スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

花粉の辛い時期

suzuki
2016年03月13日 14:27

寒暖差が酷く,体調の管理が難しい最近です。
更に,花粉の影響も辛い,と言う方も多いと存じます。

こんな中,愛車の調子はいかがですか?。

人間にも悪い影響が出る花粉。
それはエンジンが吸い込む空気にも混ざっているかも?。

実際には,エアフィルターでふるいに掛けられて,ガソリンと共に高圧力で燃やされる・・・
ってことで,済まされてしまっているのかな?。
もしかしたら,春のツーリングの前に,クリーナ周辺のメンテをする方がいいかもしれません。

フィルターの洗浄:清掃(状況や車種によっては交換ぁ?),。
また,吸い込み口やダクト,導入校なども,綺麗にする。

一寸したことですが,やっておくと事が望ましいです。
とりわけ花粉以外の影響でも,フィルターは年中,様々な汚れを取り除いてくれるもの。
定期的な整備や交換は大切です。

空気の吸い込みの量如何で,時に燃費にも栄養が出ます。
微々たるさ差,かもしれませんが,『塵も積もれば云々・・」です!。


また,露店にバイクを停めてる方には,面倒な季節が来ていますね。
車体に掛けたカバーが,花粉と雨の混ざった汚れたりするのは,やっかいなものです。
乗って帰って来たら,またそのカバーを愛車に被せるのは,正直切ないです。
カバーも万全とは言えず,どうしても車体にも汚れが回ってしまうこともあります。
そんな意味でも,オートバイは屋内型の駐車場に停めて保管すっるのがベターです。

しかしながら,バイクは外をはしるもの。
どちらにしても,走行中は表の空気に晒され。埃などを受けてしまいます。
でも,停めて置くと時の環境はえらべます!。
良い選択は屋内パーキングでて,バイクを必要以上に外に晒さないことです。

ページの先頭へ

新ミドルクラス

suzuki
2016年03月08日 22:05


750ccを超える排気量のエンジンを積むバイク。
これが以前は国内には、通常に販売されていなった・・・。

こんな話をすると、若いライダーの皆さんは、意外に思われるかもしれません。
しかし、かつては、海外を通しての「逆輸入」という形でしか買えなかったのです。

いまや1000ccを超えるしオートバイも当たり前。
でもその昔、国内仕様者の上限だったのが750ccなのでした。


現在、600〜900CCのクラスは、ミドル級とも捉えられます。


とあるメーカーでは、このあたりを「新しいミドル級」と称しているようです。

風格のある1300cc級のバイクも、何とも言えない魅力があります。

一方、大きくも小さくも、その両面を兼ね備えているサイズのバイク。
カタログを広げると、この排気量の括りの中に、さまざな種が存在します。
このあたりから愛車を選ぶのも、面白そうです。


ただし、ミドルとは言え、装備重量は200キロを越えてきます。
駐車場での撮り回や収納寸法などは、しっかり確認してください。
ホイールベース長が1400〜1500mmとなると、存在は「大型バイク」
「さほど大きくないはず」と、迂闊に狭いパーキングを選ぶことなかれ。
何せ、かつては、「国内最大級」と評されていたクラスです!。

ページの先頭へ

転勤 就職

suzuki
2016年03月02日 11:59

近づいてきた春を前に,引越し:移転をするという方も多い時期。

「異動になったので都内を出る為に駐車場も解約したい」
そんなお話を頂く機会が増えている最近です。
折角のご縁でアイドゥのバイクパーキングをご利用頂いたライダーさん達とのお別れ・・・
ちょっとさみしいですが,こればかりは仕方ありません。

代わって,空いた区画には,新たなご縁がありますように・・・。
そう,就職や転勤で,首都圏へ来られるライダーさん!,お待ちしております!〉

ところで,初めての上京で,都内のどの辺りに居を構えるべきか?,迷うこともあるかもしれません。

 「オートバイを盗難などから確実に守る為,まずはアイドゥの二輪駐車場をご契約いただく。
 そして,その付近で住居を探す。
 そんなことを考えているが,何かアドバイスは?。」

