スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

薄いもの一枚が醸し出す情緒

suzuki
2017年04月12日 17:00

イメージ

前回は、薄手の一枚がライダーの体調を整えてくれる、という話題でした。
今回は、気持ちの面のお話です。


桜の花びら、一枚、また一枚…。
ちらちらと舞う花びら。そして、路面をまばらに、白やピンクに…。


桜の咲く時間は短いものです。

枝を鮮やかに飾る様子を見るのは楽しいもの。
しかし、花びらが舞う様相もまた素敵。
そして散った後は、道路の端を鮮やかに整えてくれます。

こんな風に、桜は意外と長い時間、様々な形で、私たちを楽しませてくれます。


首都圏でバイク駐車場を運営する私たちも、そんな桜を堪能しています。

例えば都内では、山手通りを走っての、駐車場巡回ルート。
初台方面から、祐天寺〜目黒不動地区のパーキングをめぐる…。
その途中、西五反田付近で、少しだけ寄り道。
「かむろ坂」の桜並木を眺めて行くのが、毎年春の、ちょっとした習慣になっています。

束の間ではありますが、「咲く・散る・舞う」を堪能。
そして、馬込〜六郷地区のバイク駐車場へと、業務ルートは続きます。

桜の薄い花びら一枚が、ライダーの心を豊かにしてくれる春です。

ページの先頭へ

薄いもの一枚 その大切さ

suzuki
2017年04月05日 14:00

厚手のウィンタージャケットや、冬用のグローブ。
そんな、冬を乗り切るためのスタイルから、春を意識したウェアに!
軽やかな装いと共に、バイクで出かけることが出来る季節の到来です!

しかし、朝方や夕刻にかけては、まだ寒さを感じることも。
都内では桜が咲く時期ですが、ツーリング先では要注意。
とっさの防寒対策は大切です。

日が暮れてからの高速走行で、思ったより冷えたことはありませんか?

薄手のオーバーパンツなどは、常に持って行くと心強いものです。
時にはレインウェアの下を履く、というのも有効です。


使い捨てのホットカイロも、もう春には不要か?

いや、あれも咄嗟の時は有効です!
季節商品ですし、徐々に手に入りにくくなります。
冬に買って余った物は、もう少しの間、捨てないでおきましょう。
薄手のカイロをハンドルのグリップには張り付けると、
これが素晴らしい位な、「グリップヒーター」になります(^^♪

近年はオートバイク用のウェアも進化してきました。
ジャケット自体が防水性に長けたものもある時代。
「もう雨具を持たない」
そんなライダーさんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな装備を、常にしているとは限りません。


ちょっとバイクの調子を確認するか?
そんなつもりで、軽装で走っているうちに、意外に遠くに来ていた。

こういう経験、私自身もしております。
そして帰り道で風を食らう、というのも、経験済みです。


つまり春先こそ、そして日頃の街乗りの時にこそ、
春なりに防寒を考えなければならないのです。

駐車中の愛車の傍らに、薄手のものを常備して、春をお過ごしください。

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2017年03月30日 17:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木・西新宿
 渋谷地域(希少)

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 吉祥寺〜三鷹付近(TELにて)
 荻窪〜井荻

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(江戸川橋周辺)

■小田急線沿い
 参宮橋
 千歳船橋付近

■京王線沿い
 初台(駅徒歩圏内)
 桜上水周辺
 柴崎〜布田
 つつじヶ丘
(調布市内にて屋内型パーキングをご用意しております)

■東急電鉄沿い
 不動前(駅徒歩圏内!)
 祐天寺(今後は混み合うことが予想されます)
 
■京急・京急蒲田沿い
 雑色〜六郷地区 電動シャッターシャッター完備!  

■東京メトロ沿線沿い
 後楽園(東京ドーム・小石川)
 三ノ輪 <<好評!>>
 浅草近隣
 葛西地区〜浦安周辺
 江戸川橋
 神楽坂 <<新宿区内でも屋内型駐車場!>>

■都営線沿線近辺
 春日・小石川(三田線・大江戸線)
 浅草近隣
 馬込駅付近 セキュリティ万全!
 牛込神楽坂〜柳町 
 
■西武近辺
 井荻付近(TELにて)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■他に…
 小松川近隣
 三宿付近
 
 横浜市市内のバイク駐車場も、もちろん屋内保管。
 文京区は江戸川橋及び小石川地区。こちらもセキュリティ強し!

気になる駐車場がございましたら、お電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!


◆空き待ち制度のご案内◆
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
 (追加手数料等は一切かかりません)


お問い合わせは 03-5312-1799 へ!

