スタッフブログ

起伏

suzuki
2018年06月21日 19:00

品川〜目黒、そして世田谷方面へ…。

バイク駐車場の巡回で、不動前駅付近〜祐天寺方面へ向かうのは、定番のコースです。
この際、裏の抜け道を使って行くこともありますが、これがちょっとした冒険気分。
少しでも信号のある道を避けて行こうとすると、急勾配の細い坂道に遭遇します。

急な坂を上って下って、そして小さく曲がり込んだカーブを抜けて、という状況です。
道幅も狭く、見通しにも気を使い、下り坂では徐行と減速ブレーキ…。
でも、上り坂ではアクセルを開けないと登ってくれない…。
住宅地でもあり、歩行者の行き来にも気を配る…。

このような場面では、ツーリング中に峠道を走る時とは、また違うスキルが問われます。
市街地の、人の行き来の多い所では、特に「安全」を優先すべき場面です。

今は梅雨の時期でもあり、雨天の走行になることもあります。
走るバイクの起こす水撥ねで、周りの人に迷惑をかけない運転が必要な季節です。
特にカスタマイズで、リアフェンダーを短くしたり外したりという改造をしているオートバイ。
スタイリッシュなバイクに仕立てたら、乗り方もスマートにスタイリッシュに! が基本ですね。

フェンダーといえば、フロントフェンダー。
こちらは、外した場合は車検で審査対象になることがあるので注意してください。
また、バイクによっては、エンジンへ走行風を当てるために必要な形状になっている例もあります。
前輪の泥除けを外したために、エンジンやラジエターの冷えが悪くなって
オーバーヒート気味になる事もあり得ます。

道路には、地面の勾配から生まれる起伏があります。
そしてバイクでのフェンダーなどについた起伏は、デザイン的な面の他に、
冷却や安定性など、意味のある形になっているのです。

フェンダーに限らず、車体や部品の形状には、意外な理由が隠されていることがあります。
改造やカスタマイズでは、交換するパーツの形や質などを、今一度しっかり検証してみると良いでしょう。

ページの先頭へ

進化する電子技術

suzuki
2018年06月13日 17:00

先日の夜、とある報道系のテレビ番組を見ていた時の事です。

欧州の自動車パーツメーカーが、昨年の決算報告と共に、新技術のデモンストレーションを見せていました。
主に電気・電子系の分野で強みを発揮するこの会社も、実は日本国内にも開発拠点を持っているとの事。

そして今回、日本の報道陣に、バイク用の緊急自動ブレーキを取り付ける事ができるようになると発表しました。
四輪車では普及しつつある「自動緊急ブレーキ」が、オートバイにも適応できるようなるそうです。

デモンストレーションでは、乗用車の後方をバイクが追走し、実践。
乗用車の減速にあわせて、メーターに警告表示が出るようになっていました。

バイクにABSがある時代ですし、大型クルーザーなどはオートアクセルの自動巡行も実現済み。
技術を統合して発展させれば、二輪車に自動ブレーキが入ることも、近い未来可能になるでしょう。

但し、バイクは基本、ライダーの感性で操り楽しむもの。
安全に対しても、テクノロジーに頼り切るのではなく、乗り手が意識を持って走ることが、一番重要です。

様々な電子設備が取り入れられる最近の二輪車。
日頃停めておく場所も、屋内の良好な環境が必須になりそうです。

ページの先頭へ

視界の確保

suzuki
2018年06月07日 17:00

梅雨が近くなってきました。
ライダーにとっては憂鬱ではありますが、致し方ないところです。

雨天走行となる場合もあり得ますが、やはり視界の確保は大切です。

ヘルメットのシールドを綺麗に洗い、撥水コートや曇り止めなどの処置をしましょう。
最近は良いケミカルも多数ありますから、うまく活用すべきです!
なお、使い込んで傷が増えたシールドは、思い切って新調してもいいでしょう。
夜間、水滴と共に光の反射が重なると、運転しにくくなるもの。
十分に注意するとともに、交換できる部分は可能な限り新品を使うのが、結局は一番安心です。

バックミラーも、汚れは綺麗に除去しておきましょう。

ライトだって、綺麗にした方が良いのは当たり前。
明るいとされるHIDランプ。切れないと言われているLEDのウィンカー。
これも表面が汚れていたら、何の意味もありません。

ちょっとしたことですが、ウエス1枚あれば、駐車場内で簡単にできる事です。

電気照明の下で、バイクの様子がはっきりと確認できるのは、屋内型駐車場の利点の1つ。

暗いコンテナボックスの中では見逃してしまうことに気が付きますし、すぐ対応できるのです。

ページの先頭へ

オートバイ月極駐車場 空き状況

suzuki
2018年05月31日 17:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木・西新宿(渋谷区内も、もちろん屋内型駐輪施設です!)

