という様に、移動のスピードを稼ぐことは、経済活動に結びつく、と考えられています。
我々バイク乗りは、バイクの機動性を生かしていけば、それを確実に実践できるのですが、時に速度規制が、もどかしく思うこともありますよね?。

しかし、そんな速度規制にも、意外なところで意味を感じることがあります。

たとえば、走行中、50km/hから40km/hに代ったら?・・・。
「スピードを落とせ」と示されているのは、そこが「少し危険な場所」と言ってくれている、とも考えられます。

また、20〜30km/h位の低速の道路は、大概、住宅街や商店街;学校が近い場所だったりと、いわゆる「やさしい運転」が求められるところだったりします。

キチッと速度を守ることの是非はともかく、標識を意識することから、その場に潜むリスク度合いが、ある程度予測することで、周辺への気遣いと共に、ライダー自身の安全も高めることが出来るかも知れません。

あ!、そうそう、ライダーの皆さん、ご自分の駐車場の周辺でも、やはり「控えめ速度でやさしく」ね!。

ページの先頭へ

ニューモデルラッシュ!

suzuki
2008年02月06日 13:23

モーターショーで発表されたニューモデルが、そろそろ発売されたり、雑誌で紹介されるようになって来ました。

とりわけ昨今は、ガス規制や騒音の問題から、大きな改革をされた新型車が登場することもあり、賑やかな限りです。
また、新機構オートマチックやABSの普及、スタイル面でも斬新なものなど、ワクワクドキドキな今日この頃です。

そんな真新しいバイクを買ったら、まずはしっかりした置場を確保したいものです。

まだ発売にになっていないバイク、カタログも無く、寸法などもまだ未発表ですが、コンテナボックスなどを使う駐車場の場合、そのバイクが入るかどうか?、はっきりと分かりません。

アイドゥの駐車場は、オープン形式。いままで大概の大型オートバイは許容してきましたので、恐らく、サイズの問題で、「入らなかった:置けなかった」ということは、まずありません。

ニューモデルたちの発売は春先がメインでしょうか?。冬の今の時期に、駐車場を早めに確保して、発売に備えてみませんか?。

ページの先頭へ

初心者さん 歓迎ですよ〜

suzuki
2008年01月07日 17:41

新しい年が参りました。 今年もアイドゥのパーキングをよろしくお願い致します。

さて、旧年中に免許を取った方、これから免許を取ろうと思っている方、「いよいよ今年はバイクを買うぞ!」と決心された方・・・。

どんなバイクを買おうか?、色々と選び悩んで、カタログや雑誌を見ている時の楽しさや・・・。
嗚呼、バイクビキナーだった時の頃を思い出します。(遠い目・・・)


そんなバイク ピカピカの一年生’の皆さん、愛車の置場で悩みが有ったら、アイドゥまで、是非ともお声をお掛けください。

アイドゥはセキュリティ面では最善を尽くしていますし、一台当たりの区画も広く、バイクを置くには最良な場所で、出入りも楽にできるよう、諸々に配慮してあります。
買ったばかりの大切な愛車を、「自宅に置けずにパーキングに預ける」のは、少し切ないかもしれませんが、家から離れた場所でも安心してバイクを置いて頂ける様、常に考えています。


また弊社は社長以下、営業スタッフは皆バイク好き。日頃からバイクに乗る者ばかり。バイクについての悩みや疑問が有れば、少しばかりは、お役に立てるかもしれません。

(あ、でも本題は、駐車場のご案内ですよ…。)

ページの先頭へ

サンタさんは来なかったけど…

suzuki
2007年12月26日 16:05

なんてね、もしバイク用品をオネダリできるなら…。


季節柄、ぬくもりが恋しい今日この頃。私スーとしては、「電熱で暖まるウェア」に興味津々です。

冬の時期はどうしても厚着になりますが、あまり着込むと、体が動かし難くなります。
バイクの場合、着込むと体が動かし難くなり、運転に支障がでる事も・・・。

体をウェアの内側から温めておくと、より気楽な格好で走れるようになり、疲れ具合も減るのでは?、と言う期待があります。

何より、ポカポカなのは、絶対的にウレシイです!!。

最近は、充電池タイプの電熱ウェアもあるようですが、これならバイクに配線加工をする必要もないので、より便利そうです。


それから、高速道路では、ETCを使ってみたい。

料金が割安になったり、待ち時間が減ったりとか、多くのメリットがあるETC。
それ以外でも、「財布を開けるためにグローブを外さなくて良い!」、と言うのも、寒い中では、大きなメリットと言えそうです。