ページの先頭へ

春の芽生え

suzuki
2017年03月22日 14:00

暖かい季節の訪れもまもなく!

「オートバイに乗ろう」という気持ちになる方が多いと思います。

免許を取ったばかりの人には、特に春は嬉しく、待ち遠しいことでしょう。
それはきっと、バイクに乗りなれたライダーさんも、同じ心境だと思います!

この時期はまた、子供たちにとって、心がウキウキするタイミング。
春休みを過ぎたら、小学校に入学するのなら、ときめきは尚更でしょう!

これまで保護者と共に出歩いていた子供たち。
通学が始まったら、一人で行動する機会が増えてきます。
一人歩きに不慣れで、不意に道路に飛び出してしまうこともあるかもしれません。

どうぞ、お子様の近くを通る際は、「優しいライダー」で居て下さい。

私たちアイドゥのスタッフが、まずは模範運転をしたいと思っています。

例えば、祐天寺の駐車場から目黒不動の方面へ向かう巡回ルート。
坂道も多く、入り組んだ一方通行等では、注意は一層大切。

また、調布市内のバイク駐輪場へのコース。
国道20号線から一本裏の路地に入ったときなども要注意。
速度を感覚で測らず、メーターを見て確実に認識して走ります。

もちろん、安全意識は四季を通じて、どんな場所でも持つべきものです。

学校有り・幼児施設有り、等の標識は黄色なので目立ちます。
これは「注意を促す」という意味から採用されるカラーだそうです。

ちなみに余談。
赤い標識は禁則や制限的の事項、
青いものは「状況が良ければ許される内容」と区分けできるそうです。
そんな話を子供たちに語ると、ちょっと尊敬されるかも?

話題を戻すと、「学校は学びの場」ということ。
通学の途中の子供たちに、良い運転とは何か?
を常に示せるライダーで居たいものですね。

ページの先頭へ

春近し! バイクの季節へ!

suzuki
2017年03月17日 15:00

三月も半ばを過ぎました。
朝晩の冷えも徐々に和らぎ、陽も長くなって来たこの頃です。

   オートバイに乗りたい!

そんな衝動が、心に芽生えて来ませんか?


寒い時期に、愛車と戯れるのにも戸惑うほどの寒さも一段落。
これからは、乗り回す時間が必ず増える事でしょう。


アイドゥの月極二輪駐車場に停めていたバイクは、恐らく快調に走ることができます。
屋内型パーキングの利点は、語り尽くせないくらいに沢山あるものです。

コンセントから電源を取って、常にフル充電されているバッテリー。

外気に触れないことで、極端に冷やさずに済んだエンジンと、内部のオイル。

暖かさに誘われてツーリングに出る朝。
このとき、きっとエンジンの目覚めが、予想以上に軽やかなことでしょう!
冷えによる摺動部品の動きの悪さも、最小限で済んでいるはず。

露天に停めていたり、周囲が吹きさらしの状態は?
電源が取れずに充電ができないコンテナボックスでは?
室内パーキングの利点は盗難防止のみならず!
オートバイを停める上で、車両に生じるメリットが多いことが明白です。


この点は、初めて二輪車に乗る、という方には、特にお伝えしておきたいことです。
やがて一年もたたずに、また冬は来てしまいます。

「この冷たい季節をどう過ごすのか?」

やや大げさですが、それで、オートバイの味わいが、変わってしまうのです。

人間だって、寒い時は、気持ちも体も冴えないものです。
それは、バイクも同じこと。

冬場、丁寧に調子を保っておけたバイクは、どんな季節に乗っても、快適なのです。

もちろん、バイクには必要な整備を施しておくのが大前提。
ならば、良好な環境に置いているバイクは?
そう、更に素晴らしいコンディションを維持できますよね!


しかしながら…。
幾ら調子の良いバイクでも、走り出しの最初の時間帯は、用心してください。
タイヤの暖まりや、ブレーキの具合の確認は、やはり重要。

最初はゆっくり走り、エンジンと共に、タイヤやチェーンなどを馴染ませる。
安全には十分気を付けて、素敵なバイクライフを、アイドゥと共に!


おっと! 大切なお知らせを忘れそうだった!

季節の良さと共に、バイクに乗る人が増える時期です。
パーキングのお問合せも、毎年春は多くなります。
良い区画をご希望の方は、どうぞお早めに!

ページの先頭へ

飾っておきたい 見ていたい

suzuki
2017年03月08日 17:00

三月も早くも一週間が過ぎました。

女の子のお子様がいるご家庭では、ひな人形を出して飾って…、
そして既に片付けた、という時期でしょうか?

