スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

12月に入りました

suzuki
2016年12月07日 14:00

師走は何かと忙しく、慌ただしく流れていきます。
公私の両面で、多忙になる方も多いかと存じます。

オートバイに乗る時間も、なかなか確保できない…。
それが実情になるライダーにとっては、ちょっとつらい時期です。

でも、仕事がらみの夜のお付き合いと共に、ご家族と過ごす時間も大切。
ちょっとだけバイクの事を忘れて、暮れならではの充実に集中する場面です。

そこで、「愛車を良い環境に駐車しておく」ことの重要性が出て来るのです。


屋内型の最良な車庫にバイクを入れて、更には盗難対策万全のセキュリティがある…。

それが無ければ、バイクから目を離している時間が長くなると不安です。

その点では、駐輪場が外置きだったり、最低限の施錠だけのボックス型では、心もとない感じです。


例えば、年末年始に掛けて、帰省や旅行に出るという方、
或いは、スキースノボと、バイクを置いてレバーに出る方、
そして、その予定を立てるため、お仕事などに励んで頑張っている方…。
アイドゥのバイク駐車場なら、安心して、忙しい日常に集中できますよ!

もし月極駐輪場をお探し中なら、躊躇なさらずに、今のうちに検討してください!
年末直前に今は、思わぬ良い区画に空きが出る事もあるのです。
(急な転勤などで移転する方も居られるため)

年を通じて満車率の高い地域にも、12月ならご契約頂ける枠がある場合があります。
どうぞ! 思い立ったらお問合せを!

(ただし、お申込み順番で、先に決まってしまうこともあります。まずはお電話やメールでお問合せ下さい)

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年12月01日 14:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木地区
 渋谷近隣(希少)

■JR東海道線沿い
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 高円寺(TELにて)
 吉祥寺〜三鷹付近(TELにて)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷
 神楽坂〜江戸川橋周辺

■小田急線沿い
 参宮橋(新宿へのアクセスが抜群!)

■京王線沿い
 初台(駅徒歩圏内)
 桜上水周辺
 柴崎〜つつじヶ丘、布田〜国領
 ★調布市内のバイク駐車場にて、今だけのお得な契約プラン有り!
 (諸条件などあり。お気軽にお尋ねください)

■東急電鉄沿い
 不動前(西五反田)
 祐天寺〜中目黒
 池尻大橋(HOT!)
 三軒茶屋(限定少数枠)

■京急・京急蒲田沿い
 雑色(六郷地区随一の高セキュリティ)

■東京メトロ沿線沿い
 小石川・後楽園(東京ドーム、白山通り)
 三ノ輪(TELにて)
 浅草近隣
 葛西(浦安の方もどうぞ)
 西船橋(TELにて)
 江戸川橋(文京区でも屋内タイプ!)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線)
 浅草近隣
 馬込駅近く(環七・松原橋)
 
■西武近辺
 下井草〜井荻付近(TELにて)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■その他
 世田谷船橋・千歳、上野、駒込、蒲田、小松川地区などにも屋内型バイク置き場があります。
 市ヶ谷・飯田橋・四ツ谷の皆さまは、江戸橋や神楽坂地区のパーキングを!

 ☆三鷹市は牟礼地区に良い車庫があります!☆

 ぜひお問い合わせください!


◆空き待ち制度のご案内。
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内させていただきます。
(追加手数料等は一切かかりません)

お問い合わは03-5312-1799へ!

ページの先頭へ

光の導き

suzuki
2016年11月23日 18:00

イメージ

「涼しさ」から「寒さ」へと、気候が移り行く最近です。
この時期になると、街並みに華やかなイルミネーションが施される例が増えてきますね。
気温が下がり、冷たくなる空気の中…、
光の存在が、より鮮明に感じ取れるようになる気がします。

夜間に街を流していると、ついつい鮮やかな光に目が行ってしまいます。
華やかさは心にも嬉しいですが、運転中の余所見は注意です!
光の光景を堪能するのは、バイクを安全な場所に停めてから眺めるようにしましょう。


もしかしたら、

 「駐車場から自宅までの帰り道に、お気に入りのイルミのスポットがある」

   というライダーさんもいらっしゃるのかな?

