スタッフブログ

バイク盗難 どう備える?

suzuki
2017年11月23日 15:00

大型オートバイの盗難の話題は、最近は多少減っているようです。
しかし全く無くなったわけではありません。
なぜか不思議と、定期的にニュースなどで報道されるものです。

これは結局、個人や少人数でやっているのではなく、組織だった計画的な犯行が多いからです。
一件でも事例が発覚すると、窃盗団という様相の一派が絡んでいることが判明。
他にも多数の余罪があり、それらが一気に浮かび上がり、大人数が検挙される、という図式です。

「街で見掛けたバイクに興味を持って、ハンドルロックもなく、そのまま乗り去って行く」
そんな偶発的な事例もある事でしょう。

でも実際は、高価な二輪車を所有する人は、日頃の駐車時の防犯対策にも気を使っているのが事実。
そのようなライダーさんたちは、基本的に、屋内型のガレージを活用しているはず。
そして車庫自体にも、バイクの方にも、それ相当のロックの仕組みを入れていることでしょう。

対してプロ化した窃盗団は、それを見越した、様々な手段を用いて来ます。
事前に周到に計画し、下見なども含めて、どんな道具と手段を使えばロックを壊せるか? と考えます。
鍵を簡単に解除する手段、堅いロックを壊す道具の検証、車体を運搬する車は何が良い?
など、まるで、ライダーと盗人との「知恵比べ」といった形です。

となれば、駐車場を運営する弊社でも、対策はさらに一歩先を常に考えなければなりません。
むしろ、窃盗団に「このパーキングには関わらないようにしよう」と思わせたいのです!

弊社でコンテナタイプの車庫を使わないのも、その手段の一つです。

地面の基礎から作って建てられた小さなガレージならともかく、
完成した箱を空き地に置いただけのタイプなら、地面との接点のアンカーを切れば、まるごと運べます。
オートバイが入ったまま、クレーンで釣り上げて持って行く例もあり得ます。

だから、場内に停める方法を取るのが大前提です。
そのうえで、様々な仕組みを取り入れて、セキュリティを構築するのです。
勿論、場内に立ち入ることが出来る人は限定されます。
ご契約いただいたお客様と、私たちスタッフ、そして緊急時に出動する警備員です。

実は、ここが意外と盲点。

稀に、乗用車向けのパーキングと併設された駐輪施設が存在します。
時間貸しなのか? 月極なのかは? それは別にして…、
このスタイルの場合は、誰でも敷地内に立ち入れる様になっていることが多いです。

先に記述ように、窃盗団は犯行前の「下見」を怠りません。
車を停めに来たフリをして、バイクやライダーさんたちの出入りの様子をチェックすることも考えられます。

そして大切な事として、万が一の盗難の保証が付随するバイク駐車場であること。
これは前回のブログでも記した通りです。

駐車場選びで迷った時は、屋内・バイクのみしか入れない・警備が確実=補償体制あり!
この項目で選定してみてください。

(尚、万が一の盗難の際の補償額は、保険による査定金額により左右されます)

このエントリーのトラックバックURL
https://www.yes-i-do.co.jp/mt/###/600
###はmt-tb.cgiに変更してください。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • 駐車場の下見 無料お申込みはこちら
  • 駐車場の空き待ち 無料お申込みはこちら
  • 駐車場 開設リクエスト ご要望をお聞かせ下さい
  • お電話での問い合わせ 03-5312-1799
  • 特集 プロが教えるバイク盗難対策
  • 特集 プロが教えるバイク地震対策
  • 特集 大型バイクオーナーのよくある悩みとは
  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!