かわいらしいお人形さん、いつまでも眺めていたいもの。
また来年、愛らしい姿を楽しめますように…。


さて、出して片付けて、といえば、ツーリングに出かける時も同じ。

オートバイを、駐車場から出してスタート。
帰ってきたら、また駐車場へ戻す、の繰り返しです。
もしバイクをお仕事の手段にも使っているのなら、出庫・入庫は毎日のことです。

パーキング施設の選定の際、取り回しのしやすさにも気を付けてください。
出入り口が広く、通路幅に余裕があると、この毎日の入出庫が苦になりません。
アイドゥでは、全てのバイク用パーキングが屋内自走式です。
当然、入出庫は楽にできます。


更に、停めたオートバイを眺めて楽しむことも可能です。

箱型の個別収納の場合、どうしても「乗らないバイクを収納する」、そんな感じに囚われます。
屋内タイプの車庫なら、停める機能の他に

  「飾っておく」という印象を持てるのです。

今日は乗らないけど、駐輪場に行って、愛車を眺めてくる、というのもアリです。

そして、きらびやかなメッキパーツを磨いたり、
次の走行に備えて、カウルのスクリーンなどを綺麗にしたり、
そんな嗜み方も可能です。

ただし、「格好いい愛車を長く眺めて、家に帰るのが遅くなった…」
なんてことは、自己責任でお願いします。

また、施設に統括的に高度なセキュリティを施していることも重要。
盗難対策の為のセンサーシステムや防犯カメラなどが有効に機能しています。

この点、女性の方の駐車場利用にも、安心していただけるはずです。

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2017年03月01日 14:20

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木(残りわずか)

■JR東海道線沿い・京浜東北線
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 吉祥寺〜三鷹付近(TELにて)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷(江戸川橋周辺)

■小田急線沿い
 参宮橋(駅徒歩圏内)

■京王線沿い
 初台(西新宿)
 桜上水周辺
 柴崎〜布田 つつじヶ丘
(調布市内にて屋内型パーキングをご用意しております)

■東急電鉄沿い
 不動前(大好評!)
 祐天寺・中目黒近隣
 池尻大橋〜三宿付近

■京急・京急蒲田沿い
 雑色(六郷地区随一の高セキュリティ)

■東京メトロ沿線沿い
 後楽園(東京ドーム)
 三ノ輪 <<いよいよ残りわずか!>>
 浅草近隣
 葛西地区
 江戸川橋
 神楽坂 <<いよいよ残りわずか!>>

■都営線沿線近辺
 春日・小石川(三田線・大江戸線)
 浅草近隣
 馬込(大田区内で髄一の盗難対策付駐車場です!)
 牛込神楽坂〜柳町 
 
■西武近辺
 下井草〜井荻付近(TELにて)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■他に…
 小松川近隣
 高円寺駅徒歩圏内
 
 横浜市市内のバイク駐車場も、高セキュリティ完備です。
 文京区は江戸川橋及び小石川。もちろん屋内保管!

気になる駐車場がございましたら、お電話やメールなど、お気軽にお尋ねください。
その時点での最新情報をお知らせいたします!


◆空き待ち制度のご案内◆
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内いたします。
 (追加手数料等は一切かかりません)


お問い合わせは 03-5312-1799 へ!

ページの先頭へ

インフルエンザにご注意!

suzuki
2017年02月23日 20:00

まだ少しの間、冬が続きます。
寒暖差があり、空気の乾燥も強い時期です。
体調管理が難しい、厄介な日々が長引きます。


こんな時期、インフルエンザには要注意です!

症状が、寒気や軽い発熱、咳というような、風邪と似ています。
なので、最初は掛かっていることに気づかず、という例も多いのです。
どうか油断なく、少しでも体に異変を感じたら、早めに対処してください。

日中の暖かさに誘われて、オートバイで出かけた。
でも、夕刻の帰路で意外と冷えて、体調を崩した…。
そんなことのないように、防寒などは万全にして出かけましょう!


一旦発症すると、数日間は、外出を控えることになってしまいます。
当然、その間の症状は非常に辛いもの。
そう、言うまでもなく、掛からない方が良いに決まっています。

ライダーも人間です。
インフルエンザ以外でも、体調を悪くしてしまうことがあるものです

そのあいだ、
「外に止めている愛車が、ちょっと心配。
イタズラや盗難などが気になって、オチオチ休んでいられない!」
屋内駐車で、しっかりとしたセキュリティがあれば…。

アイドゥの駐車場なら、余計な心配なく体調回復に専念できるはずです。

皆様、体調には十分お気をつけください。
走りやすい暖かい春も、もうすぐやってきます!

