スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年10月01日 14:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
更に詳しい最新情報は、担当者からの折返しの連絡にご期待ください!
(更新後に決まってしまった区画もあります。最新の情報を返信致します)


■JR山手線沿い
 代々木
 渋谷(TELにて)
 上野駅徒歩圏内

■JR東海道線沿い
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 高円寺(残りわずか件)
 吉祥寺〜三鷹付近(稀少)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷、神楽坂近隣含め(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(駅徒歩圏内)
 豪徳寺(お急ぎください)

■京王線沿い
 初台(駅徒歩圏内))
 桜上水周辺
 柴崎〜つつじヶ丘、布田〜国領
  調布市内のバイク駐車場にて、今だけのお得な契約プラン有り!
  (諸条件などあり。お気軽にお尋ねください)

■東急電鉄沿い
 不動前(TELにて)
 祐天寺・中目黒近隣(TELにて)
 山下・松原

■京急・京急蒲田沿い
 雑色(南六郷地区)   

■東京メトロ沿線
 小石川・後楽園(東京ドーム)
 三ノ輪(TELにて)
 浅草近隣
 葛西〜浦安
 西船橋(TELにて)
 江戸川橋(今がチャンス!)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線)
 浅草近隣
 馬込駅徒歩圏内
 
■西武近辺
 井草〜井荻周辺(TELにて)

■相鉄近辺 :
 西横浜(TELにて) 

■その他
 清澄白河駅付近、小松川地区などにも屋内型バイク置き場があります。
 ぜひお問い合わせください!
    

空き待ち制度のご案内。
ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
本命の場所が空き次第、優先的にご案内させていただきます。
(追加手数料等は一切かかりません)

お問い合わは03-5312-1799へ!

ページの先頭へ

アンチロックブレーキ

suzuki
2016年09月29日 14:00

不意な急ブレーキの時に、タイヤの無用なスリップ・ロックを回避する。
それがABS アンチロックブレーキシステム。

オートバイでも徐々に普及しつつあります。
そしてついに、標準装備として着装になることが決まっています。

2018年中に発売の新型バイクには全て義務着装に。
メーカーは、ABSまたは前後連動型のブレーキが無いバイクを、売ることが出来なくなります。

ことブレーキは重要な安全装置。
よりセーフティになることが喜ばしいのは事実です。

一方、複雑な仕組みは製造コストと整備の際の手間賃などにも影響します。
ユーザー側の負担も、安全との引き換えで、ちょっとだけ掛かることになるかもしれません。


ABSの件では、もうすこしだけ、気に留めておくことがあります。


まずは、既に私たちが乗っている、販売済みのバイクは??
こちらには、後付けする必要はなく、走れなくなることはありません。

では、現在販売さている、新車のオートバイは??
これも、2021年中には付けないと、継続販売が出来ません。
ブレーキの設計変更がままならず、ABSなどの装備が出来ないバイクは…、
残念ながら、製造中止になってしまう可能性があります。
あるいは、これを機に大きなモデルチェンジを受け、ABS付のブランニューモデルに切り替わる可能性も?

いずれにせよ、現行新車の中で「欲しいな!」と思っているバイクがあったら??
購入の検討を急いだ方が良いかも知れません。

繰り返しますが、ブレーキは重要保安部品です。
私個人は、私物のスクーターをABS付の物に買い替えたい願望を持っています。
だって、その方が安心して運転できますから!
一方で、古き良き時代の、シンプルなブレーキのオートバイも楽しんでみたいです。

そして、どんなブレーキでも、整備を欠かさ無いことが重要!
更に、出発前に効き具合の確認も怠らないでください。

(駐車場内でのバイクの押し歩きで、ブレーキの作動具合の確認が出来ますよ)

ページの先頭へ

スマホサイト

suzuki
2016年09月22日 21:00

イメージ

(前回のブログの話題を続けます)

さて、新しいスマホを手に入れた方々、使い勝手はいかがですか?

ブランドやメーカー・OSの種類も含め、今日は様々な機種が揃うスマートフォン。
現状は、その多くの機種に、耐水性能が施されてきたようです。

もちろん「精密機械」たる電話端末ですから、防水についての過信は禁物。
しかしバイク乗りにとっては、水への対策は心強いものです。

外でアクティブに行動するライダー…
多少の雨なら出かけてしまう!、という方も多いでしょう。
そんな折、地図情報を見たり、天気予報や渋滞情報を得る、そんな要望もあるでしょう。

天候の良くない場面でも、様々な情報を確認する。
オートバイに乗る人にとって、防水性のあるスマホは、非常に有益な道具となりそうです。


実は私共アイドゥは、スマホ閲覧用のサイトもございます。

こちらのサイトでは、バイク専用月極駐車場の情報を、素早く探れるように工夫してございます。

二輪車の購入の検討中の方は、各メーカーサイトと共に、ぜひアイドゥのサイトにも注目してください。
スマホサイトは http://www.yes-i-do.co.jp/sp/ です。