走った高揚感を心に秘めたまま、「綺麗な光景を見ながらの帰りの街歩き」。
これは、自宅外の駐輪場にオートバイを停めているからこそ、味わえることといえそう。

アイドゥでは、屋内自走型の月極バイク駐車場を運営しております。
夜に乗って来ても、場内は照明が付き明るいし盗難対策のセキュリティも万全

帰路に街並みを楽しみながら自宅へ戻る…。
そんな気持ちの余裕も生まれるのも、他の駐輪施設にはない、アイドゥの特色だと思います。

ページの先頭へ

四季のある日本

suzuki
2016年11月17日 17:00

狭いという領土も、東西南北に意外と広いものです。
よって地域ごとにも、その季節折々の自然を楽しむことが出来ます。

さしずめ、関東の今の時期なら、そろそろ紅葉の話題が気になってくるところです。

寒暖差は辛いですが、葉っぱの色づきにも、温度の変化は重要なポイントになるそうです。
ツーリング先で、綺麗な赤や黄色に染まる光景を眺めることが出来るのも、四季がある故です。
そんな季節の変化をより感じられるのも、身を自然に晒して走るバイクならではの醍醐味です。


さて、気温の低下により、空気は乾燥する傾向です。
暑さで膨張する空気も、低温では逆の作用になります。

出発前のタイヤの空気圧のチェック、どうぞ怠らずに!

オートバイに乗るのは「夜」という方もいらっしゃると思います。

アイドゥのパーキングは屋内なので、照明のある明るい所で、確実にタイヤの状態を確認できます。
外に停めている方や、コンテナボックスなどに入れているライダーさんは、どうされていますか?

暗い場所や狭い空間でのゲージ確認は、意外と億劫です。
でも安全に関わることですので、スタート前のバイクのチェックは大切。
億劫がらずに、工夫して、確実に実施してください。

ページの先頭へ

秋と大空とオートバイ

suzuki
2016年11月09日 14:00

イメージ

天高く、バイクも冴える秋です。
多少の肌寒さもありますが、綺麗な青空に巡り合える日もあります。
ツーリングには最高の時期です!

また、新たにオートバイに乗り始めようという方々も!
この季節をぜひとも味わいながら、走ってみてください。
そして初めて買うバイクは、ぜひともアイドゥに停めてください!


画像は、先日の物です。
オフィスへ向かう途中の道すがら、あまりに空が良いので、一枚撮りました。


こんな晴れた日はバイクに乗っての、駐車場の現場周りが気持ちいいのですが…。

澄み渡った空の下、東浅草のパーキングを中心にした巡回コースを妄想…。
「きっと電波塔(スカイツリー)を眺めながらのルートになるんだろうな…」
或いは横浜地区の月極駐輪施設へ、第三京浜を流して行くのも気持ちよさそう…。
そうそう、祐天寺から馬込の方へ向かう途中の天ぷら屋さん。ランチ天丼が美味かったな!(^^)/

ああ、いろんなことを考えてしまい、仕事が捗らないのは困るな…。
しかしバイク駐車場の業務と言えども、事務所の業務だって大切です(^^♪ 

さて、頑張ろう。小石川駐車場の付近の喫茶店の、うまいコーヒーの味を思い出しながら…。

ライダーの皆さん、この季節はどこへ走りに行く予定ですか?

ページの先頭へ

アイドゥバイク駐車場 空き状況

suzuki
2016年11月03日 18:00

☆お問合せいただいた順に、逐次ご案内をしております。まずはお問い合わせください!
お問合せいただいた後、担当より、更に詳しい空き状況を折返し連絡致します。
(更新後に満車・空車になった区画もあります。最新情報をご期待ください!)


■JR山手線沿い
 代々木近隣
 駒込
 上野〜御徒町

■JR東海道線沿い
 横浜地区(TELにて)

■JR中央線沿い
 高円寺(希少)
 吉祥寺〜三鷹付近(希少)

■JR総武線沿い
 飯田橋〜市ヶ谷
 神楽坂近隣含め(TELにて)

■小田急線沿い
 参宮橋(駅徒歩圏内)
 豪徳寺(問合せ多!)

■京王線沿い
 初台(新宿までわずかな距離です)
 桜上水周辺
 柴崎〜つつじヶ丘、布田〜国領
 ★調布市内のバイク駐車場にて、今だけのお得な契約プラン有り!
 (諸条件などあり。お気軽にお尋ねください。)

■東急電鉄沿い
 不動前(TELにて)
 祐天寺(中目黒)
 池尻大橋(お急ぎください!)