ページの先頭へ

乗り換えと駐車場

suzuki
2017年02月15日 14:00

モトGP・ロードレース世界選手権2017シーズン。
本線の開幕はちょっと先ですが、既にテスト走行会が始まっています。
(ご参考 http://www.motogp.com/ja/ )

今季、最高峰クラスにおいては、多数のライダーのチーム移籍が話題になっていますね!
長年親しんだチームを離れて、新天地へ移った選手…、
デビューイヤーからの契約を更新せず、早々に他のチームに行った若手…、
或いは、今年度から初参戦するメーカー即ち、レース実践の経験の無いオートバイを選んだ者…、
みんなそれぞれ、思惑や目的は様々でしょうが、新しい挑戦への勇気は、称賛すべきことです。

一方、チーム・メーカーを変えず、これまでの体制で参戦するライダーもいます。
彼らとて、経験や実績に甘んじていては勝てません。
常に新しい一手を仕組んで、競争力を磨き上げていくことでしょう!

さて、プロのレーシングライダーは、バイクのメーカーや、
メーカーと関連するチームとの、「契約」があります。
自分が乗るオートバイは、契約期間においては、勝手に乗り換えることはできません。

仮に、今乗っているバイクが、
「何となく自分のフィーリングと合わないな?」と思っても、
契約期間を満了するまでは、他車は選べず、そのバイクに乗り続けなければなりません。
まぁ、そこはプロ。
ウマの合わない相手でも、乗り方や調整・改造などを施して、上手に走らせいくのですが…。


対して、私達一般ライダーは、予算などはありますが、乗り換えは自由です。
愛着ある大切な一台に拘りつつも、気になる他メーカーの新車にも、目移りがあって然り。
「乗り換えちゃおうかな?」となることも、多々ありますよね?

そして「やっぱり前の方が良かったなあ?」と思えば。もう一度同じバイクを買うことも自由。
場合によっては、今乗っているのに加えて、もう一台買う! なんて人もいらっしゃいます。


むしろ、一般ライダーが乗り換えで気にすべきは、駐車場の問題です。

乗り換えたのはいいけれど、サイズが意外と違っていて、これまでの場所に収まらなくなった…、
ということの方が心配です。
置けるには置けるけど、重量や装備が増えたので、出し入れに苦労が生じる、という例も考えられます。


アイドゥのバイク用パーキングは、基本的に大型ツアラータイプを想定して作ってあります。
大概のオートバイは収まりますし、慣れてしまえば、取り回しも最小限の負担でできるはず。

バイクを替えたらそれに合わせて、別の駐輪場を借りなおさなければならない?
そんなことが無いように、最初の駐車場の「契約」は大事ですよ!

ページの先頭へ

feel the wind!

suzuki
2017年02月08日 14:00

イメージ

  風を感じて…
  オートバイは常に、風を受けて、颯爽と走る。

バイクと共に、自然の風合いに身を染めながら移動する。
そこに魅力を感じるという方が多いと思います。

しかし、時に起こる強風は、あまり気持ちのよいものではありません。
それは走行中も、停めている時も同様です。

過日、やや強い風が首都圏を吹き荒れた朝の事…。
通り掛かった街角で、バイク用の車体カバーが落ちていたのを見掛けました。
主(バイク)と逸れて、しょんぼりとたたずむカバーの姿は、ちょっと涙を誘います。

その近くには、車体を外に晒した状態のオートバイがあるのか?

日頃、おもてに愛車を停めている方も多いと思います。
「露天」という環境を配慮すれば、厚手で丈夫なカバーを使いたいもの。
そうなると、高価なカバーを選ぶことでしょう。

カバーひとつでも、紛失すると出費も馬鹿になりません。
備え付けの紐やロック以外にも、ゴムロープ等で巻き付けておくとよいでしょう。
これは、悪天候対策だけでなく、 盗難対策にも繋がります。

簡単にペラペラとカバーが捲れると、容易に車種の特定などされてしまいます。
「どんなバイクがどこに停まっている」という事が、プロの窃盗団に覚られない。
これは、露天駐車の盗難対策の基本です。

ともあれ、風を受けていて気持ち良いのは、走行中だけのこと。
駐車中に、大切なオートバイを風に晒すのは、出来れば避けたいものです。
次に出掛ける時に、良いコンディションで走る為にも、屋根付き・屋内にバイクを入れましょう。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!