「アイドゥならでは!」の特徴をご紹介するPCサイトとの切り替えも、容易にできます。


言う迄もなく、スマホの使用は運転中は控えて。
歩行中の「ながらスマホ」も、同様です。

ページの先頭へ

ニューモデル!

suzuki
2016年09月14日 14:00

巷で、海外ブランドの携帯型多機能端末の新型の発売が、話題になっています。

ニューモデルの発売を待ちわびて、徹夜も辞さずにショップの前に並んで待つ人々…。
そんな光景がニュースにも取り上げられるのは、この時期の、毎年の風物詩になりつつあります。

  「最新型の物をいち早く手に入れたい!」

そのような衝動を感じるのは、スマートフォンもバイクも同じ。
機会モノには、入手したという満足感や、新しさに触れる新鮮味を味わえる。
そして、使っているうちに、愛着も沸いてくる、というものです。


折しも、9月という時期は、オートバイも、新型が発表されるタイミングです。
特に、海外のメーカーが、来年販売される各モデルをお披露目する例が多いです。

アイドゥのお客様でも多数の愛用者がいらっしゃる、アメリカの大型バイクも、その一例。

ブランニューの新機種の発表と共に、好評な従来モデルも改良を受けて魅力を増す!
そのあたりを、webや雑誌などで確認するのは、今の時期の、ちょっとした楽しみです!


ところで、携帯電話は機種変すると、併せてカバーなども替えなければならないかもしれません。
新型のモデルにしたら、それに対応するアクセサリーが発売されるまで待つ場合もあるでしょう。

では二輪を停める場所は…?

アイドゥのオートバイ駐車場は、基本的に大型バイク用に仕立ててあります。
「新しい車種に買い替えたら、収まらずに置けなくなっちゃった。」ということは、まずありません。
よほどの特殊な車種でない限り、大概のバイクは停められます。

地域によっては、さらに「広め」の区画や、二台置きスペースがある車庫も、少数ながらございます。

自分のバイクの寸法って、スマホでいうところの「プラス」かな?
そんな方も、ご遠慮なく相談してください。

ページの先頭へ

セプテンバー

suzuki
2016年09月07日 14:10

既に9月。2016年も終盤に入りつつあります。
暑い夏から、爽やかな秋の様相へ…。
オートバイに乗るのに、心地よさを感じる季節が近づきつつあります。

先月は猛暑に耐え兼ねてバイクにあまり乗らなかった、という方もいらっしゃるでしょうか?
9月は祭日もありますから、ぜひリベンジツーリングを計画してはいかが?


そして、免許を取ったばかりの皆さんは、今頃は買うべき車種を選定中でしょうか?
どうせ買うなら、少しでも早く納車されたら理想的。
初秋の爽快な世界の中を走ってみたいですよね!

そう考える人が多いのか? 駐車場の問合せが急に増えてきた最近です。

折角の新車・初めての大切なモーターサイクルです。
停めておく場所・駐輪場をどこにするか? も大切だし、悩みます。

 「パーキングはどんな点に注意して選ぶべきか」

この点、特にビキナーの方々には、意外と盲点です。
事実、ベテランライダーとて、案外とアドバイスが出来ない例が多々あるのです。


二輪置き場で重要な項目の例をいくつか取り上げておきます。

・出し入れのしやすい、広い開口部があること。

・駐車という行為が楽にできるように、通路などの配置も吟味されていること。

・悪天候に対処した「屋内スペース」。

・盗難対策が万全であれば、無用ないたずらからバイクを守ることもできる。

などなど…。
特にバイクに慣れていない初心者の方は、「取り回し」と「出し入れ」は重要。
取り回しが困難な駐輪施設では、9月の良い気候の中でも、大汗をかくこともあるのです。

楽しく快適なツーリングをするためにも、出発〜帰還の際の労力が少ない所を選びましょう。
バイクがスレスレ収まるボックス型の保管庫は、出し入れが予想外に不便ですよ。

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年09月01日 18:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
更に詳しい最新情報は、担当者からの折返しの連絡にご期待ください!
(更新後に決まってしまった区画もあります。最新の情報を返信致します)


■JR山手線沿い
 代々木近隣
 渋谷(TELにて)
 上野・御徒町近隣(希少)

■JR東海道線沿い
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 高円寺(人気物件)
 吉祥寺〜三鷹付近(今後は混み合う事が予想されます)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷、神楽坂近隣含め(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(駅徒歩圏内)
 豪徳寺(お急ぎください)