その他にも、色々と…、ああ、誰か、お正月にお年玉くれないかな〜。

ページの先頭へ

寒さ 凍結注意

suzuki
2007年12月13日 17:29

いよいよ冬になりました。
バイクに乗るには辛い時期になりましたが、都内なら時間帯を選べば、暖かい日差しを受けながら走れる機会が、まだまだあると思います。

ライダーにとって、冬場の一番の大敵は、やはり寒さ:冷えでしょうかね?。長い時間、冷たい風に曝されていれば、体には堪えます。
ぜひとも、シッカリした防寒ウェアを揃えましょう。このブログのバックナンバーにも、防寒アイテムのことが載ってますよ!。

又、走り方にも工夫を!。ツーリングなら休憩にもひと工夫。屋根のある場所や屋内で休める場所を選べば、休憩中に体が必要以上に冷えることを、少しでも抑えることが出来ます。

また予定も考えて、なるべく早朝や夕刻は走らないようなプランを組むのも知恵です。


走行中、とりわけ気をつけたいのは、路面の状況です。陽が出ていて温かくても、日陰に水溜りや湿りなどがあれば、そこだけ凍結している可能性があります。
凍結があれば、二輪はヒトタマリもありません!。

一説では、気温がプラス3℃にまで下がると、路面は凍結する可能性があると言います。ゼロ℃ではありません。氷点下にならなくても、路面は凍結するそうです。
特に日掛げや、川の付近や橋の上など(水の近いところは気温も下がるよ)では、朝夕ならず、十分用心する必要があります。

ページの先頭へ

二輪車は基本的には不安定な乗り物。どんなベテランと言えど、一度か二度は、倒してしまったことがあると思います。
今回は恥を忍んで、私スーの最悪な、「バイク倒しちゃったお」経験を曝露します・・・。(^^ゞ

これはまだスーがアイドゥに入る前のお話です。

サーキット走行に誘われた時のこと。ミラーやライトを外す必要が有るので、借りたバンにバイクを積んで行くことにしました。
バンの後部ドアを開け、荷室に道板を掛けて、勢いをつけてバイクを押して積んだ、までは良かったが・・・。

積み込めたことで安心して油断してしまったせいか?、フッと力を抜いた途端、車の中で、バイクが「バタリ」と倒れてしまいました。

     「あらら、やっちまった・・・・。」  その瞬間は割と冷静だったものの・・・。

いざバイクを起こそうとしたら、狭い車の中では、しゃがんだり屈んだりが自由に出来ず、体に力が入りません…。

     「あちゃ〜!、お、起こせない!!。」  ど、どうしよう!?!?!。(・.・;)

慌てて電話で人を呼び出し、なんとか手を借りて起こすことが出来たものの、もし誰も来てくれない状況だったら、一人で
途方に暮れていたことでしょう…。

それが教訓になり、普段からも、あまりに狭い場所にバイクを駐車するのは、避けた方が無難だな、思うようになりました。


アイドゥの駐車場は、狭いコンテナボックスを使っていませんので、こんな気苦労や心配もあまり考えず、楽に使って頂けると思います。

あー、今はバイクを運搬するときは、非常に慎重にやってますよ。 オッホン!。

ページの先頭へ

ガソリン値上がり…

suzuki
2007年11月04日 12:18

上向き加減で一向に下がる気配を見せないガソリンの価格、困ったものです。

特に最近はハイオク仕様が前提のバイクも増えて来たし、走行コストは上がるばかり。
ここは何とか、ライダー自身で燃費を改善することを考えたいものです。いくつか例を考えてみましょう。


余計な空ぶかしをしないとか、暖気の時間を最短にするとかは、よく言われる基本的なこと。
その他にも、余計な荷物を極力減らして、重さによる負担を減らすとか…。

後は、バイクの基本的な整備も馬鹿にはできません。
タイヤの空気圧を適正にすることや、ブレーキやシャフト類をメンテして引き摺りを減らし、車輪がスムーズに回るようしたり。
後は駆動チェーンの手入れもして、バイクに掛っている抵抗を極力少なくする・・・。