実はこのようなご相談を承ることが,実際にあるのです。

私共はお住まいの仲介や販売などはし出来ないが残念ですが,ご提案程度のお話はOK。
そんな訳で,以下はご参考まで…

跡えば,
通勤の利便性を重視して,山手線へのアクセスを一番にしたいのなら,
 そのうち,新宿:渋谷:恵比寿:品川辺りが基準なら,
  都営線馬込駅付近 小田急線の参宮橋 京王線の初台 東急は祐天寺近隣
 新橋や浜松町〜東京駅〜池袋中心に考えらら
  上野地区のバイク置き場,或いは駒込,地下鉄の春日駅付近など
中央線への接続がいいのは,
 地下鉄の江戸川橋 後楽園(丸ノ内線) 或いは東西線の神楽坂など
といった具合です。

休日のツーリングを重視,例えば伊豆の方への向かうことが多いなら,
 京王線沿い調布市内のパーキングですね。
 中央道のインターが便利に使え,富士山や長野へ向かうルートが楽に取れます。
 最近は圏央道が繋がり,小田原経由で伊豆方面に出向くのも良好になりました。

また,「バイクも良いけど,折角の上京だから,海沿いの夢のある遊園地に,年通券を買って頻繁に通いたい!」
と言う,ロマンティストな方は,,,迷わず葛西地区です!。


いかがでしょうか?
思いつくままに書いてしまい,やや長くなっちゃいました。

バイクは大切ですが,先ずは暮らす場所を選定するのは大切です。
寮や社宅などで住居地区が決まっていれば別ですが,ご自身で済む場所を選べるなら,ある種の楽しい悩みかも?。
バイクと日々の生活とをどう融合するか?,私達アイドクならではのご提案ができるかもしれません。

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年02月29日 15:24

☆お問合せ頂いた順で,逐次ご案内をしております。
 先ずはお問い合わせください!  更に詳しい最新情報は,担当者からの折返しの連絡にご期待ください!。
 (新春期間中に決まってしまった区画もありえます。逐次最新の情報をご返信致します。)

 ☆いい区画を狙うには、冬の寒い時期の今がおすすめです!

JR山手線沿い :代々木(残小) 上野  駒込(残小)
JR東海道線沿い : 横浜地区(TELにて)

JR中央線沿い :  高円寺(お急ぎください)

JR総武線沿い :平井地区(TELにて)

小田急線沿い :参宮橋(新宿地区への通勤にもどうぞ)  桜上水近隣  豪徳寺(希少) 

京王線沿い  :初台(駅徒歩圏内)  柴崎(残りわずか) 布田(好評です) 

東急電鉄沿い :不動前(残りわずか) 祐天寺(今のうちにどうぞ!)  山下 松原

京急 : 雑色  

東京メトロ沿線 :後楽園(小石川) 三ノ輪 浅草近隣 神楽坂(お急ぎください!) 
         葛西地区(若干数)   西船橋(telにて) 

都営線沿線 :春日(東京ドーム) 浅草地区  馬込駅徒歩圏内 牛込神楽坂〜牛込柳町
       大島〜亀有近隣

西武 井荻(井草地域 希少)

相鉄 :西横浜(お電話にて) 

その他 都内:小松川地区 世田谷区駒沢(深沢)

     飯田橋や市ヶ谷近隣のかたもご相談ください!
    丸ノ内線 有楽町線沿線なら,小石川地区・江戸川橋地区の駐車場を!
    五反田の方々は、馬込方面のパーキングをご検討ください。    

渋谷地区のライダーの皆様 (空き待ち制度のご紹介)
 代々木寺地区の駐車場を一時的にご利用区ください。
 ご希望のパーキングが空き次第、優先的にさご案内せていただきます。

