スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

ヘルメットの選び方が変わるかも?

suzuki
2010年03月19日 16:53

用品ショップを訪れると、時たま「観賞用ヘルメット」と称したものが売られています。

ヘルメットなのに、被らずに、見て眺めて楽しむだけ、とは???

実はこれ、日本と諸外国の安全基準が統一されていない為に起きている、不思議な現象(?)なのです。

ヨーロッパ諸国では公に認証された、素晴らしく良くできたヘルメットたち。
が、日本やアメリカで決められた安全基準に当てはまらず、それらを日本では乗用安全帽として販売できないと言う事だそうです。

そんな中、基準を見直し、「欧米基準を確実に満たした物は日本でも使える」と言う方向で、法改定の動きが出ているそうです。

モトGPのレースなどを観ると、国内では見慣れないヘルメットを使っているライダーを多く見掛けます。
そんな、世界選手権のトップレースで酷使されつつも、ライダーの安全を守っている、タフでオシャレなヘルメットが、早ければ秋から、正式に認められるかもしれません。

もちろん日本製のヘルメットも、きちんとした基準で造られたものはJISマークで保障され、安心して使う事ができます。
同様に輸入品も、機能や個性で、様々な工夫がなされたものがありそうだし、自分の思想に合わせて、幅広く選べるようになるのは嬉しいことです。


しかし、中には、粗悪な作りで安全性の微塵もない、見るにも耐えない、文字通り「観賞専用」のヘルメットも存在します。
統一された基準の中で、幅広い品揃えから自分好みが探せるようになれば、粗悪品に手を出さずに済み、安心度も上がります。

きちんと統一された基準を満たしたことが保障されたものと、そうでないもの。
バイクに相応しいヘルメットである事が確実に判るようになることや、選択肢が増える事は、歓迎すべきことです。


海外で愛されている、素敵で格好の良いヘルメット、どんなものがやってくるのか?,ちょっと楽しみです。

ページの先頭へ

視力検査

suzuki
2010年03月12日 15:49

運転免許の更新は定期的にやってきます。

3年に一度、ゴールド免許なら5年に一度と、その程度の頻度ですが、あれって何となく、億劫で面倒な「作業」に感じるのはなぜでしょう?。
視力検査(適性検査)をし、講習の時間を過ごし、交付まで待つ、そのトータルの時間は、案外と長く、実に面倒な一日です。

私は眼鏡を使っているので、視力の検査の際、「度が進んでて眼鏡が合わなくなってたら?、ヤバいかな?。」何て、そんな心配も…。


今や仕事でも何でもパソコンを使う状況ですから、かつての時代に比べれば、目に掛る負担は増えているのだと思います。
単なる疲れ目の現象と言う事もあるかもしれませんが、実際に見え難い状態での運転は、案外ストレスになるものです。


視力はメガネ屋さんでも、眼科医さんでも、気軽に測定して貰えます。

因みに眼科医さんに行くと、診察料とか必要になってしまいますが・・・。
それでも、しっかりと診察した上で、必要ならきちんとした「眼鏡処方箋」を作ってくれます。
もし「眼鏡が必要かな?」、と思ったら、直接メガネ屋さんに行かず、医師の見立てを貰っちゃうのも、アリです。

・両眼で0.7以上 ・片眼で0.3以上 と言う免許の条件(眼鏡でも可)視力ですが、実際は乱視傾向や、疲れによる一時的な近視の状態になっていることもあるそうです。
医師の見立てなら、そのあたり,要因も分析してくれるでしょうから、より安心できます。


免許の更新どころか、病院も面倒?。
確かにそうだけど、時には体を労る意味でも、年に一度程度、診て貰ってはいかがでしょうか?。

ページの先頭へ

ひな祭り

suzuki
2010年03月05日 15:09

誰が言ったか知らないが、「パーキングに並ぶバイクの数々が、ひな壇に飾られた人形のようにも見える」と・・・。

なるほど!。綺麗に磨かれたもの、丁寧にカスタムされた車両、速く走る事を狙ったモディファイをしたバイク・・・。
様々なスタイルのバイクが停まっている様は、まさしく優美な、確かに雛段飾りにも見えます。