って、とても地道な努力が必要ですね・・・・。

でも、燃費を意識することから、バイクの普段からの整備が整うなら、良いことではありませんか!?。

燃費向上は地球環境にも有効です。
この際、良い環境と、自分の安全や安心も、同時に手に入れてしまいましょう。

ページの先頭へ

タイヤの空気圧の話です

suzuki
2007年09月21日 11:00

アイドゥのパーキングを利用する方々は、ウィークデーはバイクに乗らず、週末だけ、休みの日だけ、走らせる、
と言う人も多いと伺っています。

周に一回程度の乗車率、乗る日が少ないとなると、意外と見落とすのが、タイヤの空気圧です。不思議な事
ですが、空気圧って、知らぬ間に変動しています。

パンクでなくても、チョッとづつ漏れていたり、気候の変動で空気の密度が変わったりする事で、タイヤの
空気圧は、常に微妙に変っているのですね。

タイヤの空気が足りないと、カーブで曲がり難く感じたりする事はおろか、パンクの危険性も増えてしまいます。
ひいては、思わぬトラブルに発展する事も・・・。

ツーリングに出かける朝、ガソリンとオイルの確認と共に、タイヤのチェックも実行しては如何でしょう?。
もし、圧が低ければ、給油と共に、空気も入れてやりましょう。
わたくしスーは、空気圧ゲージと足踏みポンプを買って、庭先に常駐させております。早朝でガソリンスタンドが
営業していなくても、タイヤのチェックはOKです!。空気を自分でチェックしながら、磨耗やひび割れなど、
タイヤ全般の確認も出来て、安心です。


おっと!、もし極端に空気が減っていたら、パンクか何かのトラブルも考えられます。そんなときは、出かけるのを
辞めて、バイク屋さんに相談してみましょう。

ページの先頭へ

本当は怖いバイク用ETCの話

ikeda
2007年04月10日 18:57

さあ、いい季節の到来で、みなさんもついつい遠出がしたくなる今日このごろではないでしょうか?私も忙しさの合間をぬってどこかに出かけたいと毎日うずうずしています。さて今回は施行されて間もないバイク用のETCの話。実はバイクに限らず、ETCはゲートでの追突事故が後たたない。最近はカードの期限切れでもバーを開けてしまうといううわさ(本当かも知れない?)まで流れるくらいに、長距離大型トラック等が猛スピードで走りいくゲートで停まること(やむを得ず停まってしまうことを含む)は命がけなのである。ましてや2輪がETCゲートで停止したら、命はないと思った方がいい。ETCゲートが近づくとゝヾ錣離椒織鵑魏,靴董∪楝海されているか1Kくらい前からチェックする。ボタンを押すと前回の利用料金のアナウンスが流れるのだ。(私の場合、自分で買ったミツビシ製のETC機器をバッテリーから直接つないでどのバイクに乗ってもタンクバックの上に設置するだけで利用できるようにしている。)速度を極端に落としてゲートに侵入する。後ろにトラックが迫っているときなどはなおさらである。以上2つのことを実践しているのだ。みなさんもETCゲートを通る時、十分着をつけて!もしかしたら自分でETCを取り付けたということの方に興味をもたれた方もいる?次回はその話をしましょう。

ページの先頭へ

バイクの騒音規制

ikeda
2007年01月09日 23:33

自動車の消音器(マフラー)に厳しい規制が入ります。
バイクのマフラーはノーマルマフラーと同一の構造で同一の位置に備えられているものしか認められなくなってしまいます。ほとんどノーマルマフラー以外は認められないことと同じです。ノーマルマフラーでも音量の基準値が超えていると違反となり取締りの対象になるそうです。まともに受け取るとノーマルマフラーでも昔のバイク(旧車)が走れなくなってしまいます。(Z2やマッハなど) 毎回、厳しいといううわさが流れますが実際には実態にそった取り締まりになるのがこれまででした。今回も実態にそったものになると思いますが、皆さん一応ノーマルマフラーは残しておきましょう。

ページの先頭へ

冬のツーリング

ikeda
2007年01月06日 19:20

皆さん、新年明けましておめでとうございます。外は寒いです。バイクなんてとんでもない! 温泉がサイコーとおっしゃる方も多いでしょうが、ちょっと待ってください。今は昔と違って、バイクウェアがいい!走り出そう!という気持ちさえもってスタートしてしまえば、とっても快適なツーリングができるんです。安物のぺらぺらウェアは今すぐお捨てください。ゴアテックス入りとまではいかなくても、ちゃんとした冬用のウェアの下に最近流行りの遠赤外線の下着とパンツの上にオーバーパンツ、ブーツで武装し、伊豆にでも行けば夏には見ることのできない澄んだ空気中にそびえ立つ富士山を拝むことができます。景色は冬の方が絶対いい。残念ながら東京からだと1日ツーリングでいける場所は道路の凍結等を考えると伊豆か千葉となりますが、私は伊豆スカがやっぱり好きです。もちろん、温泉は欠かせません。