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(大型バイク対応・警備万全・保証制度あり!)
 蒲田 (駅付近・今のうちに!)

■JR中央線沿い
 三鷹市内(TELにて)
 高円寺駅徒歩圏内
 荻窪付近(杉並区内の駐車場は今後混み合うことが予想されます)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋駅徒歩圏内

■京王線沿い
 初台駅(京王新線)
 布田(満車近し)
 柴崎・つつじヶ丘
 三鷹台(井の頭線)

■東急電鉄沿い 
 不動前(良い区画が出ています)
 祐天寺(中目黒地区)
 池尻大橋(三宿・満車間近)

■京急線沿い
 京急蒲田沿〜雑色(問い合わせ多し)
 戸部(西横浜)
 大鳥居や糀谷の方、弊社の雑色地区(六郷)の駐車場をご検討ください! 
 盗難補償ありの屋内型パーキングです!

■東京メトロ線沿い
 後楽園・小石川(白山通り東京ドーム・都営線乗入れ)
 葛西〜浦安(東西線)
 江戸川橋駅付近(池袋まで直通路線あり)
 荻窪(丸の内線・東西線)
 根津駅近くにも屋内駐輪場があります(千代田線)
 西船橋(TELにて)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線メトロ乗入れ)
 馬込駅徒歩圏内
 
■西武近辺
 井荻(杉並区内の駐車場は今後混み合うことが予想されます)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

その他、江東区(菊川・小松川)・日本橋地区に屋内バイク駐車場があります。
文京区内2か所、駒沢公園周辺の駐車場も人気です!


アイドゥは全て屋内保管、セキュリティ強し!

気になる駐車場がございましたら、お電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!

◆空き待ち制度のご案内◆
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
 追加手数料等は一切かかりません。

ページの先頭へ

気候の変動

suzuki
2018年05月23日 17:00

急に襲い来る猛烈な暑さ、そして雨や風。
この五月の前半、首都圏は、非常に不安定な気候となりました。
体調管理も難しい時期ですが、オートバイの状態も、しっかり確認しておきたいものです。

例えば、気温差によるタイヤの空気圧の変動。走り出す前に、測定してみて下さい。

その他、普段停めている場所によって、幾つか気になる点があるので、挙げてみます。

]天(路上など、表に駐車している方)
雨に備えて、車体カバーを使っていることが多いと思います。
カバーは外側から掛かる水滴をある程度防げますが、万全とは言い切れません。
内側の湿気による車体の負担も、考えておく必要があります。
カバーを定期的に拭きあげて干す、なんてことも必要です。
時には裏返して、内側の埃や汚れも払っておくといいでしょう(ちょっと面倒ですが)。
予備のカバーを用意しておいて、ひどく濡れた時は交換して使う手もアリです。
なお、走行直後の、エンジンやマフラーの熱いうちにカバーを掛けるのは、避けたいもの。

▲灰鵐謄淵椒奪スなど、狭い箱での保管
これは意外な盲点で、陽の当たる日中は、ボックス内の気温の上昇が厄介です。
夕方になって仕事を終え外に出て、「今は涼しいから平気だ」と油断なきよう…。
特に夏にかけては、箱の中の温度が、日光により箱全体が焼かれて、とても高くなります。
高温によるガソリンの気化は特に注意! 場合によっては、オーバーフローで床が揺れるほどです。
(特に旧来からのキャブレター車は注意です)
出来れば、1日に1度は、扉を開けて換気しておきたいですね(これもちょっと面倒だけど)。
高熱は塗装にも、ゴムパーツやプラスチック部品にも、いい影響はありません。

2案盒〕僉自走式
キー付きのシャッターや防犯設備もあり、バイクの車庫としては理想です。
しかし、全てのガレージが、バイクの保存に強い、とは限りません。

駐車場では、お隣の区画との隙間スペースが十分にあるか?、が大切です。

よく考えてみて下さい。走行直後の熱いエンジンやマフラーが、自分のバイクのすぐ横に来たら…。

アイドゥでは、大型オートバイの収納や出し入れを配慮した幅を持たせて、駐車区画を作っています。
しかし残念ながら業界には、収容台数を増やすがために区画を極端に狭くしている例もあります。

「取り回しがきついけど、まぁ妥協しよう」という感覚で、車庫を決めない事です。
バイク駐車の際に、押し歩きにすら苦労する駐輪施設は、すなわち、隣との幅がない、ということ。
余裕が少ないというより、「足りない」と言ってもいいでしょう。

あまりに詰め込んでいると感じたり、妙に収容台数が多すぎる印象だったり…。
「ガレージ」と称しながら、こんな風に「停めにくい」という感触を覚えたら、
その駐車場は避けておいた方が無難です。
そのようなところは、利便性でも、熱の面でも、オートバイに相応しくありません。

参考になれば幸いです。

ページの先頭へ

もっと見る

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!