スタッフブログ


Strict Standards: htmlentities(): Only basic entities substitution is supported for multi-byte encodings other than UTF-8; functionality is equivalent to htmlspecialchars in /home/yes-ido/yes-i-do.co.jp/public_html/blog/all.php on line 128

高騰で徒然・・・

suzuki
2008年05月07日 17:45

政治の中の難しい遣り取りは置いておいて、とにかくガソリン代が再び上がっている、非常に困った状況になりました。

税率が低い間に、少しでも安い価格で入れておこうと、スタンドで順番待ちするクルマの列が出来たと、ニュースの報道がありました。
しかも、、安い内に、大きなタンクを買って、それに買い貯めする人たちも、多く居たとか・・・。
その状況を見て、危険を感じた関連機構から、「ポリタンクなどの簡素な容器での保存は危険だから避ける様に」との通達が発せられたと言うから、本当に驚いてしまいます。

確かに、貯めて持っていたい気持ちは判りますが、ガソリンは発火性の高い危険物です。
親愛なるライダーの皆さん、保存は、しっかりとした燃料用のタンクで、なるべく少量にするのが賢明です。

ページの先頭へ

積載

suzuki
2008年04月17日 16:49

日頃、仕事で契約書やら何ならと持ち歩いてる身にとって、近代スクーターの「シート下のトランクスペース」と言うのは、非常に好ましく有難い!。
多少がさばる物でも、ホイっと入れて蓋して、颯爽と走り出せるのはスマートだし、大切なものでも、汚し難いし濡れ難いし、落とさないから安心!。
荷物を紐で括る手間も無いし、背負ったりするのはライディングに支障が起きることもあるし、いやぁ本当にスクーターは頼もしいです。

そんな感覚で、さて休日にスポーツバイクに接すると、意外や意外、貴重品や機械モノを、安心して積めるスペースが、非常に少ないと実感します。

いえ、流石にオフの時は仕事の道具は積まないけれど、現代人は以前に比べて、「細々かつ重大なもの」を持ち歩く例が多くなっています。

携帯電話に予備の電池、ヘッドホンステレオに電子手帳、買い物や電車に乗るにもカードを使う・・・。
また健康を言われる最近、一日に必要な水分をマメに摂るためのドリンク瓶とか・・・。
それに相次ぐ盗難被害に備え、バイクで出掛ける時はチェーンやロック機構も持参する・・・。

かつてはバイクで出歩く際、「荷物はバッグに入れてリアシートに積んで…」と言うのが当たり前でした。
でも今や高速タンデム解禁の時代、さまざまな荷物も、乗車も、二人分です。

そこで、なるほどと思うのは、二人乗りが当然の文化圏の欧米車や、一部の輸出向けの日本車には、ケース類を備えられるバイクが、以前から存在している訳です。
シートには人が二人乗り、荷物はシートの上ではなく、トランクやバッグに入れて置けます。

この辺り、日本の一般的なバイクでは、バッグ類は汎用品を少々用意しているか?、用品メーカーの製品に頼る形になるか?、となることが多いようです。
これだと、そのバイクに合わせた積み方とか、防水のこととか、ライダーが工夫しなければならない点が残ってしまいます。

そんなことで、大切なものを安心して積めるような工夫を、そろそろバイクメーカーで提案してくれても良いのではないか?、と思う最近です。

ページの先頭へ

あと一枚! もう一枚!

suzuki
2008年04月03日 17:44

暖かくなりました。ライダーの皆さんには、「桜前線を追い掛けるツーリング」、など、心が弾んでいるのではないでしょうか?。

春先は晴れていても、バイクで出る時は、レインウェアは持って出ることが多いスーです。
常に必要になるわけではないですが、バイクに乗るときは、面倒がらずに持って出掛けています。

「春の暖かさ」を実感している最近ですが、夕方から夜にかけては、まだ少しだけ、急に冷えるような感覚を覚える時が・・・。

そんなときに、ジャケットの上からでも、ひょいと一枚羽織ってあげるだけで、風当たりで体感温度が下がるのを防ぐことが出来ます。

意外なことですが、レザーウェアと言うのは、「結構と寒さに弱い」と言うことを、経験的に知っております。
革はいったん表皮が冷えてしまうと、中々温度が上がらず、体も一緒に冷えてくる傾向があります。
特に冬場など、いくら日光を浴びても、カチカチに冷えたままになってしまい、辛かったことはないですか?。

革に限らず、走行風でジャケットの表面を温度を下げない様、カッパでも何でも、上に一枚着ることで、夜間になっても快適なライディングが続けられます。


しかし雨でもないのにレインウェアなんて・・・、と仰る方には、薄手のウィンドブレーカーなどを常備されるのはいかがでしょう?。

ページの先頭へ

渋谷にアイドゥ!