俗説では、「雛人形は早く片付けるべし」などと言われてますが、バイクを楽しむのは、むしろ春を迎えるこれからが本番!。
仕舞ったままなんて勿体無い。寒さを避けて乗らずにいたバイクを手入れして、そろそろツーリングに出る支度を始めたいところです。

オイル交換?、ブレーキの握り具合やパット:フルードの状態?、タイヤは溝山だけでなく、サイドのひび割れなども確認しましょう。


あと、ちょっと気を付けたいのは、ライト:ランプの類です。

ヘッドライトやテール灯、ウィンカーやブレーキランプなど、メーター照明や警告ランプまで入れると、バイクには灯りが結構と在るものです。

時たま街中で、原付やスクーターなどが、レールランプが切れたまま走っているのを見掛けると、「ちょっと怖いな」と思います。

ヘッドライトが点かない場合は、乗り手の目線から気が付きますが、後ろの球切れは、意外と見落としがちなので、注意が必要です。
夜間、ランプ切れで、自車の位置が他車から判り難くなったり、ブレーキ時に追突されたり、そんな危険は、避けなければなりません。

桃の節句も過ぎましたが、「♪灯りを点けましょ雪洞に〜」などと歌いながら、灯火類のチェックは、常に念入りにしてから出掛けましょう。

ページの先頭へ

バイクナビ徒然・・・

suzuki
2010年02月23日 14:08

今回もバイク用GPSナビのお話です。

都内の滑走に非常に役に立ってるGPSナビ。バイク用と言う事で、バイクに適した造りになっています。
バイクには欠かせない防水や防振;強固と言う面は、言うまでもなく万全のようです。

それ以外にも、例えば、使わないときは車体から外せること。
駐車中にイタズラや盗難に遭わないように、ワンタッチで取り外して、持ち歩いたり、自宅に保管することができます。

また、バッテリーも入っている為、外した状態でも稼働するのも特徴です。

出掛ける時に玄関先で、あるいはパーキングでスイッチを入れ、目的地を検索:設定して置けば、バイクに乗り出すと即、案内が始まります。
これはなかなか便利ですし、エンジンを停めて居る時に検索できるのは、エコの観点からも好ましい事です。

また、雨の時なども・・・。
降られながら操作するより、濡れない処で雨宿りしながらでも、道を調べたりできるのは、バイク乗りには有りがたいことです。

あるいは走行後。パーキングに戻ったところで、走って来た道の記録を読み返してみたり…。

そんな感じで、このナビの機能や特徴を活かして、色んな場面で使い方を模索するのが、楽しみの一つになりました。


ところで、GPSナビを起動させる為の人工衛星は、地上から約2万キロも上空の軌道を飛んでいるのだそうです。
自分のバイクが、遙か遠い天空、神秘の宇宙と繋がっていると思うと、何となくロマンを感じます。(^^)v

他方、ナビの画面は、ヘルメットの目の前の20センチ。比較すると、極端に現実的な距離感です。^^;
そんな身近なナビを注視するあまり、「前方不注意」と言う事態にならないように、運転には十分に気をつけなきゃいけませんです!ハイ!!。

ページの先頭へ

バイクにもGPS

suzuki
2010年02月19日 18:39

私事ですが、今年の初旬に、バイク用のGPSナビゲーションを入手しました。
さっそく愛用のスクーターで使ってみましたが、なかなか良い使い勝手を見せてくれています!。

中古品でしたので、自分のバイクに付ける為のアタッチメントを探したり、配線の手配をしたりと、少し苦労もありました。
しかし、動いてしまえばこっちのもの!。新しいものを試してみるのは、やはり楽しいものです。


実のところ、「バイクにナビなんて・・・」という気持ちは、以前は確かにありました。
しかし、そんな自分は生粋の方向音痴?、じゃなくて、都心部の道路は、意外と入り組んでいたり、罠の様に一通になっていたり…。

そんな中で、何時もとっさに地図を開けるとも限りません。
不意に道に迷った時に、現在位置が確実に確認出来て、速やかに道案内をしてくれる機能は、使ってみると、やはり重宝します。

不肖私、不束で、世田谷周辺で良く道に迷うのですが、ナビを活用すれば、目黒でも品川でも、どこでも効率よく抜けて行けそうな気がします!。
(→やっぱり方向音痴なのか???)