東浅草〜三ノ輪近隣の方へ,スタッフイチオシのおい物件があります!。

ページの先頭へ

ハンドル周辺

suzuki
2016年02月26日 23:11

ライダーの感覚というのは、予想以上に敏感なのかも?。

例えば・・・
バイクを買い換えた際に、ハンドルまわりに違和感を感じたことはないですか?。


バイクのメーカーによって、ゴムのグリップの材質や形が違うのは当然。
レバー類もそれぞれ感触の差があって然り、です。
その辺り、グローブ越しでも、しっかりと微妙な印象を感じ取れる・・・。
ライダーというのは、それくらいに、感触が優れている、ということです。

本当に些細なことでも、バイク乗る人は、常に感じ取っているようです。


私的な経験ですが、バイクを乗り換えた時・・・。
非常に気に入っていた愛車ですが、他に気になる新車があり、買い替えました。
新車の性能には大満足絵したが、どうしてもハンドルの握り具合がシックリ来ません。
試しにグリップだけ、別のメーカーの物を取り寄せて、差し替えました。

それが大成果!。

適度にソフトで、滑り難い。
この味。これは自分の感覚に合っているようでした。
手の疲労感も減って、ツーリングでもいつも好印象で走れるようになりました。

わずかな小さい部品の違いですが、手に感じる印象は、本当に絶大でした。

最近の車両は設計が高度になり、他の車種の部品の転用も容易ではないかもしれません。
しかし、少々の発見で、愛車のフィーリングを向上できる。
工夫のしがいがアリ、と思いませんか?。

ページの先頭へ

全力de坂  

suzuki
2016年02月19日 23:38

何処か聞いたことのあるようなタイトルですが、違う話です。

江戸川橋のバイク駐車場を出て、春日;小石川地区のパーキングへの巡回。

その際に使う近道ルートが、かなり傾斜のきつい坂道。
ちょう、国道254が通っている地点が、山頂(?)のようなのですが・・・。

そこはスクーター。上りはアクセルを大きく開ければ問題なし。
力強く、グングン登ってくれて、頼もしい限り。


しかし、その先、細い路地に入ったたところから、一気に下り坂。
気をつけていかないと、速度が出てしまいます。

道幅が狭い場面、周辺に暮らす人々にとっては、そこは生活圏内。
歩行者も多いところでの、長く急な下りコースは、走行要注意です。

トランスミッションがATのスクーター。。
有効なエンジンブレーキが期待できず、ブレーキの操作が重要です。

スクーターも250cc級では、意外と車重があります。
また私の場合、駐輪場のメンテなどで使う物を常に満載。
纏まった重量の二輪車で、急な坂を下る・・・。
坂では油断せず、気を引き締めて走りたい場面です。

ここで、タイトルに反しを戻せば・・・
人もバイクも、坂を走って登るより、勢いよく下って行く方が
   「ハァハァドキドキ」
     の度合いが、気分の上でも強くなると思います。      

(危ないから全力で走り降りないでね)(笑)

スクーターに限らず、ですが、ブレーキの整備は大事です。

効かないブレーキは、何より危険です。
また、部品が固着して動きが悪いとか、引き摺っている状況も好ましくないですね。

パーキングから出して出かける際、バイクを押して外へ出す。
それは、ブレーキの調子を確認するのに、丁度いい機会と言えます。

ページの先頭へ

Valentine

suzuki
2016年02月14日 14:58

イメージ

こんな日に事務の椅子を法オンしているブログ担当者です。(^○^)

都心は雨が上がり,青い空も見えている様子…。
久し振りに駐車場からバイクを出して,ちょっと走ってみたくなる心境です。

大切な人とタンデムライディングしながら,オシャレな場所へ颯爽と向かう。
そんなことが似合いそうな,貴重な冬の日曜日になりました。

貰ったチョコレートは,パーキングに置きっぱなしにしないで,ご自宅まで大切にお持ち帰りください。

アイドクのオートバイ月極パーキングは屋内式で,厳重なセキュリティを掛けています。
オートバイを確実に盗難から守るための,唯一の保管形式です。
従って,愛車のみならず,ヘルメットなどを車庫内に置いて帰っても大丈夫!。