■京王線沿い
 初台(通勤通学にも便利))
 桜上水周辺
 柴崎〜つつじヶ丘  布田〜国領
  調布市内に多数の大型区画を所有しています。

■東急電鉄沿い
 不動前(TELにて)
 祐天寺・中目黒近隣(お急ぎください)
 池尻大橋(希少)
 世田谷線の山下・松原

■京急・京急蒲田沿い
 雑色(六郷)   

■東京メトロ沿線
 小石川・後楽園(通勤にも便利!)
 三ノ輪(TELにて)
 浅草近隣
 葛西地区
 西船橋(TELにて)
 江戸川橋(残り僅か)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線)
 浅草近隣
 馬込(荏原付近の方はこちらへどうぞ)
 
■西武近辺
 井草〜井荻周辺(TELにて)

■相鉄近辺 :
 西横浜(TELにて) 

■その他
 駒沢公園、蒲田地区、日本橋は水天宮方面 清澄白河などなど…
 杉並区荻窪・環八周辺のライダーさんへも何かしらのご提案ができます。
 ぜひお問い合わせください!
    

空き待ち制度のご案内。
ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
本命の場所が空き次第、優先的にご案内させていただきます。
(追加手数料等は一切かかりません)

お問い合わは03-5312-1799へ!

ページの先頭へ

リアフェンダー

suzuki
2016年08月24日 20:00

軽快な外観を装うために、後輪側の後方部のインナーフェンダーを外す。

そんな改造が始まったのは、80年代の前半くらいからでしょうか?
オートバイのデザインに、ちょっとした革新が入った時期でした。

タイヤの前から後ろまでを覆う、自転車の泥除けのような形状のフェンダーがなくなった。
代わって、樹脂素材のインナーフェンダーというような形状が主流になってきた。
バイクのスタイルが、非常にモダンに変わった時期です。
シートの後方には「テールカウル」などが装備され、そこにテールランプが入りました。
それまではランプやウィンカーはフェンダーに装着されていたのが定番。
しかし、シート側にランプ類が装着されていれば、フェンダーの後方部はなくても構わない。

そんな理由からでしょうか? フェンダーに手を加えるカスタムが始まったのは…。

最近のスポーツバイクはフロントが低く、後ろの部分がスラッと伸び上がり、精悍な印象です。
リアフェンダーを外すと、その印象が更に強調されて格好いい!
まるでレーシングバイクのようなスタイルに変貌します。

なんとならば、体裁のいい「フェンダーレスキット」なるものも用意されてます。
気軽なカスタムアップも可能です。
古くは、そんなオプションなど存在していなかった。
だから、自分で工夫して作った、という方も、いらっしゃることでしょう?
ちょうど分割して外せる構造になっている部分を探し、部品の固定用にステーなどを作ってみた、とか、
「思い切って、適当なところでノコギリでぶった切った」、とか…。

そして気持ちよく走っていて、不意に水たまりを通過したら水を巻き上げて…
後ろに乗せていた彼女の背中を濡らしてしまい、二度と会ってくれなくなった…とか(?)

と、暗い思い出話になってしまいそうなので、この辺でお仕舞にしたいと思います。^^;


さて、リアフェンダーやナンバープレートなどの、車体後半のはみ出しは、わずか数センチ程度。
「この些細な寸法のせいで車庫に入らない」という例は、ほぼ皆無だとは思いますが…。
しかし、取り回しの空間が狭い駐車場では、この僅かな寸法が厄介に感じる場面があるものです。
(特に切り返して向きを変える時、後ろへ下がる際に)
パーキングを選ぶとき、その点にも気を付けてください。
特にクルーザータイプの、鉄製のフェンダーは、破損時の修理費用が、案外と高いですよ。

ページの先頭へ

寝不足に注意!

suzuki
2016年08月18日 14:00

オリンピックやら高校野球やらと、スポーツの催しラッシュ!
テレビ中継や録画の鑑賞などで、夜更かしをしてる方も多いのかしら?
寝不足にならないように、節度をもって楽しみましょう。


暑い夏の気候。睡眠不足は、ときに予想以上に体へ負担がかかります。
さらに、発汗も体力の消耗の要因です。

ライダーは走行中、日中は炎天下に身を置いています。

サマーシーズン、とりわけ長いお休みの機会にも恵まれます。
他の過ごしやすい時期よりも、ツーリングのチャンスも多いでしょう。
一気に長距離を走破したい衝動も判りますが、休憩にも気を使いましょう。

現代のライダーは、コンビニや道の駅など、有用な施設に恵まれています。
お手洗いを借りて、飲み物を買う、わずかな時間。
これが体調面では、非常に有効です。

飲料はスポーツドリンクを適量に!
体の汗を拭くシートなども、体を冷やす効果のあるものを利用したり…。

また個人的なオススメですが、ペットボトルの日本茶やウーロン茶を一本。
お茶にはコーヒーに負けないくらいのカフェインがあります。
疲労時は糖分が体に負荷をかける場合もあるらしいです。
缶コーヒーも良いですが、臨機応変で選んでみましょう。
また、一寸恥ずかしい行為ですがが、お茶でうがいすると、不思議と口の中がさっぱり
します!

