スタッフブログ

名刀復活

suzuki
2018年12月14日 19:00

80年代初頭に登場し、2000年代まで生産販売された、空冷4気筒の国産バイク。
総排気量1100ccを誇り、当時「世界最速」ともいわれた名車があります。
斬新なスタイルで、日本刀をイメージさせる外見でありながら、
ライダーの高速走行に適した乗車姿勢を保持できる。
新しい考え方を備えたそのオートバイは、「刃」の文字を模した車名マークが与えられました。

このバイクの新しいモデルが、今年発表され、話題になっています。
原題であるスポーツバイクの様相を残しつつ、当時の名前を再び世界へ知らしめました。

今回の水冷エンジンですが、四気筒は踏襲。
低く垂れていたハンドルは、アップライトな姿勢となるようなバーハンドルに。
当時と今の性能や道路環境による造りの違いはあれど、
全体的には、あの「刃」に倣ったバイクのイメージを持っています。
勿論、名前も引き継がれました。

ライバルメーカーも「忍びの者」のイメージを通したシリーズを、長く販売しています。
この二大ブランドは、漢字を使った車名と共に、日本のオートバイの「らしさ」を表現した、
実に「日本人に刺さるバイク」たち。そんな風に思うのです。


アイドゥのバイク駐車場は、外車のツアラーも許容する区画サイズの屋内自走型ガレージ。
ですが、実は国産のオートバイに乗る方にも、多く支持をいただいております。

直列四気筒のエンジンを搭載したバイクを生産しているのは今、実は日本とドイツだけです。
しかも小さい400ccクラスでさえ、もはや高価な贅沢品になりつつあります。
750ccクラスともなると、スポーツモデルとはいえ、それ相応の大きさ重さになります。
意外と重量マスがある直列四気筒エンジン。取り回しが楽な駐輪施設を使うのがベターですね。

このエントリーのトラックバックURL
https://www.yes-i-do.co.jp/mt/###/656
###はmt-tb.cgiに変更してください。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • 駐車場の下見 無料お申込みはこちら
  • 駐車場の空き待ち 無料お申込みはこちら
  • 駐車場 開設リクエスト ご要望をお聞かせ下さい
  • お電話での問い合わせ 03-5312-1799
  • 特集 プロが教えるバイク盗難対策
  • 特集 プロが教えるバイク地震対策
  • 特集 大型バイクオーナーのよくある悩みとは
  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!