suzuki
2008年03月26日 11:41

「いよいよ」と言うか?、「まだだったのか!」と言うべきか?。
渋谷区は松濤地区に、アイドゥのパーキングを開設する準備が始まりました。道玄坂方面で、駅から徒歩圏内のロケーションの候補地を検証しています。

コンテナでもない、露天の平置きでもない、四輪車兼用でもない、アイドゥこだわりスタイルのパーキングが、躍動の街、渋谷に登場します!。
もちろん二輪専用で、防犯セキュリティと盗難補償を備えているのは、言うまでもございません。

順調に行けば、5月初旬には開業の予定です。

尚、満車率の高い、三軒茶屋や池尻のパーキングをお待ちの方も、渋谷に一時入庫して、ご希望の場所が空くのを待つことも可能ですので、ご検討ください。
空きは逐次出て居ますし、一旦別のパーキングに入庫頂けると、待ちの順番の優先度も上がります。また移転の費用も掛りません。

ページの先頭へ

制限速度の意味

suzuki
2008年03月07日 11:41

年々、高性能になっていくバイク。日本では速度規制が厳しくて、その性能を発揮する機会は、ほとんどありません。

「時は金なり」等という様に、移動のスピードを稼ぐことは、経済活動に結びつく、と考えられています。
我々バイク乗りは、バイクの機動性を生かしていけば、それを確実に実践できるのですが、時に速度規制が、もどかしく思うこともありますよね?。

しかし、そんな速度規制にも、意外なところで意味を感じることがあります。

たとえば、走行中、50km/hから40km/hに代ったら?・・・。
「スピードを落とせ」と示されているのは、そこが「少し危険な場所」と言ってくれている、とも考えられます。

また、20〜30km/h位の低速の道路は、大概、住宅街や商店街;学校が近い場所だったりと、いわゆる「やさしい運転」が求められるところだったりします。

キチッと速度を守ることの是非はともかく、標識を意識することから、その場に潜むリスク度合いが、ある程度予測することで、周辺への気遣いと共に、ライダー自身の安全も高めることが出来るかも知れません。

あ!、そうそう、ライダーの皆さん、ご自分の駐車場の周辺でも、やはり「控えめ速度でやさしく」ね!。

ページの先頭へ

ニューモデルラッシュ!

suzuki
2008年02月06日 13:23

モーターショーで発表されたニューモデルが、そろそろ発売されたり、雑誌で紹介されるようになって来ました。

とりわけ昨今は、ガス規制や騒音の問題から、大きな改革をされた新型車が登場することもあり、賑やかな限りです。
また、新機構オートマチックやABSの普及、スタイル面でも斬新なものなど、ワクワクドキドキな今日この頃です。

そんな真新しいバイクを買ったら、まずはしっかりした置場を確保したいものです。

まだ発売にになっていないバイク、カタログも無く、寸法などもまだ未発表ですが、コンテナボックスなどを使う駐車場の場合、そのバイクが入るかどうか?、はっきりと分かりません。

アイドゥの駐車場は、オープン形式。いままで大概の大型オートバイは許容してきましたので、恐らく、サイズの問題で、「入らなかった:置けなかった」ということは、まずありません。

ニューモデルたちの発売は春先がメインでしょうか?。冬の今の時期に、駐車場を早めに確保して、発売に備えてみませんか?。

ページの先頭へ

サーキットに行こう!

suzuki
2008年01月24日 18:17

アイドゥのスタッフは、皆バイク好き!。
社長以下、メンバーの大半は、実際にライダーをやっています。わたくしスーも、日ごろはスクーターを使うし、勿論ツーリングも大好き。
そして、先輩メンバーと共に、時にはサーキットも走ります。

サーキットでは、スポーツ走行と共に、実際にレースに出る者も居ますが、実はサーキットに通う事は、パーキングの運営でも、意味があることなのです!。

レースでは、アマチュア戦と言えども、全てが真剣勝負。ベストを求めて、色々な活動が必要です。
キチキチのタイムスケジュールが決まっている状況で、決して広いとは言えないピットボックスの中は、何台ものバイクが並び、出番ギリギリまで整備されます。その中を、他の車輌の出入りや、部品の搬入などで、様々な動線があります。

