スタッフブログ

バッテリーの管理

suzuki
2012年07月20日 14:06

最近は密閉式のメンテナンスフリーのバッテリーが増えてます。
従来からの開放型と違い、液の補充が不要(いや出来ないと言うべきか?)で、扱いは楽になりました。

但し、メンテフリーの物は元々から入っている液の量が極めて少なく、気を付けないと、急激に電圧が低下することがある、と言う説もあるようです。

日頃から豆にバイクに乗ってあげれば、逐次バッテリーに十分な電圧が回ります。
でも短時間の走行、いわゆる「ちょい乗り」を繰り返すことも、セルスターターを使う頻度が増え、逆にバッテリーの電気を消費する可能性があります。

結局は、ウィークデーの駐車中に、トリクル型の充電器で常時バッテリーを充電しておくのが、基本であり得策と言えそうです。

この「普段からのバッテリーの充電」の問題、100v電源のコンセントが必須。
これについては、屋内型の月極バイク駐車場のアイドゥでは、全く問題ありません。
アイドゥでは、どのオートバイ駐輪場にも、自由に使って頂ける電源がございます。


もし仮に、屋外のパーキングにコンセントが在ったとしても…

雨天や悪天候があることを思うと、充電器を掛けっ放しにすることはナンセンスですね。


また、少し古い単車を愛用している場合、車種によっては、旧来からの開放型バッテリーを使う例もあるかもしれません。

バッテリー液は蒸留水を補充するそうですが、本体に在る中身は、割と濃度の有る硫酸との事。
扱いには念を入れて注意すべきです。
もしコンテナボックスなどにバイクを収納している場合、液漏れなどには特に用心した方が良さそうです。

尚、トリクル充電器は、バッテリーに負担を掛けることなく充電出来る、比較的弱い電圧を用いるそうです。
満充電されれば自動で送電を停めるとの事。安全面でも、節電の意味でも、安心して使えるようです。

このエントリーのトラックバックURL
https://www.yes-i-do.co.jp/mt/###/281
###はmt-tb.cgiに変更してください。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!