露天に停める駐輪場の場合,ライディングウェアなどは,その場に置いて帰宅する訳にはいきません。
そもそも,車体カバーを掛けたりする際,御手荷物は如何様にしましょう?。

箱型の保管庫も又然り。
衛生面を考えると,土御季節であっても,着る物などを置きっぱなしにするのは,やはり抵抗があります。

今日のように,大切な贈りものを持ち運ぶのは勿論ですが,ツーリングや普段の買い物でも同じこと。
バイクで詰んで運んで来たものを下して,ご自身の手で持って歩いて帰るのは,実は日常で頻繁にあること
屋内自走式のバイク置き場は,日々のライダーの生活の面でも,利点があるのです。


さて,大切な人から貰った,大切なプレゼントを,その手で大切に持って帰って下さいね。

ページの先頭へ

先ずはゆっくり走り出す

suzuki
2016年02月07日 16:58

寒い日が続きますが,ご機嫌いかがでしょうか?。
朝方に起きてから,早々に行動するに億劫に感じる季節です。
気温が低いと,やはり体も硬くなるのでしょうか?
 (年齢的なこと?,そんな突込みは受け付けません (ーー;)

冬にどうにも動きが鈍く硬いのは,オートバイでも同じこと。

駐車場から路上に愛車出すために押してみても,
  
  夏場や春先より,ちょっと重いな・・・?
 
   と感じた経験ないですか?。

バイクは機械モノ。金属の部品同士とか,ゴム類と接触しているパーツ類など,様々な素材が使われています。
エンジンは勿論,快適に走るには,他のすべての部品に,スムーズさが求められまし。

どうにもエンジン:オイルなどの温度を上げる為の,停車中に回転数を上げての暖気なる行為に気が行きがち・

しかし,「暖気」が必要なのは,エンジンだけではありません

例えばブレーキ。スタート直後は,聴き具合や作動の感触,ちょっと違和感を感じませんか?
きちんとした制動力やフィーリングが出るまでは,多少の時間や距離を走ってからでないと,得にくいものです。
サスペンションも然り。最初のうちは乗り心地や安定感なども芳しくなく,乗っているうちに徐々に印象が好転してきます。
駆動チェーンに至っても,金属のコマの硬さと,挿している油脂の粘度の関係が良くなるまで,適切な時間が居るのです。

そんな,走り始めの印象は,メーカーや車種によっても違うのが事実。
早々に良い印象を得有る例ももあれば,「久し振りに乗ったら,なかなか調子が来ないなぁ?」と思わせるバイクも有ります。

いずれにせよ,慣らしや暖気と言う類は,エンジンだけのことではないと言うこと
全ての機能部品が,その部品に適切な温度になることが大切です。

そして,エンジン以外のパーツを暖気するには,走行して動かするしか,方法がないのです

冬場に特に気を付けたいのは,タイヤの状態です。
気温が下がり,路面も冷えていると,不意にタイヤがすべるような場面もあり得ます。
エンジンの調子がいいから!と,パッと勢いよくスタートしたら,次の交差点でズルッと来て転倒・・・
これは大変怖いです。  (と言う例を,実際にやってしまった友人が居ます。)

アイドリングを長く掛けてエンジンだけを温めても,他の部品は,準備ができていません。
なので,直ぐに速度を上がることは禁物。
最短のアイドリングでエンジンの調子をチェックしたら,スマートに静かに走り出す
まずは数分,何キロか,ゆっくり走る。バイク全体のコンディションを徐々に馴染ませるように・・・。

