スタッフブログ

ハイブリッドパワー

suzuki
2018年07月12日 19:00

ガソリンエンジンと電気モーター。
2つの動力を混合する、いわゆるハイブリッド車。

乗用車ではすっかり普及しているこの仕組みが、いよいよ国産二輪車にも採用されます。

海外では数例あった様ですが、国内メーカーは、私の知る限り初めてだったはず。
しかも今回、明確に「ハイブリッド」と銘打ったオートバイが、125ccクラスのスクーターであること。
これは注目すべき点です。

何しろ、多くの人が日常的に使う小型スクーター、しかも日本車。
必然的に、相当数の台数が販売され、愛用される車種がハイブリッドになる。
新機能を使いながら、まずは購入層が多いクラスに投入する事は、
価格面でも買いやすくなって販売ということ。
これは、いよいよメーカーが、モーター走行にも本腰を入れ始めている、という事でしょう。
もしかしたら、あっという間に、電気仕様のバイクが一気に増える可能性があります。

近い未来、バッテリーとモーターはさらに高性能になるでしょう。
エンジン動力と電動パワーを併用するハイブリッドは、いずれはスポーツバイクにも登場するのは確実です。
より強大なモーターに対応するために、バッテリーも進化し、大容量化するでしょう。

となると、恐らくは駐車中に充電しておく「プラグイン」という形態が一般化するかも?
屋外駐車どころか、個別収納・コンテナボックス型のような車庫では、走るための「充電」もままならない…。
「コンセントひとつない、充電できない駐輪場なんて論外!」
そんなことを言われる日が、予想外に早く来るのか?

アイドゥでは、既にコンセントを常備しています。
また、現在の12ボルトバッテリーの保全などは、出来て当然のことと考えます。
そもそも、入口のシャッターが電動なのだから、電気があるのは当たり前ですが…。

多分、ガソリンエンジンもまだまだ残ります。一方で電動バイクも、もう現実に近いのです。
アイドゥは、この先どんなバイクを停めていただくにも、さっと対応できると自負しております。

このエントリーのトラックバックURL
https://www.yes-i-do.co.jp/mt/###/634
###はmt-tb.cgiに変更してください。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!