ページの先頭へ

みなさんはツーリングで北海道に行かれたことはあるだろうか? 何を隠そう私は北海道ツーリングフリークで、毎年1回〜2回必ず行っている北海道大好きバイカーなんです。今年も走ってきましたよ。北海道のすばらしさはいろんな雑誌にも出ているので割愛します(できたらまたの機会にもご紹介します)が、これからでもとお考えの方にとりいそぎ2つのお薦めルートをご紹介します。1週間程度の休みが取れたなら、水戸⇔苫小牧のフェリーを利用すべし。陸ルートはどんなにバイク好きでも高速道路をひた走りに走って北海道についた時にはへとへとになるのが普通。ですからフェリー利用が一番。まずは初めての方には道東ルート。釧路、根室、知床、摩周湖や阿寒湖を入れたルートで観光ルートがお薦め。道東を既に制した貴方には、道北ルート旭川(ラーメン)、猿払(ホタテ)、稚内(かに)、利尻(うに)、留萌(えび)、小樽(すし)とグルメツーリング。もちろん、食材は必ず漁港近くの市場で買い、公園で食すというサバイバルで。10月初めまで十分走れるよー。

ページの先頭へ

道路交通法改正のその後

ikeda
2006年07月25日 20:48

いつもバイクや車で移動することすることが多い私ですが、6月1日からの第一週は快適でした。車の駐車違反取締り強化に対して警戒したドライバーが路上駐車をひかえたから、都心は日曜日かと思うくらいスイスイ走れました。路駐の車がないとバイクでもこんなに安全にしかも、快適に走れるのだと実感しました。移動時間短縮で、経済効果もかなり出ているとのこと。ほーらみろ! と言いたくなります。狭いところに遠慮しながら停めているバイクの駐車違反を声高に叫ぶまえにもっとやるべきことをやるべきだったのです。事故だって、道に路上駐車の車がなければきっと減っていると思いますよ。ただ、気になるのは法律を作らないと動けない当局がやっと法整備して乗り込んできたのに、もう最近は法律施行前の路駐の山に戻ってしまったこと。重点路線のみの対応になってしまって、みな安心して駐車違反をしているように思えます。バイクの事故を減らすためにもここは、当局に踏ん張っていただきたい。バイクだけを目の敵にしないでね。

ページの先頭へ

道路交通法の改定

ikeda
2006年06月21日 17:55

皆さんもテレビや新聞で聞き及びだと思いますが、今度の道路交通法の改定で一定の強化地区ではあるが、駐車違反の民間委託が始まった。先日、伊豆を走っていたら電光掲示板に6/1からはバイクも駐車違反を取り締まるぞ!と告知....なんで!こんなところで!とほんとうにびっくりした。問題なのは市街地のバイクの駐車場不足。伊豆や郊外の話ではない。バイク駐車場があったとしても車並みに料金が高かったり、ドアtoドアがバイクの利点なのに何分も歩かされたりといったケースも...  アイドゥのお客様のほとんどが週末レジャー型のバイクで中型の一部と大型がほとんどなので、セキュリテイやたちごけしないための大きなスペースが必要、毎日使用されないケースが多いので、少し離れた場所から原付、自転車、電車で取りに来られることが多い。いわゆる陸のヨット的なイメージでバイクを使用している層のためのパーキング。でも街中での買い物、通勤用となれば話しはまったく逆。バイクも原付、中型までの移動用となる。ドアtoドアでしかも、利用料が電車より高いとなれば、バイクの市場は電車に変化するだけ。街中に必要なバイク駐車場とレジャー用のバイク駐車場はまったく違うのにすべてのバイクをいっしょにした駐車場を考えてんじゃないの? というケースをたまにみかける。気楽に原付に乗って、新宿に買い物に行きたい! 民間ではなかなか難しいので、官の動きに期待しているのだが...

ページの先頭へ

盗難対策の神話

ikeda
2006年06月21日 17:30

バイクは盗まれる? 困ったことにこれまでの報告や皆様からの情報や雑誌等ですでに明らかにされている通り、100%盗難を防ぐ方法はないと言えます。AB〇SやKRYPTO〇〇〇〇のロックでもやはりプロの手にかかっては手間がかかる度合いは増えたとしても数分の間に破壊されてしまいますし、警備会社がやっているココ〇〇〇も電波をとどかさないジャミングの機器でやはりプロにはかないません。これらのロックや器具を扱うプロにとってBOXタイプも同じことです。皆さんに知っていただきたいのは、ここなら、この防犯器具なら大丈夫という神話はないという事実です。以外にもまだ、「このロックは切れない!」とか、「ココ・・・をつけていると盗られない」という神話を信じていて被害に遭っていらっしゃる方がいます。せっかくのお金をためて買った大切なバイクですから、知らなかった...という嘆きはできるだけない方がいい。うちも新車を置いているディーラーより考えられたセキュリティを導入していますが、これからも進歩しなければならないのは事実です。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!