■京急・京急蒲田沿い
 雑色〜六郷地区

■東京メトロ沿線沿い
 小石川・後楽園(東京ドーム)  << 問合せ多!
 三ノ輪(TELにて)
 浅草近隣
 葛西〜浦安
 西船橋(TELにて)
 江戸川橋(今後は混み合うことが予想されます)

■都営線沿線近辺
 春日(三田線・大江戸線)  <<今のうちに押さえてください!
 浅草近隣
 馬込駅近く(今後は混み合うことが予想されます。)
 
■西武近辺
 下井草〜井荻付近(希少)

■相鉄近辺
 西横浜(TELにて)

■その他
 世田谷船橋・千歳、三軒茶屋付近、小松川地区などにも屋内型バイク置き場があります。
 渋谷付近の方は代々木の駐車場のご検討を!
 市ヶ谷・飯田橋・四ツ谷の皆さまは、江戸橋や神楽坂地区のパーキングを!
 ぜひお問い合わせください!


◆空き待ち制度のご案内。
 ご希望のパーキングが満車の場合、空きのある他の駐車場への入庫をおすすめします。
 本命の場所が空き次第、優先的にご案内させていただきます。
(追加手数料等は一切かかりません)

お問い合わは03-5312-1799へ!

ページの先頭へ

50cc

suzuki
2016年10月27日 14:00

今回も原付のお話です。
50ccの、いちばんミニマムなクラスの話題です。

速度は30m/hまでの制限で、右折時には自転車同様に二段階。
と、大きなバイクに乗る立場からすると、それは一種の「制約」にも見えてしまいます。
しかし、免許も取得しやすく、最小限のスキルがあれば扱える。
オートバイに初めて接する人の為にも、絶対に必要だと思います。

私が初めて乗ったのも、家にあった50ccのスクーターでした。
原付クラスでも「バイクに乗って街を走った」という実感に、興奮したのを覚えています。
それに飽き足らず、その原付バイクが教習所へ向かう手段になったのです。
やがて大型バイクに乗れるようになっても、扱いが楽な原付は日頃から重宝しました。

50ccから始めて、250ccや400ccクラスを経て、さらに大きなバイクへ…。
そんな流れを経験した人も多いと思います。
小さなバイクに乗っていた頃が懐かしい最近です。


一方で、今もまた、原付が欲しいと思うことがあります。
というのは、私の地元では、最寄駅の駐輪場に、50ccまでしか置けないのです。
実際、そんな事情で原付を手放せないビッグバイクライダーさんも多いのでは?

日頃の用足しや出勤の為に、自宅に原付を持っているという話は、よく伺います。
そんな小さなバイクで、パーキングに来て、ビッグバイクに乗り換えてツーリングへ…。
前回も記したとおり、アイドゥのお客様にも、同様の使い方をしていらっしゃる方が大勢います。

中には、駐車場まで歩ける距離だけど、あえてミニバイクで来る方も!
曰く、「どうせヘルメットを被るんだし、自宅の付近が坂道だから、エンジンがある方が楽。」
とのことで…。

普段使いに適した小さなバイクと、休日に嗜む大型オートバイを使い分ける。
そんなモータサイクルライフは、いかがですか?

ページの先頭へ

原付バイクを使いこなそう!

suzuki
2016年10月20日 14:00

今月初め、国内大手二社が、50ccバイクを共同で手掛けることを発表!

既にご存知の方も多いと思いますが、これは私たちアイドゥのスタッフも、ちょっと驚き!

競合しあうメーカーが開発〜製造までを一本化するというのです!
OEM自体は今までも例はありましたが、設計まで含んで共同とは!
趣味性の高いバイクの世界では、滅多に無い事例になりそう。

しかし一方で、広く一般の人が接する50ccクラスです。
丈夫で扱いやすく、安全且つ安価な製品を多く供するという面では、多くのメリットもあるのかもしれません。

そんな原付バイクですが、大型二輪向け駐車場のアイドゥでも、停まっている姿をよく見掛けます。

その主は、皆さんそれぞれ、中型〜大型のオートバイを楽しんでいるライダーさん達です。
と同時に、50〜125cc級の小さめのバイクも所有しているのです。

趣味で乗るオートバイはアイドゥに置き、手元にはミニバイクを停めて置く。
ツーリングの時は、家から原付で駐車場へ来て、乗り換えての出発!

このような使い方をする方が、たいへん多くいらっしゃいます!