そんな緊張した環境でも、安全で確実に事を進める為には、様々な工夫が必要になります。

アイドゥのパーキングの、その通路の広さや、一区画ごとの寸法などには、レースのピットで得られた、幾つかのノウハウが隠されているのです。


バイクメーカーにとって、レースは「走る実験室」と言いますが、アイドゥにとっては差し詰め、レースは「停める為の実験室」なのです。

ページの先頭へ

初心者さん 歓迎ですよ〜

suzuki
2008年01月07日 17:41

新しい年が参りました。 今年もアイドゥのパーキングをよろしくお願い致します。

さて、旧年中に免許を取った方、これから免許を取ろうと思っている方、「いよいよ今年はバイクを買うぞ!」と決心された方・・・。

どんなバイクを買おうか?、色々と選び悩んで、カタログや雑誌を見ている時の楽しさや・・・。
嗚呼、バイクビキナーだった時の頃を思い出します。(遠い目・・・)


そんなバイク ピカピカの一年生’の皆さん、愛車の置場で悩みが有ったら、アイドゥまで、是非ともお声をお掛けください。

アイドゥはセキュリティ面では最善を尽くしていますし、一台当たりの区画も広く、バイクを置くには最良な場所で、出入りも楽にできるよう、諸々に配慮してあります。
買ったばかりの大切な愛車を、「自宅に置けずにパーキングに預ける」のは、少し切ないかもしれませんが、家から離れた場所でも安心してバイクを置いて頂ける様、常に考えています。


また弊社は社長以下、営業スタッフは皆バイク好き。日頃からバイクに乗る者ばかり。バイクについての悩みや疑問が有れば、少しばかりは、お役に立てるかもしれません。

(あ、でも本題は、駐車場のご案内ですよ…。)

ページの先頭へ

サンタさんは来なかったけど…

suzuki
2007年12月26日 16:05

なんてね、もしバイク用品をオネダリできるなら…。


季節柄、ぬくもりが恋しい今日この頃。私スーとしては、「電熱で暖まるウェア」に興味津々です。

冬の時期はどうしても厚着になりますが、あまり着込むと、体が動かし難くなります。
バイクの場合、着込むと体が動かし難くなり、運転に支障がでる事も・・・。

体をウェアの内側から温めておくと、より気楽な格好で走れるようになり、疲れ具合も減るのでは?、と言う期待があります。

何より、ポカポカなのは、絶対的にウレシイです!!。

最近は、充電池タイプの電熱ウェアもあるようですが、これならバイクに配線加工をする必要もないので、より便利そうです。


それから、高速道路では、ETCを使ってみたい。

料金が割安になったり、待ち時間が減ったりとか、多くのメリットがあるETC。
それ以外でも、「財布を開けるためにグローブを外さなくて良い!」、と言うのも、寒い中では、大きなメリットと言えそうです。


その他にも、色々と…、ああ、誰か、お正月にお年玉くれないかな〜。

ページの先頭へ

寒さ 凍結注意

suzuki
2007年12月13日 17:29

いよいよ冬になりました。
バイクに乗るには辛い時期になりましたが、都内なら時間帯を選べば、暖かい日差しを受けながら走れる機会が、まだまだあると思います。

ライダーにとって、冬場の一番の大敵は、やはり寒さ:冷えでしょうかね?。長い時間、冷たい風に曝されていれば、体には堪えます。
ぜひとも、シッカリした防寒ウェアを揃えましょう。このブログのバックナンバーにも、防寒アイテムのことが載ってますよ!。

又、走り方にも工夫を!。ツーリングなら休憩にもひと工夫。屋根のある場所や屋内で休める場所を選べば、休憩中に体が必要以上に冷えることを、少しでも抑えることが出来ます。

また予定も考えて、なるべく早朝や夕刻は走らないようなプランを組むのも知恵です。


走行中、とりわけ気をつけたいのは、路面の状況です。陽が出ていて温かくても、日陰に水溜りや湿りなどがあれば、そこだけ凍結している可能性があります。
凍結があれば、二輪はヒトタマリもありません!。

一説では、気温がプラス3℃にまで下がると、路面は凍結する可能性があると言います。ゼロ℃ではありません。氷点下にならなくても、路面は凍結するそうです。
特に日掛げや、川の付近や橋の上など(水の近いところは気温も下がるよ)では、朝夕ならず、十分用心する必要があります。

ページの先頭へ

バックナンバー

バイク駐車場、首都圏各地に展開中!

空き駐車場を地図でチェック!

新宿区 | 渋谷区 | 世田谷区 | 杉並区 | 中野区 | 目黒区 | 大田区 | 品川区 | 中央区 | 文京区 | 北区 | 台東区 | 江東区 | 墨田区 | 江戸川区 | 調布市 | 三鷹市 | 横浜市 | 船橋市 etc...

  • バイク駐車場外での盗難補償制度 アイドゥサポートクラブ
  • スタッフツーリングに参加しませんか?
  • バイク メンテナンスサービス
  • バイクパーキング アイドゥのスタッフブログ
  • バイク駐車場の空き情報を携帯電話からも確認できます
  • お問い合わせ 03-5312-1799
オススメの駐車場はこちら!