休憩中にバイクを停めておく場所も重要。
できれば日陰を探して、オートバイもできるだけ涼しいところに置いておきたい。
店内で体が冷えたのに、熱くなってるバイクに戻るのは、何となく気が萎えます。

もう一つ、大事で有意義なことを…
それは、日頃バイクを置くための駐車場を吟味すること!

安全のために何度かこまめな休憩を繰り返すと、帰宅時間が遅くなります。
そんな場面でも、24時間出入り可能で、門限のない駐輪場なら問題なし!
場内は照明で明るいですし、昼夜問わず、出し入れが楽にできます。

「停める場所が暗くて狭いので少しでも明るい時間帯に帰りたい!」
どうか、そんな無理は、なさらないで下さい。

繰り返しますが、ツーリングの前日は、できればしっかり睡眠をとってくださいね。

ページの先頭へ

ETC2.0

suzuki
2016年08月11日 14:20

高速道路料金の自動決済システムETCの進化版が登場しています。

支払いの自動化の他に、様々な活用の仕組みが盛り込まれているようです。
通行する車両の情報を統括して、渋滞の実態を把握し、管理。
そしてナビゲーションを通じて、混まずに進めるコースを案内する。

などなど、切り替え利用者への恩恵も充実させる、という方向のようです。


すると、我々アイドゥのスタッフが良く利用する巡回ルート、
例えば、文京区内の駐車場から調布市のパーキングへの移動でも、
「首都高や中央道を通るべきか?下道を進むべきか?」など、
道順の選択も、あまり迷わずに決められそうです。

今日は江戸川橋や小石川地区から、三鷹台や布田方面の車庫へ…。
途中で時間が余りそうなら、高速を初台で一旦降りて、代々木の駐輪場へ寄るか?
と、様々な行動ルートを、合理的にセレクトしちゃおう!

となると、お一方でも多くのお客様に、パーキングのご見学をしていただけるようになるのか?
(※)そういう意味では、非常に期待が持てるシステムです。

その他にも、事故の多い所での警告や、自然災害の発生時のアラートなど、
色々と活用できることになっているそうです。
現状ではまだ動いていないサービスもあるようですが、フル活用される時が楽しみです。


残念なのは、新たな専用車載器を購入しなければならないこと。
せっかくの「有意義な情報」を有効に示すためのデバイスも必要。

オートバイの場合、ナビシステムの準備と連携は、ややハードルが高そう。
スマホとのコラボが想定できますが、トラブルなく実現される日が来るか?
とはいえ、技術の進歩は意外と早いもの。
より進化したETCシステムがバイクでも当たり前のように皆で活用する。
そんな日が、やがて来ることでしょう。


(※)アイドゥの駐輪場は厳重なセキュリティで施錠しています。
ご用明の際はスタッフが立ち合いの上、詳しくご案内しております、

ページの先頭へ

ロードスター

suzuki
2016年08月02日 14:00

「ROAD STER」 ← スペルミスではありません。
某バイクメーカーのサイトを見たら、このように書いてありました。

「○○ STAR」と表記する例もあるのですが…。
STERは「〜する人」というような意味らしいです。
(実は英語は苦手…(^^♪ )

四輪車では、二人乗りのトランクボックス装備のオープンカーで、
スポーツカーよろしく高性能で、快適でもある。
そんなイメージがありますね。

オートバイでは、カウルを持たないスポーツ性の高いバイク、
という分類になるようです。

つまり総じて、「走行中の風を味わい、風景を楽しみながら走る。」
そのような思考でまとめられた乗り物が、ロードスターなのでしょう。

カウルに身を伏せて快適に長距離を行けるツアラーも素敵。
飛びきりの運動能力を備えるスーパースポーツも魅力。
ゆったりとマイペースを保てるクルーザータイプも粋なものです。

でも、機械的な機能がむき出しで、開放度が大きいスタイルと、
いざとなれば高度な走りをを両立していいバイク。
市街地から、山岳路や高速を通るツーリングも卒なくこなす性能がある…。

成程、「ロードスター 道を行く人」とは、いい表現だと思います!


さて、「ROAD STAR」、路上の星…。
この表現も、格好いいなぁ、私個人はそんな風に思います。
星のごとく光り輝くような素敵なバイク、GOODな言葉です。

愛車の輝きをいつまでも保てる様に、オートバイの駐車場はしっかり選んでください。
アイドゥの二輪パーキングは、全て「屋根」のある屋内型です。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!