例えば、住んでいるマンションには規約で125ccまでしか置けないが、やはりビックバイクに乗りたい!
或いは通勤で、職場の駐輪場には50ccしか停められない。

そんな事情のある方々もいらっしゃると思います。

色々な理由で、普段は小さなオートバイしか乗れない、というのなら…。
その小さなバイクを日常で活用して、休日にはアイドゥに停めているオートバイを味わってください。

お住いの徒歩圏に、良い環境の月極バイクパーキングが無い、と嘆く必要はありません。
小さなバイクがお手元にあれば、歩くよりもはるかに楽に、良好な駐輪施設へ行けるのです。

事実、アイドゥのスタッフの中にも、原付をパーキングと家の移動手段にしている者がおります。

小さいバイクは、ちょっとしたお買い物などの用足しにも便利です。
原付級は税金や保険料の負担も軽めだし、うまく活用したいところです。

そんなわけで、

    「近くにパーキングが見つからない」を、
    「意外と近い所にアイドゥのパーキングがあった!」

に変えてくれる原付バイクの存在。

メーカーさんには、これからも質の良い便利なバイクの提供をお願いします!

ページの先頭へ

MOTOGP 日本グランプリ

suzuki
2016年10月13日 14:00

この週末、いよいよ開催! 二輪ロードレース世界選手権 日本GP!

昨年は雨模様のレースでしたが、さて今年は、どんな展開になるか!?
簡単に、各クラスの注目ポイントを確認してみましょう。
 

まずは何といっても、トップカテゴリーのMotogp。
今年は14戦のうち、8人のライダーが優勝を飾る、という展開。
クラス初勝利を得たライダーも出ている状況下。
今回の日本GPで、9人目の優勝者が出るか?、と話題になっています。
或いはポイントランク上位人が意地を見せるか?
残りのレース数は僅かになりますから、今回の成績が、総合優勝の行方に影響するかもしれません。

Moto2クラスは、ランク上位2名のポイント数の差が非常に拮抗!
そこへ、最近になって好調さを得たライダー数人が、その存在感を強めて来ています。
かなり混戦になる可能性がありますが、もしかしたら、日本の地で「君が代」が聞けるかも?

Moto3クラスは、既にチャンピオンが決まっています。
でもまだまだ、ランク2位以下のライダーの争いが続いています。
そして今回、何より注目は、日本人女性ライダーの参戦でしょう!
その走りっぷりがどんなものか? 要チェックです!


さて、走りの醍醐味を感じる事こそが、レース観戦のツボです!
一方で私は、他にも注視してしまう点があります。
それは時折テレビカメラが入って映される、ピット内やパドックの様子。

レースのトップチームは、どんな環境でオートバイの整備をするのか?。
ピット内でのバイクの停め方に工夫などはあるのか?

などなど、二輪駐車場の運営で、何か参考になることはあるかな?
何時も気になってしまいます。
ちょっとした職業病なんでしょうかね?

さすがに月極駐輪場に、ワークスチームのピットと全く同じ設備は難しいものです。
しかし、ピットもアイドゥでも、屋内にバイクを停める形式は同じ。
活かせそうなことがあれば、レースのノウハウ、少しでも取り入れて参ります。


お断り……
    メーカー名や選手の名前など、固有の情報には触れずに記しています。
    様々な情報は http://www.motogp.com/ などのサイトなどで…。

ページの先頭へ

ブレーキレバーの握り具合

suzuki
2016年10月06日 14:00

ABSの義務化の話題から、今日もブレーキについて触れます。

バイクに乗り出す時、まずはブレーキの利き具合の確認をすると思います。
で、恐らくは、停めている場所から通りへオートバイを出すために、押して歩いているときです。
誰もが、無意識のうちに、バイクを取り回しながら、です。

愛車を押しながら、チョイチョイとバーを引きながら、調子を調べているはずです。
(アイドゥでは騒音等の配慮の為、原則として場内ではエンジンを止めていただいています)

屋内型のパーキングのいいところで、場内の床はコンクリート。
下が滑らないので、制動状況をしっかり確認できるわけです。
なので、効きが良くない場合も、無意識のうちに、実感できます。

そう、特に意識せずバイクを押していれば、ブレーキのチェックが済みます。

ところが、停めている場所が、砂利道だったり、土の上などだと…。

レバーを引くと、割と簡単にタイヤがロックして止まってしまうこともあります。
これでは、ブレーキの具合を、意識しないと感覚的に掴み取れません。

その日の天候などでも、足元の状況は何時も変わります。
綺麗に整った舗装なら良いですが、そうではない駐車場も、意外と存在します。

それ以前に、下地の整っていないところは、取り回しも面倒ですが…。

特に意識なく、フロントブレーキの具合が判る。
アイドゥのように屋内型のバイク駐車場での、ちょっとしたメリットです。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!