そしてせっかく手に入れたナビだから、スポーツバイクにもアタッチメントを増設したいと思っています。
ナビをお伴にツーリング、旅先でも、きっと重宝すると期待しています。

ページの先頭へ

整備用の備品を用意しております。

suzuki
2010年02月12日 14:29

アイドゥでは、ライダーの皆さんに、「ライダーにとって快適で価値在る環境を提案したい」と考えています。

その一例として、パーキング内のアメニティを、少しづつですが充実しております。


その一つが空気入れ。
ポンプ、あるいはエアコンプレッサー(小規模のもの)を設置。タイヤのエアの管理が、出発前に出来ちゃいます!。

また、僅かながら工具類を置いているパーキングもございます。
走行前に、ちょっと気になる個所を確認したり、簡単なパーツ交換などに活用して下さい。

いずれも、場外への持ち出しや、長時間の占有は、ご遠慮いただく形になります。

でも、とっさに工具を使いたい状況とか、ちょっとした整備をしたい時って、ありますよね!。
それもバイク屋さんに行く程でもなく、でも自前の道具を取りに自宅に帰るのも面倒・・・。
そんな場面で、力になれれば幸いです。


又、あまり工具を持ってない方や、「メンテナンスはお店任せ」と言う方にも、お役になれるかも知れません。

もし出発前に、タイヤのエアが足りなかったり、ミラーやレバーの位置などが不安なら、それを直してから出掛けられます。
日曜の早朝など、まだバイク屋さんが開いてなくても、少しでも道具があれば、なんとかなるかも・・・?。

不安なままで走っちゃうより、きちんと納得した状態にしてから出掛ける方が良いですもの!。
その方が,絶対にライディングに集中できるし、より一層バイクを楽しめるというものです!。

ページの先頭へ

ロードレースも転換期

suzuki
2010年02月05日 18:02

春が恋しいこの頃ですが、暖かくなれば、レースも開幕します。

レースの世界でも、エコや環境を意識する時代なのか?、従来からの2サイクルエンジンから、4サイクルに切り替える方向のようです。
時に今年は250ccクラスに改革が入り、600ccの4サイクルエンジンも取り入れられるそうです。

逆に見れば、2サイクルエンジンのバイクが快走する姿は、少なくなる傾向のようです。
2スト派には、なんか寂しい状況ですね・・・。

が、今年は4サイクルとの昆走で、2サイクルならではの特徴が浮き立って見れる、楽しいシーズンになるかもしれません。


その他のクラスでも、日本人ライダーが参戦!、彼らがどんな活躍を見せるか!、期待が高まります!。


今年は冬季オリンピックがありますが、モータースポーツはロードレースだけならず、国内も含め、一年中楽しめます。
レースに興味がないという方も、時には「プロのライダーが高性能のバイクを操る様子」を、ご覧になってはいかがでしょうか?。

ページの先頭へ

サイドスタンド・・・

suzuki
2010年01月29日 17:44

バイクは、「走る事を目的にして考え尽された設計がされているパーツ」の集合体です。
そんな中で、スタンドだけは、停車中に使う為に存在する、バイクの中では珍しい(?)パーツです。

教習所では、「跨る前にスタンドを払う。降りてからスタンドを出す。」と指示されます。
でも実際にサイドスタンドは、「乗ってから車体を起こした後に仕舞い、降りる前に出す。」と言う使い方が通例ではないかしら?。

