スタッフブログ

タイヤのエアの管理 

suzuki
2019年02月22日 18:00

イメージ

バイクにとって、タイヤの空気圧管理は大切です。今回はエアのチェックについて書きます。


森下日本橋パーキングでは、エアコンプレッサーで、タイヤのチェックが出来るようにしています。
アイドゥは他の駐車場でも、ポンプや窒素ボンベなどを置いています。
物件によって違いますが、エアのツールを多数用意しています。

タイヤの空気圧は、そのバイク、あるいは装着しているタイヤによって、適正値があります。
大概は、取扱い説明書に記載されています。タンクやチェーンのカバーなどに貼ってありますよ。
バイクショップにアドバイスを受けて、相応しい空気圧の調整を教えてもらうのも手ですね。


ここでポイント【 いつ計測する? 】

答えは「タイヤが冷えている時(冷間時)」。即ち、走り出す前に測るべきなのです!
タイヤの適正な空気圧は、タイヤが熱を帯びていない時を基準にしています。
だから、ツーリング出発前の、タイヤが冷えている時を狙ってみるのが正解。
そう! 駐車場で測っておきたいのですね!

そして、出発したら、まずはゆっくり走って、徐々にタイヤを暖めるようにしてください。
いきなりハイペースで走行するのは禁物です。
先ずはゆっくり走る事で、エンジンやブレーキ、サスペンションなど、タイヤと共に調子が整ってきます。

もし、走り出してからハンドリングの異変を感じ、途中ガソリンスタンドで空気を測るなら、注意が要ります。
既に走った分、バイクが暖まったことで、やや高めの空気圧が表示されることがあるのです。
その時は、エアを抜かない方が無難です。


私どもアイドゥは、
ツーリングの「前日の夕方」までに、空気を調整しておく事をオススメします。

何故、前の日に?
それは、出発時間に急かされない分、他にもトラブルがないか、じっくり確認が出来るからです。


最近のハイグリップタイヤは、空気圧と表面温度に管理がシビアです。
高すぎる空気庄も乗り心地に影響しますが、低すぎはもっと危険。
愛車の「適切な空気圧」を把握してくださいね。

皆さまの愛車の事を考え、エアの装置を置いている、アイドゥの屋内ガレージです。

(なお、レーシングタイヤは別です。レース用は公道タイヤと様々な違いがありますので!)

このエントリーのトラックバックURL
https://www.yes-i-do.co.jp/mt/###/670
###はmt-tb.cgiに変更してください。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!