いわばスター直後の準備運動。
これは,寒い時期に,久しぶり振りにバイクに乗ると言うライダーの体にも必要なこと。
パーキングを借りている方も,自宅に停めている方も,です。

では,気を付けて,焦らずスマートにお出かけ下さい。

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年02月03日 22:14

アイドゥバイク駐車場 空き状況

☆お問合せ頂いた順で,逐次ご案内をしております。
 先ずはお問い合わせください!  更に詳しい最新情報は,担当者からの折返しの連絡にご期待ください!。
 (新春期間中に決まってしまった区画もありえます。逐次最新の情報をご返信致します。)

 ☆いい区画を狙うには、冬の寒い時期の今がおすすめです!

JR山手線沿い :代々木 上野(稀少)  駒込(お急ぎください)渋谷地区(稀少)
JR東海道線沿い : 横浜地区(TELにて)

JR中央線沿い :  高円寺(駅徒歩圏内)

JR総武線沿い :平井地区(TELにて)

小田急線沿い :参宮橋(新宿地区への通勤にもどうぞ)  世田谷区桜上水〜赤堤通り周辺  

京王線沿い  :初台(駅徒歩圏内)  柴崎 布田 

東急電鉄沿い :不動前(お急ぎください) 祐天寺 

京急 : 雑色:南六郷(telにて)    

東京メトロ沿線 :後楽園(小石川) 三ノ輪(好評) 浅草近隣 神楽坂(telにて) 
         葛西地区   西船橋(telにて) 

都営線沿線 :春日(東京ドーム) 浅草地区  馬込駅(おすすめ) 牛込神楽坂〜牛込柳町
       大島〜亀有近隣

西武 井荻〜下井草(お電話にて)

相鉄 :西横浜(お電話にて) 

その他 都内:小松川地区 京王線・つつじヶ丘 

     飯田橋や市ヶ谷近隣のかたもご相談ください!
    池袋近隣の方は、地下鉄で行ける小石川地区・江戸川橋地区の駐車場を!
    五反田の方々は、馬込方面のパーキングをご検討ください。    

荻窪地区のライダーの皆様 (空き待ち制度のご紹介)
 高円寺地区の駐車場を一時的にご利用区ください。
 ご希望のパーキングが空き次第、優先的にさご案内せていただきます。

ページの先頭へ

直列四気筒エンジン

suzuki
2016年01月29日 21:08

1960年代半ばのこと。
日本のメーカーから、四気筒エンジンのバイクが発売されました。

当時はマルチシリンダーはングバイクのような極小例しかなかった頃です。
イギリスの650ccのツインエンジンが世界最速と言われていた時代。
それを上回る排気量とともに、技術面でも圧倒した魅力を備えた四気筒エンジン。
それは直ぐに世界中のライダーを魅了しました。
世間のバイクの勢力図が、欧州から日本に移ったと言ってもいいかもしれません。


直ぐに各メーカーも対抗機種を出してきます。
さらに排気量は拡大され、技術競争にもなりました。
一方で、より排気量の小さい中型クラスにもマルチエンジンが登場。
70〜80年代以降は、日本製の四気筒バイクは、世界に誇れる文化になったのです。

今日にかけても、水冷化や4バルブ化、軸配置を確信した新しい搭載形式・・・
発展はとどまらず、四気筒は多くのライダーを魅了続けています。


登場当時、あまりの高性能ぶりから化された、排気量750ccまでの規制。
これもいつの間にやら、撤廃されています。
一口に四発おいっても、中型クラスも含め、さまさまな車種があるものです。


淀みない清々しいパワーフィルと、安定感を感じるハンドリンが、四発の持ち味。。

でも時に、エンジンの重さが、取り回しの際に煩わしさを感じさせる面もあります。
場合によっては、車体サイズから、停める場所を選ぶこともありえます。
アイドゥでは、基本的に大型バイク向けの駐車場ですから、停めやすささは万全、
国産;輸入車と追わず、ビックバイクのライダーさんに好評を頂いております

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!