そんな、「降りる前に出すサイドスタンド」で、自分の知人が、かつて大失敗をしました。

それはツーリングでの休憩の際のこと・・・。
バイクを路肩に寄せて、自販機で飲み物を買おうとしていました。

何気なく普段通りにスタンドを出して,、バイクから降りようとしたときです。
確実にスタンドが出て居たものの、なぜか彼は、モノの見事に立ちゴケしてしまったのです!。

あわてて駆け寄る仲間たちが、バイクを起こします。
当の本人は怪我も無く、バイクにもダメージが起こらなかったのは幸いでした。

しかし釈然としないのは倒れた本人。なぜ立ちゴケしたのか?、思い当たる理由がないのです!。

そんな中、バイクを起こした左側を見てみると・・・。

停めた路肩は溝板が敷かれた所でしたが、ちょうどサイドスタンドを出した部分が、排水用の口が開いた蓋板だったのです。

そう、スタンドの先端が、排水の口に、スッポリと入っていたのでした。

その場で一同は爆笑!、倒れた本人は「信じられない!」と言う表情で固まってしまいました…。


まあこのときは大したトラブルにはなりませんでしたが、暫く彼は、この話をネタにイジラレキャラになっていました。

冗談のような話ですが、実際には、停車位置は大事です。
ちょっとした停車の際でも、停める場所は十分に確認することが大事です。
バイクを停めるまでは良いものの、路面の凹凸で、予想以上に車体が傾いたり、スタンドが出せないほどの張り出しがあったり…。
降りた後も、バイクの安定を、今一度確認すればより安心。特にバイクから離れるときは、今一度スタンドを確認すればベターです。

冬は陽が暮れるのも早いですが、暗い中で、彼のように、路面の穴を見過す可能性、どこにもあるかもしれません。

ページの先頭へ

セルフ給油

suzuki
2010年01月22日 18:18

セルフ給油解禁から約10年。セルフ式のガソリンスタンドが大幅に増えました。
既に「給油は自分で入れる」と言うのも、当たり前の光景です。

古くは給油はスタンドマンに任せ、ライダーは給油中は、「つかの間の休息タイム」だったりしたものですが・・・。
又、スタッフさんがバイク好きの人だと、ちょっとした時間の談笑も、楽しみの一つだったりしました。

片やセルフの場合、「自分のバイクの世話を自分でやっている」と言う実感があるのも事実。
ポンプの操作をして、ノズルをタンクに差し、ガソリンを詰める作業も、ささやかな楽しみになってるかもしれません。


セルフを楽しむ(?)場合、やはりガソリンは危険物ですから、定められた扱いや手順は、キチンと守りたいものです。

ガソリンが零れないように気を付け、タンクキャップの締め忘れなどにも気を配る。
また、入れ過ぎると、いきなり吹き返したり、オーバーフローした分が車体下に流れたりするので、その点も配慮が必要です。
何より、ガソリンが漏れてしまうのは、もったいないです…。^^;

手順で見落としがちなのが、静電気の除去です。
ポンプに付いてる除去シートに、必ず触れてから給油するのが鉄則。

近年はバイクウェアも、帯電しやすいナイロンなどの化学素材が増えました。
特に寒い時期は静電気の影響が多いから、忘れないようにしたいものです。

さて、この週末、天気が良ければ、気前よく満タン詰めて、軽く走りに行きたいな!。

ページの先頭へ

路面凍結に注意!

suzuki
2010年01月15日 15:28

朝晩の冷え込みが身に染みる日々が増えてきました。
皆さま、体調はいかがでしょうか?。

今朝、出勤のために家を出ると、自宅の裏側の塀の際の路肩が、凍結していました。
どうりで寒い訳だ…、路肩が凍ってると、歩いていても、少し危険です。十分に気を付け泣けば!。

そんなわけで、そろそろ都内でも、路面の凍結に注意しなければならない時期です。

路面が濡れて居ると、気温がプラス3℃まで冷えれば、氷点下にならなくても凍結する、と言われています。
雨上がりの路面や、夜露の影響など、そこで特に不意に日陰になるような場所は、特に注意が必要です。

とりわけ夜間は路面の変化が見え難く、路面の変化に気が付きにくいものです。
もしライトで照らした先の路面の色が変わっている場所があったら、念の為に減速するなり、その場所を避けるなどした方が無難です。


又、温まる事で喰い付き性能を発揮するような、一部のハイグリップタイヤでは、路面の温度が低いと、予想外にグリップ力が低くなってしまう場合がります。
スポーツ性能の高いハイグリップタイヤほど、冬場は完熟走行に時間を掛ける必要があります。
十分に熱を与えてから徐々に走行ペースを上げるとか、ツーリング中の休憩直後の走り出しの時にも気を付けるなど、そんな工夫が必要になります。


路面が凍ったり、タイヤのグリップが芳しくない状況では、バイクの場合点灯のリスクに繋がり、クルマ以上に危険です。
冬でも日中は暖かくて気持ちの良いときも多々ありますが、陽が陰った時との気温のギャップは、路面にも身体にも堪えます。
通勤通学で朝晩にバイクに乗る方々も、休日に峠などに出向くライダーの方々も、くれぐれもお気を付け下さい。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!